Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

プレゼント応募

Entry 2019/10/12
Update

【映画一般試写会プレゼント】『だれもが愛しいチャンピオン』15組30名様ご招待!12月10日(火)東京・千代田区にて

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『だれもが愛しいチャンピオン』は2019年12月27日(金)より劇場公開。

プロのバスケットボール・コーチとハンディキャップ・チーム“アミーゴス”の出会いと絆を描いた映画『だれもが愛しいチャンピオン』が、2019年12月27日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAにて公開されます。

2018年、スペインのアカデミー賞とも言われるゴヤ賞で作品を含む3部門を制し国内で大ヒットを記録し、アカデミー賞外国語映画賞のスペイン代表に選出された話題作です。

本作『だれもが愛しいチャンピオン』の劇場公開に先立ち、千代田区にありますインスティトゥト・セルバンテス東京で12月10日(火)に開催される一般試写会へ15組30名様をご招待いたします!

スポンサーリンク

映画『だれもが愛しいチャンピオン』とは


© Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefónica Audiovisual Digital SLU, RTVE

スペインのアカデミー賞たるゴヤ賞で作品賞を含む3部門を制した本作には、実際に障がいを持つ600人もの中からオーディションで選ばれた10名の“俳優”が出演しています。

既に完成していた台本を“当て書き”として全面改稿した末に手にしたのは、スペイン映画における年間興行成績1位の栄誉でした。

バスケットボールのコーチ・マルコを演じるのは、『マーシュランド』(2014)『オリーブの樹は呼んでいる』(2016)のスペインを代表する俳優ハビエル・グティエレス

職無し、免停、別居中という絶不調の主人公マルコは、これまでまったく接点のなかったアミーゴスとの予期せぬ出会いをきっかけに、人生で最も大切なことに改めて気付かされることになります。

監督・共同脚本、編集を務めたのは『ミラクル・ペティント』(1998)『モルタデロとフィレモン』(2003)のハビエル・フェセル

その人情味あふれる語り口は、爽快且つ心温まるエンディングに結実、皆それぞれが愛しくて特別な存在であることを伝えています。

一般試写会『だれもが愛しいチャンピオン』のプレゼント

© Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefónica Audiovisual Digital SLU, RTVE

一般試写会の情報

【開催日時】
2019年12月10日(火)
開場:18:00/開映:18:30/終了予定時刻:20:28 

【会場】
インスティトゥト・セルバンテス東京
東京都千代田区六番町2-9

【アクセス】
東京メトロ有楽町線「麹町駅」5,6番出口より徒歩3分
JR/東京メトロ有楽町線・南北線/都営新宿線「市ヶ谷駅」より徒歩6分
JR/東京メトロ丸ノ内線・南北線「四ツ谷駅」麹町出口より徒歩7分

【ご招待の枚数】
15組30名様

試写会の応募受付

© Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefónica Audiovisual Digital SLU, RTVE

【応募方法】
たくさんのご応募ありがとうございました。当選は発送をもって代えさせていただきます。

【応募締切】
2019年12月3日(火)の23時59分まで有効

【当選者数】
15組30名様

【抽選・当選発表】
厳正なる抽選のうえ、当選者を決定致します。また当選者の発表は個人情報の保護のため、当選者ご本人への発送をもって代えさせていただきます。

*応募はお1人様1回に限り有効です。複数回の応募は無効となる場合がございますのでご注意ください。

スポンサーリンク

映画『だれもが愛しいチャンピオン』の作品情報

© Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefónica Audiovisual Digital SLU, RTVE

【日本公開】
2019年(スペイン映画)

【原題】
CAMPEONES(英題:CHAMPIONS)

【監督・共同脚本・編集】
ハビエル・フェセル

【脚本】
ダビド・マルケス

【日本語字幕】
金関いな

【キャスト】
ハビエル・グティエレス、フアン・マルガージョ、アテネア・マタ

映画『だれもが愛しいチャンピオン』のあらすじ

© Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefónica Audiovisual Digital SLU, RTVE

プロ・バスケットボールのコーチ、マルコは“負ける”ことが大嫌いなアラフォー男。

ところが短気な性格が災いして問題を起こし、チームを解雇された揚げ句、知的障がい者のバスケットボールチーム“アミーゴス”を指導することに。

アミーゴスの自由過ぎる言動にはじめは困惑するマルコでしたが、彼らの純粋さ、情熱、豊かなユーモアに触れて一念発起、全国大会でまさかの快進撃を見せていき…。

スポンサーリンク

まとめ

© Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefónica Audiovisual Digital SLU, RTVE

スペイン中に“アミーゴス旋風”を巻き起こした感動作『だれもが愛しいチャンピオン』は2019年12月27日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAにて公開されますが、一般試写会が公開に先立ち開催されます。

12月10日(火)に千代田区にありますインスティトゥト・セルバンテス東京にて開催される一般試写会に、Cinemarche読者15組30名様をご招待

日本で6月に開催されたスペイン映画祭2019にて特別上映されるやいなや、会場は熱気に包まれ、映画ファンの心を掴んだ本作。

劇場公開より一足先に観賞するチャンスです。ぜひ奮ってご応募ください。

関連記事

プレゼント応募

【一般試写会プレゼント】高杉真宙映画『前田建設ファンタジー営業部』10組20名様ご招待!1月8日(水)ニッショーホールにて

映画『前田建設ファンタジー営業部』は2020年1月31日(金)より全国公開! サラリーマンたちの熱き戦いを描く「実話」から生まれた積算エンターテイメント『前田建設ファンタジー営業部』。 主演に高杉真宙 …

プレゼント応募

【映画招待券プレゼント応募】『はりぼて』チケットを抽選10名様へ。全国の上映館で使用可能な鑑賞券を進呈

映画『はりぼて』の劇場鑑賞券を10名様にプレゼント。 富山県の小さなテレビ局が地方政治の不正に挑み、報道によって人の狡猾さと滑稽さを丸裸にした4年間を描いたドキュメンタリー映画『はりぼて』。 本作は2 …

プレゼント応募

【映画プレゼント応募】劇場公開パンフレット『ファンファーレが鳴り響く』を3名様に!上映は10月17日より

映画『ファンファーレが鳴り響く』は2020年10月17日(土)より全国公開。 2020年9月18日(金)から開催されている「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020」の特別招待作品『ファンファーレ …

プレゼント応募

【映画試写会プレゼント】ドキュメンタリー作品『血筋』10名様ご招待。2月21日渋谷・光塾にて

カナザワ映画祭2019「期待の新人監督」グランプリ受賞作品『血筋』試写会ご招待。 とある一家族から映し出される、中国朝鮮民族の「いま」。 音信不通だった父親と18年ぶりに再会した青年が知る、切っても切 …

プレゼント応募

【映画『ステップ』試写会中止のお知らせ】新型コロナウイルス感染症対策のため

Cinemarcheにて募集しておりました映画『ステップ』の一般試写会プレゼントですが、新型コロナウイルス感染症対策本部にて政府に要請された方針に従い、本試写会の実施が中止となりました。 それに伴い、 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学