Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

『アナと雪の女王』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。アナ雪が最後に伝えたいことは“相手を想う愛という名の魔法”

  • Writer :
  • 秋國まゆ

多数の賞を受賞し歴代の興行収入記録も塗り替えた
ディズニーミュージカル・アニメーション!

クリス・バックとジェニファー・リーが監督を務めた、2013年製作のアメリカの大ヒットディズニーアニメーション映画『アナと雪の女王』。

触れたものを凍らせたり、雪や氷を作ったりできる魔法を持って生まれた王家の娘エルサが、戴冠式でその力が暴走し王国を真冬の世界に変えてしまう物語とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

雪山の山奥でありのままの自分で生きる喜びを見出したエルサと、凍てついた王国と姉を救うため旅に出た妹のアナの姿を描いた、大ヒットディズニーアニメーション映画『アナと雪の女王』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『アナと雪の女王』の作品情報


(C)2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

【公開】
2014年(アメリカ映画)

【原作】
ハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話『雪の女王』

【監督】
クリス・バック、ジェニファー・リー

【キャスト】
クリステン・ベル、イディナ・メンゼル、ジョナサン・グロフ、ジョシュ・ギャッド、サンティノ・フォンタナ、アラン・テュディック、キアラン・ハインズ、クリス・ウィリアムズ

【作品概要】
『ターザン』(1999)や『サーフズ・アップ』(2007)のクリス・バックと、『ミラベルと魔法だらけの家』(2012)のジェニファー・リーが監督を務めた、アメリカのディズニーアニメーション作品。

原作は、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話『雪の女王』です。本作は2014年第86回アカデミー賞長編アニメーション賞と主題歌賞、第71回ゴールデングローブ賞最優秀長編アニメーション映画賞、2015年第38回日本アカデミー賞外国作品賞を受賞した作品でもあります。

大ヒットドラマシリーズ「ゴシップガール」のクリステン・ベルと、『RENT/レント』(20050や『魔法にかけられて』(2007)などに出演するブロードウェイ女優イディナ・メンゼルが主演を務めています。

映画『アナと雪の女王』のあらすじとネタバレ


(C)2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

豊かな資源に恵まれた小国「アレンデール王国」の王女エルサは、触れたものを凍らせたり、雪や氷を作ったりすることができる魔法の力を持っていました。

エルサは、妹のアナと遊ぶ時だけその力を使っていました。しかし、エルサが8歳になった日の夜、ある事故が起きてしまいます。

エルサはアナにねだられ、城の広間で雪遊びしていた時です。エルサはアナの足場を作っていたのですが、ぴょんぴょん跳ねて移動する彼女のスピードに追いつけず、誤って彼女の頭に魔法の力を当ててしまいます。

体が冷たく、意識不明の状態に陥ったアナを抱きかかえ、エルサは泣きながら両親を呼びました。

エルサたちの両親であるアレンデール王国の国王と王妃は、すぐに姉妹を連れて、アレンデール王国から離れたリヴィング・ロックの谷へ向かい、そこに住む妖精トロールたちに助けを求めました。

一見ただの岩にしか見えませんが、心を開いた相手にだけトロールたちは姿を現します。

不思議な力を持つトロールの長パビーは、エルサの魔法の力のことと、事故の記憶を消す代わりに、アナを救ってくれました。

そしてパビーは、エルサにこう忠告しました。「エルサ、君の魔法の力はますます強くなる」

「魔法は美しくもあるが、危険でもある。だから制御しなくてはならない」「恐れの感情が危険につながる」

その日以降、エルサは国王との約束で、日増しに強くなっていく魔法の力を抑えるべく手袋をつけて、人との接触を避け部屋に閉じこもりました。

アナは何故エルサが自分を避けるのか分からず、部屋に閉じこもったエルサに「雪だるまを作ろう」と声を掛けては、1人閉ざされた城の中で過ごすしかありませんでした。

それから10年後。抑えるどころか力が増していく一方のエルサの魔法の力を見て、国王たちは彼女を救うために、解決方法を探す旅に出ました。

しかしその道中、国王たちが乗った船は海難事故に遭い、船に乗っていた者全員還らぬ人となってしまいました。エルサとアナは、互いが唯一の肉親となってしまいました。

さらに3年後。成人したエルサは女王として即位することになり、彼女の力を世間に知られぬよう閉ざしていた城門が開かれ、城で戴冠式が行われることになりました。

アナは久しぶりに城の外の人々との出会い、そして運命の人との出会いに期待に胸を膨らませていました。

対してエルサは、自分の魔法の力が国民や招待客にバレてしまわないか不安でいっぱいでした。

「力を隠して、感情を抑えて、完璧に演じて。ミスをしたら終わりだわ」

「今日だけよ」「今日だけ」「不安だわ」「何だか不安」「衛兵に伝えるのよ、門を開けてと」「門を開けて」

「長すぎる時が過ぎて、夢みたことが実現するの」「いつも素直で」

「今日は独りじゃない」「隠して」「私の真実の愛は?」「知られないで」

「真実の愛を今日見つけるの」「長すぎる時が過ぎて、長すぎる時が過ぎて、私の前に道が開ける」

エルサは何とか、魔法の力を知られぬように振舞い、戴冠式を終えました。その日の夜、城の広間で舞踏会が開かれ、アナは戴冠式の前に出会った南諸島の王子ハンスと再会します。

兄弟が多く、12人のうち3人の兄に無視されているハンスと、エルサに突然拒絶されたアナは境遇が似ており、気も合った2人は出会ったその日のうちに婚約してしまいました。

アナはエルサにハンスを紹介し、彼と結婚することを報告しますが、「出会ってすぐ結婚なんて」と反対されてしまいました。

このことがきっかけで、姉妹は招待客の前で言い争い、アナに引き止められた時に片方の手袋を奪われたエルサは、怒りと焦燥感で魔法の力を制御できず暴走させてしまいます。

これを見たアレンデール王国の貿易国「ウィーゼルタウン」の公爵ウェーゼルトンは、エルサを「化け物」「怪物」と罵りました。

エルサの魔法の力を目にした国民たちも、ウェーゼルトンのように罵倒はしないものの、エルサに恐怖し距離をとります。


(C)2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

その状況に耐えきれず、エルサはアレンデール王国を離れ、雪で覆われた北の山へ逃げ出しました。

到着後、エルサは魔法の力で氷の城を築き、これからは何も隠さず、ありのままの自分で生きていこうと決意しました。

「雪が山を覆う夜、足跡ひとつ残らない」「隔絶された王国、私はその女王」「風がうなる、心の嵐のように」

「私の苦しみを天だけが知っている」「秘密を悟られないで、いつも素直な娘で。感情を抑えて隠さなければ」

「でも知られてしまった」「これでいいの、かまわない。もう何も隠せない」「これでいいの、かまわない。過去に扉を閉ざすのよ」

「もう気にしない、何を言われようとも」「嵐よ、吹き荒れるがいい。寒さなど平気よ」

「遠くから眺めると、すべてが砂粒のよう」「恐れは遠く去り、もう私を苦しめない」

「怯えることなく、未来へと突き進む。善悪やルールに縛られずに」「私は自由よ」

「これでいいの、かまわない。風と空は私のもの」「これでいいの、かまわない。二度と涙は流さない」

「私の道を行く、ここは私の王国」「嵐よ、吹き荒れるがいい」「私のパワーが大気と地に満ちる」

「氷の図形のように、私の魂が広がる」「結晶となって、想いが形づくられる」「二度と戻らない、過去はもう過ぎたこと」

「これでいいの、かまわない。新しい夜明けよ」「これでいいの、かまわない。理想の娘はもういない」

「私の道を行く、輝く光を受けて」「嵐よ、吹き荒れるがいい。寒さなど平気よ」

以下、『アナと雪の女王』ネタバレ・結末の記載がございます。『アナと雪の女王』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

その頃アレンデール王国は、制御できないエルサの魔法の力により、真夏から永遠の冬へ変わってしまいました。

雪や氷から大切な姉とアレンデール王国を取り戻すために、アナはハンスに国を任せ、エルサの後を追って北の山へ向かいます。

その道中、冬用の服とブーツを調達しようと立ち寄った店で、アナは氷売りの山男クリストフと、彼の相棒であるトナカイのスヴェンと出会います。

アナはお金がないクリストフの代わりに、彼らが欲しがっているロープと、スヴェンの餌用のニンジンも一緒に買い、「ニンジンが欲しければ、北の山へ連れてって」と彼に取引を持ち掛けました。

アナ・クリストフ・スヴェンの旅は、狼の群れに襲われてソリが犠牲になってしまったというハプニングがあり、アナたちはなんとか北の山へ辿り着きました。

すると北の山の手前で、アナたちの前に、エルサが魔法で作った心温かい雪だるまのオラフが現れます。

アナは、ニンジンでオラフに鼻をつけてあげてから、彼と話をしました。「エルサがあなたを?」「うん、なぜ?」

「エルサの居場所分かる?」「うん、なぜ?」「案内できる?」「うん、なぜ?」

そこでクリストフが、「エルサに夏を取り戻させる」と答えました。夏、と聞いたオラフは、嬉々としてアナたちに協力することを決めました。

何故ならオラフは、昔から太陽やホットなものを満喫できる夏に憧れていたからです。ただ、それが自分が雪だるまだから味わえないことに、オラフは気づいていません。

氷の城に辿り着いたアナは、オラフたちを城の前で待たせ、1人でエルサの説得をしに行きました。


(C)2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

アナを出迎えたエルサは、再び魔法の力を当ててしまうことを危惧して、彼女を拒絶し王国に帰るよう促します。

「お願い、帰って。あなたのためよ」「太陽の下で城門を開くのよ」「たとえ孤独でも、私は自由だわ」

「私から離れて、そうすれば安全よ」………そう言うエルサに、アナはエルサの暴走した魔法の力で、アレンデール全土を永遠の冬で閉ざしてしまったことを伝えます。

そしてアナは、エルサに再び魔法の力を使って、冬を溶かしてほしいとお願いしました。

これに対しエルサは、自分がしてしまったことに自責の念に駆られ、再び魔法の力を制御できず暴走させてしまいます。

「私はなんて愚かなの、内なる嵐に囚われて。呪われたまま」「嵐の呪縛を解いて」

「悪い方向へ進むわ。恐ろしすぎる、ここは危険よ」「2人で立ち向かうのよ、冬を終わらせれば、すべてが平和に」「できないわ!」

その時、エルサはアナの胸に、魔法の力を当ててしまいました。これに激しく動揺したエルサは、雪男マシュマロウを魔法の力で生み出し、アナとクリストフたちを城から追い出します。

クリストフはアナの髪の毛が白くなっていることに気づき、アナたちを家族同然の仲であるトロールの元へ連れて行き、パビーに助けを求めました。

実はクリストフとスヴェンは幼い頃、パビーがアナを救った場面を見たことがあったのです。

パビーはどんどん体が冷たくなっていくアナの両手を握り、こう言いました。「アナ、君の命は危険な状態にある」

「エルサによって君の心臓に氷が(刺さっている)。取り除かなければ、君は永遠に凍ってしまう」

「頭だったら簡単だが、心臓だとわしにはどうすることもできん。真実の愛だけが、凍った心臓を溶かせる」

それを聞いたクリストフは、道中アナから聞いた彼女の婚約者ハンスなら、彼女を救うことができると考え、彼女を連れてアレンデールへ急行しました。

一方ハンスは、アナの馬だけが戻ってきたことに胸騒ぎを覚え、兵士を募って氷の城へ向かいました。

氷の城へ到着後、ハンスたちはマシュマロウと戦い、ハンスがマシュマロウの片足を斬って、崖下へ落としたことで勝利しました。

その時城内では、エルサがウェーゼルトンの側近2人に殺されそうになりましたが、魔法の力で2人の動きを止めます。

そこへハンスたちが登場。ハンスの説得にエルサが心揺らいだ瞬間、側近の1人がボーガンの矢を彼女に向けました。

それを寸でのところでハンスが阻止しましたが、ボーガンの矢は天井の氷の結晶に被弾し、真下にいたエルサに襲い掛かってきます。

エルサは何とか回避したものの、気絶しました。そしてハンスたちの手によって、エルサはアレンデール王国の城の牢屋に閉じ込められ、手枷で魔法の力を封じられます。

ハンスはエルサに、冬を終わらせるよう説得しましたが、その張本人であるエルサでさえも、夏に戻す方法が分からないのです。

その後、クリストフとスヴェンのおかげで城へ戻れたアナは、ハンスに事情を話し、彼の真実の愛のキスを求めました。

ところが、ハンスの態度が突如豹変し、暖炉の火を消した冷たい部屋にアナを閉じ込めます。

何故ならハンスは、13人兄弟の末っ子で王位継承権が13番目と低いため、他国の王家の娘と結婚して王になりあがるために、戴冠式に出席していたからです。

ハンスの当初の目的は、女王となるエルサと結婚することでしたが、彼女に近づくことは不可能だったため失敗。

代わりにハンスは、愛に飢えていたアナに近づき、彼女と結婚して王になろうと企みました。

ところが、姉妹不在のアレンデール王国で、思いのほか国民に頼りにされていることに気づいたハンスは、姉妹を利用する必要がなくなりました。

したがって、ハンスは「エルサがアナを殺した」「アナがこと切れる前に、結婚の誓いを済ませた」と国民に嘘をつき、邪魔なエルサも殺して英雄になろうとします。

愛していたハンスの裏切りに、傷心したアナ。そこへ駆けつけたオラフは、暖炉に火をつけ、彼女の体を暖めながらこう言いました。

「愛というのは、自分よりその人のためを想うこと。クリストフが君を、ハンスの元に残したように」

同時刻。アレンデール王国から去ったクリストフは、スヴェンのおかげでアナへの愛を自覚しました。

そしてアレンデール王国の異変に気づき、クリストフはスヴェンに跨り、アナを助けに行きます。

アナもまた、城へ戻ってきたクリストフの姿を見て、彼への愛を自覚しました。アナはオラフの手を借りて城から脱出し、猛吹雪の中クリストフの名を呼んで、彼を探しました。

一方、自力で牢屋から脱出したエルサは、猛吹雪の中自分を追いかけてきたハンスと遭遇し、自分のせいでアナが死んだことを知って自責の念に駆られます。

ハンスが背後から、憔悴したエルサを殺そうとしたその瞬間、アナが2人の間に割って入り、身を挺してエルサを守りました。

氷の彫像と化したアナの手に、ハンスの剣は砕かれ、ハンスは跳ね飛ばされました。そのことに気づいたエルサは、凍りついたアナを抱き締め、泣き崩れました。

そんな姉妹の姿に、遅れて駆けつけたクリストフとスヴェン、オラフはもちろん、城内から見ていた城の者たちも沈痛な表情を浮かべました。

すると、アナの凍り付いた体が元に戻り、アナは息を吹き返しました。それを見たオラフの言葉で、エルサは自身の魔法の力を制御するには、相手を心から思いやる真実の愛が必要だったことに気がつきました。

それに気づけたエルサは、凍てついたアレンデールを元に戻し、国中を覆っていた雪と氷を結晶化させ、空へと昇華させます。

夏になったことでオラフは溶けそうになりますが、エルサの魔法の力によって生み出された雪雲によって息を吹き返しました。

そしてアナは、「あなたこそ氷の心臓よ」と言ってハンスを殴り、船から海へ突き落とします。

その後、拘束されたハンスは祖国へと送り返され、ウェーゼルトンもまた、エルサの命によってアレンデールとの貿易を打ち切られ強制送還されました。

アナは約束通り、クリストフに最新型のソリをプレゼントしました。そんなクリストフとスヴェンは、アレンデール王国公認の氷配達人に任命されました。

そして、クリストフはアナと無事結ばれ、彼女の恋人になりました。エルサはアナに「二度と城の門は閉ざさない」と約束し、スケートリンクに変えた城の広場で、アナたちや国民と真夏のスケートを楽しみました。

スポンサーリンク

映画『アナと雪の女王』の感想と評価


(C)2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

エルサは生まれた時から持っている雪と氷の魔法のことを、最初何の疑問も持っていませんでした。それどころか、エルサは妹のアナを喜ばせるためにその力を使って、姉妹仲良く遊んでいました。

事故が起きる前までは、心が一つだったエルサとアナが、13年間ずっと疎遠でいたことに、姉妹のそれぞれの心情を考えると胸が痛みます。

エルサはアナはもちろん、国民にも魔法の力で危害を加えないように、必死に自分の力を制御しようと、誰かに助けを求めたい気持ちを必死に抑え込んで、いつもと変わらぬ姿を必死に取り繕っていました。

それが戴冠式の夜、エルサの魔法の力が皆に知られてしまってから、エルサの中でどこか吹っ切れた気持ちがあったのでしょう。

ありのままの自分でいていい、これからは何も隠さず生きていいという喜びを見出したエルサの姿は、いつも辛そうにしていた彼女とは打って変わって生き生きとしており、それが観ているだけでも嬉しくて感涙します。

またアナも、突然仲良しだった姉のエルサに拒絶され、両親もいない孤独な生活を送ってきていました。

エルサとはまた違う、寂しさや辛く苦しい気持ちを抱えながら13年間生きてきたアナ。彼女は作中の登場人物の中で一番、愛に飢えています

そこを邪な野望を抱くハンスに付け入られてしまい、アナとエルサは仲違いしてしまいました。それでもアナは、最後までエルサを大事に想い、エルサとアレンデール王国を救うために奮闘しています。

そんなアナとエルサが、真実の愛というものがどういうものか、それが魔法の力を制御する鍵だったことに気づいた場面は、作中で一番感動する場面です。

まとめ


(C)2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

運命に引き裂かれた王家の姉妹が、真実の愛を知る姿を描いた、アメリカのディズニーアニメーション作品でした。

本作の見どころは、エルサとアナのそれぞれの心情を歌にしたミュージカル場面と、疎遠だった姉妹がほぼ同時に真実の愛が何たるかを知るところです。

アナとエルサを陥れ、アレンデール王国を手に入れようとしたハンスとウェーゼルトンが物語の最後、祖国へ強制送還されたのを見て、悪を成敗した爽快感を感じます。

またエンドロール後、エルサのいなくなった氷の城で、マシュマロウがエルサが外したティアラを拾い上げ、被っている姿が描かれていました。

日本語吹き替え版と字幕版、それぞれの声優の歌唱力が素晴らしく、またそれぞれ歌詞が微妙に違うため、本作を鑑賞する際はぜひ両方観ることをオススメします。

雪と氷の魔法を持つ姉と、人一倍愛に飢えている妹が、それぞれの冒険を経て真実の愛に気づく姿を描いたディズニーアニメーション映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。

関連記事

アニメーション

映画『HUMAN LOST人間失格』ネタバレではわからん⁈【専門用語の解説まとめ集】

冲方丁ワールド炸裂!難解な専門用語が多いSFダークヒーロー作品。 SF作品である『HUMAN LOST 人間失格』は、難解な専門用語が多く、作品内容が理解しづらいアニメーションとなっています。 今回は …

アニメーション

【ネタバレ】映画 おそ松さん(2022)|あらすじ感想と“ヒピポ族と輝く果実”の解説評価。6つ子のアドベンチャーは“キラキラフルーツ”を目指すハチャメチャな展開

『おそ松さん』放送開始6周年の完全新作映画が期間限定上映! 人気アニメ『おそ松さん』の、放送開始6周年を記念して製作された、完全新作の劇場版アニメ『おそ松さん ヒピポ族と輝く果実』。 シリーズ初のアド …

アニメーション

シドニアの騎士 あいつむぐほし|ネタバレあらすじとラスト結末の感想。内容は人類の存続を賭けた壮絶な闘いを描くアニメーションの完結編!

大人気漫画のアニメ化シリーズ堂々の完結編! 2015年に第39回講談社漫画賞を受賞し、全15巻で完結したSF漫画『シドニアの騎士』。 どこか優しさを感じさせるキャラクターデザインの裏で、唐突なヒロイン …

アニメーション

映画『えんとつ町のプペル』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。感動した原作にはないルビッチの父親ブルーノの物語!

信じぬくんだ。たとえ、ひとりになっても。 未来は信じ続けた夢でできている。 お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣が、2016年に発行し、発行部数55万部を超えるベストセラーとなった絵本『えんとつ町の …

アニメーション

映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』ネタバレあらすじと感想。前作との違いや追加シーンも解説

『この世界の片隅に』に新たなカットを追加した『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』は2019年12月20日に公開。 2016年、日本中にじわじわと感動の輪を広げていった『この世界の片隅に』。 この2 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学