Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/05/12
Update

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』ネタバレと感想。実在の名ダンサーが人生を表現した瞬間

  • Writer :
  • 河合のび

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』は5月10日(金)より
TOHOシネマズシャンテ、渋谷シネクイント、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー!

バレエの歴史を変えた」と評される“伝説のダンサー”ルドルフ・ヌレエフ

名作映画『愛と哀しみのボレロ』のモデルとなり、近年の海外メディアでは世界的フィギュアスケート選手・羽生結弦を批評するために彼を比較対象に挙げるなど、20世紀を代表するダンサーの“伝説”は21世紀の現在も絶えることを知りません。

そんな彼が1961年に迎えた、ダンサーとして、そして人間としての重大な決断を描いたのが、レイフ・ファインズ監督の映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』です。

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』の作品情報


(C)2019 BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND MAGNOLIA MAE FILMS

【公開】
2019年(イギリス・ロシア・フランス合作映画)

【原題】
The White Crow

【監督】
レイフ・ファインズ

【脚本】
デヴィット・ヘアー

【キャスト】
オレグ・イヴェンコ、アデル・エグザルホプロス、セルゲイ・ポルーニン、ラファエル・ペルソナ、ルイス・ホフマン、チェルマン・ハマートパ、レイフ・ファインズ

【作品概要】
『ハリー・ポッター』シリーズや『シンドラーのリスト』『グランド・ブタペスト・ホテル』で知られる名優レイフ・ファインズが、その舞踊と情熱に魅了されたルドルフ・ヌレエフの半生を、構想20年を経て映画化。

主演には、オーディションによって抜擢され、タタール劇場の現役プリンシパルであるオレグ・イヴェンコ。

共演には、『アデル、ブルーは熱い色』で知られる女優アデル・エグザルホプロス、『黒いスーツを着た男』で知られる俳優ラファエル・ペルソナ。そして、“バレエ界の異端児”と称されるダンサーのセルゲイ・ポルーニンも出演しています。

2018年に開催された第31回東京国際映画祭にて最優秀芸術貢献賞を受賞しました。

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』のあらすじとネタバレ


(C)2019 BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND MAGNOLIA MAE FILMS

1938年。シベリア鉄道の車内で、ルドルフ・ヌレエフは生まれました。

彼はパシキール共和国(現在のパシトルコスタン共和国)・ウファの農村地帯で育ちます。

橋の上を走る鉄道、参加できなかった雪合戦、貧しい生活の中ヌレエフと兄弟姉妹をほぼ一人で守ってきた母の姿、軍人にして愛国者である父の姿…様々な記憶を、ヌレエフは忘れたことがありませんでした。

やがて、1961年。ダンサーとなったヌレエフは、海外公演のために、生まれて初めて祖国であるソ連を出ました。

キーロフ・バレエ(現在のマリインスキー・バレエ)の仲間たちと共にフランス・パリへとやって来たヌレエフ。

パリの文化・芸術を深く観察し自身のダンスに生かすためにも、彼は度々一人で出かけるようになりますが、その行動は常にKGBに監視されていました。

その6年前。レニングラードのワガノワ・キーロフバレエ学院(現在のロシア国立ワガノワ・バレエ・アカデミー)に入学したヌレエフは、「現在受けているレッスンは僕には合わない」と学長に訴えた結果、名教師であるアレクサンドル・プーシキンの講義を受けることになりました。

名ダンサーとなるには遅い年齢というハンディキャップを持ちながらも、「3年間で6年分を取り戻す」という言葉通り、ヌレエフは人一倍レッスンを重ねます。プーシキンも寡黙ではありますが、彼に助言を与えてくれました。


(C)2019 BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND MAGNOLIA MAE FILMS

1961年。ソ連・フランスそれぞれの舞踊団が集まる立食会に参加したヌレエフ。

「東西」の壁を知りながらもフランスの名振付師ピエール・ラコットらともためらいなく話しますが、キーロフ舞踊団の芸術監督セルゲイエフから釘を刺されてしまいます。

その後、パリでの公演が始まりました。初日は出演できなかったものの、ラコット曰く「魂は完璧」なヌレエフの舞踊は人々から大喝采を受けます。

ある日の舞台終了後、ヌレエフはクララ・サンという女性を紹介され、彼女と食事を共にします。

アンドレ・マルロー(フランスの政治家、『王道』『人間の条件』の著者で知られる)の息子である恋人を交通事故で亡くしばかりだったものの、ヌレエフの舞踊を観て悲しみを忘れるほどに感動したという彼女にヌレエフは、ある思い出を語ります。

幼いヌレエフは、母親がくじ引きで偶然当てた1枚のチケットで、家族5人でオペラを観に行きました。そして「ここで生きたい」と感じたのが、彼にとって「全て」の始まりだったのです。

その後もクララと会うヌレエフでしたが、彼の気性の激しさ、そして生まれと育ちに対する強い劣等感を露わにしてしまったことで、彼女から距離を取られてしまいます。

そして彼女や「西側」の人々と会う度に、セルゲイエフやKGBなど「東側」からの圧力は強まってゆきました。

以下、『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』ネタバレ・結末の記載がございます。『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND MAGNOLIA MAE FILMS

再び、6年前。レッスン中に足を痛めてしまったヌレエフは、それまでも夫からの命で世話をしてくれていたプーシキン夫人の勧めで、プーシキン家で療養することになりました。

プーシキンが家を留守にしたある日、彼はプーシキン夫人に誘惑され、彼女と肉体関係を結んでしまいます。

復帰したヌレエフはキーロフ・バレエに入団し、その高い実力への評価と人気は瞬く間に拡がっていきましたが、その一方で、プーシキン夫人との関係は続いたままでした。

ある日、学院およびレッスンの見学に来たセルゲイエフに対し、ヌレエフは激怒。彼を「実力のない者」と評し、即刻レッスンルームから立ち去れと言葉を荒らげてしまいます。

レッスンを終え、プーシキン家に戻ってからも怒りが収まらないヌレエフは、プーシキン、そしてプーシキン夫人から諭されます。

しかし、家にいることが耐えられなくなった彼はそのまま二人の元を去りました。

パリでの最終公演も大成功を収めたヌレエフは、セルゲイエフに止められそうになりながらも、クララやラコットらと共にパリでの最後の一夜を楽しみます。

翌朝、ロンドン公演へと向かうために空港に着いたヌレエフは、セルゲイエフに「フルシチョフ第一書記の前で踊るためにモスクワへ戻れ」と命じられます。

収容所へと連行されること、すなわちバレエができなくなることを意味していると察したヌレエフはその命を拒否しますが、公演中も彼を監視していたKGBに取り囲まれ、逃げ出すことすらできなくなりました。

ヌレエフの危機を前に、彼を見送るために空港へ訪れていたラコットはクララを呼び出します。

モスクワ行きの便が刻一刻と近づく中、クララは空港に到着し、そのまま空港警察に駆け込みました。そしてヌレエフが「亡命希望者」であると告げ、協力を仰ぎます。


(C)2019 BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND MAGNOLIA MAE FILMS

不安と恐怖に駆られるヌレエフに、クララは「貴方はどうなりたいの?」と囁きます。

彼女の問いに対し、ヌレエフは「自由になりたい」と答えます。そして、彼の背後にこっそりと控えていた空港警察に「亡命を希望する」と告げました。

彼はKGBに拘束されそうになりますが、空港警察の助けによって港内の事務所へと匿われます。

交渉を求めたセルゲイエフは、ソ連で暮らす母親について触れヌレエフを懐柔しようとしますが、それでも彼の決意は変わりませんでした。

空港警察の一人は、ヌレエフに「フランスに残るか、ソ連に戻るか」を一人きりで考えさせるために、自身も含め事務所の人払いをします。

しばらく経ち、空港警察やクララが事務所へと戻ります。ヌレエフの答えは、決まっていました。

亡命後、ヌレエフは記者からの囲み取材を終えると、舞台に立つための支度を始めます。

やがて支度を済ませると、彼は舞台へと向かって行きました。

スポンサーリンク

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』の感想と評価


(C)2019 BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND MAGNOLIA MAE FILMS

本作の劇中にて、ヌレエフを夕食に誘ったプーシキンは、「人間は何のために踊るのか?」と彼に尋ねます。

そしてプーシキンは、卓越した技術とはあくまで手段に過ぎないことを踏まえた上で、その問いの答えは“物語”にあると告げます。

どんな物語を語りたいのか」「私は何を語りたいのか」。

それにこそ人間が踊り続ける理由が存在すると、彼は“語る”のです。そしてその言葉は、亡命直前のヌレエフの心の中にも宿っていることが劇中で描かれています。

教師プーシキンが才能と情熱に溢れた若きダンサーにして教え子であるヌレエフに語った問いと答え。それは、「踊る」という一語を「生きる」という一語に入れ替えるだけで、人生そのものに深く関わる問いと答えとなることは明白です。

プーシキンとその妻、芸術監督セルゲイエフ、そしてソ連という国家からの抑圧から解放され、より自由な、より広大な“物語”を語るために、彼は亡命を決断しました。

それがたとえ大きな代償を払う決断だったとしても、「自分自身」という“物語”を語り続けるために、すなわち人生を生きるために欠かすことのできないバレエを手放す決断など絶対にできなかった。その事実こそが、ルドルフ・ヌレエフという一人のダンサーが生涯語り続けた“物語”、そしてルドルフ・ヌレエフという一人の人間の人生を表しているのです。

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』は、ルドルフ・ヌレエフという実在する伝説のダンサーの半生を通じて、「抑圧からの解放へと向かおうとする姿」を多くの人々に向けて表現した彼の“物語”と人生、つまりは「闘い続け、生き続ける」という人生のあり方を観客たちに提示したのです。

まとめ


(C)2019 BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND MAGNOLIA MAE FILMS

ルドルフ・ヌレエフという一人のダンサー/一人の人間が、自身の“物語”を語り続ける/人生を生き続けるために「闘い」を決断する姿を描いた映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』。

たとえルドルフ・ヌレエフの経歴やバレエの知識を知らなくとも、彼の姿に感動することは間違いないでしょう。

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』、ぜひご鑑賞ください。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『MOTHER マザー』感想レビューと評価。長澤まさみの演技円熟と年齢の色気が光る代表作

映画『MOTHER マザー』は2020年夏にTOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開予定 映画『MOTHER マザー』は『日日是好日』『光』の大森立嗣監督が、描いたヒューマンドラマ。 製作は『新聞記者』 …

ヒューマンドラマ映画

映画『若草の頃』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

『若草の頃』は、『巴里のアメリカ人』『バンドワゴン』で知られるヴインセント・ミネリの出世作です。今でも多くの人に愛される本作の魅力はどこにあるのでしょうか?  Cinemarche&nbsp …

ヒューマンドラマ映画

映画『食べる女』あらすじとキャスト。原作の筒井ともみは女優と料理にこだわりを見せる

映画『食べる女』は9月21日(金)よりロードショー。 70年代から数々の映画やドラマ、アニメの脚本を手掛けてきた超ベテラン脚本家・筒井ともみの短編小説『食べる女』『続・食べる女』を映画化。 原作者であ …

ヒューマンドラマ映画

映画『足りない二人』あらすじと感想。佐藤秋&山口遥が30代の俳優人生を活かした注目のオリジナル作品

新進の30代の俳優である佐藤秋と山口遥が、“俳優としての居場所を作る”ために、5年の歳月を費やして完成させた等身大の一組の男女の物語。 一つの大きなマイルストーンとして、新宿三大映画館(新宿ピカデリー …

ヒューマンドラマ映画

映画『英国総督 最後の家』あらすじと感想レビュー。グリンダ・チャーダ監督はなぜこの作品を作ったのか

映画『英国総督 最後の家』は、8月11日(土・祝)より、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー! 1947年、英国からの独立前夜。混迷を深める激動のインドで、歴史に翻弄された人々を鮮やかに描いた感動のド …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP