Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2018/02/24
Update

映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』あらすじとキャスト一覧。リュック・ベッソン紹介も

  • Writer :
  • 桃から生まれた尻太郎

映画「スター・ウォーズ」シリーズにも影響を与えたとされる、名作SFコミックをリュック・ベッソン監督がついに実写映画化!

恋をしながら世界の凶悪な陰謀に立ち向かう王道ストーリー!!

斬新でかつ幻想的な映像に圧倒されること間違いなしの期待の作品『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』をご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』の作品情報

(C)2017 VALERIAN S.A.S. – TF1 FILMS PRODUCTION

【公開】
2018年(フランス映画)

【原題】
Valerian and the City of a Thousand Planets

【監督】
リュック・ベッソン

【キャスト】
デイン・デハーン、カーラ・デルヴィーニュ、クライブ・オーウェン、リアーナ、イーサン・ホーク、ハービー・ハンコック、クリス・ウー、ジョン・グッドマン、サム・スプリエル、ルドガー・ハウアー

【作品概要】
映画『レオン』『フィフス・エレメント』『LUCY/ルーシー』などで世界的な支持を集めるリュック・ベッソン監督作品。

映画「スター・ウォーズ」シリーズなど、様々なSF作品に影響を与えたとされるSFコミックをついに完全実写化されました。

プラダの顔を務めるデイン・デハーン、ファッションアイコンのカーラ・デルヴィーニュ、人気歌手のリアーナなど、個性豊かなキャスティングにも注目が集まっています。

2.映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』のあらすじ

(C)2017 VALERIAN S.A.S. – TF1 FILMS PRODUCTION
僅かな資源から莫大なエネルギーを得られる希少な変換器を取り戻すため、ヴァレリアン達は闇市場へと乗り込みます。

無事、任務を成功させ変換器を持ち帰った一行でしたが、千の惑星都市アルファで謎の放射能汚染が広がっていました。

ヴァレリアン達は危機的状況に「10時間以内にその原因を明らかにせよ」という極秘ミッションを託されます。

そんな時、30年前に消滅したとされていた惑星ミュールのパール人が現れました。

そしてパール人はヴァレリアン達の司令官を誘拐してしまいます。

突如現れたパール人の意図は全く分かりません。

果たして、ヴァレリアン達は銀河の危機を救えるのか…。

スポンサーリンク

3.映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』のキャスト紹介

デイン・デハーン(ヴァレリアン役)

参考映画:『アメイジング・スパイダーマン2』(2014)

デイン・デハーンは、1986年生まれのアメリカのペンシルバニア州出身。

2012年にSF映画『クロニクル』に主演しブレイクを果たす。
また同年に映画『欲望のバージニア』『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』『リンカーン』『Jack & Diane』の計5作品に出演する活躍ぶりを見せました。

また、2014年の映画『アメイジング・スパイダーマン2』にも出演し、宿敵ハリー・オズボーン役を演じています。

SF作品やコミック原作でも魅力を放っているので、本作『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』にも期待の高まるイケメンですね。

現在はプラダの顔として活躍する一面も持ち合わせています。

カーラ・デルヴィーニュ(ローレリーヌ役)

参考映画:『スーサイド・スクワッド』(2016)

カーラ・デルヴィーニュは、1992年イギリスロンドン出身。

2016年の映画『スーサイド・スクワッド』にて、魔女のエンチャントレスを演じていたのが記憶に新しいですね。

イギリスの名家に生まれ、これまでにバーバリー、ステラ・マッカートニー、シャネル、H&Mなど様々なキャンペーンモデルとして活躍しています。

インスタグラムのフォロワー数3800万人を誇るファッションアイコンでありながら、筋金入りのゲーマとしても知られています。

ゲームという趣味を通して『グランド・セフト・オートⅤ』では、ラジオDJ役で出演も果たしています。

さらに今作『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』では、サウンドトラックに提供した「I Feel Everything」でソロシンガーとしてデビューも飾りました。

まさに今をときめくマルチな才能です。

クライブ・オーウェン(フィリット司令官役)

参考映画『クローサー』(2004)

1964年イングランドコヴェントリー生まれ。

13歳の頃より演技を始め、王立演劇アカデミーを卒業しました。

2004年映画『クローサー』に出演し、ゴールデングローブ賞助演男優賞と英国アカデミー賞助演男優賞を受賞しました。さらにアカデミー賞助演男優賞にもノミネートされています。

英雄から寡黙な殺し屋まで、幅広く役柄をこなす実力派の俳優さんです。

現在もハリウッドではなく、ロンドンで家族と共に生活しています。

イーサン・ホーク(客引きジョリー)

参考映画:『6歳のボクが、大人になるまで。』(2004)

イーサン・ホークは、1970年アメリカテキサス州生まれ。

1985年の子役時代に映画『エクスプローラーズ』でデビュー。

映画『リバティ・パイツ』や『恋人までの距離』で人気スターとなりました。

その後は劇団を結成し、ブロードウェイデビューを飾ったり、小説「痛いほどきみが好きなのに」を出版のち自身で映画化しています。

2004年の映画『ビフォア・サンセット』では共同脚本を担当するなど、裏方としても結果を残し続けています。

2014年映画『6歳のボクが、大人になるまで。』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされました。

リアーナ(バブル役)

参考音源『Diamonds』(2013)

1988年アメリカバルバドス生まれ。

2005年にレコード契約を結び、2007年にリリースしたシングル曲「アンブレラ」が52週連続でビルボードチャートの上位を占め、その勢いのままグラミー賞優秀ラップコラボレーション賞を受賞しました。

これまでにビルボードのホット100チャートの1位に14曲輝いたカリスマであり、2012年に映画『バトルシップ』で本格的に女優業をスタートさせました。

個人的には、本作『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』いちばんのサプライズなキャスティングであり、どんな魅力の爪痕を残してくれるのか、非常に楽しみです。

さらに、吹き替え版の声優をお笑い芸人のゆりやんレトリィバァが担当することも話題になっています。

一体、どんな風になるのか??いつもは字幕派の筆者ですが、吹き替え版も見る価値はありありだと思います。

4.映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』の監督紹介

リュック・ベッソン

参考映画『LUCY/ルーシー』(2014)

リュック・ベッソンは、1959年フランスパリ生まれ。

海洋生物学者を志していたが、事故でダイビングが出来なくなってしまい断念。

17歳で高校を中退し、フランスの老舗映画会社ゴーモンに入社します。

その後、ハリウッドで映画製作を学び、自ら製作会社を立ち上げました。

1983年に『最後の戦い』でデビューすると、その後も話題作を次々に送り出します。

1994年に公開した、ジャン・レノを一躍有名にした『レオン』、1997年に公開されたハリウッド映画デビュー作の『フィフス・エレメント』。

2006年に公開された3Dアニメーション映画『アーサーとミニモイの不思議な国』、近年は2014年に、スカーレット・ヨハンソン主演で『LUCY/ルーシー』を公開。

数々の有名な作品を手がけています。

また映画「TAXi」「トランスポーター」シリーズを、プロデューサーとして手掛けるなど、デビューして以降ヒットメーカーとして活躍しています。

同時期にデビューしたジャン=ジャック・べネックス、レオス・カラックスと共に「恐るべき子供たち」と呼ばれており、フランス映画界に新しい風を吹かせました。

ジェームズ・キャメロン監督作品『アバター』の撮影現場を見学した際、映像技術の進歩に魅せられ本作『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』の製作を決定したそうです。

スポンサーリンク

5.まとめ

(C)2017 VALERIAN S.A.S. – TF1 FILMS PRODUCTION
プラダの顔に、若者のファッションアイコン、さらには歌姫まで、今をときめく俳優さんたちが揃ったきらめかしい作品だと思います。

しかし、原作は映画「スター・ウォーズ」シリーズなどにも影響を与えたという傑作コミック。

どんな化学反応を起こしてくれるのか、今から楽しみです。

SFと言えば迫力!!ぜひ劇場に足を運んでみてください。

映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』は3月30日より公開です。

(C)2017 VALERIAN S.A.S. – TF1 FILMS PRODUCTION

関連記事

SF映画

【ネタバレ】ジュラシックワールド 新たなる支配者|あらすじ結末と感想解説の評価。最後の完結で天才スピルバーグが描いた“世界のあり方”とは⁈

『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』で『ジュラシック』シリーズは完結 1993年、スティーブン・スピルバーグが『ジュラシック・パーク』を発表してから29年。監督や主人公を変えながら続いてきたこの …

SF映画

映画『モンスターハントレス』ネタバレあらすじと感想評価。ラスト結末までエイリアンハンターの活躍は必見の価値あり!

米軍の特殊部隊vs異星人と巨大宇宙船を描いたSFアクション ブレンダン・ペトリッツォが監督を務めた、2020年公開のアメリカのSFアクション映画『モンスターハントレス』。 カリフォルニアの砂漠地帯に降 …

SF映画

映画『X-MEN』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。見る順番にも迷う人気シリーズから垣間見えた“同時代を生きるものへの提言” 

ミュータントが選ぶのは人類との“共存”か、“対立”か? マーベルコミック・人気実写映画シリーズの原点! マーベルコミックスの人気コミックの待望の映画化作品であり、ウルヴァリン役のヒュー・ジャックマンや …

SF映画

映画『ポゼッサー』あらすじ感想評価と解説レビュー。デヴィッド・クローネンバーグの遺伝子を受け継ぐ鬼才のSFスリラーに注目せよ!

『ポゼッサー』は2022年3月4日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー! 第33回東京国際映画祭2020「TOKYOプレミア2020」で上映され、これぞ傑作とSF映画ファンをうならせ …

SF映画

【ネタバレ感想】 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER結末までのあらすじも

2018年12月22日に公開された、ライダーファン待望の映画『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』。 平成仮面ライダーが共闘する劇場版「仮面ライダー平成ジェ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学