Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

『劇場版 幼女戦記』ネタバレ感想。総員傾注! ターニャを襲う神の意志とメアリーの激戦を見よ

  • Writer :
  • 薬師寺源次郎

2017年に放送されたテレビシリーズの続編を描いた『劇場版 幼女戦記』

快進撃を続ける第二○三航空魔導大隊が新たな戦場を舞い、激戦に身を投じていく姿を描きます。

主人公ターニャの前に現れる少女、メアリーとの対決の行方は⁈

カルロ・ゼンによる戦記ファンタジー小説を原作に、テレビ版の上村泰監督が引き続き描いたアニメ「幼女戦記」の劇場版をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『劇場版 幼女戦記』作品情報


(C)カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【監督】
上村泰

【キャスト】
悠木碧、早見沙織、三木眞一郎、玄田哲章、大塚芳忠、濱野大輝、小林裕介、笠間淳、林大地、土師孝也、小柳良寛、戸松遥、高岡瓶々、飛田展男、稲垣隆史、チョー、森川智之、福島潤、田村睦心

【作品概要】
カルロ・ゼン原作のライトノベルを原作としたアニメーション作品のTVシリーズからの続編を映画化。

監督を上村泰、脚本を猪原健太がTVシリーズから続投しています。

主人公ターニャとテレビシリーズのクライマックスで戦死した、アンソンの娘メアリーとの因縁を中心に新たな局面を迎える帝国の戦いを描いています。

映画『劇場版 幼女戦記』のあらすじとネタバレ


(C)カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

統一暦1966年、連合王国の教会で一人の男が取材を受けています。

男の名はアーデルハイド・フォン・シューゲル、かつて帝国陸軍で技師を務めていました。

記者はシューゲルに帝国はなぜ、世界大戦に踏み切ったのかと尋ねますが、シューゲルは分からないと答えます。

しかし、なぜ世界大戦が起こったかはわかると答え、世界が帝国を恐れたからだと続けました。

統一暦1926年2月。

南方大陸に渡った帝国陸軍第二○三航空魔導大隊、通称、ピクシー大隊を率いるターニャ・フォン・デグレチャフ少佐は憤っていました。

大陸に渡った自由共和国軍は部隊を分散するとされ、数で劣る帝国軍上陸部隊は最も北の共和国部隊を撃破するために本隊をあて、他の部隊の足止めを大隊が担当するはずでした。

しかし、共和国軍は部隊を分散しておらず、帝国上陸軍本隊へ向かっていました。

それを知ったターニャは帝国軍敗北の危機を悟り、転進を迫られます。

本隊の救援に向かうか尋ねる、副官、ヴィクトーリヤ中尉に敵の隙を突き、司令部の攻撃を決意、守備を突破し見事、司令部を撃破し南方大陸での勝利を収めます。

部下に本国への凱旋を伝え意気揚々と帰還する大隊ですが、数週間後、北方へ向かう輸送機に乗せられていました。

遡ること10時間ほど前、帰国した大隊を帝国陸軍参謀本部情報部のエーリッヒ・フォン・レルゲン大佐が出迎えます。

大陸での功を労い、部隊の状況を尋ねるレルゲンにターニャは損害も無く、士気も高いと応えると、帝国の隣国、ルーシー連邦で会戦に向けた動きが見られるため強行偵察の任務を言い渡されます。

しぶしぶ連邦に向かうターニャは嘘でも大隊の損害がひどいといえばよかったと後悔しながらも国境を越え、連邦の国土に侵入します。

そこで、連邦軍の部隊が展開されていることを確認、司令部に報告しようとすると配備されていた列車砲が突如発砲、同時に司令部より連邦が帝国に宣戦布告したことが伝わります。

すぐさま、戦闘を開始する大隊は周囲の敵を撃滅、司令部に指示を仰ぐと、任意に攻撃を命じられます。

ヴィクトーリヤに次の攻撃先を訪ねられるとターニャは連邦の首都モスコーへの攻撃を口にし、反対する部下達に成功すると不敵な笑みを浮かべるのでした。

連邦の首都、モスコーに対帝国のため各国から召集された魔導師部隊、多国籍義勇兵が到着、その中に合州国義勇兵 准尉 メアリー・スーの姿がありました。

その頃、連邦内務人民委員、ロリヤは巡視と称し自らの趣向に合う幼女を物色するためモスコー市内を走っていました。

その時、上空を飛行する魔導師を目撃、突如発砲し政府機関や軍関係の施設を次々と破壊し始めます。

驚くロリヤを尻目に魔導師の部隊、ピクシー大隊は帝国旗を掲げモスコーの空を飛び交います。

時を同じく、多国籍義勇兵の宿舎も襲撃を受け、メアリーは帝国軍の襲撃を知ります。

父を帝国軍に殺されたメアリーは隊長の連合王国中佐ウイリアム・ドレイクの制止を振り切り、出撃します。

目的を達成し、撤退を始めようとする大隊の前にメアリー、遅れて出撃した義勇兵本隊が到着、交戦状態となります。

ターニャに肉薄するメアリーはターニャが持つ銃器がかつて自分が父に贈った物である事に気づき、ターニャが父の敵であると知ります。

しかし、ターニャに殴打され、メアリーは墜落、防御陣を張り、一命を取り留めますが重傷を負います。

メアリーが張った防御陣の膨大な魔力に不審に思うターニャですが大隊と共に撤収します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『劇場版 幼女戦記』ネタバレ・結末の記載がございます。『劇場版 幼女戦記』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

その夜、宿舎に帰ったピクシー大隊は作戦の成功を祝して宴会になります。

一人、宴席を離れるターニャはメアリーが最後に見せた魔力について、これまでターニャに干渉してきた自称 神、ターニャいわく存在Xの影を感じていました。

深夜、ターニャは大隊の面々をたたき起こし、連邦軍に包囲された街、ティゲンホーフの救出に向かいます。

モスコーで行われていた内務人民委員会でロリヤは書記長にティゲンホーフにピクシー大隊が現れたことを報告、首都攻撃を行った大隊を連邦の威信にかけて壊滅させるべきと進言し、大規模部隊の投入を認めさせます。

しかし、ロリヤの目的は大隊がモスコーに進行した際、見かけたターニャを我が物にしようと目論んでいました。

多国籍軍義勇兵のもとにもティゲンホーフ行きの招集がかかり、驚異的な速さで傷を癒したメアリーも参加を希望します。

夜間、休んでいたターニャはヴィクトーリアに起こされ、ティゲンホーフに連邦の大規模部隊が向かっていることを知らされ、愕然とします。

翌日、投入された連邦軍との熾烈な先頭に突入、戦闘開始から27時間が経過した頃、ターニャは戦闘機、爆撃機で編成される航空機部隊の接近を確認、合わせて、魔導師部隊の接近を知らされます。

ターニャは自ら魔導師部隊の相手をすることを決意、ヴィクトーリアをはじめ数人の部下と共にこれにあたり、残りの部下達は航空機部隊の殲滅に向かいます。

メアリーはターニャを見つけると一人、突撃します。

メアリーの猛攻に防戦一方のターニャは肉薄するメアリーの口から「お父さんの仇!」と聞き驚きます。

一旦、逃れ物陰に隠れるターニャは個人的な理由を戦場に持ち込むメアリーに戸惑い、理不尽さを感じながらその気持ちも「個人的な感情」と気づくと冷静さを取り戻し再び空へ飛び立ちます。

再び猛攻を仕掛けるメアリーから逃げると見せかけ、時計台を破壊し、メアリーを下敷きにします。

防御陣を張り、難を逃れたメアリーは土煙に紛れ接近したターニャに気がつかず、至近距離で爆裂術式を受けてしまいます。

教会に墜落したメアリーの生死を確認しようと降り立つターニャですが炎の中から飛び出すメアリーに殴打され吹き飛ばされます。

馬乗りになって殴り続けるメアリーに意識が薄れていくターニャにメアリーは勝利を確信し、果たされようとする復讐を前に神に感謝を捧げます。

意識を取り戻したターニャは拳銃を発砲、メアリーに命中しますが致命傷を与えられません。

鬼のような形相でターニャをにらむメアリーになおも発砲するターニャですが突如現れたウィリアムに妨害、メアリーを倒し損ねます。

時を同じく、航空機部隊を殲滅した大隊の面々の活躍もあって、連邦軍は撤退を開始、ティゲンホーフの防衛の成功します。

勝利を喜ぶ帝国軍ですが、ターニャはこのままでは身が持たないと感じていました。

10日後、帝都ベルンの参謀本部で作戦参謀次長ゼートゥーア、同じくルーデルドルフに面会を希望します。

ゼートゥーア、ルーデルドルフに対し、転属願いを提出し、後方での勤務を希望します。

理由を問われると帝国軍の作戦、部隊運用を見直さない限りこの先の戦いを勝ち抜けないと説明、その研究、計画に専念したいと申し出ます。

後方での勤務が認められたターニャはひとり狂喜乱舞します。

ゼートゥーアたちに話したのはあくまで建前で本心は安全な後方でのんびり過ごしたいだけでした。

二ヵ月後、ターニャの元にゼートゥーアから電話が入ります。

提出した軍の再編計画を全面的に採用することが伝えられ、上機嫌のターニャにゼートゥーアは試験的に新たな戦闘団を設立、その指揮官としてターニャを任命するといい、前線に戻るように伝えると電話を切ります。

電話を置き、愕然とするターニャは叫びます。「どうして…。どうしてこうなったぁ~!?」

スポンサーリンク

映画『劇場版 幼女戦記』の感想と評価


(C)カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

主人公ターニャの可愛らしい容姿とは裏腹の冷酷な発言や、血に塗れた戦争を描く残酷なストーリーが話題となり、人気を博したテレビアニメ『幼女戦記』。

シリーズの続編となる本作は、復讐に燃える少女メアリーとターニャの因縁を中心に描かれています。

ターニャとメアリーの対決は父の敵を討とうとするメアリーの「感情」、ただ軍人としての任務に臨むターニャの「理論」の対決だった訳ですが、その強い「感情」から、ひたすら敵討ちに没するメアリーの姿は戦時中という物語の背景を濃く現しています。

うら若き少女が何ゆえ銃をとり戦地に赴かなければならないのか、やりきれない想いになりました。

それ故にウィリアムの「敵と仇を間違えるな」と言う言葉が印象的。

対して、ターニャがどこまでも淡々と任務をこなしていく姿は軍人とはいえ異様に思えてなりません。

元は現在日本のビジネスマンが転生したという設定ですが、それだけに戦争を知らない人物がまるで書類仕事を淡々とこなすように敵を排除していき、「戦争=人殺し」をしているという感覚が大きく欠如しており、そこまで「理論」的になれるのかと疑問を抱きました。

また本作は空戦シーンが見どころで、スクリーン狭しと飛び回る魔導師たちや、砲弾の爆発を表現した空の様子は見事です。

特にクライマックスのターニャとメアリーのドックファイトは飛び散る破片、土煙が緻密に表現、臨場感を表現し、実際に自分も飛んでいるかのように感じました。

ターニャを演じた悠木碧の演技も眼を見張るものがあり、幼い声の中ににじむ自身や欺瞞、時に垣間見える残虐さが表現されており、容姿と内面が乖離したキャラクターを見事に演じていました。

まとめ


(C)カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

本作は「信仰」と「無信仰」、「感情」と「理論」を体現するメアリーとターニャの対決を描いていたわけですが二人の対決はまだ始まったばかりです

新たな戦闘団を率いることとなるターニャにメアリーはどのように挑むのでしょうか?

つぎの戦場での「幼女の皮を被った悪魔」の活躍を期待いたしましょう。

関連記事

アニメ映画

アニメ映画『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』あらすじと感想レビュー

『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』は、2018年1月13日(土)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー! これまで日本でも『西遊記』は、実写版やテレビアニメで何度も映像化されてきました。 いよいよ、本 …

アニメ映画

メアリと魔女の花あらすじと声優キャスト!試写会や公開日情報も

“この夏、メアリは出会う。驚きと歓び。過ちと運命。そして、小さな勇気に ―。” あらゆる世代の心を揺さぶる、全く新しい形の魔女映画『メアリと魔女の花』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENT …

アニメ映画

【ネタバレ感想】名探偵コナン紺青の拳フィスト2019|最新作は怪盗キッドとコンビで事件解決!

名探偵コナン劇場版23作目。舞台は、日本を飛び出し海外へ! パスポートがない江戸川コナン君。まさかの密入国!? 「平成のシャーロック・ホームズ改め、令和のシャーロック・ホームズになります」の宣言も飛び …

アニメ映画

『コードギアス総集編Ⅰ興道』あらすじと来場者特典!【谷口悟朗監督】

谷口悟朗監督の代表作として名高い、あのアニメが遂に再始動… 一大ムーブメントを築き上げた「コードギアス」シリーズの原点!劇場にて括目せよ! スポンサーリンク CONTENTS1.劇場アニメ『コードギア …

アニメ映画

映画『ズートピア』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

お正月、あなたの今年の抱負や夢は何でしょうか。今回はカワイイ動物たちが活躍する『ズートピア』をご紹介します。 すでに多くの人が観た作品かもしれませんが、今一度深く考察をしてみたい映画なのでピックアップ …

映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
【Cinemarche独占】映画『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】
【真宮葉月インタビュー】映画『最果てリストランテ』の女優デビューへの心がまえと学び続ける好奇心
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP