Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

映画『リメンバー・ミー』あらすじとキャスト。声優吹き替え一覧も

  • Writer :
  • 馬渕一平

ディズニー/ピクサー最新作!

明るくカラフルな“死者の国”を舞台に描かれる感動のファンタジー・アドベンチャー。

3月16日(金)より公開の『リメンバー・ミー』をご紹介します。

スポンサーリンク

1.『リメンバー・ミー』の作品情報


(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Coco

【監督】
リー・アンクリッチ

【キャスト】
アンソニー・ゴンサレス、ガエル・ガルシア・ベルナル、ベンジャミン・ブラット、アランナ・ウバック、レニー・ビクター、ジェイミー・カミル、アナ・オフェリア・ムルギア、ナタリア・コルドバ=バックリー、ソフィア・エスピノーサ、アルフォンソ・アラウ、ガブリエル・イグレシアス、エドワード・ジェームズ・オルモス、ロンバルド・ボイアー、ダイアナ・オルテッリ、ブランカ・アラセリ、チーチ・マリン、ルイス・バルデス、ジョン・ラッツェンバーガー

【日本語吹き替え】
藤木直人(ヘクター)、松雪泰子(イメルダ)石橋陽彩(ミゲル)横山だいすけ(パパ)渡辺直美(フリーダ・カーロ)大方斐紗子(ママ・ココ)大抜卓人男性(マリアッチ)カイミ(「死者の国」の旅行者)、シシド・カフカ(ロス・チャチャラコス)、鈴木拡樹(コーンを持った男)、高柳明音(女性マリアッチ)、多田野曜平(パパ・フリオ)、立木文彦(フアン・ハノキョーセー)、チョー(事務官)、恒松あゆみ(お母さん)、寺田ちひろ(「死者の国」の旅行者)、茂木欣一(ロス・チャチャラコス)、安野希世乃(修道女)

【作品概要】
ディズニー/ピクサー最新作は、誰も観たことがない明るくカラフルな“死者の国”を舞台に、時を越えた“家族のつながり”を描く感動のファンタジー・アドベンチャー。

監督を務めるのはアカデミー賞受賞作『トイ・ストーリー3』(2010)のリー・アンクリッチ。

名曲『リメンバー・ミー』を生み出しのは『アナと雪の女王』(2014)で『レット・イット・ゴー』を手掛けたロペス夫妻。

日本語主題歌はメキシコ出身のシシド・カフカと東京スカパラダイスオーケストラによる奇跡のコラボが披露されます。

ディズニー/ピクサーの魅力がたっぷり詰まった新たなる金字塔が誕生!

2.リー・アンクリッチ監督のプロフィール


(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

1967年8月8日生まれ、アメリカオハイオ州出身。

携わった主な過去作は、『トイ・ストーリー2』(1999年/共同監督・編集・声の出演)・『モンスターズ・インク』(2001年/共同監督・編集・声の出演)・『ファインディング・ニモ』(2003年/共同監督・編集)・『トイ・ストーリー3』(2010年/監督・声の出演)など、ピクサーを黎明期から支えています。

2009年の第66回ヴェネツィア国際映画祭にて、アニメ映画への多大な貢献を評価され栄誉金獅子賞を受賞。

脚本と共同監督を担当したエイドリアン・モリーナと共に、「死」をテーマにした意欲作に挑みます。

スポンサーリンク

3.『リメンバー・ミー』のキャスト配役のプロフィール


(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

アンソニー・ゴンサレス(ミゲル役)

2005年3月15日生まれ。

TVシリーズの『THE BRIDGE/ブリッジ』(2011-2015)や『クリミナル・マインド 国際捜査班2』(2017年)などに端役として出演。

俳優としての活動はまだほとんどない新人がオーディションによって大役を掴み取りました。

本作では12歳のギターの天才少年ミゲルを演じます。

日本語吹き替えは歌うまキッズとして注目を集める石橋陽彩が演じます。

ガエル・ガルシア・ベルナル(ヘクター役)

1978年11月30日生まれ、メキシコ・ハリスコ州出身。

19歳の時から3年間、イギリス・ロンドンの名門セントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマで演技を学び、在学中に『アモーレス・ペロス』(2000年/アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督)で長編映画に初出演。

同作品でアリエル賞男優賞を受賞、以降メキシコをはじめとするスペイン語圏映画に多数出演している売れっ子。

主な出演作は『天国の口、終りの楽園。』(2001/アルフォンソ・キュアロン監督)、『モーターサイクル・ダイアリーズ』(2004/ウォルター・サレス監督)、『バベル』(2007/アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督)、『NO』(2012/パブロ・ラライン監督)など。

非常に端正な顔立ちのため、女性ファンが多い俳優です。

本作では陽気だけど孤独なガイコツのヘクターを演じます。

日本語吹き替えは俳優の藤木直人が演じます。

ベンジャミン・ブラット(エルネスト・デラクルス役)

1963年12月16日生まれ、アメリカ・カリフォルニア州出身。

『ロー&オーダー』(1995-2009)や『プライベート・プラクティス 迷えるオトナたち』(2011-2013)に『24 -TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ』(2014)など、主にTVシリーズで活躍しています。

過去には『くもりときどきミートボール』(2009/フィル・ロード&クリストファー・ミラー監督)、『怪盗グルーのミニオン危機一発』(2013)などに参加しているため、アニメの声優経験は豊富。

本作では伝説のミュージシャンであるエルネスト・デラクルスを演じます。

日本語吹き替えは劇団☆新感線出身の俳優である橋本さとしが演じます。

アランナ・ウバック(イメルダ役)

1975年10月3日生まれ、アメリカ・カリフォルニア州出身。

幼い頃から子役として活動し、『天使にラブ・ソングを2』(1994年)、『勇気あるもの』(1995年)などに出演。

映画やテレビドラマのほか、テレビアニメやアニメ映画で声優としての活動も多く、TVアニメ『ティーモ・シュプリーモ』(2002-2004)や『ランゴ』(2011/ゴア・ヴァビンスキー監督)などに参加しています。

本作ではミゲルのひいひいおばあちゃんイメルダを演じます。

日本語吹き替えは女優の松雪泰子が演じます。

レニー・ビクター(エレナ役)

1953年6月15日生まれ、アメリカ・テキサス州出身。

俳優業だけでなく、歌・ダンスの振り付け・通訳・テレビ番組の司会など、幅広い分野で活躍しています。

主な出演作はTVシリーズ『Weeds ママの秘密』(2005-2012)や『お買いもの中毒な私!』(2009)に『パラノーマル・アクティビティ/呪いの印』(2014)など。

本作ではミゲルのおばあちゃんエレナを演じます。

アナ・オフェリア・ムルギア(ココ役)

1933年12月8日生まれ、メキシコ・メキシコシティ出身。

80歳を超える大ベテランの女優です。

代表作は『愛しのトム・ミックス』(1992)、『Escrito en el cuerpo de la noche(原題)』(2001)など。

本作ではミゲルのひいおばあちゃんココを演じます。

日本語吹き替えは女優の大方斐紗子が演じます。

ナタリア・コルドバ=バックリー(フリーダ・カーロ役)

1982年11月25日生まれ、メキシコ・メキシコシティ出身。

主な出演作は、TVシリーズの『ベイツ・モーテル』(2013-2017)や『エージェント・オブ・シールド』(2013〜)、『マクファーランド 栄光への疾走』(2015)など。

本作では独創的な画家フリーダ・カーロを演じます。

日本語吹き替えは芸人の渡辺直美が演じます。

4.『リメンバー・ミー』のあらすじ


(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ミュージシャンを夢見るギターの天才少年ミゲル。

しかし、ミゲルは厳格な《家族の掟》によって、ギターを弾くどころか音楽を聴くことすら禁じられていました。

ある日、ミゲルは古い家族写真をきっかけに、自分のひいひいおじいちゃんが伝説のミュージシャン、デラクルスではないかと推測。

彼のお墓に忍び込み美しいギターを手にした、その瞬間。

ミゲルは先祖たちが暮らす“死者の国”に迷い込んでしまいます。

そこは、夢のように美しく、ガイコツたちが楽しく暮らすテーマパークのような世界。

しかし、日の出までに元の世界に帰らないと、ミゲルの体は消え、永遠に家族と会えなくなってしまいます。

唯一の頼りは、家族に会いたいと願う陽気だけど孤独なガイコツのヘクター。

彼にも「生きている家族に忘れられると、死者の国からも存在が消える」という運命が待ち受けていました。

絶体絶命のふたりと家族をつなぐ唯一の鍵は、ミゲルが大好きな曲、“リメンバー・ミー”。

不思議な力を秘めたこの曲が、時を超えていま奇跡を巻き起こします。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

映画の中で「死」を扱うというのはとても難しく、ただの絵に生命を宿すアニメーションでは従来避けられてきたテーマです。

ましてやディズニー/ピクサーは世界中の親子が楽しみにしている作品。

しかし、難しいテーマにあえて挑戦し続ける、その姿勢が多くの映画ファンを虜にしているのも事実です。

今思えば『トイ・ストーリー3』にも明らかにおもちゃの死を示唆した恐怖のシーンがありました。

人から忘れ去られること、そのテーマは本作にも通じています。

最近の作品のクオリティコントロールはマーベルと肩を並べる程なので個人的には全く心配していません。

アカデミー長編アニメ映画賞も間違いなく受賞することでしょう。

成功を続けることでその名を世界中に轟かすディズニー/ピクサーの新たな傑作の誕生を目にするのが今から楽しみです。

関連記事

アニメ映画

クレヨンしんちゃん映画2017あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

爆笑!痛快!感動!2017年新たなケツ作が誕生する?! 劇場版アニメの25周年記念作品『クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ』をご紹介します! スポンサーリンク CONTENTS映画『クレヨンしん …

アニメ映画

B:The Beginningシーズン1|ネタバレ感想と考察。あらすじはラスト結末まで詳細に紹介

莫大な資金を投じて、オリジナルコンテンツの拡大を続けるNetflix。 数多くのオリジナルドラマや、映画を手掛ける一方で、オリジナルアニメの制作にも注力しています。 今回は、Netflixオリジナルア …

アニメ映画

【ネタバレ感想】トイ・ストーリー4|4DX吹替版映画の評価とあらすじ。体感型鑑賞のススメ紹介も

『トイ・ストーリー4』は 2019年7月12日(金)から全国ロードショー公開中! ピクサー・アニメーション・スタジオの記念すべき1作目となった名作アニメ『トイ・ストーリー』(1996)。 オモチャに魂 …

アニメ映画

『猫の恩返し』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【ジブリ映画】

2002年公開のスタジオジブリ制作映画といえば、『猫の恩返し』。ですが名前しか知らないという方も多いのではないでしょうか 今回はスタジオジブリの作り出した傑作の1つである今作を、紹介していきたいと思い …

アニメ映画

劇場版「フリクリ オルタナ」あらすじと感想。ハル子とカナブンの魅力とは

劇場版「フリクリ オルタナ」は、9月7日(金)公開! 劇場版「フリクリ プログレ」は、9月28日(金)公開!! 普通すぎる自分にモヤモヤした日常を過ごす、17歳の高校生の河本カナ、あだ名はカナブン。 …

映画『天気の子』特集
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP