Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2018/08/11
Update

『オーシャンズ11』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • かきぴー

ジョージ・クルーニー主演、後にシリーズ化された大人気クライムサスペンスの映画『オーシャンズ11』

脇を固める俳優はブラッド・ピットやマット・デイモン等人気俳優たち。シリーズ1作目の今作を紹介していきます。

スポンサーリンク

映画『オーシャンズ11』の作品情報


(C) Warner Bros. All Rights Reserved.

【公開】
2001年(アメリカ映画)

【原題】
Ocean’s Eleven

【監督】
スティーブン・ソダーバーグ

【キャスト】
ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツ、マット・デイモン、アンディ・ガルシア、ドン・チードル、エリオット・グールド、カール・ライナー、ケイシー・アフレック、スコット・カーン、エディ・ジェイミソン、バーニー・マック、シャオボー・クィン

【作品概要】
泥棒、詐欺師のダニー・オーシャンは4年間の服役を終え仮出所しました。しかし、再び盗みの計画を立てるダニーはどのようにして盗むのでしょうか。

監督は『アウト・オブ・サイト』で、全米映画批評家協会賞の作品賞を受賞したことのあるスティーブン・ソダーバーグです。後に続編の12、13の監督を務めます。

映画『オーシャンズ11』のあらすじとネタバレ


(C) Warner Bros. All Rights Reserved.

泥棒兼詐欺師のダニエル・オーシャンは4年間の服役を終えて仮出所しました。仲間であるラスティーのもとへ向かい、自分が計画している盗みについて説明します。

ダニエルは、ラスベガスの3大カジノ「ベラージオ」・「ミラージュ」・「MGMグランド」の金庫を襲い、大金を盗むというものでした。ボクシングのタイトルマッチがある日を狙い、およそ1億5000万ドルを運び出そうとします。

しかしこの3カジノのオーナー、テリー・ベネディクトはとても非情な男として有名で2人は信用できる仲間を集めます。

資産家のルーベン、カジノディーラーのフランク、爆弾の専門家バシャー、変装のモロイ兄弟、曲芸師のイエン、通信技師のリヴィングストン、老人の天才詐欺師ソール、伝説の泥棒の息子ライナスの11人で計画を実行します。

一筋縄ではいかないこの金庫を、ダニーたちは綿密な計画の元に徐々に進めていきます。

カジノのカメラのハッキングや、金庫の模型でイエンに練習させたりしていました。

ラスベガスを停電させる役目のバシャーは、建物の解体により計画が頓挫します。そこで代わりに「ピンチ」という、ラスベガス全域を停電させる機械を盗みに行きます。

ライナスの焦る気持ちもあり、多少のイザコザもあったものの盗みには成功します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『オーシャンズ11』ネタバレ・結末の記載がございます。『オーシャンズ11』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

そしてダニーたち11人の計画は実行されます。

ダニーはベネディクトの部下にわざと捕まり、カジノの内部へと侵入します。

ソールは大富豪に化け、爆弾を金庫に運ばせます。

ライナスは内部に潜入させていたフランクと協力して、暗証番号を盗みます。

ソールが死ぬふりをし、それを医者のふりをしたラスティーがそのまま死亡判定を出して連れて行きます。

エレベーターに乗ろうとするライナスはバレそうになりますが、ソールが死ぬふりをしている間にリヴィングストンがカメラをハッキングして偽の映像を流します。

ダニーとライナスはエレベーターで合流し、バシャーが「ピンチ」を使用して停電している間に金庫室へと向かいます。

多少のトラブルはあったものの、金庫室の扉をイエンと協力して爆破し金庫室の内部へと潜入します。

ラスティから、ベネディクトに金庫破りをしたと電話します。8000万ドルを極秘に盗まれるか、1億6000万ドルをおおっぴらに盗まれるか選べと脅します。ベネディクトは交渉に応じたふりをして、警察へ電話します。

エレベーターに乗せたバッグを、用意したバンへベネディクトの部下に運ばせます。

バンを追いかける部下たちでしたがバンは自動操縦で、誰も乗っていませんでした。

バッグの中には大量のピンクチラシが入っていたのみです。

通報によりやってきたSWATが金庫を調査し、置かれていたバッグを持っていきます。

さて、内部に侵入していたイエン・ダニー・ライナスはいつどのようにして脱出したのでしょう?

実はダニーたちは電話回線を制圧しており、ソールの死んだふりの際もリヴィングストンが取っていたので、ラスティーが駆けつけたのです。

なのでベネディクトの警察への通報も、リヴィングストンがとり、SWATに化けて金庫室へと侵入しました。

イエン・ダニー・ライナスは、やってきたSWATのフリをした仲間たちにヘルメットと防護服を受け取り変装して出ていったのです。

ですが、ダニーはベネディクトの現妻でダニーの元妻テスを取り返すため、ベネディクトを嵌めるために戻ってきます。

ダニーは無事、テスの信頼を取り戻したあと仮釈放中だったため再逮捕されます。(おそらく今回のことではなく、保護観察中の違反です)

3〜6ヶ月後に出所し、ラスティー・テス・ダニーの3人は車を走らせました。

スポンサーリンク

映画『オーシャンズ11』の感想と評価


(C) Warner Bros. All Rights Reserved.

『オーシャンズ11』は2000年代前半の、アクション中心であった映画の中でアクションではなく演出やストーリーで魅せる映画でした。

作品のテイストとしては、やはりクライムサスペンスの名作で1995年公開のブライアン・シンガー監督の『ユージュアル・サスペクツ』や、その前年1994年のクエンティン・タランティーノ監督の『パルプ・フィクション』に近いものだと思いました。

作中の1つ1つが伏線で、終盤の全てがわかるシーンでは1人頷きながら見てしまいます

続編の作品ももちろん見ごたえがありますが、始まりの作品である今作にはオーシャンズシリーズ全てに流れる源流のようなものを感じました

まとめ

大人気シリーズの原点『オーシャンズ11』について、今回は紹介させていただきました。

ジョージ・クルーニーやブラッド・ピットはもちろん、アイアンマンにも出演していたドン・チードルやトランスフォーマーのバーニー・マックなど豪華な出演陣です。

またシリーズは全4作あり、8月10日から『オーシャンズ8』も公開中です。

今作含め「オーシャンズ」シリーズの12と13を予習してからより一層楽しんで見れることでしょう。

関連記事

サスペンス映画

映画『スリービルボード』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

ゴールデングローブ賞で4冠を達成した話題作。 ひとつの残虐な事件から巻き起こる、犯人以外の被害者遺族や罪のない人間たちによる衝突劇。 深く考えさせられる、今年大注目の作品をご紹介します。 スポンサーリ …

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』3番ミツエ役は古川琴音。演技力とプロフィール紹介

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。 メガホンをとるのは、『イニシエーション・ラブ …

サスペンス映画

映画『ザ・バニシング消失』ネタバレ感想。リメイク版までありながら日本未公開であったサスペンス秀作

映画『ザ・バニシング -消失-』は2019年4月12日(金)ロードショー 旅行先で突然消えた恋人。彼女はなぜ消えたのか、どうなってしまったのか。その真相を男が追っていくうちに、物語はどんどん恐ろしい局 …

サスペンス映画

映画『守護教師』ネタバレあらすじと感想。マ・ドンソクの魅力と巧妙なストーリーが際立つエンタメ作品

行方不明の女子高生をなぜ誰も探そうとしないのか!? 韓国映画で今最も注目を集める俳優、マ・ドンソクが今回扮するのは、元ボクシング・チャンピオンで女子校に体育教師として赴任した男。 学費を滞納している生 …

サスペンス映画

映画『トーナメント(2018)』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

『ウォーキング・デッド』の監督ジュリアス・ラムゼイが手がけた映画『トーナメント』。 本作の上映は渋谷ヒューマントラストシネマにて、2018年7月21日から7月27日まで、2018年9月9日からシネ・リ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学