Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

韓国映画『暗数殺人』感想とレビュー評価。実話事件をキムユンソク×チュジフンが抜群のハマり役で演じる

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『暗数殺人』は2020年4月3日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかでロードショー。

収監された一人の殺人犯から「実は全部で7人を殺害した」と謎の告白を受けた刑事。果たしてその真実とは……?

実際に韓国で起きた連続殺人事件をモチーフに、一人の刑事が殺人犯の発した謎の告白に翻弄されながらも真実を追い求めていく姿を描いたサスペンス映画『暗数殺人』。

監督には『百万長者の初恋』『クロッシング』を手掛けたキム・テギュン。そしてキャストには、W主演として事件を追う刑事役に『チェイサー』『1987年、ある闘いの真実』などのキム・ユンソク、謎の告白をする殺人犯役に『アシュラ』や「神と共に」シリーズなどで人気を博したチュ・ジフン。二大スターの競演が実現しました。

スポンサーリンク

映画『暗数殺人』の作品情報


(C) 2018 SHOWBOX, FILM295 AND BLOSSOM PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2020年(韓国映画)

【原題】
암수살인

【英題】
Dark Figure of Crime

【監督】
キム・テギュン

【脚本】
キム・テギュン、クァク・キョンテク

【キャスト】
キム・ユンソク、チュ・ジフン、チン・ソンギュ、チョン・ジョンジュン、ホ・ジン

【作品概要】
一人の刑事が殺人犯の発した謎の真相を追う様を描きます。本作は韓国興行収入ランキング初登場第2位、2週目には1位に浮上しロングランヒットし観客動員400万を記録しました。また青龍映画賞や韓国映画批評家協会賞で脚本賞を受賞するなど、観客・批評家の双方から高い評価を獲得した話題作です。

実際の連続殺人事件を元に、『百万長者の初恋』『クロッシング』を手掛けたキム・テギュン監督が作品を手がけました。脚本はテギュン監督と『友へ チング』『痛み』のクァク・キョンテクによる共同執筆。

キャストには事件を追う執念に燃えた刑事ヒョンミン役に『チェイサー』『哀しき獣』『海にかかる霧』『1987年、ある闘いの真実』などのキム・ユンソク、謎の告白をする殺人犯テオ役にドラマ『宮(クン)~Love in Palace』や映画『アシュラ』、「神と共に」シリーズなどのチュ・ジフンがW主演を果たしています。さらにヒョンミンとバディとなる刑事役として映画『エクストリーム・ジョブ』などのチン・ソンギュらも出演しています。

映画『暗数殺人』のあらすじ


(C) 2018 SHOWBOX, FILM295 AND BLOSSOM PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

キム・ヒョンミン刑事(キム・ユンソク)は麻薬捜査の重要参考人としてカン・テオ(チュ・ジフン)という一人の男性と接触しますが、テオはその場で恋人を殺害した容疑で逮捕されます。

その後、ヒョンミンは収監されたテオから呼び出され突然の告白を受けます。

「7人だ。俺が殺したのは全部で7人。」……周囲の人間は一切耳を貸さないその告白に、腑に落ちないものを感じたヒョンミン。

そもそも彼は、何故自らそのような告白を始めたのか。その謎も含め、ヒョンミンは直感的にテオの言葉が真実であると確信し上司の反対を押し切って捜査を進めていきます。そしてヒョンミンは、テオの証言から白骨化した死体を発見します。

ところがそれに対してテオは突然「俺は死体を運んだだけだ」と殺人の証言をくつがえします。さらに奇妙な発言を続け、ヒョンミンを翻弄していくテオ。果たして彼の目的とは……?

スポンサーリンク

映画『暗数殺人』の感想と評価

二大スターの緊迫感あふれる対立


(C) 2018 SHOWBOX, FILM295 AND BLOSSOM PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

この作品の最大の見どころは、やはりキム・ユンソク、チュ・ジフンという二大スターの競演にあります。お互いの手の内を探りながらも、確固たる意志によって自己の“ブレ”を排する。そんな緊迫した対立を激しいアクションなど一切挿入することなく表現できているのは、それぞれが完全に作品の中で生きているように演じているからです。

ユンソク演じるヒョンミン刑事は飄々とした雰囲気の一方、ジフンが演じる犯人・テオからの奇妙な証言の数々で徐々に立場を悪くしていきます。しかしその逆境においても表情一つ変えず、確固たる自分の意思を公で語るシーンでは警察としての正義をためらいなく表し、見る側の気持ちを熱くさせます。

一方でジフンが演じるテオはそんなヒョンミンの前でコロコロと変わる供述を繰り返し、いいかげんな人間像を見せながらも瞳の奥にヒョンミンを、そして警察や司法制度までも出し抜こうとする執念の炎を燃やしています。そのサイコパスとしての表情にはゾッとさせられることでしょう。

そんな二人が火花を散らし合い戦況は紆余曲折しながらクライマックスの意外な展開ですべての謎が明らかになると、見る側は大きなカタルシスに包まれます。それはまさしく二人が本気で対峙していると思わせる演技を細部まで徹底して追求した結果でしょう。さらにそれぞれの役柄と立ち振る舞いの性質としてハマり役であるため、このキャスティングは大きな成功と言っても過言ではないでしょう。

隠れた社会問題に切り込んだテーマ


(C) 2018 SHOWBOX, FILM295 AND BLOSSOM PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

一方で実際の事件を元に映画化したこの作品は、当初映画公開に関し実際の事件における描写を同意なく使用したとして事件被害者家族から上映中止の訴訟を起こされたという経緯があります。これに対し、製作側は後に被害者家族に謝罪をおこなったそうです。また表現として事実との乖離も指摘されており、物議を醸した作品でもあります。

しかしこのような問題に対し、一人の被害者家族が表明をしたことで上映中止を回避しました。その方は母子家庭で、殺人犯の行為によって母が疾走したという人物のモデルの方です。失踪に対して被害届も出さず、誰もその失踪に関心を示さなかった一人の女性の姿を最後まで追い続けるヒョンミン刑事の姿に胸を打たれ、実際の社会が安心して暮らせることを願ったと語り、「この映画は世に出るべき」と伝えたといいます。

「暗数」とは、実際の数値と統計結果との誤差をいい、なんらかの原因により統計に表れなかった数字のことを示します。この作品では刑事事件の中で「暗数」とされる隠れた問題があることを明確に表しています。そしてそんな問題に付け込んでさらに悪事が企てられる可能性もあり、その事実に社会としてはどう向き合っていくべきか、世にそんな問い掛けをしているのかもしれません。

まとめ


(C) 2018 SHOWBOX, FILM295 AND BLOSSOM PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

物語はクライマックスで一応の決着を見つけますが、エンディングではその結果に従わず主役の二人とも煮え切らない結末を迎えることになります。実はこの結末こそが物語の最も強いメッセージ性を表しているのでしょう。

激動の情勢の中にある近年、さまざまな局面でなかなか細かい部分に目が行き届かない状況も多く発生していますが、この作品はそういったことすべてに課題を投げかけているのではないでしょうか。

映画『暗数殺人』は2020年4月3日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかで順次公開されます。



関連記事

サスペンス映画

映画『FIND』あらすじネタバレと感想。アイドルたちの結末に見たシチュエーションスリラーの新たな方向性

アイドルたちが命がけのデス・ゲームに挑戦する! 映画「ソウ(SAW)」シリーズの公開からブームを巻き起こした密室によるデス・ゲーム。 生死をかけた極限の状態で繰り広げられる、ソリッドシチュエーションス …

サスペンス映画

サイレントトーキョーの朝比奈の切ない結末考察。小説と映画の内容から比較解説。意味深な“クリスマスの計画”とは何?

映画『サイレント・トーキョー』は2020年12月4日(金)より公開。 秦建日子の著作『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』が、佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊らの豪華キャスト …

サスペンス映画

映画『レイジング・ケイン』ネタバレあらすじと感想。ラスト結末も【トラウマとなる見つめられる視線に戦慄する】

ブライアン・デ・パルマ監督の多重人格サイコスリラー映画『レイジング・ケイン』 1度見たら忘れない数々のショックシーンで知られる衝撃のサイコサスペンス『レイジング・ケイン』。 『ファントム・オブ・パラダ …

サスペンス映画

映画『オンリー・ゴッド』あらすじと感想レビュー!ラスト結末も

2012年に映画『ドライヴ』で日本の映画ファンに、その名を知らしめたニコラス・ウィンディング・レフン監督。 ふたたびニコラス・ウィンディング・レフン監督&ライアン・ゴズリングがタッグを組んだ …

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』9番ノブオ役は北村匠海。演技力とプロフィール紹介

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。 演出は『イニシエーション・ラブ』『トリック』 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学