Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年|あらすじネタバレ感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • かきぴー

日曜日6時からフジテレビ系列で放送されている誰もが知っている「ちびまる子ちゃん」。

はまじや山田など、非常に個性的なキャラクターが揃っている「ちびまる子ちゃん」ですが、実は3度の映画化がなされています。

今回は『ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』を紹介していきます。

スポンサーリンク

映画『ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』の作品情報


(C)2015さくらプロダクション/フジテレビジョン 日本アニメーション 東宝 博報堂DYメディアパートナーズ FNS27社

【公開】
2015年(日本)

【監督】
高木淳

【キャスト】
TARAKO、水谷優子、屋良有作、一龍斎貞友、島田敏、佐々木優子、中川大志、劇団ひとり、ローラ他

【作品概要】
まるこの住む街に、外国の子供が5人訪ねてくる所からストーリーは始まります。

キャストはいつものアニメ版準拠で、ゲスト声優として俳優の中川大志さんや、お笑い芸人の渡辺直美さん、劇団ひとりさんなどが参加しています。

監督の高木淳さんは、ちびまる子ちゃんの監督を努めた他、さくらももこさんの「コジコジ」という別漫画のアニメにも監督として参加していました。

映画『ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』のあらすじとネタバレ


(C)2015さくらプロダクション/フジテレビジョン 日本アニメーション 東宝 博報堂DYメディアパートナーズ FNS27社

アニメと変わらぬ生活を送るまる子たちでしたが、花輪くんが通う英会話スクールの先生の紹介で世界から同じ小学5年生の子どもたちが6人、まる子の住む静岡県へ遊びに来ました。

皆、日本が好きで日本語は喋れます。花輪くんの家に遊びに来ている6人は10日間の滞在期間だと知らされます。もしホームステイ先になってくれるなら連絡して欲しいと言われました。

花輪くんの家でパーティが開かれ、まる子の他にたまちゃん、丸尾くん、はまじ、山根、藤木、永沢、小杉、みぎわさん、野口さんが招待されます。

花輪くんからも遊びに来ている皆の紹介がありました。マーク、シン、ネプ、シンニー、ジュリア、そしてアンドレアです。

まる子は自己紹介のときに「あだ名はまる子」と言うと、アンドレアが「マルコが大好き」と言い皆は驚いてしまいます。

パーティが始まってから、アンドレアはまる子になぜそのあだ名になったのかを問います。答えようとしたところを、丸尾くんに邪魔され話題はそのままになりました。

帰ったまる子は家族にホームステイのことを話すと、1人なら大丈夫と承諾を得ます。花輪くんの執事であるひでじぃが、まる子の家に来訪しアンドレアがまる子の家を希望していると伝えます。

翌日からアンドレアがまる子宅に泊まりにきます。他の子供達もそれぞれホームステイ先が決まりました。花輪くんは皆にお礼を言い、旅行に招待すると言います。

学校にもホームステイ中の子どもたちが、遊びに来ることが先生から伝えられます。アンドレアがまる子宅に着き、一家皆で歓迎しました。他の家も同じように歓迎しています。

アンドレアが日本語を覚えたのは、大好きなおじいちゃんが教えてくれたからだったのです。そのおじいちゃんの名前が「マルコ」だったので、パーティの際に興味を持ちました。

祖父は半年前に亡くなっていて、おじいちゃんの好きな日本が見たくて、今回日本を訪れたのです。

ホームステイ中の皆と、ホームステイ先になってくれている皆を集めてどこに旅行するかを話し合います。結果的に大阪と京都の2つに別れ、まる子とアンドレアは大阪に向かうことになりました。

アンドレアは大阪に、祖父が生前仲良くしていた夫婦に会いに行きたかったのです。しかし、手がかりは「道頓堀のんき屋呑兵衛」という店の名前のみでした。

それぞれ引率に大人が入り、翌日の朝に京都・大阪へと向かいます。

京都チームはシンが途中で財布を落としますが、チームの皆だけではなく地元の学生も手伝ってくれて、日本の暖かさに触れます。

大阪チームは、なんば花月でネタを見た後にアンドレアの探している場所を交番で聞いてみますが、その店はお好み焼きに変わっていましいた。

落胆するアンドレアでしたが、お好み焼き屋の主人が消息を知っており東京・上野でスパゲッティ屋をやっているらしいのです。店名までは分かりませんが、記念にその店の割り箸をもらって帰ってきます。

帰る日が近づいてきたので、再び花輪くんの家でパーティが開催されます。皆打ち解けた様子で、アンドレアはたまちゃんのお父さんにカメラを借りて撮らせてもらいます。

まる子は翌日、アンドレアを連れて巴川の灯篭流しへと向かいます。2人は浴衣に着替えて向かいました。灯籠にお願いを書いてそれぞれ流します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』ネタバレ・結末の記載がございます。『ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

2人は屋台へと向いはぐれそうになるので、手をつなぎます。金魚すくいなどを楽しんだ後にそれぞれの夢を語りました。

たまちゃんたちと合流したまる子は、たまちゃんのお父さんに写真を撮ってもらいます。

翌日、空港まで見送りに行ったまる子でしたがアンドレアの登場時間が18時である事を確認し、アンドレアを連れて上野で夫婦を見つけに行きます。

紆余曲折あり、1度は探すことを諦めたものの上野2丁目に『スパゲッティ マルコ』を発見しなんとか会わせてあげることができました。

急いで戻り、搭乗を済ませたアンドレアにまる子は行かないで欲しいと伝えます。「また一緒に遊ぼう」と2人は約束してアンドレアは故郷イタリアへと帰りました。

スポンサーリンク

映画『ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』の感想と評価


(C)2015さくらプロダクション/フジテレビジョン 日本アニメーション 東宝 博報堂DYメディアパートナーズ FNS27社

今作『ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』は前作の『ちびまる子ちゃん 私の好きな歌』から23年ぶりの作品になります。

ドラえもんやサザエさんと並ぶ人気のちびまる子ちゃんは、地元から離れる描写をされることが殆どないのですが今回は大阪と京都を描いていて、印象的でした。

また、ホームステイ中の皆も個性的でキャラが立っているように感じました。

基本はまる子とアンドレアを中心にした物語で、2人の最後は誰しもが味わったことのある別れを描いていて、少しうるっときました。

普段の「ちびまる子ちゃん」を見ていると、こういったテーマで描かれている話は限りなく少ないので新鮮さも感じました。

まとめ

今回は『ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』を紹介させていただきました。

いつもの「ちびまる子ちゃん」とは違ったテイストで描かれている本作は、見ていて非常に新鮮で誰にでもおすすめできると感じました。

いつもの声優さんたちに加えて、俳優やお笑い芸人も演じているのでファンの方は必見です。

関連記事

アニメ映画

韓国映画『我は神なり』感想レビューと評価【新感染監督アニメ作品考察】

韓国版ゾンビ映画として話題の『新感染 ファイナル・エクスプレス』が実写映画デビュー作のヨン・サンホ監督。 2017年10月21日より、東京・ユーロスペースにて公開されるアニメ映画『我は神なり』の監督で …

アニメ映画

映画『機動戦士ガンダムNT』ネタバレ感想レビュー。ナラティブのラスト結末でニュータイプが見た可能性とは

『ラプラス事変』から1年…。 人智を超えた力を示したことで封印されたユニコーンガンダム。 平穏を取り戻したかに見えた地球圏は、消息不明となっていたユニコーンガンダム3号機「フェネクス」の出現により、再 …

アニメ映画

映画『すみっコぐらし』ネタバレあらすじと感想。泣けるキャラにV6イノッチがナレーションとして参加!

サンエックス株式会社の大人気キャラクター「すみっコぐらし」が、ついに劇場版アニメーション化を実現させ、2019年11月8日に映画『すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』として公開されました。 『ア …

アニメ映画

ゴジラアニメ『GODZILLA怪獣惑星』あらすじとネタバレ感想!

映画『シン・ゴジラ』は地上波放送され、この度、初のアニメシリーズとして描かれた『GODZILLA 怪獣惑星』。 『シン・ゴジラ』のスケールを遥かに上回る、その迫力と脅威と絶望っぷりに、度肝を抜かれるこ …

アニメ映画

映画『アノマリサ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

スポンサーリンク CONTENTS映画『アノマリサ』作品情報映画『アノマリサ』あらすじとネタバレベラ リサ そして妻 『アノマリサ』の感想と評価まとめ 映画『アノマリサ』作品情報 【公開】 2015年 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学