Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

高畑勲映画『じゃりン子チエ』あらすじネタバレと感想。動画無料視聴方法も

  • Writer :
  • 森谷秀

2018年4月5日に亡くなられた日本を代表するアニメーション監督、高畑勲

高畑勲監督作品の内『火垂るの墓』『平成狸合戦ぽんぽこ』といったスタジオジブリ作品は、幾度とテレビ放映され読者の方々にも馴染み深いと思います。

今回はジブリ作品ではない代表作『じゃりン子チエ』について紹介します。


アニメ映画『じゃりン子チエ』を
U-NEXT今すぐ無料で見る

スポンサーリンク

アニメ映画『じゃりン子チエ』の作品情報

【公開】
1981年(日本映画)

【原作】
はるき悦巳
【監督】
高畑勲

【キャスト】
中山千夏、西川のりお、上方よしお、三林京子、鳳啓助、京唄子、芦屋雁之助、西川きよし、横山やすし、島田紳助、松本竜介、ザ・ぼんち、オール阪神、オール巨人、桂三枝(現:6代目桂文枝)、笑福亭仁鶴

【作品概要】
「weekly漫画アクション」(双葉社)に連載された、はるき悦巳の漫画の劇場アニメ化。

監督は『火垂るの墓』『平成狸合戦ぽんぽこ』など、日本アニメーション界を代表する高畑勲。

アニメ映画『じゃりン子チエ』を
U-NEXT今すぐ無料で見る

アニメ映画『じゃりン子チエ』のあらすじとネタバレ

小学5年生の竹本チエは、仕事もせず博打三昧の父テツにかわりホルモン屋を切り盛りしています。

テツはチエが病気と偽り、父のおジイから金をだまし取り、博打ですってしまいます。しかしそんなテツの悪知恵も母のおバアにお見通しで、必殺「ブレンバスター」を喰らってしまいます。

チエは授業参観をテツに内緒にしていますが、テツにばれてしまいます。

テツがやってきて授業参観は無茶苦茶に。怒ったチエは学校に行くのも辞め、家出を試みます。

しかし、玄関に母ヨシ江が置いた花があり気持ちが変わります。

ヨシ江は夫のテツに愛想が尽きて家出中ですが、内緒でチエと会っているのです。

ある日、チエのホルモン屋にテツが入り浸っている遊興倶楽部の社長と部下、そして用心棒猫のアントニオがやって来ます。

社長はテツが持って行った金を回収しに来たのです。しかし中々テツは帰って来ません。社長は退屈しのぎに、チエが拾った野良猫の小鉄とアントニオを戦わせます。

勝負は小鉄の圧勝でした。なんと、小鉄はアントニオの金玉を1つ外してしまったのです。

チエはテツの就職先を探します。そんな中、チエは社長に遭遇。

その後、アントニオが近所の犬に咬み殺されてしまい、失意の社長は遊興倶楽部を畳み、お好み焼き屋を開いていたのです。

しかし、店にはヤクザが入り浸ってしまい、困っていました。チエは用心棒としてテツを薦め、晴れてテツは就職します。

チエはヨシ江と縁日へ行きますが、偶然その様子をテツに見られてしまいます。

ヨシ江に嫉妬したテツは、拗ねてしまいます。

学校のマラソン大会の話を聞いたテツは、チエにスニーカーをプレゼントします。

結果チエはマラソン大会で優勝します。

しかし、テツは警察署長の自転車を盗み壊してしまったことから、留置所に入れられてします。

以下、『じゃりン子チエ』ネタバレ・結末の記載がございます。『じゃりン子チエ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

チエの家に担任の花井がやってきます。遅れて花井の父、拳骨も来訪。

拳骨はテツとヨシ江の元担任で二人の仲人、テツが頭の上がらない人物の一人です。

拳骨とおバアの強引さに負け、チエとテツとヨシ江は親子三人で暮らすことに。

拳骨の薦めでチエたちは、親子三人で遊園地へ。しかし行きの電車から不満だらけのテツ。

チエが突然歌いだし、若干緊張がほぐれます。遊園地でゲームに興じるテツをチエがほめたことから、三人は遊園地を楽しみます。

三人で生活を始めたものの、どこか不満なテツ。社長と酒盛りしている時、アントニオの息子・アントニオジュニアがやってきます。

酔いすぎた社長は、ジュニアにかたき討ちをさせようと小鉄の元へ向かいます。面白そうだとテツもついていきます。

チエ、社長、テツが見る中、小鉄とジュニアの戦いが始まります。

小鉄は手を出さず、ジュニアの攻撃をただ受けるだけ。ジュニアは自分の敗北を認めます。

チエと我に返った社長は、二匹の元へ駆け寄るのでした。

スポンサーリンク

アニメ映画『じゃりン子チエ』の感想と評価

本作の公開当時の80年代は漫才ブームであり、ブームを代表する漫才師たちの出演という異色のキャストは話題になりました。

また、話題性だけではなく、彼らによる生き生きとした関西弁が登場人物たちの魅力に繋がっています。

特にチエ役の中山千夏、テツ役の西川のりおはハマリ役で、その後に製作されたテレビアニメ版にも相方の上方よしおも共に本作と同役で出演しています。

蛇足ですが、1980年代の段階で、本職の声優ではない有名人がキャラクターに声をあてる、いわゆる“タレント声優”は、結構見られます。

本作の他には『地球へ…』(井上純一、沖雅也、秋吉久美子、薬師丸ひろ子)、『SPACE ADVEBTURE COBRA』(松崎しげる、風吹ジュン)などがあります。

本作のキャスティングと対称的に、その後監督した『平成狸合戦ぽんぽこ』(1994)では、古今亭志ん朝、林家こぶ平(現:正蔵)、桂米朝、5代目桂文枝、柳家小さんら落語家がキャスティングされています。

本作にも出演した芦屋雁之助はこちらにも出演しています。

高畑勲作品の最大の特徴は、登場人物の生活を丹念に描き込むことです。

演出(監督)を担当した『アルプスの少女ハイジ』(1974、1975、1979)、『赤毛のアン』(1979)などでは各人物の生活が丁寧に描かれ、作品の魅力に繋がっています。

本作はチエとテツ、ヨシ江の親子の話が縦軸になりますが、各登場人物の日常を丁寧に追い、それぞれの話をさりげなく繋げていく展開になっています。

また、脚本は当初、大阪出身の作家・藤本義一が担当する予定でしたがそちらは採用されず、原作に近い展開で進めることになりました。

また本作の作画監督は大塚康生と小田部羊一

大塚は宮崎駿の師匠にあたり、『ルパン三世』の作画監督、小田部は『アルプスの少女ハイジ』の作画監督で高畑とは旧知の仲。

はるき悦巳の漫画の雰囲気を壊さず、キャラクターがリアルに躍動するのは、高畑の演出のみならず、この二人の表現力が大きいのです。

高畑勲代表作『じゃりン子チエ』を見るならU-NEXTがお得!

アニメ映画『じゃりン子チエ』は、PandoraやDailymotionのサイト内で、すでに削除されてしまい、見れなくなってしまっている場合があります。

そんな時は動画配信サイトのU-NEXTが、公式にアップロードをしている作品を視聴する方が安心安全です。

しかも、アニメ映画『じゃりン子チエ』の視聴は見放題になっています。

U-NEXTは月額たった1,990円で12000本以上の映画やドラマ動画が視聴できる日本の動画配信サービス!

劇場にまで出かけて映画を観ても一般鑑賞料金1,800円と、交通費や食事代もかかってしまい、それらを含めれば、U-NEXTが安いのがお分かりいただけますね。

しかも登録すると雑誌70誌以上も読み放題になっちゃうんです。

映画館だけでなく、レンタルDVD屋さんを利用したり、毎月雑誌を買ったりすることを考えれば、かなりお得なサービスですよね。

さらに有料会員になると毎月1,000ポイントがもらえます!

もちろん!そのポイント使用すれば『じゃりン子チエ』以外の作品も無料視聴視聴することもできます

アニメ映画『じゃりン子チエ』を
U-NEXT今すぐ無料で見る

スポンサーリンク

【U-NEXT】のメリットとは

U-NEXT最大の特徴はなんでしょう?それはDVD発売やレンタル開始と同時に最新作が見られる点です。

しかも、作品中にはレンタル開始前に配信されるものや、一部の映画には劇場公開されない特典映像ある作品も配信されることもありました。

もちろん最新作は多くは有料とはなりますが、面倒なDVDの返却の手間がかからない忘れてしまっても延滞料金もない、これだけでもDVDレンタル店に行くより断然便利でお得ということです。

【お得情報】今ならポイントがもらえる!

U-NEXTは有料会員になると毎月1,000ポイントが支給されますが、なんと!無料お試しに登録するだけでも600ポイントがもらえます

ほかにもメリットはあるんです!

動画配信のライバル社のNetflixやhuluと違い、U-NEXTは国内の動画配信サービスです。

そのため見逃してしまった国内ドラマや、劇場に観に行けなかった邦画、アニメのラインナップが豊富に用意されています。

またNHKオンデマンド作品も入っているので、話題の大河ドラマや、可愛いヒロインで人気の朝ドラも見られ、ドキュメンタリー番組もけっこう充実しています。

▼▼U-NEXTでアニメ映画『じゃりン子チエ』はご覧いただけます。
アニメ映画『じゃりン子チエ』を
U-NEXT今すぐ無料で見る

まとめ

大阪の下町を舞台に繰り広げられる人情コメディ『じゃりン子チエ』。

他の高畑作品とはどこか違った空気を持った作品ですが、リアリティのある生活描写など高畑勲の手腕が発揮されています。

ジブリ以前の高畑勲を知るのにいかがでしょうか。

天才とまで言われたアニメ監督高畑勲の『じゃりン子チエ』を見るのに、パンドラTV(Pandora)やデイリーモーション(Dailymotion)で視聴するのも、1つの方法かもしれませんが、最近では動画リンクが削除されている場合も多いのです。

そこで動画がストレスなく見られる公式動画配信サイトのU-NEXTで、動画をサクサクと観られ、ウィルスなどの心配もない安心安全の高いに環境をオススメします!

【どこにいても怖い『じゃりン子チエ』は見られます!】
U-NEXTの動画は自宅でのパソコンの視聴だけでなく、スマホやタブレットにダウンロードして、どこでも持ち歩き観ることができます

ネットを使わなくてもオフラインで視聴できますので、速度制限を気にする必要がないのはありがたいサービスです。

あなたのライフスタイルに合わせて、お好きな場所で都合の良い時間に気になる作品が観ることができますね

アニメ映画『じゃりン子チエ』を
U-NEXT今すぐ無料で見る

※紹介している情報は2018年4月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

関連記事

アニメーション

【ヒロアカ映画1ネタバレ感想と結末】僕のヒーローアカデミア2人の英雄のあらすじ解説。劇場版の激アツでエモな見どころを振り返る!

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 2人の英雄(ヒーロー)』をご紹介。 2014年から少年ジャンプで連載中の『僕のヒーローアカデミア』。2016年からはTVアニメの放送も始まり、2021年現 …

アニメーション

『プロメア』映画評価。今石アニメが劇場4DX体感でさらに熱く【ネタバレあり】

『プロメア』4D版は2019年10月18日(金)より全国ロードショー! どこまでもエンジン全開な独特のノリと勢いが特徴的であり魅力でもある作家、中島かずきが脚本を担当した作品の数々。 2019年5月2 …

アニメーション

映画『ディリリとパリの時間旅行』あらすじネタバレと感想。ミッシェル・オスロ監督が描く美しいパリの風景に心躍る

ベル・エポックのパリへ至福の時間旅行! ベル・エポックのパリを舞台に、南洋植民地ニューカレドニアからやって来た少女ディリリと配達員の若者オレルが謎の犯罪組織に挑む姿を描く。 ミッシェル・オスロ監督のア …

アニメーション

STAND BY MEドラえもん|感想レビューと最後までネタバレあらすじ。原作の魅力を子どもと“経験者”たちに伝える

本作の続編『STAND BY MEドラえもん2』は2020年11月20日(金)より全国ロードショー公開! 2020年11月20日(金)より全国ロードショー公開を迎えた『STAND BY MEドラえもん …

アニメーション

魔法少女リリカルなのはDetonation|ネタバレ感想。映画結末までのあらすじも紹介

映画『魔法少女リリカルなのはDetonation』は人気アニメ「魔法少女リリカルなのは」の劇場版4作目で、前作『魔法少女リリカルなのは Reflection』の劇場版2部作の後編です。 永遠結晶を巡る …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学