Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

『ある男』は実話?ネタバレ考察解説で平野啓一郎小説の“私”×映画ラストの“現実に続く背中”の錯視から見える答え

  • Writer :
  • 岩野陽花

「実話なのか?」
その疑問から見える『ある男』の小説・映画の魅力とは?

亡くなったことで初めて「他人になりすましていた」と発覚した男とその妻、戸籍不明・正体不明の「ある男」を追う弁護士の各々の人生を描いたミステリー映画『ある男』。

原作は、『マチネの終わりに』(2019)など知られる作家・平野啓一郎のベストセラー小説です。

本記事では、原作小説の時点から見受けられていた「『ある男』の物語は実話なのか?」という疑問にクローズアップ。

ネタバレ言及有りで、原作小説における「実話」を想起させる描写、小説・映画ともに『ある男』の物語が人々に「実話では?」と感じさせる理由について解説・考察していきます。

スポンサーリンク

映画『ある男』の作品情報


(C)2022「ある男」製作委員会

【日本公開】
2022年(日本映画)

【原作】
平野啓一郎『ある男

【監督】
石川慶

【脚本】
向井康介

【キャスト】
妻夫木聡、安藤サクラ、窪田正孝、清野菜名、眞島秀和、小籔千豊、坂元愛登、山口美也子、仲野太賀、真木よう子、柄本明、きたろう、河合優実、カトウシンスケ、でんでん

【作品概要】
作家・平野啓一郎の小説を原作に、亡くなったことで初めて「他人になりすましていた」と発覚した男とその妻、戸籍不明の男の「顔」を追う弁護士の人生を描いたミステリー。

弁護士の城戸役には、石川慶監督とは『愚行録』以来5年ぶりのタッグとなる妻夫木聡。

戸籍上は「谷口大祐」として生きていた謎多き「ある男」を『初恋』の窪田正孝が演じ、謎の男と幸せに暮らしていた妻・利恵里枝役を『万引き家族』(2018)の安藤サクラが演じる。

映画『ある男』のあらすじ


(C)2022「ある男」製作委員会

弁護士の城戸(妻夫木聡)は、離婚調停を担当したかつての依頼者・里枝(安藤サクラ)から、亡くなった夫・大祐の身元調査をしてほしいという奇妙な相談を受ける。

里枝は離婚を経て、子どもを連れて文房具屋を営む実家へ帰郷。やがて出会った「谷口大祐」という男(窪田正孝)と再婚し、新たに生まれた子どもとともに幸せな家庭を築いていたが、ある日彼は不慮の事故により命を落としてしまう。

悲しみに暮れる中、長年疎遠になっていた彼の兄・恭一(眞島秀和)が法要に訪れるも、遺影を見た恭一は「これ、大祐じゃないです」と衝撃の事実を告げる。

愛したはずの夫は、全くの別人だった……。

「谷口大祐」として生きた「ある男」は、いったい誰だったのか。

なぜ彼は、別人として生きたのか。

「ある男」の正体を追い真実に近づくにつれて、いつしか城戸の心に別人として生きた男への複雑な思いが生まれていく……。

スポンサーリンク

「映画『ある男』は実話?」の疑問を考察・解説!


(C)2022「ある男」製作委員会

どこまでも続く「見つめる背中」の物語

映画『ある男』の原作にあたる作家・平野啓一郎の小説『ある男』は、小説の執筆経緯を綴った「序」から物語が始まります

小説家である「私」がバーで出会った、「城戸章良」と名乗る弁護士。出会った当初、城戸は異なる名前、異なる経歴を語っていたが、のちのそのことを「私」に告白。そして城戸が「私」に少しずつ語ってくれた、なぜ自身がそんな嘘を吐くようになったのかの経緯と彼の人物像が、小説の着想となったと説明する序文。

「ある男」の人生を通じて自分自身の「背中」を追い続けていた城戸と、城戸の「背中」を小説として描く行為を通じて「ある男」を見つめようとする小説家「私」。そして「ある男」を見つめる小説家「私」の背中を、完成し出版された小説によって見つめる「顔」のない無数の読者たち……。

小説『ある男』は、映画にも登場したマグリットの絵画『複製禁止』のように、自身がどこまでも続く「見つめる背中」の肖像を描いた作品であることを、序文にて語るのです。

小説内の「私」は本当に「小説家」?


(C)2022「ある男」製作委員会

実際に出会った人物もモデルに据え、彼が「弁護士」ゆえの守秘義務から明かせなかった事件の詳細な調査なども行なった上で、本作を「虚構化」していったと語る小説家の「私」。

その執筆過程は「実在」「実話」という言葉を想起させるものですが、そもそも、城戸が本当に「城戸」なのかも怪しいことに言及している小説の序文において、執筆経緯や過程以前に意識しなくてはならない疑問があるといえます。

それは「そもそも『私』は、本当に『小説家』なのか?」です。

その疑問を耳にした方の中には「そりゃあ、小説『ある男』の著者であり小説家の平野啓一郎さんでしょう?」と回答されるかもしれません。

けれども、「私」はいつ「平野啓一郎」と名乗ったでしょうか

序文に登場する「私」は確かに、小説を執筆するに至った経緯やその過程を説明し、「『小説家』とはどんな人間なのか?」についても語っています。しかしながら、「私」が執筆した小説のタイトルが『ある男』だとは一度も口にしていない。そして少なくとも、「小説を書いた人間」が「小説家」であるとは限らない「私」が本当に小説家であるかどうかなど、誰にも分からないのです。

すると序文で説明された、「私」いわく「この物語」の執筆経緯や過程の信憑性は、後も形もなくなってしまう。そして序文から想起された「実話」「実在」という言葉も、マグリットが絵画の表現手法として用いた「トロンプ・ルイユ(騙し絵)」のように、「モノ騙り」という絵図によって錯覚させられた幻像に過ぎないと気づかされるのです。

まとめ/現実の「背中」へ続く映画ラスト


(C)2022「ある男」製作委員会

小説『ある男』の序文にあたる場面を描かなかった映画『ある男』。その一方で、序文でも言及されていた「城戸がバーにて偽の経歴、偽の名前を用いるようになった瞬間」をラストに描いています

のちにバーで小説家「私」と出会うことになる城戸の「前日譚」を描いたともいうべき映画ラスト。映画『ある男』がそのような形へとラストの描写を変更した理由は、やはり原作小説の「どこまでも続く『見つめる背中』の物語」と深く関わっていると考えられます。

城戸が「人探し」の依頼にのめり込み、自分自身の人生を重ねてしまう「背中」を追い続けてしまう理由。その中で城戸が気づいてしまう、「嘘を吐かなくては、ありのままの自分にはなれない」という現実

映画を観続けてきた人々はそれらを全て知らされているからこそ、城戸がバーで偽の経歴を語った理由も、彼が何と名乗るべきが一瞬迷った理由も想像できる……城戸という「ある男」がどんな人物であり、どんな「背中」を見つめていたのかを想像できるのです。

そして映画では、バーの店内に飾られていたマグリットの「背中」の絵画『複製禁止』を見つめる城戸の背中が映し出されます。

そんな城戸の背中を見つめてしまった瞬間に、映画を観る者もまた「背中を見つめる背中」となる。「全てが虚構なのでは?」と想像させる小説『ある男』の序文をふまえた上で、映画『ある男』は「誰もが『背中を見つめる背中』である」という唯一の現実を、そのラストで描き出したのです。





関連記事

サスペンス映画

映画『THE GUILTY ギルティ』あらすじネタバレと感想。デンマーク産のサスペンス手法のあるあるとは⁈

映画『THE GUILTY ギルティ』公式サイト 2019年2月22日(金)公開。 2018年にスマッシュヒットを記録した『サーチ』と共にサンダンス映画祭で観客賞を受賞し、その後も各国の映画祭を賑わし …

サスペンス映画

【三度目の殺人】役所広司(三隅)演技評価と感想。真犯人の真相は?

是枝裕和の最新映画『三度目の殺人』が、2017年9月9日(土)に公開。 弁護士が殺人犯の心の奥底に潜む真意を、弁護する立場から見つめる姿によって、新たな真実を想像する法廷サスペンス。 キャストは是枝監 …

サスペンス映画

【ネタバレ】キングメーカー 大統領を作った男|結末感想と評価解説。実話を韓国サスペンスに仕立てた“大統領選挙の裏側”とは⁈

名優ソル・ギョングとイ・ソンギュン共演、大統領を目指す男とその“影”となった男を描きます 第15代韓国大統領・金大中(キム・デジュン)と彼の選挙参謀だった厳昌録(オム・チャンノク)の実話をベースにした …

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』1番サトシ役は高杉真宙。演技力とプロフィール紹介

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。 監督を務めるのは『イニシエーション・ラブ』『 …

サスペンス映画

サイレントトーキョーのラストどんでん返し解説!伏線は須永役の中村倫也とサンドウィッチ⁈

映画『サイレント・トーキョー』は2020年12月4日(金)より公開。 秦建日子の著作『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』が、佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊らの豪華キャスト …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学