Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

カーズ3クロスロード吹き替え声優キャストは?あらすじも

  • Writer :
  • リョータ

“夢の続きか、新たな人生か?”ディズニー/ピクサー史上最大の衝撃!

全世界待望のシリーズ最新作『カーズ クロスロード』をご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『カーズ クロスロード』の作品情報

【公開】
2017年(アメリカ)

【原題】
Cars 3

【監督】
ブライアン・フィー

【吹き替えキャスト】
土田大、山口智充、戸田恵子、松岡茉優、藤森慎吾

【作品概要】
ライトニング・マックィーンら、車たちの活躍を描いたディズニー/ピクサーが送る長編アニメーション映画『カーズ』シリーズ第3作。

シリーズ開始当初から監督を務めていたジョン・ラセターが今回は製作総指揮を担当し、これまでストーリーボードに携わっていたブライアン・フィーが初めて監督を担当している。

2.映画『カーズ クロスロード』の吹き替えキャスト一覧

ライトニング・マックィーン / 土田大(日本語吹き替え)

1994年に『忍者戦隊カクレンジャー』でサイゾウ / ニンジャブルー役でデビューを果たした土田大さんは、声優や舞台俳優としても活動されています。

様々なアニメ作品で活躍する他、洋画の吹き替えではジョゼフ・ゴードン=レヴィットを担当しており、その声に聞き覚えのある方も少なくないでしょう。

『カーズ』においては、シリーズ開始当初から主人公ライトニング・マックィーンを担当しており、大人気を博していますね。

スピンオフ作品を含め、今回で4度目のマックィーン役を務めることになる訳ですが、本作では大クラッシュ起こしてしまい、人生の岐路に立たされてることになるそうで…。

果たして、マックィーンは再び立ち上がることが出来るのか…注目が集まっていますね!

メーター / 山口智充(日本語吹き替え)

お笑い芸人として有名な山口智充さんですが、その他にも歌手や俳優、また声優にとマルチな才能を発揮されています。

ここでは声優に絞って見ていくと、2003年の『ジョニー・イングリッシュ』が最初のようですね。(主演のローワン・アトキンソンの吹き替えを担当)

その後も『シャーク・テイル』(2004)、『マインド・ゲーム』(2004)、『劇場版 甲虫王者ムシキング グレイテストチャンピオンへの道』(2005)と立て続けに声優として出演を果たすことに。

2006年には本シリーズ1作目の『カーズ』で同じメーター役として初登場。以降、『カーズ2』(2011)、本作『カーズ クロスロード』と継続してメーター役を務めています。

陽気で優しいメーターが今回はどんな役割を果たすことになるのか、そして山口智充さんがどのような声でも演技を披露してくれるのか…要注目です!

サリー / 戸田恵子(日本語吹き替え)

女優としてのみならず、声優としてもその名を轟かせている戸田恵子さん。声優デビューは、実写版『眠れる森の美女』のオーロラ姫役でした。

アニメでは『無敵鋼人ダイターン3』(1978)が最初の作品で、翌1979年には『機動戦士ガンダム』のマチルダ役を務め、一気に注目を集めることに。

1985年からは『ゲゲゲの鬼太郎』の鬼太郎役、1988年からは『それいけ!アンパンマン』のアンパンマン役に抜擢され、国民的人気者へとなっていきました。

洋画の吹き替えでも、シガニー・ウィーバーなど多数担当しており、海外アニメでは『カーズ』シリーズの他にも『トイ・ストーリー』のボー役が有名ですよね。

本シリーズ開始当初からサリー役の吹き替えを担当しており、その安定感抜群の声に注目して見ていきたいと思います!

クルーズ・ラミレス / 松岡茉優(日本語吹き替え)

2008年のテレビ東京『おはスタ』(おはガールとして)で本格的に芸能界デビューを果たした松岡茉優さん。

女優としては、2013年のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』や、ドラマ初主演を果たしたフジテレビの『She』(2015)などで注目を集めました。

以降も、NHKドラマ『水族館ガール』(2016)や大河ドラマ『真田丸』(2016)、映画『サムライフ』(2015)、『ちはやふる』(2016)など、話題作に出演し続けていますね。

今回は声優に挑戦する松岡茉優さんですが、実はすでに『ジュラシック・ワールド』(2015)や『映画 聲の形』(2016)で経験済みのようですね。

本作で演じることになるのは、マックィーンの相棒となるテクノロジーの知識が豊富なトレーナーのクルーズ。

このキャラクターを演じるにあたって、松岡茉優さんご本人は…

クルーズの指導は、言葉をまくし立てたり、音楽が流れてるところは、音楽にノリながら歌ったり喋る、すごく陽気な子なんです。早口で自分のタイヤの名前をひとつひとつ説明したり、とても可愛らしいんですけど、アフレコのときは苦労することも多かったです。あとヒップホップをたくさん聞きました。ラップみたいになってるんです。だから、ヒップホップを聞いて、ここで入ればいいんだなみたいな・・・のを研究しました(笑)
(公式サイトより引用)

…とのコメントを残されています。ノリがよく陽気なクルーズをどのように表現してくれているのか…要注目ですね!

ジャクソン・ストーム / 藤森慎吾(日本語吹き替え)

お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾さんは、“RADIO FISH”のボーカルとしても大人気を博していますね。

意外にも洋画の吹き替えのキャリアが豊富で、2006年に『ハイジ』のセバスチャン役を務めて以降、多数の作品に出演されています。

例えば、ディズニー映画『ライアンを探せ!』(2006)や『TAXi4』(2007)、『モンスター・ホテル』(2012)や『きかんしゃトーマス キング・オブ・ザ・レイルウェイ トーマスと失われた王冠 』(2014)など様々ですね。

最近でも『ジュラシックワールド』(2015)や『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』(2016)でも吹き替えを務めていました。

本作では、マックィーンを窮地に追い込む史上最強のライバルで生意気なストームを演じることになる藤森さんですが、今回はチャラさを封印しているようで…

今まで声優のお仕事では、チャラめで明るくて陽気な奴みたいな役が多かったんですけど、ストームはそういう要素が一切なくて、わりとクールで、ちょっと鼻につく感じの生意気でいやな部分もあるんです。その感じを最初つかむのに時間が少しかかったかなっていう感触でした。マックィーンは僕の中でもスターでヒーローなので、今回マックィーンを追いつめる役を演じるのは心苦しかったんですが、最終的にはストームの気持ちになれたんで、『マックィーン倒してやろう、先輩倒してやろう』っていう気持ちが芽生えてきました。
(公式サイトより引用)

…このように語っておられました。クールで生意気なストームというキャラクターを一体どのように演じているのか、注目して見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

3.映画『カーズ クロスロード』のあらすじ

「ピストン・カップ」で7回もの優勝を誇る、人気ベテランレーサー“ライトニング・マックィーン”。

しかし、最新のテクノロジーを駆使したジャクソン・ストームなどの次世代ルーキーの台頭で最近では焦りを感じていました。

そんな焦りが招いてしまったのか、マックィーンはあるレースで大クラッシュ事故を起こしてしまいます。

この事故をきっかけに世間からも見放され、マックィーンは完全に自信を喪失してしまいました。

引退をも考えるようになった彼に、ある女性との出会いが訪れます。

その女性は、若手技術者のクルーズ・ラミレス

レーサー育成施設「ラスティーズ・レーシング・センター」の運営者スターリングからの紹介でした。

シニアプロジェクトを計画していた彼女はマックィーンのトレーナーになり、レース復帰のためのトレーニングを開始することに。

当初は彼女にすら勝つことが出来ず、さらに自信を失ったマックィーンでしたが、様々なトレーニングを通して、クルーズとの絆が深まっていくと共に、彼にヤル気と自信が戻ってきました。

果たして、マックィーンは見事カムバックを遂げることが出来るのか…?!

4.映画『カーズ クロスロード』公開はいつから?

映画『カーズ クロスロード』は、2017年7月15日(土)より劇場公開がスタートすることが決定しています。

ネットで座席指定ができる通常料金よりオトクな映画前売券「ムビチケカード」は、6月17日(土)より発売開始予定です。

特典として非売品の“コレクタブルカード”セット(3枚1組)が付いてきますので、お早目のご購入をオススメいたします。(※数量限定につき)

“マックィーン”セット “ラジエーター・スプリングス”セット “レジェンド世代”セット “ハイテク新世代”セットの全4種となっており、全て(12枚)集めると裏面が『カーズ/クロスロード』のスペシャルイメージになる仕様となっています。

中には超レアな”キラキラver.”カードも含まれていることもあるそうですので、これをゲットしないわけにはいかないでしょう!

また、7月1日(土)からは親子ペアムビチケカードの発売も予定されており、特典としてペアケースが付属するとのことですので、気になる方はぜひチェックして見て下さい。

上映劇場情報に関しましては、現時点(2017年6月6日)で発表されておりませんが、全国の主要劇場で公開されることは間違いないでしょう。

今回は新作公開を記念して、フジテレビで『カーズ』と『カーズ2』の地上波放送を行うことが決定しておりますので、まずはそちらからチェックして見るのもいいかもしれませんね。

地上波放送のスケジュールは以下のように発表されています。

『カーズ』
放送日程:2017年7月14日(金)19:57~

『カーズ2』(地上波初登場)
放送日程:2017年7月16日(日)19:00~

これらをおさらいしておくと、今回の新作『カーズ クロスロード』をさらに楽しめること間違いなしです!ぜひお見逃しなく!

スポンサーリンク

5.映画『カーズ クロスロード』試写会はある?

※映画『カーズ クロスロード』の試写会は現在の所予定されておりません。新たな情報が入り次第、更新してまいります。

6.まとめ

日本版のエンドソングには奥田民生さんの楽曲『エンジン』に決定し、注目が集まっている今回の『カーズ』シリーズの最新作。

奥田民生さんご本人は、今回の楽曲提供にあたり、以下のようなコメントを残されています。

もともと車も子供のころから好きですし、「カーズ」シリーズではその車がしゃべるところがやっぱり好きです。(楽曲について)最初のアコースティックギターでズズズンと行くところは、エンジンをかけてアイドリングをしているイメージで作りました。
(公式サイトより引用)

この『エンジン』のCD(及び配信)リリースは、7月12日ということもすでに決定済のようですので、映画公開に向けてますます盛り上がってきていますね!

そんな注目の映画『カーズ クロスロード』は、2017年7月15日(土)より劇場公開がスタートします。ぜひ劇場でマックィーンの不屈の魂を感じてみて下さい!

関連記事

アニメーション

映画『ズートピア』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

お正月、あなたの今年の抱負や夢は何でしょうか。今回はカワイイ動物たちが活躍する『ズートピア』をご紹介します。 すでに多くの人が観た作品かもしれませんが、今一度深く考察をしてみたい映画なのでピックアップ …

アニメーション

韓国映画『我は神なり』感想レビューと評価【新感染監督アニメ作品考察】

韓国版ゾンビ映画として話題の『新感染 ファイナル・エクスプレス』が実写映画デビュー作のヨン・サンホ監督。 2017年10月21日より、東京・ユーロスペースにて公開されるアニメ映画『我は神なり』の監督で …

アニメーション

アニメ映画『フラグタイム』あらすじネタバレと感想・評価。百合漫画を原作に描く成長の物語

映画『フラグタイム』は、2019年11月22日により期間限定劇場公開。 女の子同士の恋愛を描いた『あさがおと加瀬さん。』のスタッフが贈る最新作、『フラグタイム』を紹介します。 2013年「もっと! V …

アニメーション

映画『空の青さを知る人よ』あらすじネタバレと感想。アニメの作画ロケ地(秩父)を聖地にオリジナル脚本の源流に立つ

映画『空の青さを知る人よ』は2019年10月11日(金)公開。 埼玉県にある秩父を舞台にした『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』の長井龍雪監督。 また、脚本家の岡田 …

アニメーション

映画『カールじいさんの空飛ぶ家』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

妻を亡くしたおじいさんと偶然居合わせた少年、そして不思議な犬ダグと共に、約束を果たす冒険が始まる。 人生の素晴らしさを教えてくれる、そんな心温まる作品『カールじいさんの空飛ぶ家』のご紹介です。 スポン …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学