Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

Entry 2018/03/24
Update

ピクサー映画『リメンバー・ミー』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • 馬渕一平

アカデミー長編アニメーション賞を受賞したディズニー/ピクサー最新作!

明るくカラフルな“死者の国”を舞台に描かれる感動のファンタジー・アドベンチャー。

3月16日(金)より公開中の『リメンバー・ミー』をご紹介します。

スポンサーリンク

1.『リメンバー・ミー』の作品情報


(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Coco

【監督】
リー・アンクリッチ

【キャスト】
アンソニー・ゴンサレス、ガエル・ガルシア・ベルナル、ベンジャミン・ブラット、アランナ・ウバック、レニー・ビクター、ジェイミー・カミル、アナ・オフェリア・ムルギア、ナタリア・コルドバ=バックリー、ソフィア・エスピノーサ、アルフォンソ・アラウ、ガブリエル・イグレシアス、エドワード・ジェームズ・オルモス、ロンバルド・ボイアー、ダイアナ・オルテッリ、ブランカ・アラセリ、チーチ・マリン、ルイス・バルデス、ジョン・ラッツェンバーガー

【日本語吹き替え】
藤木直人(ヘクター)、松雪泰子(イメルダ)石橋陽彩(ミゲル)横山だいすけ(パパ)渡辺直美(フリーダ・カーロ)大方斐紗子(ママ・ココ)大抜卓人男性(マリアッチ)カイミ(「死者の国」の旅行者)、シシド・カフカ(ロス・チャチャラコス)、鈴木拡樹(コーンを持った男)、高柳明音(女性マリアッチ)、多田野曜平(パパ・フリオ)、立木文彦(フアン・ハノキョーセー)、チョー(事務官)、恒松あゆみ(お母さん)、寺田ちひろ(「死者の国」の旅行者)、茂木欣一(ロス・チャチャラコス)、安野希世乃(修道女)

【作品概要】
アカデミー長編アニメーション賞を受賞!

ディズニー/ピクサー最新作は、誰も観たことがない明るくカラフルな“死者の国”を舞台に、時を越えた“家族のつながり”を描く感動のファンタジー・アドベンチャー。

監督を務めるのはアカデミー賞受賞作『トイ・ストーリー3』(2010)のリー・アンクリッチ。

名曲『リメンバー・ミー』を生み出しのは『アナと雪の女王』(2014)で『レット・イット・ゴー』を手掛けたロペス夫妻。

日本語主題歌はメキシコ出身のシシド・カフカと東京スカパラダイスオーケストラによる奇跡のコラボが披露されます。

ディズニー/ピクサーの魅力がたっぷり詰まった新たなる金字塔が誕生!

2.『リメンバー・ミー』のあらすじとネタバレ


(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

メキシコのとある町、サンタ・セシリア。

12歳のミゲル少年は音楽の一切を禁止するという堅い掟が定められた一家で育ちました。

ミゲルのひいひいおじいちゃんが音楽のために家族を置き去りにしたことがその原因でした。

残されたひいひいおばあちゃんのイメルダは、靴の製造業で家計を支え、一人娘のココを育て上げました。

その後、靴の製造業は軌道に乗り、今では代々家族で経営を行なうのが決まりになっています。

イメルダはすでに亡くなっており、祭壇に飾られている写真にはココを抱いたイメルダ、そしてその隣に立つ父親の姿が写っています。

しかし、家族を置き去りにしたその父親の首から上は破り取られ、どんな顔をしているのか誰にもわかりませんでした。

ミゲルには家族に絶対内緒のある秘密がありました。

それはメキシコの伝説的な歌手であり俳優のエルネスト・デラクルスに憧れて、ギターを弾いていることです。

デラクルスに熱中するミゲルは音楽を愛し、将来は彼のようなスターになることを夢見ていました。

メキシコで祖先の霊を迎えるために毎年行われる「死者の日」が今年もやってきます。

ミゲルはその日に広場で開催される音楽コンテストへの出場を望んでいましたが、家族の監視の目は厳しくその希望は叶いそうにありませんでした。

落ち込んだミゲルは、いつものように仲良しの野良犬ダンテと一緒に秘密基地に向かいました。

自らで編集したデラクルスのベストをデッキに入れ、ミゲルは一緒にギターを鳴らしながらその映像を観ています。

音楽にかぶれているミゲルの将来を案じたおばあちゃんのエレナは、靴職人としての仕事をミゲルに任せることにしました。

両親が喜ぶ中、本当は音楽をやりたいミゲルは素直に喜ぶことができません。

そんな時、ひょんなことからイメルダの写真が祭壇から落ちてケースが割れてしまったので、ミゲルがそれを拾って見つめていると、折ってある部分が存在することに気付きます。

そこにはミゲルのひいひいおじいちゃんが左手で持っているギターが隠されていて、よく見るとそのギターはデラクルスのものに間違いありませんでした。

デラクルスと血が繋がっていた事実に喜び、ミゲルはコンテストに出場することを決意します。

しかし、こっそり家を抜け出そうとしていたところをエレナに見つかり、ミゲルのお手製ギターは粉々に破壊されてしまいました。

ショックを受けたミゲルは走り出し、コンテスト会場に向かいますが、楽器を持っていないと出場することはできません。

焦ったミゲルはデラクルスのお墓に彼のギターが飾ってあることを思い出し、それを少しの間だけ借りようと思い付きました。


(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

お墓に忍び込んでギターを手にし、一弾きすると不思議な光が一瞬ミゲルの身体を包みます。

すると、ミゲルは生者の国の人間からは見えなくなり声も聞こえなくなり触れることもできなくなってしまいましたが、逆に死者の姿を目にし声を聞き触れることができるようになりました。

ミゲルは生きていながらあちら側の世界に足を踏み入れてしまいましたが、ダンテは変わらずミゲルのことを認識し、彼の後を付いてきます。

ちょうどお墓を訪れていた祖先たち、大叔母のロシータとヴィクトリア、ひいおじいちゃんのフリオ、ひいひいおばあちゃんの双子の兄弟オスカルとフェリペと出会います。

イメルダが生者の国に渡れない問題も含め、彼らはミゲルと共に一度死者の国に戻ることにしました。

マリーゴールドの花びらで作られた大きな橋を渡ると、とてもカラフルな死者の国が見えてきます。

死者の国から生者の国に渡るには、オフレンダと呼ばれる祭壇に写真が飾られていることが条件。

イメルダが生者の国に来られないのはミゲルが写真を持っているからでした。

死者の日に祭壇からギターを盗むという行為をしてしまったために呪いをかけられたミゲルを救うには、家族からの許しが必要です。

日の出までに呪いを解かないとミゲルの身体は骸骨となり、二度と生者の国に戻ることができなくなってしまいます。

イメルダはミゲルに許しを与えますが、二度と音楽に関わらないことを条件に付け加えました。

呪いが解け生者の国に戻ったミゲルは掟を無視し、早速ギターを弾きます。

すると、あっという間に死者の国に舞い戻ってきてしまいました。

死者の国の家族からも音楽を反対されたミゲルは、ひいひいおじいちゃんのデラクルスから許してもらおうと思い付き、そこから逃げ出します。

デラクルスの居場所を探すミゲルの耳に変装で無理やり生者の国に渡ろうとして警察に捕まったヘクターという人物の声が聞こえてきました。

デラクルスの知り合いだと豪語する彼の助けを借りようと、ミゲルは話を持ちかけます。

ヘクターは生者の国にどうしても渡りたいため、ミゲルが戻った際に写真を飾ってもらうことで取引は成立しました。

生身のままだと目立ってしまうので、ミゲルは骸骨のように顔をペイントし、ダンテとヘクターと共にデラクルスの居場所を探します。

死者の国でもちょうど音楽コンテストが開催されており、優勝者にはデラクルスが住む高層ビルで開かれているパーティーへの参加権が与えられます。

優勝を狙うためミゲルたちはギターを調達しにいきます。

ヘクターの知り合いチチャロンはギターを持っており、彼はそれを貸す前に一曲聞かせてくれとヘクターに頼みました。

ヘクターが歌い終わるとチチャロンは消滅。驚くミゲルに、ヘクターは「最後の死」と呼ばれるものがあることを教えてくれます。

それは、生者の国の誰もその死者のことを覚えていないと死者の国からもその存在が消滅してしまう二度目の死のことでした。

ヘクターは自らも最後の死をもうすぐ迎えるであろうことを感じており、焦っていました。

一方、イメルダたちはアレブリヘと呼ばれる魂の精霊・羽の生えた巨大なヒョウの姿をしたペピータの嗅覚を頼りにミゲルを捜索しています。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『リメンバー・ミー』ネタバレ・結末の記載がございます。『リメンバー・ミー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ミゲルは緊張しながらも、ヘクターの助けによってコンテストで最高のパフォーマンスを発揮し、会場を大いに盛り上げました。

ミゲルが舞台の上から観客席を見回すと、そこには彼を追ってきたロシータたちの姿がありました。

慌てて逃げるミゲルを不思議に思ったヘクターが問いただすと、ミゲルはデラクルス以外にも許しを与えられる家族がいることを明かします。

最後の死が迫っているヘクターは嘘をついていたミゲルに腹が立って喧嘩になり、二人は仲違い。

一人でデラクルスの元に向かうミゲルの前にペピータに乗ったイメルダが現れます。

イメルダもかつては音楽を愛していたことを明かし、いなくなった夫のギターに合わせてよく歌っていた歌を歌いました。

娘ココのためには仕事に打ち込むしかなかったとイメルダは言いますが、納得のいかないミゲルはその場から走り出します。

パーティー会場に潜り込むことに成功したミゲルは、デラクルスの歌を歌うことで注意を引き、遂に憧れのデラクルスと対面することができました。

自分はデラクルスの子孫だと伝え、ミゲルは彼から温かい歓迎を受けます。

デラクルスに事情を話してミゲルが許しを与えてもらおうとした瞬間、そこにヘクターが駆け付けました。

ヘクターは、デラクルスの有名な曲のほとんどを作ったのは自分で、その栄光を独り占めするために彼の手で毒殺されたと主張。

ヘクターがかつてデラクルスとデュエットを組んでいたのは事実でした。

家族の元へ帰ろうとしたヘクターとそれを止めるデラクルスのやり取りが、彼の主演映画のシーンと酷似しており、その後にその人物が毒殺しようとする展開まで一緒であることにミゲルは気が付きます。

観念したデラクルスはこの事実が世間に公表されてはまずいと考え、ヘクターの生前の写真を奪い、ミゲルとヘクターを監禁するように命じました。

地下の洞窟に落とされたミゲルとヘクター。そこでヘクターは生者の国にどうしても戻りたい理由を語り始めます。

デラクルスの代表曲「リメンバー・ミー」は残してきた娘ココのために作った曲で、どうしてももう一度ココに会いたいとヘクターは嘆きます。

ひいおばあちゃんの名前がココであることから、ミゲルはヘクターこそが本当のひいひいおじいちゃんであることに気が付きました。

ミゲルは人殺しのデラクルスではなくヘクターが自分の祖先であったことに喜びますが、そのヘクターの身体は消えかかっていています。

そこにペピータに乗ったイメルダが現れ、地下の洞窟から二人は助け出されました。

夫のヘクターが一緒にいることに驚くイメルダ。みんなで彼のためにデラクルスから写真を取り返す作戦を計画します。

ライブ会場に侵入したミゲルたちはデラクルスから写真を取り戻すことに成功し、ミゲルに許しを与えようとしますがそれをデラクルスが邪魔しにきました。

デラクルスはミゲルを写真と共に建物から放り投げて証拠を隠滅しようとします。

しかし、その一部始終はカメラによってライブ会場のスクリーンに映し出されており、それを見た観客はデラクルスの本性を知りました。

落下するミゲルをペピータが救出しますが、掴み損ねたヘクターの写真は下に落ちていってしまいます。

そして、戻ってきたペピータはデラクルスを遠くに放り投げました。彼は実際に亡くなった時と同じく巨大な鐘の下敷きになりました。

日の出が迫る中、ミゲルの身体はもうすぐ骸骨に、そしてココの記憶が薄れヘクターの身体は今にも消滅しそうになっています。

イメルダは無条件でミゲルに許しを与え、生者の国に戻ったミゲルはデラクルスもといヘクターのギターを持ってココの元に急ぎます。

エレナたちはギターを持って帰ってきたミゲルを止めようとしますが、ミゲルはココのいる部屋に鍵をかけて閉じこもりました。

ミゲルは車椅子に座るココに必死で話しかけますが、反応はありません。

鍵をこじ開けてエレナたちが部屋に入ってきますが、ミゲルはヘクターのためにも決して諦めません。

ミゲルは手に持ったヘクターのギターで「リメンバー・ミー」を歌い始めます。

すると、ココはその歌に反応し始め、遂には一緒に歌を歌い出しました。

母ココのその様子を見たエレナは感動で泣いています。

歌い終わると、ココは父ヘクターの顔が破り取られていた部分を手帳から取り出し、父との思い出を語り出しました。

一年後の死者の日。

生者の国でもデラクルスの過ちは広まり、逆にヘクターの功績が讃えられるようになっていました。

ミゲルは生まれたばかりの妹に祭壇の写真を見せ、祖先たちのことを教えて聞かせます。

その中にはココの写真も飾られています。

ヘクターもイメルダとココの3人で橋を渡って生者の国にやってこられるようになっていました。

そして、ミゲルのギターの音色に合わせて、死者も生者も一緒に家族みんなで楽しそうに踊り続けています。

スポンサーリンク

3.『リメンバー・ミー』の感想と評価


(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

今回もさすがピクサーと唸るような完成度を誇る作品でした。

メキシコの文化や思想を徹底的にリサーチ。

家族の中でおばあちゃんが絶対的な権力をもっていること。

導入の語りで出てくる万国旗のようなものは、パペル・ピカドというメキシコ伝統の切り絵細工。

劇中の重要なアイテムとなるマリーゴールドの花びらは、実際に死者の日で使われる生者と死者の世界を繋ぐもの。

アレブリヘも実際にメキシコで作られている色鮮やかな木の民芸品。

メキシコ的な陽気さや色彩感覚によって、見たこともない程にカラフルな死者の国が作り上げられました。


(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

作品の核を担う音楽も実際に活躍するメキシコのミュージシャンたちによって、メキシコ音楽で使われる楽器を多く用いてレコーディングされ、聞いていて楽しくなる素晴らしい楽曲に仕上がっています。

驚くべきことに、ギターの細やかな指使いも実際の映像を参考に、アニメーションとして忠実に表現することに成功。

ストーリーは、自分の生き方を家族に反対されたミゲルが祖先たちとの交流を通して自分が今生きている意味を知る物語になっています。

今の自分があるのは一生懸命生きてきた祖先のおかげで、亡くなった人たちに対する愛情を失ってはいけないよという本当に正しく素晴らしいメッセージ。

随所に日本への強いリスペクトが見られた昨年の話題作『KUBO 二本の弦の秘密』にも近いフィーリングを感じました。

また、実際に会ったことはないはずなのに見た瞬間にミゲルのことを認識し大切に思う祖先の人たち、この辺は割とさらっと描かれていますが物凄く奇跡的で感動的なシーンでした。


(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

骸骨の顔で見た目に違いを出すのは非常に難しいはずですが、その難題もきっちりとクリアしつつ、子どもが観ても怖さを感じないデザインにしっかりと落とし込まれています。

タイムリミットサスペンスを盛り込んでしっかりとハラハラさせ、ビジュアルや音楽的にも楽しく、最後には音楽と家族の力を信じた感動的な結末で泣かせる。

本当に大人から子どもまで楽しめる最高のエンターテインメント作品だと思います。ぜひ親子で観ていただきたい素敵な作品です。

まとめ


(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

現世の人から完全に忘れ去られることで訪れる二度目の死

ここだけは本当に恐ろしく、ディズニー/ピクサーが伝える正しさから外れた人たちはどうなるのかと考えるとゾッとします。

家族も身よりもなく孤独に亡くなってしまった人はあっちの世界でも冷遇され、ましてや存在が消滅するなんてあまりにも切なくやりきれないものがあります。

この辺りはさすが『トイ・ストーリー3』で超怖いオモチャの死を描いたリー・アンクリッチ監督。

全世界の子どもたちが目にするためどうしても最大公約数に近いものにせざる負えないのはわかりますが、そこにもっと突っ込んだ内容も観てみたかったですね。

それにしてもこのタイミングでのアカデミー長編アニメーション賞受賞は素晴らしい。

この映画がきっかけでメキシコという国への理解がより深まっていくのではないでしょうか。

関連記事

アニメ映画

崖の上のポニョ|あらすじネタバレと感想!ラスト考察キスの真相は

“生まれてきてよかった”や“子どもの頃の約束は、永遠に忘れない”などのキャッチコピーで、2008年に公開された宮崎駿監督の劇場アニメ『崖の上のポニョ』。 海沿いの街を舞台に人間になりたいことを願った魚 …

アニメ映画

メアリと魔女の花はジブリじゃない?スタジオポノック?原作や監督情報も

2017年7月8日(土)から公開される映画『メアリと魔女の花』ですが、この映画をスタジオジブリ制作だと勘違いされている方も非常に多いのではないでしょうか? 確かに絵のタッチや作風からしていかにもジブリ …

アニメ映画

新海誠映画『言の葉の庭』ネタバレ解説と感想評価。短歌と靴に込められた意味とは⁈

2016年の『君の名は。』で驚異的な大ヒットを記録した新海誠監督。 2019年7月19日公開の『天気の子』にも大きな期待が集まる新海監督の、ターニングポイントとも呼べる作品が本作『言の葉の庭』です。 …

アニメ映画

『プロメア』映画評価。今石アニメが劇場4DX体感でさらに熱く【ネタバレあり】

『プロメア』4D版は2019年10月18日(金)より全国ロードショー! どこまでもエンジン全開な独特のノリと勢いが特徴的であり魅力でもある作家、中島かずきが脚本を担当した作品の数々。 2019年5月2 …

アニメ映画

映画『耳をすませば』あらすじネタバレ感想。近藤喜文の最初で最後の監督作品を解説

映画『耳をすませば』は、1995年に公開されたスタジオジブリの長編アニメーションで、これまでジブリ作品のキャラクターデザインや作画を支えてきた大黒柱・近藤喜文が初監督を務めた作品です。 漫画家・柊あお …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP