Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

プレゼント応募

Entry 2023/01/14
Update

【舞台挨拶付き完成披露試写会プレゼント】映画『レッドシューズ』朝比奈彩初主演作に抽選で20名様ご招待!《2月7日スペースFS汐留にて》

  • Writer :
  • 星野しげみ

映画『レッドシューズ』舞台挨拶付き完成披露試写会へ20名様ご招待!

映画『カノン』(2016)の雑賀俊朗監督が手がけた、女性ボクシング映画『レッドシューズ』。

シングルマザーのボクサーが、娘との生活を死守するため、リングに立ち続けて戦います


(C)映画レッドシューズ製作委員会

女優・モデルとして活躍する朝比奈彩が崖っぷちのシングルマザーのボクサーを演じます。共演は、市原隼人、佐々木希、森崎ウィン、観月ありさ 、松下由樹。

大橋、北九州空港小倉旦過市場など、全編北九州オールロケを敢行、美しくも壮大な景色をバックに、シングルマザーのボクサーと最愛の娘との絆を描いています。

映画『レッドシューズ』は、2022年12月9日(金)北九州先行公開され、2023年2月24日(金)新宿ピカデリー他全国公開

本作の公開を記念して、舞台挨拶付き完成披露試写会へCinemarche読者様から抽選で20名様をご招待いたします。

スポンサーリンク

映画『レッドシューズ』とは


(C)映画レッドシューズ製作委員会

『レッドシューズ』は、親なし、夫なし、職なしのシングルマザーが、最愛の娘との生活を守るために女子ボクシングで奮闘するヒューマンドラマ

監督を務めるのは、『カノン』(2016)で中国のアカデミー賞と呼ばれた金鶏百花映画祭の国際映画部門で最優秀賞作品賞・監督賞・女優賞という3冠を獲得した雑賀俊朗です。

地元・北九州オールロケで完成させた完全オリジナル作品。女優・モデルとして活躍する朝比奈彩が、崖っぷちのシングルマザーのボクサー役で、映画初主演を飾っています。

映画『レッドシューズ』の作品情報


(C)映画レッドシューズ製作委員会

【日本公開】
2023年(日本映画)

【監督】
雑賀俊朗

【脚本】
保木真也・上杉京子

【主題歌】
「カナリア」岡本真夜(ドリーミュージック)

【音楽】
Marina M

【音楽プロデューサ】
森啓

【エグゼクティブプロデューサ】
神品信市

【プロデューサ】
藤田修、江守徹

【出演】
朝比奈彩、市原隼人、佐々木希、森崎ウィン、観月ありさ 、松下由樹

スポンサーリンク

映画『レッドシューズ』のあらすじ


(C)映画レッドシューズ製作委員会

娘と二人で、慎ましくも静かに暮らす真名美(朝比奈彩)は、ある日家庭裁判所に呼びされます。

真名美たちの経済状況が悪く貧窮状態にあり、娘を義母が育てるべきだと行政が判断し、それに押され気味です。

そんな中、正義感の強い真名美は職場で理不尽な目に遭っている同僚を庇ったことで失業してしまい窮地に陥りました。

その後、新たに老人介護施設での仕事を得ますが、そこである事故を起こしてしまい、娘と一緒に居られない状況に……。

娘を取り戻すためには、ボクシングの試合に勝ってファイトマネーを得て、生活を立て直すしかありません。

最強のチャンピオンへの挑戦が今始まります。

映画『レッドシューズ』の舞台挨拶付き完成披露試写会のご案内


(C)映画レッドシューズ製作委員会

【日時】
2023年2月7日(火) 入場開始:16:30/上映開始:17:00
          舞台挨拶イベント:上映終了後19:00~19:30

【会場】
スペースFS汐留
(〒105-0021 東京都港区東新橋1丁目1-16 汐留FSビル)

【登壇者】
朝比奈彩、池畑慎之介(敬称略・予定ほか)

【当選者数】
20名様

【応募締切】
2023年1月31日(火)23時59分

【抽選・当選発表】
厳正なる抽選のうえ、当選通知1通につき1名様を決定致します。また当選者の方にはメールでの当選案内とさせて頂く予定です。

*応募はお1人様1回に限り有効です。複数回の応募は無効となる場合がございますのでご注意ください。また、当日はマスコミによる取材が入る場合がございます。

スポンサーリンク

映画『レッドシューズ』の舞台挨拶付き完成披露試写会応募方法


(C)映画レッドシューズ製作委員会

たくさんのご応募ありがとうございました。当選は厳正なる抽選のうえ、メールにてご返信させていただきました。

【注意事項】
・チケットの転売目的でのご応募は、固くお断り致します。また、金券ショップ・ネットオークションへの売買行為は違法となります。
・ご来場の際は、必ずマスクの着用と検温をお願いいたします。
・開映後および満員の際は、消防法の規定により入場をお断りさせていただく場合がございます。
・上映中のカメラ(携帯電話含む)やビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。

まとめ


(C)映画レッドシューズ製作委員会

「それでも、私は、戦う」。ポスターのコピーライトが宣言する、シングルマザーのボクサーが戦う理由は、娘との強い絆にありました。

映画『レッドシューズ』は、崖っぷちに立たされたシングルマザーのボクサーと娘の絆を描いた人間ドラマ。娘のために戦い続ける母の雄姿に注目してください。

映画『レッドシューズ』は、2022年12月9日(金)北九州先行公開され、2023年2月24日(金)新宿ピカデリー他全国公開

本作の公開を記念して、舞台挨拶付き完成披露試写会へCinemarche読者様から抽選で20名様をご招待いたします。

どうぞ、奮ってご応募ください!

関連記事

プレゼント応募

《新春特別マスコミ試写会へのご招待プレゼント》映画『コーンフレーク』抽選で10名様をご招待!【磯部鉄平監督作品】

磯部鉄平監督の映画『コーンフレーク』のマスコミ試写会へ10名様ご招待プレゼント! 2023年1月21日(土)より池袋シネマ・ロサにて全国順次公開される映画『コーンフレーク』。 映画『コーンフレーク』は …

プレゼント応募

【映画試写会プレゼント】『サンドラの小さな家』5組10名様ご招待!3月23日東京渋谷ユーロライブにて開催

映画『サンドラの小さな家』トークイベント付き特別試写会へ5組10名様をご招待。 アイルランドが生んだ新星クレア・ダン脚本・長編初主演作『サンドラの小さな家』。 フィリダ・ロイド監督最新作『サンドラの小 …

プレゼント応募

【劇場鑑賞券プレゼント】映画『ぼくと、彼と、』に10名様ご招待!ドキュメンタリーの公開日は11月29日

マイノリティやLGBTQを“一つの個性”として捉えたドキュメンタリー。 国籍、家族など、さまざまな問題。ふたりで手を取り合い、乗り越えて行く。 ベトナム難民2世の青年と介護の必要な母親と暮らす日本人青 …

プレゼント応募

【映画試写会プレゼント】ドキュメンタリー作品『血筋』10名様ご招待。2月21日渋谷・光塾にて

カナザワ映画祭2019「期待の新人監督」グランプリ受賞作品『血筋』試写会ご招待。 とある一家族から映し出される、中国朝鮮民族の「いま」。 音信不通だった父親と18年ぶりに再会した青年が知る、切っても切 …

プレゼント応募

【映画劇場鑑賞券プレゼント】話題作『漂流ポスト』が無料で見られるチケットを抽選で5名様に!上映は3月5日より公開

映画『漂流ポスト』は2021年3月5日(金)より公開。 震災で大切な人を亡くした人の“心の復興”を描く映画『漂流ポスト』が、各国の映画祭での評判を受け、ついに日本でも公開されます。 映画『漂流ポスト』 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学