Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2020/05/08
Update

映画『コリーニ事件』あらすじと感想レビュー。話題のキャストにドイツの人気俳優とイタリア西部劇の名優による共演

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『コリーニ事件』は2020年6月12日(金)新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー予定

ドイツでベストセラーとなった法廷サスペンス小説を映画化したドラマ『コリーニ事件』。ある殺人事件の担当になった新米の弁護士が、自身の思わぬ境遇に戸惑いながらも事件の真相に迫る姿を描きます。

50カ国の映画祭に招待された『SUMMERSTORM』のマルコ・クロイツパイントナーが監督を担当。ドイツのエリアス・ムバレク、アレクサンドラ・マリア・ララ、ハイナー・ラウターバッハら実力派俳優に加え、マカロニ・ウェスタンを代表する名優フランコ・ネロが共演と、豪華なキャスト陣も魅力の1作です。

スポンサーリンク

映画『コリーニ事件』の作品情報


(C)2019 Constantin Film Produktion GmbH

【日本公開】
2020年(ドイツ映画)

【英題】
THE COLLINI CASE(ドイツ語原題:Der Fall Collini)

【原作】
フェルディナント・フォン・シーラッハ

【監督】
マルコ・クロイツパイントナー

【キャスト】
エリアス・ムバレク、アレクサンドラ・マリア・ララ、ハイナー・ラウターバッハ、フランコ・ネロ

【作品概要】
ドイツの作家フェルディナント・フォン・シーラッハのベストセラー小説をもとに映画化した法廷サスペンス。ある殺人事件をめぐり、被害者と深い関わりがある弁護士が加害者の弁護を担当するという異例の事態で、知られざるドイツの歴史のタブーに触れていく様を描きます。『TRADE』(2007)『クラバート 闇の魔法学校』(2008)などのマルコ・クロイツパイントナー監督が作品を手掛けます。

また新米弁護士カスパー・ライネン役を人気急上昇中のエリアス・ムバレク、殺人を犯した罪で法廷に立つイタリア人ファブリツァーニ・コリーニ役に、マカロニ・ウェスタン作品では常連のベテラン俳優、フランコ・ネロ、被害者の弁護を行う曲者弁護士リヒャルト・マッティンガー役を、ドイツの俳優ハイナー・ラウターバッハが演じます。

さらにカスパーの元恋人ヨハナ・マイヤー役を『イマジン』(1989)『愛を読むひと』(2009)などのアレクサンドラ・マリア・ララが演じます。

映画『コリーニ事件』のあらすじ


(C)2019 Constantin Film Produktion GmbH

ある日のホテル。一人の老人が血のりの付いた衣服姿でフロント前の待合い席に降りてきました。コンシェルジュが老人に大丈夫かと声を掛けると、老人は人を殺したと告白します。

男性はドイツで30年以上も模範的な市民として暮らしてきたイタリア人ファブリツァーニ・コリーニ。彼は経済界の大物実業家を殺害、彼の国選弁護人として選ばれたのは、新米弁護士のカスパー・ライネンでした。

初の弁護案件に意欲を燃やしていたカスパーでしたが、事件の概要を知る中で、実は被害者がカスパーの少年時代からの恩人だったことを知り愕然とします。

元恋人で被害者の娘ヨハナ・マイヤーからもその役割を辞めるように通告されながらも、役割を全うしようとするカスパー。そんな彼にコリーニは、殺害の動機を語ろうとしません。

しかしカスパーは、事件の全容からコリーニの過去を調べていく中で、事件の鍵であるドイツ司法のあるスキャンダルにたどり着くのです。

スポンサーリンク

映画『コリーニ事件』の感想と評価


(C)2019 Constantin Film Produktion GmbH

満を持しての映画化

2017年に映画『4分間のピアニスト』を手掛けたクリス・クラウス監督が『ブルーム・オブ・イエスタディ』も発表しました。

第29回東京国際映画祭で東京グランプリを受賞したこの作品は、祖父がナチスの戦犯であるというホロコースト研究者と、祖母がナチスの犠牲者となったユダヤ人の女性が、お互いのルーツを知らないまま恋に発展していくというラブコメディー。

ユーモラスでかつ非常に重いテーマを描き高い評価を受けています。

クラウス監督は当時のインタビューで「こういった‟ホロコーストなどを一部で描いているけど、あの悲劇をそのまま描いていない作品”を、ドイツ国外ではよく目にするようになった」とその所感を語っており、近年のドイツ国内で、作品作りにおいてこうしたナチス・ドイツやホロコーストといった歴史的問題に意識が集まりつつあることを伺わせています。

原作小説の執筆者であるフェルディナント・フォン・シーラッハの祖父は、ナチ党全国青少年最高指導者であるパルドゥール・フォン・シーラッハ。

そんな彼が映画『コリーニ事件』でナチス・ドイツの残した負の遺産にまつわるストーリーを描いたことは、視点の違いはあれどこういった傾向に強いつながりも感じられ、本作に至ってはまさに満を持しての映画化といえる作品であります。

戦争終結後に存在した裁判や司法などには実在するものもあり、これらを交えて展開するストーリーからは、戦争の闇を思わせる新たな事実を実感することでしょう。

実力派俳優3人の好演


(C)2019 Constantin Film Produktion GmbH

本作は法廷ミステリー的な出だしより、物語中盤からナチス・ドイツのホロコーストでの悲劇にまつわるエピソードなど、当時から現在まで消えない闇の歴史について言及しています。

この転換は作品を果たしてこれにまつわる人々それぞれの罪を問えるのかというかなり重いテーマへと変え、物語のトーンを一気に重厚なものとしています。

そしてこの作品のテーマを明確にしている要因が、主演を務めたエリアス・ムバレクとハイナー・ラウターバッハ、フランコ・ネロという2人のベテランの存在にほかなりません。

この物語をしっかりと成立させるのは、法の正義を追究する揺るぎのない主人公であり、その人物としてエリアス・ムバレクの起用は成功だったといえるでしょう。

チュニジア人の父とオーストリア人の母を持つ彼の容姿はそのルーツも相まって、こういった厳粛な雰囲気を持つ法廷モノの物語でイメージされるシャープな面持ちとは、どちらかというと少しイメージが違う印象もあります。

しかし物語の設定として主人公カスパーは新米弁護士。加えて彼の容姿は別の視点でからはドイツの法廷という限られた空間の中でナチス、ホロコーストというポイントに対して非常に中立性を感じさせます。


(C)2019 Constantin Film Produktion GmbH

そしてムバレクはそんなカスパーを、弁護士という職業に対する膨大なリサーチを行った上で演じ、揺るぎない正義感が経験の少なさすらも一蹴してしまう、そんな安定感のある人物として描きました。

対して悪意すら感じさせる弁護士マッティンガー役を務めたハイナー・ラウターバッハの大胆な表情の見せ方胸に一物を秘めながら沈黙を守るコリーニを演じた名優フランコ・ネロと、魅力あふれるベテラン俳優のバックアップは、ムバレクの存在感をさらに引き立たせています。

この3人それぞれの表情は個々に独立して演じられているようで、その裏には強い駆け引きのようなものも感じられます。その意味ではこの重厚なドラマを演じるに値する実力派3人の秀逸な演技が、この作品の見どころともいえるでしょう。

まとめ


(C)2019 Constantin Film Produktion GmbH

過去の戦争について日本国内でも徐々にその世代の人が亡くなる中で、「忘れまじ」とさまざまなエピソードや思想を描いた作品が発表されています。

しかし日本でこの『コリーニ事件』や『ブルーム・オブ・イエスタディ』(2017)のような物語が描かれないのは、お国柄のような違い以上の大きな社会問題に匹敵する事情を抱えているようでもあります。

その意味ではまったく遠く離れた国の物語ではなく、自国のことを考える機会を与えてくれる作品ともいえるでしょう。

また本作の撮影監督を手掛けたのは、ヨーロッパ屈指の撮影監督といわれるヤクブ・ベイナロヴィッチュ。作品に登場する法廷のシーンでは、撮り直しの回数を減らすための策として最大3台のカメラを使用して撮影しています。

物語自体にも描かれていた重々しい空気感、緊張感を余すところなく表現しており、閉塞された法廷という空間の画を見ごたえのあるものとしています。

映画『コリーニ事件』は2020年6月12日(金)、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開予定

関連記事

サスペンス映画

映画『パラダイスネクスト』ネタバレ解説。結末の選択とタイトルの意味を考察

映画『パラダイス・ネクスト』は2019年7月27日公開。 謎の多い男と、裏社会で生きてきた男。 2人の日本人の、台湾での逃避行を描いたノワール映画『パラダイス・ネクスト』。 「楽園」の存在を問いかける …

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』5番シンジロウ役は新田真剣佑。演技力とプロフィール紹介

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。 メガホンをとるのは、『イニシエーション・ラブ …

サスペンス映画

映画『ザ・バニシング消失』ネタバレ感想。リメイク版までありながら日本未公開であったサスペンス秀作

映画『ザ・バニシング -消失-』は2019年4月12日(金)ロードショー 旅行先で突然消えた恋人。彼女はなぜ消えたのか、どうなってしまったのか。その真相を男が追っていくうちに、物語はどんどん恐ろしい局 …

サスペンス映画

『スマホを落としただけなのに2』小説あらすじネタバレ。続編映画【囚われの殺人鬼】のMは誰?

『スマホを落としただけなのに』続編は、ハッカーVSハッカーの高度な頭脳戦へと突入! 志駕晃の小説「スマホを落としただけなのに」シリーズ映画化第二弾が、いよいよ2020年2月21日公開決定となりました。 …

サスペンス映画

高良健吾映画『アンダーユアベッド』あらすじネタバレと感想。結末ラストはホラーか愛か!?

映画 『アンダー・ユア・ベッド』は2019年7月19日公開。 名前を呼ばれたことすらなかった孤独な男が11年間想い続けた相手は結婚して、そしてDVを受けていた。 男の思いは暴走し、ストーカー、盗撮、盗 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP