Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

プレゼント応募

Entry 2019/10/12
Update

【映画一般試写会プレゼント】『だれもが愛しいチャンピオン』15組30名様ご招待!12月10日(火)東京・千代田区にて

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『だれもが愛しいチャンピオン』は2019年12月27日(金)より劇場公開。

プロのバスケットボール・コーチとハンディキャップ・チーム“アミーゴス”の出会いと絆を描いた映画『だれもが愛しいチャンピオン』が、2019年12月27日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAにて公開されます。

2018年、スペインのアカデミー賞とも言われるゴヤ賞で作品を含む3部門を制し国内で大ヒットを記録し、アカデミー賞外国語映画賞のスペイン代表に選出された話題作です。

本作『だれもが愛しいチャンピオン』の劇場公開に先立ち、千代田区にありますインスティトゥト・セルバンテス東京で12月10日(火)に開催される一般試写会へ15組30名様をご招待いたします!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』とは


© Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefónica Audiovisual Digital SLU, RTVE

スペインのアカデミー賞たるゴヤ賞で作品賞を含む3部門を制した本作には、実際に障がいを持つ600人もの中からオーディションで選ばれた10名の“俳優”が出演しています。

既に完成していた台本を“当て書き”として全面改稿した末に手にしたのは、スペイン映画における年間興行成績1位の栄誉でした。

バスケットボールのコーチ・マルコを演じるのは、『マーシュランド』(2014)『オリーブの樹は呼んでいる』(2016)のスペインを代表する俳優ハビエル・グティエレス

職無し、免停、別居中という絶不調の主人公マルコは、これまでまったく接点のなかったアミーゴスとの予期せぬ出会いをきっかけに、人生で最も大切なことに改めて気付かされることになります。

監督・共同脚本、編集を務めたのは『ミラクル・ペティント』(1998)『モルタデロとフィレモン』(2003)のハビエル・フェセル

その人情味あふれる語り口は、爽快且つ心温まるエンディングに結実、皆それぞれが愛しくて特別な存在であることを伝えています。

一般試写会『だれもが愛しいチャンピオン』のプレゼント

© Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefónica Audiovisual Digital SLU, RTVE

一般試写会の情報

【開催日時】
2019年12月10日(火)
開場:18:00/開映:18:30/終了予定時刻:20:28 

【会場】
インスティトゥト・セルバンテス東京
東京都千代田区六番町2-9

【アクセス】
東京メトロ有楽町線「麹町駅」5,6番出口より徒歩3分
JR/東京メトロ有楽町線・南北線/都営新宿線「市ヶ谷駅」より徒歩6分
JR/東京メトロ丸ノ内線・南北線「四ツ谷駅」麹町出口より徒歩7分

【ご招待の枚数】
15組30名様

試写会の応募受付

© Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefónica Audiovisual Digital SLU, RTVE

【応募方法】
たくさんのご応募ありがとうございました。当選は発送をもって代えさせていただきます。

【応募締切】
2019年12月3日(火)の23時59分まで有効

【当選者数】
15組30名様

【抽選・当選発表】
厳正なる抽選のうえ、当選者を決定致します。また当選者の発表は個人情報の保護のため、当選者ご本人への発送をもって代えさせていただきます。

*応募はお1人様1回に限り有効です。複数回の応募は無効となる場合がございますのでご注意ください。

映画『だれもが愛しいチャンピオン』の作品情報

© Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefónica Audiovisual Digital SLU, RTVE

【日本公開】
2019年(スペイン映画)

【原題】
CAMPEONES(英題:CHAMPIONS)

【監督・共同脚本・編集】
ハビエル・フェセル

【脚本】
ダビド・マルケス

【日本語字幕】
金関いな

【キャスト】
ハビエル・グティエレス、フアン・マルガージョ、アテネア・マタ

映画『だれもが愛しいチャンピオン』のあらすじ

© Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefónica Audiovisual Digital SLU, RTVE

プロ・バスケットボールのコーチ、マルコは“負ける”ことが大嫌いなアラフォー男。

ところが短気な性格が災いして問題を起こし、チームを解雇された揚げ句、知的障がい者のバスケットボールチーム“アミーゴス”を指導することに。

アミーゴスの自由過ぎる言動にはじめは困惑するマルコでしたが、彼らの純粋さ、情熱、豊かなユーモアに触れて一念発起、全国大会でまさかの快進撃を見せていき…。

まとめ

© Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefónica Audiovisual Digital SLU, RTVE

スペイン中に“アミーゴス旋風”を巻き起こした感動作『だれもが愛しいチャンピオン』は2019年12月27日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAにて公開されますが、一般試写会が公開に先立ち開催されます。

12月10日(火)に千代田区にありますインスティトゥト・セルバンテス東京にて開催される一般試写会に、Cinemarche読者15組30名様をご招待

日本で6月に開催されたスペイン映画祭2019にて特別上映されるやいなや、会場は熱気に包まれ、映画ファンの心を掴んだ本作。

劇場公開より一足先に観賞するチャンスです。ぜひ奮ってご応募ください。

関連記事

プレゼント応募

【映画劇場鑑賞券プレゼント】話題作『漂流ポスト』が無料で見られるチケットを抽選で5名様に!上映は3月5日より公開

映画『漂流ポスト』は2021年3月5日(金)より公開。 震災で大切な人を亡くした人の“心の復興”を描く映画『漂流ポスト』が、各国の映画祭での評判を受け、ついに日本でも公開されます。 映画『漂流ポスト』 …

プレゼント応募

『スパイの妻<劇場版>』映画オリジナルグッズプレゼント!非売品のトートバッグを抽選で3名様に進呈

映画『スパイの妻』は2020年10月16日(金)より全国公開。 第77回ヴェネチア国際映画祭で、日本人作品としては17年ぶりの快挙となる銀獅子賞(監督賞)を受賞した、蒼井優主演、黒沢清監督最新作『スパ …

プレゼント応募

【映画プレゼント応募】『ベイビーわるきゅーれ』劇場公開パンフレットを抽選で3名様に進呈!上映は7月30日より

映画『ベイビーわるきゅーれ』はテアトル新宿ほかにて2021年7月30日(金)より公開 大学在学中に圧倒的な暴力描写で自主映画界を席巻した阪元裕吾監督による異色の青春映画が誕生しました。 阪元裕吾監督の …

プレゼント応募

【映画プレゼント応募】『痛くない死に方』読本を抽選で3名様に進呈!ガイドブックとして『けったいな町医者』とあわせて読み解く

映画『けったいな町医者』は2021年2月13日(土)より公開。 映画『痛くない死に方』は2021年2月20日(土)より公開。 在宅医療のスペシャリスト・長尾和宏。 長尾を追ったドキュメンタリー映画『け …

プレゼント応募

【映画プレゼント応募】劇場公開パンフレット『メカニカル・テレパシー』を3名様に!上映は10月9日より

映画『メカニカル・テレパシー』は2020年10月9日(金)よりアップリンク渋谷ほかにて全国順次公開。 「もしも心を可視化できたら?」という着想から始まった、第12回大阪アジアン映画祭 インディ・フォー …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学