Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

【ネタバレ】名探偵コナン ハロウィンの花嫁|感想と結末ラストの評価解説。犯人の正体は?2022映画は安室透の“同期との消えない絆”を初めて描く

  • Writer :
  • 糸魚川悟

過去と現在が交差する、名探偵コナン劇場版シリーズ第25作!

ゴールデンウィークを彩るアニメ映画として今や定番の「名探偵コナン」シリーズ。原作漫画は100巻を突破し、日本のエンターテインメントを支える一角を担う「名探偵コナン」の劇場版映画は、毎年さまざまな要素で鑑賞者を楽しませてくれます。

そんな「名探偵コナン」シリーズの2022年の劇場版映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』は、シリーズ屈指の人気キャラクター安室透が再び物語の鍵を握る作品。

シリーズ25作目となる『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』(2022)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

アニメ『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』の作品情報


(C)2022 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

【公開】
2022年(日本映画)

【監督】
満仲勧

【脚本】
大倉崇裕

【キャスト】
高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、高木渉、湯屋敦子、古谷徹、白石麻衣

【作品概要】
『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』(1997)から始まった劇場版「名探偵コナン」シリーズ第25作。

漫画「ハイキュー!!」のアニメシリーズを手がけた満仲勧が監督を務め、『名探偵コナン から紅の恋歌』(2017)で脚本を担当し、推理作家としても活躍する大倉崇裕が本作でも脚本を務めました。

アニメ『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』のあらすじとネタバレ


(C)2022 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

お互いに警視庁の刑事であり、交際している高木と佐藤の結婚式に参加したコナンと少年探偵団の仲間たち。

その式の最中、突如暴漢たちが押し入ります。毛利小五郎を始めとした参列者たちが暴漢を取り押さえようとしますが、暴漢のひとりに高木が撃たれてしまいます。しかしその銃弾はペイント弾であり、この結婚式が「演習」だったことが目暮警部によって明かされます。

実は、ハロウィンの日に結婚式を行う予定である警察OBの村中に脅迫状が届いており、目暮を始めとした捜査一課がその警備に当たるため、コナンたちにも内緒で演習を行っていたのでした。

その頃、警視庁・公安警察の安室と風見は、3年前に連続爆破事件を起こした犯人が何者かの手引きで脱獄したことを知り、その爆弾犯を立体駐車場へと追い詰めていました。

追い詰められた爆弾犯は何かに怯えている上に特殊な形状の首輪を着けており、異常を感じた安室は爆弾犯に近づく風見に警告しますが、その直後に首輪は大爆発を起こし風見が吹き飛ばされてしまいます。

風見の脚を掴み、かろうじて立体駐車場からの落下を阻止した安室。しかし身動きの取れない安室に近づく何者かが、安室の首に爆弾犯に着けられていた物と同型の首輪をはめました。

村中の結婚式でスピーチと警護を依頼されたた小五郎は、娘の蘭とコナンたち少年探偵団と共に警視庁へと向かう最中に、ロシア人の男性と遭遇。

男性が落としたメモを灰原哀が男性に渡しその場を去ると、男性の持っていた焦げたタブレットが爆発。近くにいた灰原が道路へと吹き飛ばされます。小五郎は走るトラックから灰原を庇ったことで意識不明の重傷を負い、この事件は捜査一課の管轄となります。

現場検証に残るコナンの指摘によって、目暮や佐藤は死亡した男性の胸ポケットから「捜査一課 松田陣平」と書かれた名刺を発見。松田は3年前に爆発物処理班から捜査一課に赴任してから僅か一週間で、爆弾犯の仕掛けた爆弾の解除中に殉職した刑事でした。

佐藤たちはその一週間の中で松田が接触した可能性のある人間を調べ、警察学校の同窓生である「降谷(安室の本名)」に行き着きますが、公安の風見によって捜査の差し止めを受けてしまいます。

その日の夜、コナンは公安警察によって連行されると地下シェルターに案内され、そこで強化ガラスで仕切られた空間内にいる安室と出会います。

安室は3年前の松田が死亡する前日、同窓生である松田と伊達、そして諸伏の4人で「プラーミャ」と呼ばれる爆弾を用いる世界的な殺し屋を追い詰め、諸伏が肩に銃弾を撃ち込みながらも取り逃がした過去を話します。

今回の警視庁での事件と安室の首に着けられた爆弾がプラーミャの仕業であると話す安室は、コナンに事件の全貌解明への協力を依頼しました。

翌日、コナンと蘭は小五郎の見舞いに来た村中とその恋人クリスティーヌに誘われ、式場である渋谷のヒカリエに招かれます。

またクリスティーヌの友人からの荷物の受け取りを頼まれた少年探偵団は指定された廃ビルを訪ねますが、そこには安室から資料として写真をもらっていた、プラーミャの爆弾と同型のものが設置されていました。間一髪で爆破から逃れたコナンは、電気ポットと服を使って爆弾の一部を持ち出すことに成功し、風見に分析を依頼します。

その後、廃ビル周辺の聞き込みを行う捜査一課の千葉が何者かに誘拐され、犯人たちは松田陣平を交渉の場に呼ばせようとします。

顔つきが似ている高木が松田として現場に向かうことになり、高木はそこでロシア人であり、夫と息子を爆弾によって殺されたエレニカが結成したプラーミャへの復讐を目的とした組織と接触。

エレニカはプラーミャの殺害を目的としており、そのためにかつてプラーミャの爆弾の解除に成功した唯一の存在である松田から情報を得ようとしていたのです。また警視庁前で死亡したロシア人男性がエレニカの兄オレグであることも分かり、エレニカが自身の組織の人間を総動員し日本で決着しようとしていることも判明します。

しかし目を覚ました千葉の失言により松田が殉職していることがばれてしまい、高木と千葉は一転窮地に陥ります。そこに尾行していたコナンの機転によって佐藤たちが突入し、エレニカたちは取り逃したものの、高木と千葉の救出には成功しました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』のネタバレ・結末の記載がございます。『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2022 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

安室と連絡を取るコナンはこれまでの事実を整理します。

プラーミャがクリスティーヌを狙う理由、オレグの遺品のメモに書かれた「¥」の意味、そしてプラーミャが廃ビルでの爆弾で無線式起爆装置を使わなかったことで、間違ってコナンたちを爆殺しかねないミスを犯した理由は謎のままでした。

意識を取り戻し呑気に寝る小五郎の見舞いに訪れたコナンは、オレグが死亡した際に近くに居た蘭が燃え尽きる前のオレグのメモを見ていたことを知ります。そのおかげで、メモに書かれていた「¥」の図形は「渋谷の道玄坂付近を上空から見た図」であると悟ったコナンは事件の全貌を理解しました。

ハロウィン当日。プラーミャからの脅迫で結婚式を開かざるを得なくなった村中とクリスティーヌは、警察による万全の警戒態勢のなかで結婚式を開きます。

しかし式場にエレニカたちが現れ、「警察を傷つけない」というコナンの条件を飲んで手にした情報……「プラーミャ」の正体がクリスティーヌである事実を本人に突きつけました。

豹変したクリスティーヌは銃を乱射。付近の警察を退けると、結婚式で使う予定だったヘリコプターの待機する屋上へと向かいますが、そこにはコナンが待ち構えていました。

コナンはクリスティーヌことプラーミャの狙いがエレニカたちの組織の壊滅と、自身の正体を知った人間の抹殺、そして自身に銃弾を負わせた安室たちへの復讐であると自身の推理を語ります。

対してプラーミャは道玄坂と宮益坂のハロウィンの飾り付け内に、ひとつに混合されることで爆発を起こす二種類の溶剤を仕込んであること、そしてふたつの坂を利用し溶剤の重なり合うスクランブル交差点で大規模な爆破を起こし、民間人をも巻き込んだ虐殺を起こす自身の計画を告白した上で、ヘリコプターに乗り込みます。

しかし、ヘリコプターのパイロットは風見の解析によって首輪の解除に成功していた安室であり、爆弾によって落下していくヘリコプターの中で激しい格闘戦を繰り広げた安室はプラーミャの確保に成功します。

ところが渋谷中の飾り付け内が破裂し溶剤が坂を流れはじめ、ヘリコプターの落下も目にした通行人たちはパニック状態に陥ります。

コナンは確保されたプラーミャを殺害しようとするエレニカを止めると、アガサ博士の開発した巨大化するサッカーボールを駆使して渋谷スクランブル交差点を中心に東西を遮断。

固定のために人力が必要となる中、プラーミャによる銃の乱射の中で佐藤を庇い撃たれていた高木が倒れ窮地に陥りますが、爆弾による被害者を減らすことを考えるエレニカたち組織の人間がコナンに協力、無事遮断に成功しました。

数時間後、風見によって爆発を防ぐ中和剤が溶剤に注入され始めたことで事件は幕を下ろし、コナンと言葉を交わす安室はかつての仲間を思い出し空を見上げました。

そして高木の手術も無事成功し、数日後には高木の葬儀を模した演習が行われていました。

スポンサーリンク

アニメ『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』の感想と評価


(C)2022 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

かつてない規模の計画が暗躍するハロウィンミステリー

名探偵コナンの劇場版と言えば、終盤に巻き起こる大規模な爆発や崩壊も映画の見どころの一つです。

シリーズのお馴染みでもあるこの要素は、比較的序盤から対象となる建物や乗り物などの描写を通じて、「どうなるんだろう」というドキドキ感を盛り上げています。

その一方で、本作では犯人の目的が終盤まで明らかにはされず、物語は犯人の正体と共に目的を探るミステリーとして丁寧に展開されており、シリーズファンもいつもとは異なるテイストに心を揺さぶられます。

世界各地で多くの人間を殺害した殺し屋「プラーミャ」が日本で起こす爆殺事件。

その事件がやがてかつてない規模の計画につながっていく、大人から子供まで幅広く楽しむことのできるミステリー映画となっていました。

過去によって紡がれる物語


(C)2022 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

本作で物語の鍵を握るのは、テレビアニメシリーズでもコナンの事件捜査を支えている捜査一課の高木刑事佐藤刑事、そして警視庁・公安警察の安室透

中でも安室透は、物語のメインキャラクターとなった第22作『名探偵コナン ゼロの執行人』(2018)で約92億円の興行成績を記録されるなどシリーズ屈指の人気キャラクターとなっており、映画への再登場が待ち望まれていました。

今回は安室の警察学校時代の同級生であり、既に殉職した4人の友人が物語のメインキャラクターとして劇場版に初登場

多くの人を守るために命を落とした友人たちが遺した言葉や証拠が事件解決の糸口となる展開を見せてくれる本作は、安室の抱える痛みとそれゆえの強さが垣間見える作品となっていました。

まとめ


(C)2022 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

常に時代や話題の最先端を取り入れ発展し続ける名探偵コナンの劇場版シリーズ。

失った仲間たちの信念を受け継ぎ前へ進む安室透、その身を盾にして市民の安全のために戦う高木と佐藤、そして事件に秘められた真実に迫ることで全員を守ろうとするコナン。

劇場版第25作となる『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』は、「過去が未来につながる」という言葉にしてみると当たり前のことの重要さをスリリングに描いた作品になっており、スポットが当たるキャラクターたちの魅力がより深まっていました。

また本作では、2023年公開の第26作では「黒の組織」の一人でありコナンとは因縁深いジンの登場が予告されており、今から2023年のゴールデンウィークが楽しみでならないです。




関連記事

アニメーション

『僕が愛したすべての君へ』ネタバレ結末感想と評価解説。小説のアニメ映画化でパラレルワールドの可能性を探る‟僕と君の物語”

僕と君の長い物語「僕が愛したすべての君へ」 TikTokで話題となった小説「僕が愛したすべての君へ」と「君を愛したひとりの僕へ」。 2016年6月にハヤカワ文庫より刊行された乙野四方字のこれらの小説は …

アニメーション

ポールドリエセンアニメ講義日時と会場情報!料金は?上映会開催も

米国アカデミー賞の短編アニメ部門を受賞したポール・ドリエセン監督。彼を日本に招いて開催される講義が神奈川県横浜市で開催されます。 今回は東京藝術大学大学院映像研究科公開講座「コンテンポラリーアニメーシ …

アニメーション

映画サイコパス3期SSネタバレ感想と結末までのあらすじ【PSYCHO-PASS Sinners of the System Case.3】

人気SFアニメシリーズの新プロジェクト 新規劇場作品3部連続公開で贈る第3弾。 ある中央アジアの小国を訪れた狡噛慎也がそこで出会う少女テンジンとの交流。そのテンジンが臨む「復讐」と狡噛が立ち向かう「過 …

アニメーション

映画『海獣の子供』あらすじネタバレと感想。人気漫画が原作の圧倒的映像スペクタクル!

アニメ映画『海獣の子供』は、2019年6月7日(金)より全国ロードショー。 独自の世界観でファンを魅了し続ける五十嵐大介の初長編漫画『海獣の子供』が長編アニメーションとして映画化。 本作のアニメーショ …

アニメーション

映画『ドラゴンボール超ブロリー』あらすじネタバレと感想。アニメファンの見たいものをたっぷりと!

2013年『ドラゴンボールℤ神と神』から再始動した、「ドラゴンボール劇場版」シリーズの第三弾で“超”のブランドとしては初の映画。 90年代に連作された劇場版シリーズに登場して、強烈なインパクトを残した …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学