Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2021/07/28
Update

映画『復讐者たち』ネタバレ結末感想と考察評価。“復讐プランA”とユダヤ人旅団ハガナーとは⁈

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

ホロコーストを生き延びたユダヤ人たちによる復讐計画の行方を描いたサスペンス映画『復讐者たち』

“目には目を、歯には歯を”家族を殺されたユダヤ人たちの癒えない苦しみと、驚くべき復讐計画「プランA」。

実話を基に『ザ・ゴーレム』のドロン・パズ、ヨアヴ・パズ監督らが描くサスペンス。

ユダヤ人が加害者であるナチスに復讐するクエンティン・タランティーノ監督の荒唐無稽なバイオレンス・アクション『イングロリアス・バスターズ』(2009)にも出演していたアウグスト・ディールがナチスに家族を殺された主人公マックスを演じ、マックスの過酷な運命を描く。

復讐に生きがいを見出し、英国軍の指揮下にあった対ナチス部隊のユダヤ旅団に参加、そして過激なユダヤ人組織ナカムと共に恐るべき復讐計画に関わっていくマックスが最後に選んだ究極の“復讐”とは。

スポンサーリンク

映画『復讐者たち』の作品情報


(C)2020 Getaway Pictures GmbH & Jooyaa Film GmbH, UCM United Channels Movies, Phiphen Pictures, cine plus, Bayerischer Rundfunk, Sky, ARTE

【日本公開】
2021年(ドイツ、イスラエル合作映画)

【原題】
Plan A

【監督・脚本】
ドロン・パズ、ヨアヴ・パズ

【キャスト】
アウグスト・ディール、シルヴィア・フークス、マイケル・アローニ、イーシャイ・ゴーラン、オズ・ゼハビ

【作品概要】
監督を務めたのはイスラエル出身のドロン・パズ&ヨアヴ・パズ監督。POVスリラー『エルサレム』(2016)で初監督を務め、その後ユダヤ教の伝承に登場する泥人形ゴーレムを題材にした映画『ザ・ゴーレム』を手がけます。

主人公マックスを演じたのは、クエンティン・タランティーノ監督の『イングロリアス・バスターズ』(2009)や『マルクス・エンゲルス』(2017)、テレンス・マリック監督作『名もなき生涯』(2020)など様々なジャンルで活躍するドイツの名俳優アウグスト・ディール。

アンナ役には『ブレードランナー 2049』(2017)のレプリカント・ラヴ役や、『蜘蛛の巣を払う女』(2019)で本格的なハリウッド進出も果たしたシルヴィア・フークス。


映画『復讐者たち』のあらすじとネタバレ


(C)2020 Getaway Pictures GmbH & Jooyaa Film GmbH, UCM United Channels Movies, Phiphen Pictures, cine plus, Bayerischer Rundfunk, Sky, ARTE

1945年、敗戦直後のドイツ。

ユダヤ人男性のマックス(アウグスト・ディール)は、ホロコーストを生き延び、とある民家に向かいます。家の中からマックスの姿を見かけた家族は身構え、男性が銃を構えて外に出てきます。

マックスは妻ルートと息子のベンヤミンの行方を尋ねますが、相手にされません。何故自分たちを密告したのかとマックスは更に尋ねます。

しかし、男性は答えずマックスに銃で殴りかかり、二度と家の敷居をまたぐな、戦争が終わったからと言ってユダヤ人が安心できると思うなと言います。

仕方なくマックスは彷徨い、行方不明者の情報を探すべくユダヤ人難民キャンプに向かいます。道中マックスは英国の支配下にあるユダヤ人旅団の兵士らと出会い、キャンプまで送ってもらいます。

キャンプに辿り着くも妻子の様子は見当たらず、マックスは2人の似顔絵を描いて掲示板に貼ります。

マックスを何かと気にかけていたユダヤ人旅団の兵士ミハイル(マイケル・アローニ)は夜中にマックスを呼び、とある場所に連れていきます。

そこには拷問されているナチスの関係者の姿がありました。ユダヤ人旅団は各地に身を潜めたナチス関係者を探し出し、秘密裏に処刑を行っていたのです。

キャンプにいたマックスの元に一人の女性がやって来て、マックスの妻ルートと息子のベンヤミンの死を知らされます。

憤りと悲しみと、やり場のない感情が溢れ出し、マックスは森の中で一人慟哭します。そして復讐に心を燃やしたマックスはパレスチナと向かうトラックには乗らず、ミハイルにユダヤ人旅団と行動を共にさせて欲しいと頼み込みます。

マックスはユダヤ人旅団と行動を共にすることになり、リストを元にナチス関係者を秘密裏に処刑していきました。ユダヤ人旅団兵士の一人がマックスに問いかけます。

「収容所で何千人とユダヤ人がいたというのに誰も抵抗せず、死んでいったのか、戦おうとはしなかったのか」

その言葉にマックスは憤り、ユダヤ人旅団の兵士らは揉めてしまいます。その隙に捕らえていたナチス関係者の男に逃げられてしまいます。逃げた男を探すマックスの目の前に男が現れ襲われるマックスを、森の中に潜んでいたパルチザンの女性が助けました。

パルチザンの人々は森に潜んでいたため戦争が終わったことも知りませんでした。

ナチスを処刑していることに気づいた英国により、ユダヤ人旅団の任務は終了し、別の任務地に行くことが決まりました。しかし、ミハイルはパレスチナの軍事組織ハガナーに合流する予定であるとマックスに告げます。その話を聞いたマックスもハガナーの一員となりました。

過激な報復活動を行うパルチザンのグループ“ナカム”をハガナーは危険視しており、ナカムはニュルンベルクで大規模な復讐計画を立てていました。ナカムの監視の任務に就いたミハイルに協力を誓ったマックスはナカムとの接触を試みます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『復讐者たち』ネタバレ・結末の記載がございます。『復讐者たち』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020 Getaway Pictures GmbH & Jooyaa Film GmbH, UCM United Channels Movies, Phiphen Pictures, cine plus, Bayerischer Rundfunk, Sky, ARTE

ニュルンベルクを訪れたマックスは外壁に“NAKAM”と書いて張り込みを始めました。すると、かつて森の中でマックスを助けたアンナ(シルヴィア・フークス)が外壁に目を留めているのを見つけ尾行します。

アンナらナカムのメンバーはアパートの屋根裏を隠れ家にして活動を行なっていました。尾行し、アパートにたどり着いたマックスは捕らえられるも、ナカムのリーダーアッバ・コヴナー(イーシャイ・ゴーラン)の赦しを得て一晩泊めてもらいます。

ナカムの作戦は水道水に毒物を入れ、ドイツの市民600万人を毒殺することでした。その重大な情報をマックスはミハイルに伝えると。「アッバの信頼を勝ち取れ」とさらなる任務を言い渡されます。

ミハイルは新たな建国の夢を抱き、ユダヤ人のイメージを失墜させかねないナカムの過激な計画を何としても阻止したいと考えていました。

ドイツ国民は私たちが捕らえられるのを見ていた、殺されているのを知っていた。目には目を、歯には歯を、殺されたユダヤ人の分、ドイツ国民も…と、一人息子を亡くした耐えがたい苦しみと憎しみをあらわにしたアンナの言葉にマックスは共鳴されていきます。

同じ痛みを分かち合うマックスにナカムのメンバーも信頼し始めていました。

マックスはナカムのメンバーと共に水道局に務め、計画に加担していきます。

突如姿を消したアッバの行方を探せとミハイルに指示されたマックスは、アッバがパレスチナに毒薬の調達に出かけていることを知ります。なかなか調達が上手くいかず難航しているアッバの手紙がナカムのメンバーに届きメンバーは焦ります。

時同じく、ニュルンベルクには次々に連合軍の兵隊がやってきていました。

連合軍を殺すわけにはいかず、計画はどうなるのかと焦っていた矢先、アッバから待ち望んでいた手紙が届きますが、痺れを切らしたミハイルがハガナーのメンバーを連れて隠れ家にやってきます。この街を去るか、ハガナーに捕らえられるか、明日まで猶予をやると告げられます。

ナカムのメンバーは明日パレスチナから帰国したアッバと合流し、計画を決行することを決断します。

しかし、アンナは子供は殺せないと、ドイツを去りパレスチナに向かう決断をします。復讐か、それとも…葛藤したマックスは、ミハイルにアッバの居場所を教え、計画を実行することはありませんでした。

ナチスに対する最大の復讐は“幸せに生きること”。マックスは故郷に帰り生きることを選択したのでした。

スポンサーリンク

映画『復讐者たち』の感想と評価

目には目を歯には歯を


(C)2020 Getaway Pictures GmbH & Jooyaa Film GmbH, UCM United Channels Movies, Phiphen Pictures, cine plus, Bayerischer Rundfunk, Sky, ARTE

監督のドロン・パズ、ヨアヴ・パズは、知人の祖父がホロコーストを生き延び、故郷の家に戻ると、自分たちを密告した隣人がその家に住んでおり復讐を決意したという話を聞き、実際にあった「プランA」など歴史的事実を調べ映画化するに至ったそうです。本作の冒頭でもマックスが自分たちを密告した家族に出会う場面から描かれています。

愛する家族を殺されたときあなたならどうするか」本作はそう問いかけます。

自分たちを死の収容所に追いやった隣人をあなたなら許せますか、収容所に追いやられ殺されていくユダヤ人を見ても何もしなかったドイツ人を許せますか。シルヴィア・フークス演じるアンナの深い悲しみと怒りと憤り…そして何より息子を救えなかった自分が許せない苦しみ。彼女は毎晩悪夢にうなされています。

マックスは収容所にやってくるユダヤ人を出迎え、荷物を管理する倉庫係を担わされていました。収容所に入れば殺されることはわかっていたのに笑顔で出迎える自分に対し、なぜ何もしなかったのか、と自責の念を感じています。

復讐に駆り立てられていくユダヤ人達はナチスに対する怒りや憎しみだけではない、何もできなかった、救えずに生き残ってしまった自分に対する憤り、死んでいった者たちへの贖罪でもあるです。

しかし復讐し、多くのドイツ人を殺すことはユダヤ人ら自身をナチスと同じ殺戮者に貶めることともなります。癒えない傷と、人を殺めることへの葛藤をマックス役のアウグスト・ディールをはじめとした役者陣が説得力のある演技でみせます。

「プランA」が実行されていたら多くの罪のないドイツ市民の命を奪うことにもなっていた…その映像をあえて見せた後に、実際は実行されず、マックスの決断を映し出します。マックスの“生きる”という選択はユダヤ人の問題だけではなく現代抱えるさまざまな人々に対して投げかけられた強いメッセージのように感じられます。

建国のために


(C)2020 Getaway Pictures GmbH & Jooyaa Film GmbH, UCM United Channels Movies, Phiphen Pictures, cine plus, Bayerischer Rundfunk, Sky, ARTE

ユダヤ人の報復活動を映画化した作品はあまり多くなく、本作は知られざる「プランA」を初めて映画化しました。他にも印象的だったのはユダヤ人旅団、ハガナーの存在です。

パレスチナのユダヤ人が志願し、英国陸軍の訓練のもと構成されたのがユダヤ人旅団です。ユダヤ人旅団は第二次世界大戦中から編成され、イタリア戦線などにも駆り出されていました。

ユダヤ人の民兵組織であるハガナーの編成はユダヤ人旅団よりも前、第一次世界大戦後に遡ります。第一次世界大戦後、イギリスの委任地域パレスチナへのユダヤ人移民増加に伴いアラブ人との衝突も増えました。その時期にユダヤ人の武装勢力が乱立し、その一つがハガナーでした。

第二次世界大戦後、ホロコーストを生き延びたものの、ユダヤ人らの帰る家はほとんど残されていませんでした、行き場を失ったユダヤ人はパレスチナへと向かい新たな土地で生きることに希望を見出しました。

劇中でもハガナーの人員となったミハイルは復讐に取り憑かれるのではなく、未来を生きることを考えろと言い続けます。そしてミハイルはユダヤ人の国の建国を掲げていました。後にハガナーはイスラエル国防軍となり中東戦争などに関わっていくことになります。結果としてイスラエル建国は叶いましたがイスラエルやパレスチナを取り巻く問題は解決には至っていません。

そのようなイスラエルの建国、ユダヤ人による報復活動とあまり描かれてこなかった、また物議にもなりかねない史実をイスラエル出身のドロン・パズ、ヨアヴ・パズ監督が手がけたことにも大きな意味があるのかもしれません。

まとめ


(C)2020 Getaway Pictures GmbH & Jooyaa Film GmbH, UCM United Channels Movies, Phiphen Pictures, cine plus, Bayerischer Rundfunk, Sky, ARTE

“目には目を歯には歯を”知られざるユダヤ人たちによるナチスへの報復計画「プランA」を描いたサスペンス映画『復讐者たち』。

アウグスト・ディール、シルヴィア・フークスの苦しみ葛藤する演技と、緊迫した計画の行方。家族を奪われ、多くの仲間を殺されたユダヤ人にとって復讐に生きがいを見出すユダヤ人たちの苦しみがありありと伝わってきます。

苦しみ、葛藤した末にマックスが選択した“生きる”という決断。その決断は、ユダヤ人を抹殺しようとしたナチスに対する最大の復讐とも言えるのかもしれません。








関連記事

サスペンス映画

『よこがお』映画結末までのネタバレ解説。加害者と被害者の二面性【深田晃司×筒井真理子】

彼女の“よこがお”に何を見るか? 唐突に人生を壊された女のささやかな復讐を通し、この世の不条理さ、それでも生きていく人間の強さを描く一作。 2019年7月26日より公開の『よこがお』は世界が認めた深田 …

サスペンス映画

映画『ラスト・サバイバー』あらすじ解説。DVDレンタルと発売日は

安全だったはずの廃墟に次々と仕掛けられた死のトラップ! サバイバル、ディザスターの要素にシチュエーションスリラーが融合した新型エンターテイメント作!! 2017年12月2日にDVD発売される映画『ラス …

サスペンス映画

映画ザ・シークレットマン |あらすじとキャスト。真実のウォーターゲート事件とは

リーアム・ニーソン主演による実話であるウォーターゲート事件の全容を内部告発したFBI副長官の姿を描いた『ザ・シークレットマン』。 2月24日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー! 『コンカッショ …

サスペンス映画

映画『哀愁しんでれら』あらすじ感想と内容評価。キャストの演技力が怖すぎる不穏なおとぎ話

映画『哀愁しんでれら』は2021年2月5日(金)より全国ロードショー。 「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016」でグランプリを獲得した企画をもとに、『かしこい狗は、吠 …

サスペンス映画

映画『飢えたライオン』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【松林うらら×水石亜飛夢】

誰もが発信者になれるSNS時代、一つのフェイクニュースが少女を追い詰めていく・・・。 全編定点視点のカメラワークはまるで人の私生活を覗き見するような不気味かつ危険な魅力に溢れています。 現代社会の警鐘 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学