Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

Entry 2021/06/05
Update

ジャーニー 太古アラビア半島での奇跡と戦いの物語|あらすじ感想と評価解説。静野孔文が手掛けた日本とサウジアラビア合作エンターテインメント!

  • Writer :
  • 松平光冬

サウジアラビアと日本のタッグが贈る壮大なアニメーション

アニメ映画『ジャーニー 太古アラビア半島での奇跡と戦いの物語』が、2021年6月25日(金)より、東京・新宿バルト9、大阪・梅田ブルク7にて限定ロードショーされます。

サウジアラビアのマンガプロダクションと東映アニメーションの共同制作による、侵略者とメッカの民の戦いを、壮大なスペクタクルで描きます。

古谷徹、神谷浩史、中村悠一、中井和哉、三石琴乃、黒田崇矢といった、日本アニメ界を代表する声優陣の結集も話題です。

スポンサーリンク

映画『ジャーニー 太古アラビア半島での奇跡と戦いの物語』の作品情報

(C)2021 マンガプロダクションズ

【日本公開】
2021年(サウジアラビア、日本合作映画)

【監督】
静野孔文

【脚本】
冨岡淳広

【エグゼクティブ・プロデューサー】
イサム・ブカーリ、清水慎治

【音楽】
和田薫

【キャラクター原案】
岩元辰郎

【声の出演】
古谷徹、神谷浩史、中村悠一、中井和哉、三石琴乃、黒田崇矢

【作品概要】
サウジアラビアのアニメ制作会社マンガプロダクションズと、日本の東映アニメーションがタッグを組んだ長編アニメーション。

古代のアラビア半島を舞台に、主人公アウスが過酷な運命に立ち向かい、自分と仲間たちを信じる力で未来を切り開いていく姿を描きます。

劇場版「名探偵コナン」シリーズの静野孔文が監督を務め、ゲーム「逆転裁判」シリーズの岩元辰郎がキャラクターデザイン、テレビアニメ『犬夜叉』の和田薫が音楽を担当。

アウス役を古谷徹、その妻ヒンド役を三石琴乃、アウスの幼なじみズララ役を神谷浩史、隊長ニザール役を中村悠一といった、日本アニメ界を代表する豪華声優陣が結集しました。

映画『ジャーニー 太古アラビア半島での奇跡と戦いの物語』のあらすじ

(C)2021 マンガプロダクションズ

古代アラビア半島を、侵略者アブラハの軍隊が席巻していました。

平和的な解決を望むメッカの民に、アブラハが突きつけた条件は、「カアバの神殿と聖なる石の破壊」「信仰を捨てること」「奴隷になること」というもの。

メッカの民は怒りに震え、戦うことを決意し、青年アウスも、人には言えない過去の罪の贖罪と幸せな生活を守るため、戦いに身を投じます。

メッカの軍隊のリーダー、ムサブは先手を打つため、アブラハの軍隊に代表戦を申し込んだことで、アブラハの軍隊とメッカの民の戦いは幕を開きます。

アウスの、そしてメッカの民の運命は?

スポンサーリンク

映画『ジャーニー 太古アラビア半島での奇跡と戦いの物語』の感想と評価

(C)2021 マンガプロダクションズ

一つの歴史的史実に3つの説話を組み込む

本作『ジャーニー 太古アラビア半島での奇跡と戦いの物語』は、日本の東映アニメーションとサウジアラビアのアニメ制作会社マンガプロダクションズが共同で手がけた、初の日本とサウジアラビア合作による長編劇場アニメです。

2011年にサウジアラビアから、「本国の教育にアニメーションを活用するとともに、アニメーション文化を自国に根付かせたい」と、東映アニメーションにアプローチがあったのが製作のきっかけとなりました。

古代イスラム前のアラビア半島にある交易都市メッカを、象の軍隊を率いて侵略しようとするアブラハに対し、主人公アウスを筆頭とするメッカの民たちが戦いを挑むという、サウジアラビアではよく知られた歴史的事実が本筋のストーリーとなっています。

特筆すべきなのは、本筋の中にイスラームの聖典「クルアーン(コーラン)」に記された3つの説話が組み込まれている点で、いずれも、様々な時代の預言者を強く信じた庶民の物語となっています。

説話の1つは、「預言者ヌーフの方舟」。これは言わば、旧約聖書でいう創世記「ノアの方舟」。

唯一神(アッラー)の使徒ヌーフ(ノア)が、預言者となって木の箱舟を造り、世界中の動物のつがいを一組ずつ乗せて大洪水を渡ったという話で、『ノア 約束の舟』(2014)などで実写化もされています。

2つ目は、旧約聖書の「出エジプト記」で知られる「モーゼ(またはモーセ。アラビア語でムーサ)の軌跡」

エジプト王ファラオに奴隷として扱われたヘブライ(ユダヤ)人のムーサが、やがてエジプトのヘブライ民を導く預言者となるという話で、実写作品では『十戒』(1956)、『エクソダス:神と王』(2015)などがあります。

そして3つ目の「円柱のイラム」は、ムーサの息子セムの系統に属する(諸説あり)アード族が築いた円柱都市に現れた預言者フードの訓示の物語で、『千夜一夜物語』の一節にも登場します。

前述の「本国の教育にアニメーションを取り入れる」というサウジ側の意向はここにあり、アブラハとの戦いに赴くアウスが心に刻む、これら3つの説話で語られる「真実」「勇気」「忍耐」の宗教的信念を、自国の子供たちに分かりやすく伝える、という狙いがあるのです。

『エクソダス:神と王』(2015)

日本アニメ&声優はアラブでも人気

(C)2021 マンガプロダクションズ

「ジャパニメーション」なる造語も生まれるほど、今や世界中で親しまれている日本製アニメーション。

その人気はサウジアラビアも例外ではなく、『UFOロボ グレンダイザー』、『アルプスの少女ハイジ』、1990年代以降は『ONE PIECE』『NARUTO』、最近では『進撃の巨人』『鬼滅の刃』も話題とか。

それに伴い日本人声優への関心も強く、声を聞くだけで誰かが分かるという浸透ぶりだそうです。

そんなサウジのアニメファンのニーズに応えるべく、本作では古谷徹、神谷浩史、中村悠一、中井和哉、三石琴乃、黒田崇矢といった、人気・実力ともにトップクラスの声優陣が揃いました。

とりわけ、古谷徹と三石琴乃が共演の東映アニメーション作品といえば『美少女戦士セーラームーン』がありますが、2人が『セーラームーン』で演じた役どころを思えば、本作で夫婦役を演じているあたりに捻りが効いています。

まとめ

(C)2021 マンガプロダクションズ

タイトルの『ジャーニー』には、登場人物の“旅立ち”、メッカという都市の“旅立ち”、そして本作を観る者の“旅立ち”を含んでいるとか。

人が人として生きていくためには何が必要なのか。人間性から生まれる信念の力こそ、希望をもたらすものではないのか――

日本とアラブの融合による、新たな“旅立ち”のアニメーションを、ぜひともスクリーンで!

映画『ジャーニー 太古アラビア半島での奇跡と戦いの物語』は、2021年6月25日(金)より、東京・新宿バルト9、大阪・梅田ブルク7にて限定ロードショー



関連記事

アニメーション

ゴジラアニメ『GODZILLA怪獣惑星』あらすじとネタバレ感想!

映画『シン・ゴジラ』は地上波放送され、この度、初のアニメシリーズとして描かれた『GODZILLA 怪獣惑星』。 『シン・ゴジラ』のスケールを遥かに上回る、その迫力と脅威と絶望っぷりに、度肝を抜かれるこ …

アニメーション

『ヒーローマスク1』ネタバレ感想と考察評価。Netflixアニメおすすめの“謎のマスク”の存在が問いかけるヒーローの在り方

人は何に正義を見出すのか? アニメ『HERO MASK』が問いかけます。 有能だが型破りな刑事・ジェームズは、ある殺害事件を追うなか、装着すると超人的能力をもたらす「マスク」にたどり着きます。 正義と …

アニメーション

Netflix映画『ラッテと魔法の水の石』ネタバレあらすじと感想評価レビュー。児童書を基にしたハリネズミの勇気と正義と友情で仲間を救う物語

ハリネズミが実行する「一人はみんなのために、みんなは一人のために」の教訓 映画『ラッテと魔法の水の石』は、好奇心旺盛で頑固なハリネズミのラッテと臆病だけど正義感の強いティムが、森の仲間のために水を取り …

アニメーション

『怪盗グルーのミニオン危機一発』あらすじネタバレと結末まで感想。人気アニメキャラが大人をも魅了するヒミツとは?

ミニオンの可愛さと悪ふざけが加速した、家族で楽しめる人気CGアニメ映画 数多くのCGアニメ映画が製作されるようになる中、2007年に誕生した新たな製作スタジオ、イルミネーション。記念すべき第1回作品が …

アニメーション

「ルパン三世(2019映画)」評価感想レビューとラスト結末ネタバレ。3DCG新作で誰も知らないルパンを活写

ルパン一世が辿り着けなかった夢へ…。 2019年に公開された映画『ルパン三世 THE FIRST』。宮崎駿監督の1979年の『ルパン三世 カリオストロの城』から40年。史上初の3DCGによる劇場版が公 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学