Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

Entry 2019/07/12
Update

【ネタバレ感想】ミュウツーの逆襲 EVOLUTION 4DX映画の評価とあらすじ。体感型鑑賞のススメ紹介も

  • Writer :
  • 糸魚川悟

『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』は
2019年7月12日(金)から全国ロードショー公開中!

1998年、当時の大人気携帯機ゲームをアニメ化した『ポケットモンスター』の初の劇場版として上映された『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』(1998)。

この作品は日本のみならずアメリカでも大ヒットを記録し、週間興行ランキングで日本映画としては初の第1位を成し遂げました。

今回は20数作にも及ぶ『ポケットモンスター』の劇場版作品の中でも、未だ根強い人気を持ち続ける第1作のリメイク映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』(2019)のネタバレあらすじの紹介と4DXの体験感想をご紹介させていただきます。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』の作品情報


(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
(C)Pokemon (C)2019 ピカチュウプロジェクト

【公開】
2019(日本映画)

【監督】
湯山邦彦、榊原幹典

【キャスト】
松本梨香、松本梨香、上田祐司、大谷育江、林原めぐみ、三木眞一郎、犬山犬子、市村正親、山寺宏一、石塚運昇

【作品概要】
『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』の監督を務めた湯山邦彦自身が再び監督を務め製作したフル3DCG映画。

『ポケットモンスター』の劇場版映画としては22作目となり、同シリーズでオーキド博士の声を担当し2018年にこの世を去った石塚運昇の遺作の1つとなりました。

映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』のあらすじとネタバレ


(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
(C)Pokemon (C)2019 ピカチュウプロジェクト

ジャングルの奥地で強大な力を持った幻のポケモン「ミュウ」のまつ毛を入手したフジ博士は、その遺伝子から究極のポケモンを作り出すことに成功します。

フジ博士の研究所の培養液の中で目を覚ました「ミュウツー」は、何故この世に産み出されたのかを苦悶し始めます。

人語を理解し、テレパシーで会話も可能なミュウツーはフジ博士から話しを聞き、自身が究極のポケモンであるミュウの複製品であることを知ると激怒し、フジ博士ごと研究所を膨大なパワーで破壊。

燃え盛る研究所に現れた悪の組織「ロケット団」のサカキは、ミュウツーに力の使い方を諭し、自身のポケモンとしてミュウツーを利用し始めます。

ポケモンの乱獲や敵対するトレーナーとの戦いに利用されるミュウツーは、自身をモノとして扱うサカキを裏切りロケット団の基地を破壊した後、無人島へ辿り着き、自身を産んだ全ての存在に逆襲すると宣言します。

ポケモンマスターを目指し相棒のピカチュウと共に旅を続けるサトシとタケシ、そしてカスミの3人は旅の途中、最強のポケモントレーナーを名乗る人物のパーティに招待されます。

「前途有望なポケモントレーナー」としての誘いに興奮するサトシと、招待映像の女性が美人であったことに惹かれるタケシは参加を即決し、カスミと3人で開催地の島を目指すことになりました。

サトシのピカチュウをつけ狙う「ロケット団」のムサシとコジロウ、そしてニャースもピカチュウを狙いパーティに侵入することを企みます。

島への連絡船が出る波止場についたサトシたちでしたが、ミュウツーが起こした嵐によって連絡船は運休となっていました。

招待状を受け波止場に集まったトレーナーたちの何人かは、運休に納得がいかず自身のポケモンたちを使い島へと向かいます。

一方、サトシたちは変装したムサシたちが用意した小型ボートに乗り、島へと向かいます。

嵐によって荒れ狂う海上の波にのまれボートは転覆しますが、カスミのヒトデマンとサトシのゼニガメによって何とか3人は島へとたどり着きます。

使用人の女性がサトシたちを広場に案内すると、そこには自身のポケモンを使い島へとたどり着いていた3人のトレーナーがいました。

ボートの転覆により行方が分からなくなっていたムサシたちも島に辿り着いており、招待を受けていない彼女たちは下水道からの侵入を試み、地下にあるポケモンの複製施設を目にします。

しばらくすると広場にミュウツーが現れます。

招待主がポケモンであることに驚愕したトレーナーのウミオは、ミュウツーに自身のポケモンを使い攻撃しますが、ミュウツーはいともたやすくウミオのギャラドスを戦闘不能に追い込みます。

人間がこの地球を支配していることを憂うミュウツーは「複製品」の強さを誇示するため、彼が作り出した複製品のポケモンと招待されたトレーナーたちが持つ同種のポケモンとの勝負を誘います。

ソラオ、スイート、サトシの3人はそれぞれフシギバナ、カメックス、リザードンをミュウツーの持つ同種ポケモンと戦わせますが、技に長けるミュウツーのポケモンに圧倒的な差をつけられ敗れてしまいました。


(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
(C)Pokemon (C)2019 ピカチュウプロジェクト

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』のネタバレ・結末の記載がございます。『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

勝利を確信したミュウツーは、自身の作った大量のモンスターボールを繰り出し、島にいるトレーナーたちのポケモンを奪取し始めます。

自動追尾するミュウツーのモンスターボールに最後の最後まで抵抗したピカチュウを救うため、サトシはモンスターボールが回収される機械の中へと侵入。

回収されたモンスターボールの中のポケモンは複製機により複製されており、複製機を破壊することでサトシは捕らえられたポケモンたちを救うことに成功します。

トレーナーたちに荒れ狂う海へと向かうように促すミュウツーのもとに、ミュウツーに従う複製されたポケモンと、サトシとサトシが救い出したオリジナルのポケモンたちが集合。

ポケモンをモノのように扱うミュウツーに激怒したサトシはミュウツーに殴りかかりますが、ミュウツーの念動力によって吹き飛ばされてしまいます。

しかし、サトシが壁に激突する寸前に巨大な泡が出現し、衝撃がクッションのように吸収されサトシは難を逃れます。

その泡はミュウツーの誕生に興味を示し現れたミュウによるもので、自身のオリジナルを見つけたミュウツーはミュウを消滅させるためミュウに苛烈な攻撃を仕掛けます。

戦いを見るニャースはミュウがミュウツーに対し「身体でぶつかり合えばオリジナルの方が強い」と言う旨を発言をしている事を聞き、その発言からミュウツーは複製されたポケモンの集団をオリジナルのポケモンたちに差し向け始めました。

オリジナルと複製品のポケモン同士が激しい戦いを始め、見ていることしか出来ないトレーナーたち。

弱っていくポケモンたちを見て心を痛めたサトシは、ミュウとミュウツーが攻撃をしかける瞬間に2匹の間に割り入り、攻撃を浴びてしまいます。

全身が石のようになり倒れたサトシに駆け寄ったピカチュウは、サトシに向かって何度も電気ショックを試みます。

その様子をミュウツーを含めた全てのポケモンとトレーナーが見守りますが、ピカチュウはサトシの反応が無いことを知ると涙を流し始めます。

見守っていたポケモンたちも泣き始め、やがてその涙がサトシに集まり、サトシの石化は奇跡的に回復。

サトシが自身とミュウの戦いを身をもって止めようとしたことや、倒れたサトシに皆が涙を流したこと見たミュウツーは複製された自分たちも産み出された以上は「同じ生き物」なのだと実感します。

この日の事を誰も覚えていない方が良いと考えたミュウツーは、自身が産んだ複製品のポケモンたちを連れ空へ旅立っていきました。

光に包まれたサトシたちは気がつくと波止場にいます。

ミュウツーにより記憶を消されたサトシたちは何故ここにいるのかも分かっていませんでした。

嵐が止み、雲から光が差し込む様子を眺めるサトシはそこにミュウの姿を目にします。

伝説のポケモンを昔にも見たと言うサトシは、次の冒険へと向かうのでした。

一方、ムサシとコジロウ、そしてニャースは何もなくなった島に取り残されていました。

スポンサーリンク

映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』の感想と評価


(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
(C)Pokemon (C)2019 ピカチュウプロジェクト

シリーズの「原点にして最高峰」との呼び声高い第1作のリメイクである本作。

評価の高い作品のリメイクであるからこそ、制作発表の段階では「リメイクする必要があるのか」や「何故、今リメイクするのか」と言った声が少なからず上がっていました。

しかし、劇場での鑑賞後、この作品には多くの問題が浮き彫りになる現代社会にこそ、もう一度考えなければいけないメッセージが込められていると分かりました。

本作の主軸となるポケモン「ミュウツー」は人間によって複製として産み出され、自身の存在意義に絶望し人間への復讐を考えます。

生命の価値人間の越えてはいけない領域など、幼少時代には理解できなかった暗く重い主題がはっきりと描かれ、人間を恨むミュウツーのした行動もまた人間と同じ行為だったと言う皮肉すらも感じ取ることが出来るほど奥の深い物語。

完璧と言われる原作の物語をほとんど変更なく、現代の映像技術でリメイクした本作は間違いなくどの世代にもオススメできる映画でした。

4DX版感想!過酷な大海原を全身で味わう映像体験


(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
(C)Pokemon (C)2019 ピカチュウプロジェクト

本作の4DX上映の魅力は、何と言っても「海」を体感できることにあると言えます。

「ミュウツー」が巻き起こした嵐の大海原を突き進むサトシたち。

常時と言っても良いほど「雨」が降り注ぎ、波にのまれる度にミストが噴射され、「ミュウツー」によるポケモントレーナーの選定がいかに過酷であったかを身をもって知ることになります。

もちろん、バトルパートの大迫力の演出や、細かな表現にもこだわって作られており、3DCGによりリアルになった映像と合わせ新たな「ミュウツーの逆襲」を体感できます。

スポンサーリンク

まとめ


(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
(C)Pokemon (C)2019 ピカチュウプロジェクト

いかがでしたか。

幼少時に見た名作映画を再び劇場で鑑賞できる喜び。

波や自然表現は最新技術によりどこまでも美しくなっており、家族とも同世代の友達、思い出に浸るために1人でも、どんな人にでもオススメしたい進化した「ミュウツーの逆襲」をぜひ4DXで鑑賞してみてください。

関連記事

アニメーション

Mr.インクレディブル|動画フル無料視聴!配信で字幕/吹き替えをAnitubeより安全に見る

映画『Mr.インクレディブル』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます! ↓今すぐ『Mr.インクレディブル』の動画を無料で見るならU-NEXT!↓ なお、当記事でご紹介している映画 …

アニメーション

映画『ルパン三世THEFIRST』あらすじネタバレと感想。宮崎駿のカリオストロの城(1979)への郷愁のオマージュ

史上初の3DCG映画『ルパン三世 THE FIRST』 不朽の名作、宮崎駿監督の1979年の『ルパン三世 カリオストロの城』から40年。史上初の3DCGによる劇場版が完成しました。 誰もが知るモンキー …

アニメーション

メアリと魔女の花あらすじと声優キャスト!試写会や公開日情報も

“この夏、メアリは出会う。驚きと歓び。過ちと運命。そして、小さな勇気に ―。” あらゆる世代の心を揺さぶる、全く新しい形の魔女映画『メアリと魔女の花』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENT …

アニメーション

映画『新しい街 ヴィル・ヌーヴ』感想と考察解説。村上春樹が愛するアメリカ短編文学がアニメ長編作品として登場

一組の元夫婦の過去・現在・未来の物語を詩的に描くアニメ映画 世界各国の映画祭で高い評価を受けたカナダ製長編アニメ映画『新しい街 ヴィル・ヌーヴ』が、2020年9月12日(土)より渋谷シアター・イメージ …

アニメーション

映画『アノマリサ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

スポンサーリンク CONTENTS映画『アノマリサ』作品情報映画『アノマリサ』あらすじとネタバレベラ リサ そして妻 『アノマリサ』の感想と評価まとめ 映画『アノマリサ』作品情報 【公開】 2015年 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学