Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

Entry 2019/12/30
Update

【ネタバレ】HUMAN LOST人間失格|感想と内容解説。人間らしさについて進歩した社会から描く

  • Writer :
  • 黒井猫

太宰治を原作に大胆解釈された新しい『人間失格』がSFダークヒーロー作品に生まれ変わった、映画『HUMAN LOST 人間失格』。

豪華スタッフと声優陣が贈る、太宰治『人間失格』とアニメーションの融合。太宰治の生誕110周年を迎えた2019年に、先鋭のクリエイターによる誰もみたことのない『人間失格』は、どのように展開されるのか。

今回はアニメーション作品『HUMAN LOST 人間失格』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『HUMAN LOST 人間失格』の作品情報


(C)2019 HUMAN LOST Project

【公開】
2019年(日本映画)

【監督】
木崎文智

【キャスト】
宮野真守、花澤香菜、櫻井孝宏、福山潤、沢城みゆき、千菅春香

【作品概要】
日本を代表する文豪の一人、太宰治の『人間失格』が原案のSFアニメーション映画。「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズで総監督を務めた本広克行がスーパーバイザーを務め、脚本は「マルドゥック・スクランブル」シリーズ、アニメ「PSYCHO-PASS」シリーズ、『十二人の死にたい子どもたち』で直木賞候補に挙がるなど映画脚本家、アニメ脚本家、小説家とマルチに活躍する冲方丁です。

スタジオはSFアニメ「GODZILLA」シリーズ、TVアニメ「亜人」シリーズを製作しているポリゴン・ピクチュアズが製作、また原作同様、「第一の手記」「第二の手記」「第三の手記」の三部構成で物語は展開されていきます。

映画『HUMAN LOST 人間失格』のあらすじとネタバレ


(C)2019 HUMAN LOST Project

昭和111、四大医療革命<GRMP>と健康保障機関・Sound Health Everlasting Long Life<S.H.E.L.L>のおかげで無病長寿大国、GDP世界1位となった日本。合格式が行われる今年、人々は健康基準合格者となることを目標に、120年以上1日19時間労働をして生きています。

首都圏は幾重にもなる環状道路によってエリアを区分されており、環の中心(インサイド)には富裕層や政府中枢が集まり、環の外側(アウトサイド)に向かうほど貧困が広がり、インサイドからアウトサイドへ大気汚染物質が放出され、許可なく外側から内側へ向かうことができません。

アウトサイド・国道16線沿いのバー「メロス」の2階で大葉葉藏(宮野真守)は薬物の多量摂取により自殺をしていました。そこに2人の男組、堀木正雄(櫻井孝弘)と竹一(福山潤)が訪れます。葉藏が死んでいるのを見た竹一は<S.H.E.L.L>に連絡し、葉藏を蘇生させます。

覚醒した葉藏は竹一にインサイドに特攻することを提案され、渋々承諾します。竹一の計画は、アウトサイドとインサイドを隔てるゲートを強行突破し、インサイドで爆薬を積んだ霊柩車を突っ込ませ、爆発させるというものでした。作戦決行の前に、竹一と葉藏は正雄から渡された薬を飲み、バイクで走り出します。

交通機動隊を躱しながら竹一と葉藏は高速道路をバイクで暴走します。正雄から渡された薬の影響で竹一の目は真っ赤に染まり、興奮状態のままアクセルを回し、ゲートへと突っ走ります。その様子を葉藏は地獄の馬の姿と錯覚します。

竹一はゲートに衝突し、ゲートの破壊を成功させます。血を流し、倒れている竹一の元に葉藏は駆け寄ります。竹一の様相が変わり、黒い竜巻に包まれ、“ロスト体”と呼ばれる化物へと変わります。葉藏はロスト体と化した竹一に攻撃され、致命傷を負います。その瞬間、葉藏も黒い竜巻に包まれ、ロスト体へと変わります。

ロスト体となった竹一と葉藏の戦闘が始まります。竹一に蹂躙される葉藏は、ロスト体になっても意識を持っていました。葉藏の意識が覚醒した瞬間、爆風が起こり、真っ赤な化物へと変化します。葉藏は竹一を倒しますが、“渋田機関”と呼ばれる<S.H.E.L.L>の内部組織に保護されます。

目が覚めた葉藏は、人間の姿に戻っていました。目の前には柊美子(花澤香菜)がいて、説明を受けます。その内容は、<GRMP>の暴走によって、ロスト現象が起こりロスト体という化け物になる、ロスト体から<GRMP>の暴走を制御できた者はアプリカントと呼ばれる、ロスト現象は堀木正雄が起こしているというものでした。

その後、葉藏は美子に送られ、メロスへと帰ります。美子とメロスの店主・マリアは二人で会話し、美子は葉藏を保護すると言います。葉藏は二人が話している間に逃げ出します。葉藏の元に正雄が現れます。正雄は「ついてこい」と言い、自身の研究室へと葉藏を案内します。

そこで、アンチGRMP薬と目的を葉藏に話します。「昔、正雄が<S.H.E.L.L>を生み出したことで、人間はネットワークに支配され死ねない生き地獄を生きている。<S.H.E.L.L>を壊すことで人間は真に人間として生きれる。」というものでした。その後、正雄は姿を消します。

葉藏がバーに戻ると、マリアはロスト体へと変わっていました。マリアの触手に体を貫かれ、葉藏はアプリカントへと変身します。そしてロスト体を蹂躙し、倒します。美子が来ると、人間に戻った葉藏は悲しみに暮れていました。そして二人は塔のデッキに向かいます。

そこで葉藏は自身の過去を美子に告げ、美子も自身の過去を葉藏に告げます。美子が自分が思い描く未来を語っているところに、堀木正雄が現れます。正雄はロスト体を従わせる能力を使い、二人を襲います。美子が致命傷を負い、倒れたことを見て、葉藏は自傷し、アプリカントへと変身します。

葉藏はロスト体を倒しますが、葉藏は正雄の能力で操られます。葉藏は自身の心臓を正雄に渡し、美子を殺せと命令されます。そこに渋田機関の隊長・厚木がやってきます。正雄に攻撃し、怯んだことで正雄の能力から葉藏は解放されます。しかし、目的を達成した正雄は逃げます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『HUMAN LOST 人間失格』ネタバレ・結末の記載がございます。『HUMAN LOST 人間失格』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 HUMAN LOST Project

時は進み、合格式の日。葉藏の意識は、正雄との戦闘以来戻っていませんでした。意識が戻らない葉藏の体を合格者の移植に使い、限界寿命を伸ばすという計画が美子に告げられます。美子は、唯一の希望である葉藏を助けるため、自分が体を差し出すと提案します。合格者はそれを承諾します。

そして、美子は体を合格者、心を葉藏に差し出します。覚醒した葉藏は美子を助けるため、美子の元に走りますが手遅れでした。一方で、正雄は合格式と<S.H.E.L.L>を破壊しようとします。合格式会場では正雄の計らいにより、次々とロスト体が生まれます。合格者もアプリカントである美子の細胞を人間の細胞に取り込んだことで、ロスト現象が起こります。

葉藏は、美子が信じた未来を守るため正雄と戦います。襲いかかる美子の姿をしたロスト体を次々に倒しますが、致命傷を負い、倒れます。倒れている葉藏に、正雄は過去を話します。葉藏は朦朧とする意識の中で、美子が語った未来を思い出します。美子と葉藏の意識が一つとなり、次の瞬間、爆発が起きます。

葉藏が覚醒すると空は青く晴れていました。頭髪は白くなっています。そこに正雄がやってきます。正雄も爆発から生き延びていました。二人は向き合います。葉藏の手には刀、正雄の手にはナイフを持っていました。そして両者互いの心臓を突きます。すでに寿命を迎えた正雄は死に、葉藏はアプリカントに変身して生き残ります。

時は過ぎ、葉藏は夜の電波塔を上っています。健康基準はカオスとなり、爆発の生存者がロスト体へと変わっています。その中には、美子の姿をしたロスト体もいました。葉藏は美子が夢見た未来を実現するために、己を傷つけ、アプリカントになり、戦います。

スポンサーリンク

映画『HUMAN LOST 人間失格』の感想と評価


(C)2019 HUMAN LOST Project

日本文学の不朽の名作・太宰治の『人間失格』を原案とし、SFダークヒーロー作品へと改編された本作『HUMAN LOST 人間失格』は、社会問題を取り上げつつ、斬新な視点から『人間失格』にアプローチしたSF作品です。

物語の構成を簡単に言えば、ジョージ・オーウェルの小説『1984年』のような近未来ディストピアが世界観で、永井豪の漫画『デビルマン』のように倫理に揺れるダークヒーローが誕生する物語です。

本作は”格差社会”や”延命による生死の考え方”、”管理社会の弊害”、”少子高齢化”など様々な社会問題を描きつつ、とても観やすい作品となっていました。また、随所に『人間失格』のネタが使われており、原作ファンの方はニヤリとするでしょう。個人的には、親友の竹一が不良少年になっていたことに驚きました。

『アフロサムライ』の木崎文智、「PSYCHO-PASS」シリーズでタッグを組んだ本広克行と冲方丁の豪華スタッフで描く『人間失格』は、”信仰のあり方”という視点とは全く違った視点で展開されます。そのため、太宰治の『人間失格』ファンから見ると目新しい作品に見えるかもしれません。

また、声優陣も豪華です。宮野真守、花澤香菜、櫻井孝宏と実力派の方々が演じているため、キャラクターが生き生きと描かれ、魅力的なものとなっています。

そして、一番の見どころはポリゴンピクチュアズが製作する3Dアニメーションです。3Dアニメーションによりアクションがより派手に、世界観やデザインも美しいものとなっていました。

まとめ


(C)2019 HUMAN LOST Project

『HUMAN LOST 人間失格』は原作・太宰治の『人間失格』ファンに限らず、ヒーロー作品好き、アニメ好きの原作を読んだことのない方が観ても、観やすい作品となっています。

ただ、専門用語が多く混乱するため、一度用語を調べてから見ることをお勧めします。

『AKIRA』や『攻殻機動隊』、アニメ映画「GODZILLA」シリーズ、『PSYCHO-PASS』のような近未来ディストピアなSF作品が好きな方は鑑賞してみてはいかがでしょう。


関連記事

アニメ映画

映画『きみと、波にのれたら』あらすじネタバレと感想。湯浅政明監督らしい世界観と物語が作風とベストマッチ!

アニメ映画『きみと、波にのれたら』は、2019年6月21日より全国公開! 2018年の第31回東京国際映画祭で“湯浅政明の世界”として特集上映が行われた湯浅政明監督の2年ぶりの新作長編アニメーション作 …

アニメ映画

【アナ雪続編】主題歌と挿入歌の歌手&歌詞紹介!日本語訳や解説も

3月16日(金)より全国でロードショーされるピクサー作品『リメンバー・ミー』と同時公開の「アナ雪」シリーズの待望のスピンオフムービー『アナと雪の女王 家族の思い出』。 22分間の短編アニメ『アナと雪の …

アニメ映画

『鬼滅の刃 兄妹の絆』内容ネタバレと感想考察。映画公開前に“炭治郎のかっこいいアクション”を見ておきたい!

大人気少年コミック、堂々アニメ化の『鬼滅の刃 兄妹の絆』。 テレビアニメ『鬼滅の刃』の第1~5話で構成された特別上映版『鬼滅の刃 兄妹の絆』。2019年4月の放送開始に先がけて期間限定劇場上映されまし …

アニメ映画

映画『塔の上のラプンツェル』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【コロナ王国で“隔離”されたお姫様の運命とは】

映画『塔の上のラプンツェル』は ディズニー初の「3Dで描かれるプリンセスストーリー」 映画『塔の上のラプンツェル』は、グリム童話の『ラプンツェル(髪長姫)』を映画化したもの。ウォルト・ディズニー・スタ …

アニメ映画

『スパイダーマン:スパイダーバース』感想と評価解説。スタン・リーへ僕らは目の前いる困った人を見かけたら助けるよ⁉︎

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』は、2019年3月8日より全国ロードショー。 全米公開時には初登場で1位を獲得、多くのメディアから“スパイダーマン映画史上最高傑作”と賞賛を受けた作品。 映画『 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学