Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/11/19
Update

韓国映画『未成年』あらすじネタバレと感想。女優キャストの演技力を発揮させたキム・ユンソク監督

  • Writer :
  • 西川ちょり

生きていくのは大変よ。覚悟はできてる?

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019・国際コンペティション部門にて上映され、2019年11月15日には「のむコレ3」のラインナップの一本として一回限りの上映が行われた韓国映画『未成年』は、不倫によって壊れゆく二組の家族を描いた名優キム・ユンソクの初監督作品です。

キム・ユンソク監督は、自らも出演しながら、ヨム・ジョンアとキム・ソジンという実力派女優、とキム・ヘジュンとパク・セジンという新人女優の魅力を余すところ無く引き出しています。

スポンサーリンク

映画『未成年』の作品情報


(C) 2019 SHOWBOX AND REDPETER FILM ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2019年公開(韓国映画)

【原題】
미성년/Another Child

【監督】
キム・ユンソク

【キャスト】
ヨム・ジョンア、キム・ソジン、キム・ヘジュン、キム・ユンソク、キム・ヒウォン、イ・ヒジュン、イ・ジョンウン、ヨム・ヘラン、イ・サンヒ

【作品概要】
名優キム・ユンソクの初監督作。不倫によって揺れ動く二組の家族の姿を描いたヒューマンドラマ。

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019・国際コンペティション部門上映作品。「のむコレ3」にて2019年11月15日にシネマート新宿、シネマート心斎橋にて一回限りの上映が行われた。

第39回ハワイ国際映画祭アワードガラでネットパック賞を受賞。

映画『未成年』あらすじとネタバレ


(C) 2019 SHOWBOX AND REDPETER FILM ALL RIGHTS RESERVED.

女子高校生のジュリは、塾をさぼってある鴨料理屋にやってきました。背伸びをしてお店の中を伺うジュリ。

そこでは父の会社の飲み会が行われており、父の声と店主らしき女の声が聞こえてきました。2人は親密そうに言葉を交わしていました。

ジュリはなおも店の中を覗いていましたが、店主と目があったため、あわててうしろに下がった拍子に転倒してしまいます。そのまま彼女は走り去りました。

翌日、ジュリはユナという少女から呼び出しを受け、屋上に向かいました。ユナは鴨料理家の女の娘で、昨晩ジュリが転倒した際、携帯を落としたのを拾ったのです。

ジュリの父親とユナの母親が不倫をしていることを2人の少女はどちらも知っていました。

ユナが持っていたジュリの携帯にユナの母親・ヨンジュから電話がかかってきました。ユナは咄嗟に電話に出て「おばさんの夫とうちの母親が不倫をしていて母は妊娠している」と早口でまくし立てました。

ジュリは母親にはこのことを内緒にしておきたかったので激怒しますが、不倫をなかったことにしようとしているジュリに腹をたてたユナはいきなりジュリにキスし「これもなかったことに?」と怒って立ち去りました。

家に戻ったユナが母親を責めると、母は、自分は若くして結婚して夫の借金を背負うことになり、本当に苦労してきた不幸な女なんだ、なんでわかってくれないのだと言って泣き出します。

母の態度に呆れたユナは母の携帯からジュリの父親であるデウォンあてに「あなたの浮気は世間が知っている ミヒより」というメールを送りました。

翌朝メールを見たデウォンは、あわてて家を出ていこうとして妻に呼び止められますが、仕事を言い訳に逃げるように出かけていきます。

それを見たジュリは父のあとを追って飛び出しますが、追いつくことができませんでした。そんなジュリを母が追いかけてきたのでジュリはドキリとしますが、母は彼女におにぎりを持ってきてくれたのでした。

安心したのも束の間、母の足元をみると、なんと裸足でした。そのまま家に帰っていく母を近所の人が振り返ってみていました。

学校についたジュリはユナのところへ行き、2人は取っ組み合いの喧嘩を始めました。教室から廊下に出て、窓ガラスを割るほどの大げんかに教師はいったいどうしたんだ?と呆れ顔です。

クラスも違うし、家も遠いし、理系と文系だし、まったく接点がないじゃないかと教師は言い、ユナだけを先に返しました。

ユナを悪くいい、付き合う人間は選ばなければならないと説教する教師にジュリは「私が先に殴りました。なぜ陰口を? 陰口をたたく人は信用できない」と言って、部屋を出ていきました。

夫が浮気をしているらしいと悟ったヨンジュは、ミヒの店を訪ねていきました。席につくとミヒが注文を聞きにきました。するとミヒに電話がかかり、彼女は嬉しそうな顔をして会話し出しました。

会話の内容から相手は自分の夫に違いないと確信したヨンジュは、そのまま店を出ていきました。

あわてて追ってきたミヒを突き飛ばすと彼女は転倒してしまいます。スカートの裾から血がすーっと流れるのが見えました。

ミヒは早産し、生まれた子供は保育器の中でたくさんのチューブにつながれていました。ヨンジュは看護師から、早産した原因は倒れたせいだけではなく、前からなんらかの兆候があったはずですと説明されます。

知らせを聞いてユナとジュリが病院にやってきました。新生児室に入れてもらい子供を見た2人はその子があまりにも小さいので驚きます。

2人が病院に戻ると、デウォンがエスカレーターを登ってくるのが見えました。「お父さん!」とジュリが声をかけると、デウォンはあわててエスカレーターを逆行し、逃げ出しました。

夜遅くなって病院に戻ってきたデウォンは、眠っているミヒを見てしばらく佇んでいましたが、そのまま帰っていきました。

デウォンは家族に顔を合わすことができず車の中で一夜を過ごしました。

ジュリが病院に行くとミヒは目覚め、ばりばりお菓子を食べテレビを見て笑い、挙句に同室の妊婦の母親と喧嘩まで始めました。

子供の顔を見ようともしない母親に代わってユナは自分が弟を育てようと決心します。ジュリの母親が入院費を払ってくれたと聞いたユナはアルバイト先の店長に頼んで金を前借りし、ヨンジュに返済するのでした。

ようやく家に戻ってきたデウォンは妻に、知り合いが貸しペンションをしているから旅行に行こうなどといって平謝りしますが、ヨンジュはデウォンとはもう別れることを決意していました。「あなたは騙したのよ、ふたりを。いえ、4人を」

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『未成年』ネタバレ・結末の記載がございます。『未成年』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

出生届を出したユナとジュリが病院に戻ると赤ちゃんがいなくなっていました。養子に出したのね!とユナは衝撃を受けますが、実は赤ちゃんは亡くなってしまったのです。死んだ赤ちゃんの遺体を運ぶ葬儀屋のおじさんに頼んでジュリは赤ちゃんの遺体が入った箱を渡してもらいました。

デウォンから電話がきてミヒは喜びますが、彼は終始よそよそしい受け答えに終始し、ミヒはもう彼が自分を愛していないことを悟ります。

デウォンは友人が経営するペンションにやってきますが、それはとっくに倒産していました。居場所がなく、海辺の町を訪ね防波堤に座っていると、地元の女らしき人物から車の駐車代と称して金を巻き上げられ、挙げ句に地元の悪ガキからおやじ狩りにあってしまいます。

やっと家に帰ってきたデウォンですが、娘のジュリからも愛想をつかされたことを悟ります。妻はもう家を売りに出していました。

ユナは母親の母子手帳をみつけ、新生児の名前の欄に「おバカちゃん」と書かれているのに気が付きます。

ユナは「知っていたのね。だから顔も見ようとしなかった」と家に戻ってきた母親を責めるのでした。

ジュリはすっかり投げやりになっているユナを説得して火葬場に向かいました。火葬場のおじさんが「もっといい入れ物があったらよかったんだけど」と龍角散のケースに赤ちゃんの遺骨を入れて渡してくれました。

弟の骨はとてもとても小さく、彼がいかに小さかったかを2人は思い出していました。

ジュリは、父親の携帯にあった、父親とユナの母親のツーショット写真の背景に映っていた遊園地にユナを連れてきました。

既に遊園地は廃業しており、誰もいませんでしたが、2人は目一杯その遊園地を満喫しました。

2人はイチゴミルクとチョコミルクに、弟の遺骨を入れて飲み込みました。その時、ジュリのお腹の音がなりました。

「私じゃない」とジュリが言ったのでユナは吹き出しました。2人は、満面の笑みを浮かべていました。

スポンサーリンク

映画『未成年』の感想と評価


(C) 2019 SHOWBOX AND REDPETER FILM ALL RIGHTS RESERVED.

映画を見終えたあと、“未成年”というタイトルの持つ意味を問わずにいられなくなりました。

20歳に満たない若者たちをまだ未熟で大人には達していない世代としてひとまとめにしてそう表現しているわけですが、この作品ではむしろ、大人世代の未成熟さが際立っています

それなりに社会に揉まれ、家庭を持ち、子供を持ち、仕事もしている彼ら、彼女たちは、一見一人前の大人ですが、不倫が発覚することで、それぞれがその未成熟さをさらしていくのです。

本作は韓国の名優キム・ユンソクの初監督作品です。キム・ユンソクは出演も兼ね、二組の家族を振り回す不倫男を演じていますが、責任から徹底的に逃げ回るなさけない男として登場しています。

愛人の見舞いに病院にやってきたところを娘にみつかり、エレベーターを逆行して逃げるシーンはコミカルで、思わず吹き出しそうになりますが、この男の卑小さをよく表したエピソードになっています。

不倫相手の女は、自身の娘に責められて子供のように泣きわめき、男の妻は、教会に懺悔に行き思わず赤ちゃんが病気なのは神様が与えた天罰だと口走ります。

不倫相手の女の元夫は、なけなしの金を博打に注ぎ、娘の年齢すら覚えていない始末です。

また、娘たちが通う高校の教師は、優等生であるジュリを特別扱いし、ジュリに「なぜ陰口を言うのか」と指摘されてしまいます。

こうした未成熟なダメ大人たちのドタバタぶりが、人間の弱さや滑稽さとして描かれていくのですが、それに比べて娘たちがとる行動はしっかりとした信念に基づく誠実なもので、観ていてしみじみと心を打たれます

生命の誕生に驚き、その小さな命を守ろうとし、貸し借りにもきちんとけじめをつける彼女たちは、頼るべき大人がいない哀れな少女ではなく、逆に大人へ三行半を食らわす者として、孤高にスクリーンの中で立ち続けます

最初は反発しあっていた二人が次第に心を通わせていく姿は清々しく、キム・ユンソク監督はその二人の輝きをあますところなく映し出しています。

それにしてもこの作品がこれほど身にしみるのは、これが映画だけの話ではないからです。実社会でも大人世代の未熟さを実感することが増えてはいないでしょうか。 

優れた作品はなにかしらの形で時代の空気を反映しているものですが、キム・ユンソク監督の『未成年』もまた、ひとつの社会の空気を如実に映し出しているのです。

まとめ

キム・ユンソクは映画通のシネフィルで知られ、今回、念願の監督デビューを果たしました

『チェイサー』(2008/ナ・ホンジン)、『海にかかる霧』(2014/シム・ソンボ)、『1987、ある闘いの真実』(2017/チャン・ジュナン)などの名作で、骨太の役柄を演じてきた彼が初監督作品として選んだのは、女性や少女たちの繊細な気持ちをすくい取る人間ドラマでした。

韓国映画界は、男性俳優が織りなすアクション映画や政治ドラマなどが人気で、女性を主人公にした映画はまだまだ少数と言われています

そんな中、キム・ユンソクは、実力ある女優たちの活躍に注目し、今回「のむコレ3」で上映されるハン・ジミン主演の『虐待の証明』(2018/イ・ジウォン)なども高く評価するなど、韓国の映画界における女性の地位向上を口にしてきました。彼がこの作品を選んだのにはそうした背景があるのです。

妻と愛人を演じるヨム・ジョンアとキム・ソジンは、揺れ動く内面を持った役柄を丁寧に演じ、その実力を遺憾なく発揮しています。

厳しいオーディションの中から選ばれた2人の新人女優キム・ヘジュンとパク・セジンがまた素晴らしく、彼女たちがラストに見せた笑顔は忘れがたい余韻を残します

本作『未成年』は2020年5月29日(金)よりシネマート新宿・シネマート心斎橋にて劇場公開も決定しました。ぜひ劇場でご覧ください。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『アクトレス 〜女たちの舞台〜』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

世界三大映画祭のすべての女優賞を獲得した、ジュリエット・ビノシュ。 演技派として知られていますが、『GODZILLA ゴジララ』(2014)では、原子力発電所の技師役を演じ、来年2017年に公開予定の …

ヒューマンドラマ映画

映画『ブリングリング』ネタバレ感想と実話考察。動画無料視聴方法も

本年度カンヌ国際映画祭で『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』で監督賞を受賞したソフィア・コッポラ。 彼女の過去作、『ブリングリング』では、実際にあったハリウッドセレブばかりを狙った、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『アメリカン・スリープオーバー』あらすじとキャスト!感想レビューも

2017年12月16日より、下北沢トリウッドにて「歳末青春大セール!ティーンムービー傑作選」という特集上映が行われます!  日本未公開映画の紹介、上映を企画・運営するGucchi’s Free Sch …

ヒューマンドラマ映画

映画『珈琲哲学』あらすじとキャスト!劇場公開日はいつ?どこ?

バリやスマトラといった、コーヒー豆の名産地として、密かに人気があるのがインドネシアだってご存知ですか。 ここインドネシアを舞台にして、コーヒーとともにある豊かな時間と人間関係を描いた映画『珈琲哲學』を …

ヒューマンドラマ映画

映画『アルビノの木』あらすじと感想レビュー!ロケ地紹介も

自然と人間の関係を真摯に見つめ直した金子雅和監督の『アルビノの木』は、農作物を喰い荒らす害獣駆除に従事する若者が、山に生きる人たちにとって、長きにわたって特別な存在として敬ってきた一頭の白鹿を撃つため …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP