Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

Entry 2022/11/19
Update

『マッドゴッド』あらすじ感想と評価解説。アニメ映画でフィル・ティペットこと“特殊効果の神”の執念が炸裂する

  • Writer :
  • 松平光冬

“特殊効果の神”が創造した比類なきディストピア!

映画『マッドゴッド』が、2022年12月2日(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほか全国ロードショーとなります。

本作を監督したのは、「スター・ウォーズ」「ロボコップ」「スターシップ・トゥルーパーズ」という人気シリーズをはじめ、誰もが知る名作の特殊効果の数々を手がけてきたフィル・ティペットです。

アカデミー賞を2度受賞し、その後のSF作品に多大なる影響を与えた「特殊効果の神」として知られるフィル・ティペット。

彼が制作期間30年をかけて生み落とした、狂気と執念のストップモーション・アニメーション映画の見どころをご紹介します。

スポンサーリンク

映画『マッドゴッド』の作品情報

(C)2021 Tippett Studio

【日本公開】
2022年(アメリカ映画)

【原題】
Mad God

【監督・製作】
フィル・ティペット

【製作】
ジャック・モリッシー

【撮影】
クリス・モーリー

【編集】
ケン・ロジャーソン

【作曲】
ダン・ウール

【キャスト】
アレックス・コックス、ニキータ・ローマン

【作品概要】
数々の名作の特殊効果を手がけた巨匠フィル・ティペットによるダークファンタジー・アニメ。1990年に製作開始したのちに長らくの中断を経て、ティペット・スタジオの若きクリエイターたちの熱望により企画が再始動。さらにクラウドファンディングで世界中のファンからの支援も募り、2020年に完成に至った。

2021年開催のシッチェス映画祭で上映され、「世紀の傑作」(IndieWire)、「こんな映画はかつてなかった」(LA Times)、「映画美術界へのねじ曲がった賛辞」(Film Threat)と絶賛されました。

映画『マッドゴッド』のあらすじ

(C)2021 Tippett Studio

人類最後の男に派遣され、地下深くの荒廃した暗黒世界に降りて行った孤高のアサシン。

彼は、無残な化け物たちの巣窟と化したこの世の終わりを目撃します……。

スポンサーリンク

映画『マッドゴッド』の感想と評価


(C)2021 Tippett Studio

特殊効果の神が経験した挫折、そして再起

「スター・ウォーズ」「ロボコップ」「スターシップ・トゥルーパーズ」シリーズなど、誰もが知る名作の特殊効果を手がけてきたフィル・ティペット

アカデミー賞を2度受賞し、その後のSF作品に多大なる影響を与えた「特殊効果の神」は、『ロボコップ2』(1990)を制作時に本作『マッドゴッド』のアイデアを思いつき、自身が持つティペット・スタジオで制作に着手します。

1992年、ティペットは『ジュラシック・パーク』に参加するため『マッドゴッド』制作を中断。彼が得意とするストップモーション撮影で、劇中に登場する恐竜を再現する予定でした。

ところが、当初は一部シーンのみで使うはずだったCGIによる恐竜の出来に驚いた監督のスティーヴン・スピルバーグが、すべてのシーンでの採用を決定。ティペットは制作プロジェクトのメインから外されることに。

「立ち直れないほどのショックを受けた」…2015年発表のドキュメンタリー『クリーチャー・デザイナーズ ハリウッド特殊効果の魔術師たち』にて、ティペットは『ジュラシック・パーク』で味わった挫折を切々と語っています。

紆余曲折の末、ストップモーション撮影した恐竜をCGIに落とし込む、ティペットが言う「ゴー・モーション」手法も採用することで『ジュラシック・パーク』のプロジェクトに戻るも、あまりのショックの大きさから『マッドゴッド』の制作を中断してしまいます。

ちなみに、プロジェクトから一旦外された際にティペットがつぶやいたという言葉「俺の仕事は絶滅してしまった」を、スピルバーグは『ジュラシック・パーク』でアラン・グラントとイアン・マルコムの会話にそのままトレースしています。

参考映像:予告編
『クリーチャー・デザイナーズ ハリウッド特殊効果の魔術師たち』(2015)

『マッドゴッド』の制作がリスタートしたのは、それから20年後ティペット・スタジオの若きクリエイターたちが、初期の撮影に使われたオリジナルの人形やセットを偶然発見したのがきっかけでした。

長い間眠っていた映画の復活を熱望する愛弟子たちの思いを受けたティペットは再起し、制作開始から30年もの期間を経て、ようやく完成にいたりました。

無責任と羞恥心だらけの世界

©2021 Tippett Studio

冒頭、旧約聖書内のレビ記が引用された後、上空からガスマスクを着けた者=アサシンが、荒廃した地下世界に潜っていきます。地下には不気味なクリーチャーたちがせめぎ合って生息しており、ある者は労働し、ある者は拷問され、ある者は互いを貪りあい、そしてある者は駆逐されていきます。

彼らは何のために存在するのか、そしてこの地下がどういった世界なのか?『マッドゴッド』では、物語を説明する解説やナレーションもなければ、アサシンのセリフも一切ありません。何の説明もなく繰り広げられる弱肉強食のディストピアに、初めて観る方は驚き、戸惑われることと思います。

ただ、ティペットが本作で描きたかったテーマをひも解くヒントはあります。『クリーチャー・デザイナーズ ハリウッド特殊効果の魔術師たち』で、彼は当時制作中の本作についてこう語っていました。

この国の豊かさは、多くの犠牲と無責任の上に成り立っている。
そんな、アメリカの特権階級に属する羞恥心を表現したい。

この言葉をふまえると、アサシンが降り立った地下世界は、無責任と羞恥心、無秩序だらけな現代アメリカのメタファーと捉えることもできます。

冒頭のレビ記には、イスラエルの民に向けて神がモーセに告げた律法や規則が記されています。タイトルの『マッドゴッド』とは、“狂神”となって本作を生んだティペット自身を指すと思われていましたが、本作公開の際に彼が寄せたコメントを読むと、どうやら違うようです。

私はマッド・ゴッド教会の修道院長のようなもので、神が私に言うことを実行するだけなのだ。

狂神になり代わり、お告げを破った者を罰する……ティペットはモーセのように、無責任かつ階級に囚われた愚民たちを律したかったのでしょうか。

もっともこうした解釈も、もしかしたら無粋で的外れなのかもしれません。ひとつ確実に言えるのは、本作はクリーチャーに捧げるティペットの狂信的な愛に満ちているということ。

グロテスクながらもどこかユーモラスで、どこか愛嬌があるクリーチャーたち。狂神ならぬ特殊効果の神に命を吹き込まれた彼らは、現世に存在するかのように蠢き、叫び、吠えまくります。それでいて、ティペットが過去作品で創り上げてきたキャラクターがあちこちでカメオ的に登場させているあたりにも、彼の遊び心が感じられます。

まとめ


(C)2021 Tippett Studio

一度観ただけでは理解できないから、何度も観たくなる……『マッドゴッド』も、『イレイザーヘッド』(1979)や『ブレードランナー』(1982)のように、多くのリピーターを生む要因を持っています。

ある意味でアサシンは観る者の代表者。狂神ならぬ特殊効果の神による地獄めぐりの旅をしていく彼に待ち受ける終着点とは?

おぞましいディストピアを描きつつ、荘厳な展開へと突入するクライマックスに、最後の最後まで驚き、呆然となるのは必至でしょう。

もしこの記事を読んで気になって仕方がなくなったあなたも、すでにマッドゴッド教の狂信者になってしまったのかもしれません。

映画『マッドゴッド』は、2022年12月2日(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほか全国ロードショー!



関連記事

アニメーション

ネタバレ『犬王』あらすじ感想評価と結末解説。実在の能楽師の謎と平家物語の意味をめぐる“名”の物語

謎に包まれた猿楽能の太夫「犬王」の秘密とは? 「犬王」とは室町幕府三代目将軍・足利義満の庇護を受けたとされる近江猿楽比叡座の太夫、のちの道阿弥のことです。当時、かの観阿弥・世阿弥父子と人気を二分してい …

アニメーション

アニメ『デート・ア・バレット前編』ネタバレあらすじと感想評価。デッド・オア・バレットのキャラ闘いは25分に凝縮!

映画『デート・ア・バレット デッド・オア・バレット』が2020年8月14日に公開。 人気を誇るテレビアニメ版「デート・ア・ライブ」の同シリーズの中で、異色の存在感を放つ精霊・時崎狂三を主人公にした本作 …

アニメーション

STAND BY MEドラえもん2|ネタバレ感想レビュー評価。原作漫画アニメから続く“未来”への願いをさらに描く

映画『STAND BY MEドラえもん2』は2020年11月20日(金)より全国ロードショー! 国民的漫画『ドラえもん』のアニメシリーズにおいて初のフル3DCGアニメーション作品として制作され、201 …

アニメーション

【ガルパン4DX映画:ネタバレ感想】『ガールズ&パンツァー 最終章 4D~第1話+第2話』体感型鑑賞で砲弾が飛び交う戦車戦を肌で感じろ!

『ガールズ&パンツァー 最終章 4D~第1話+第2話~』は2019年10月11日(金)より全国ロードショー公開中! 2012年に放映され、可愛らしいキャラクターに相反するほどストイックな戦車の描写と演 …

アニメーション

アニメ『ウルトラマンULTRAMAN』ネタバレあらすじと感想レビュー。Netflixにて新ヒーローとなって伝説を受け継いだ青年!

ウルトラマンの力は時を超えて受け継がれていく。 時代を超え、世代を超え、国境を越え愛される「ウルトラマン」から全く新しい『ULTRAMAN』が登場。 初代ウルトラマン以降、地球にウルトラマンが現れなか …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学