Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

プレゼント応募

Entry 2020/07/01
Update

【映画チケットプレゼント応募】『凱里ブルース』招待券を抽選20名様へ。渋谷イメージフォーラムで鑑賞!

  • Writer :
  • 石井夏子

ビー・ガン監督の『凱里ブルース』劇場鑑賞券20名様にプレゼント!

最新作映画『ロングデイズ・ジャーニー』のビー・ガン監督の原点とも言える初長編映画『凱里ブルース(かいりブルース)』。

『凱里ブルース』は、2020年6月6日(土)より渋谷シアター・イメージフォーラムほかにて全国順次公開されています。

すでに鑑賞された方からは「繰り返し観たい」「久しぶりに映画でトリップした」「これから何十年と残り続けるような名作」と、絶賛の声が続出。

本作のメイン劇場である渋谷の映画館シアター・イメージフォーラムでご利用いただける、『凱里ブルース』の劇場鑑賞券を抽選で20名様にプレゼントいたします。

スポンサーリンク

映画『凱里ブルース』について

(c)Blackfin(Beijing)Culture & MediaCo.,Ltd – Heaven Pictures(Beijing)The Movie Co., – LtdEdward DING – BI Gan / ReallyLikeFilms

本作の監督を務めたビー・ガンは1989年生まれで現在31歳、中国貴州省凱里市の出身

長編デビュー作となる本作『凱里ブルース』は26歳の時に撮られました。

低予算での製作で出演者のほとんどが監督の家族や親戚、友人であり、故郷である凱里でロケを行った同作は、瞬く間に各国の映画祭で評判を呼び、スイスのロカルノ国際映画祭でワールドプレミア上映されると新進監督賞と特別賞を受賞し、各国のメディアやジャーナリストから驚きと称賛を持って向かえ入れられました。

その時の興奮を、後に新華社通信は、「過去五年で一番優れた中国国産映画」「中国映画を五十年進歩させる」と絶賛されたと伝えています。

その後もフランス・ナント三大陸映画祭で中国人としては、ホウ・シャオシェン監督の『恋恋風塵』(1986年)以来となる黄金の熱気球賞〔グランプリ〕を受賞、さらに中華圏のアカデミー賞とされる金馬奨では最優秀新人監督賞とFIPRESCI賞に輝くなど、その圧倒的な才能を世界に見せつけた傑作です。

映画『凱里ブルース』の作品情報


(c)Blackfin(Beijing)Culture & MediaCo.,Ltd – Heaven Pictures(Beijing)The Movie Co., – LtdEdward DING – BI Gan / ReallyLikeFilms

【日本公開】
2020年(中国映画)

【原題】
路边野餐

【監督・脚本】
ビー・ガン

【キャスト】
チェン・ヨンゾン、ヅァオ・ダクィン、ルオ・フェイヤン、シエ・リクサン、ルナ・クオック

【作品概要】
『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』で注目を浴びた中国の新世代監督ビー・ガンが2015年に発表した初長編監督作品。

ロカルノ国際映画祭で最優秀初長編賞を受賞した他、第37回ナント三大陸映画祭黄金の熱気球賞[グランプリ]、第52回金馬奨最優秀新人監督賞・FIPRESCI賞受賞、第10回アジアパシフィックスクリーンアワード ヤングシネマ賞受賞など国内外の多くの映画祭で高く評価されました。

映画『凱里ブルース』のあらすじ

(c)Blackfin(Beijing)Culture & MediaCo.,Ltd – Heaven Pictures(Beijing)The Movie Co., – LtdEdward DING – BI Gan / ReallyLikeFilms

凱里の小さな診療室に身を置いて、老齢の女医と幽霊のように暮らすシェン。

刑期を終えてこの地に帰還したときには、彼の帰りを待っていたはずの妻はこの世になく、しばらくして可愛がっていた甥も弟の策略でどこかへ連れ去られてしまいました。

シェンは甥を連れ戻すために旅に出ます。そして辿り着いたのは、ダンマイという名の、過去の記憶と現実と夢が混在する不思議な街でした…。

スポンサーリンク

映画『凱里ブルース』の公開情報

(c)Blackfin(Beijing)Culture & MediaCo.,Ltd – Heaven Pictures(Beijing)The Movie Co., – LtdEdward DING – BI Gan / ReallyLikeFilms

映画『凱里ブルース』は2020年6月6日(土)より渋谷シアター・イメージフォーラムにて上映。ほか全国順次公開。

映画『凱里ブルース』公式HP
キャスト・スタッフプロフィール、公開劇場などの詳細な情報を掲載。

映画『凱里ブルース』公式Twitter
映画に関する新規情報を日々更新中。

映画『凱里ブルース』の招待券プレゼント

絶賛上映中の本作がシアター・イメージフォーラムでご鑑賞いただける招待券を、抽選で20名様にプレゼントいたします。

こちらはシアター・イメージフォーラムのみでご利用いただける招待券となります。

招待券プレゼントの応募受付

【応募方法】
たくさんのご応募ありがとうございました。またイメージフォーラムへの応援メッセージにも感謝いたします。
なお、当選は発送をもって代えさせていただきます。

【応募締切】
2020年7月7日(火)PM23:59まで

【当選者数】
20名様

【抽選・当選発表】
厳正なる抽選のうえ、当選者を決定致します。また当選者の発表は個人情報の保護のため、当選者ご本人への発送をもって代えさせていただきます。

応募はお1人様1回に限り有効です。複数回の応募は無効となる場合がございますのでご注意ください。
*締め切り前に、予告なく募集を終了する場合がございますのでご了承ください。

スポンサーリンク

まとめ

画像:シアター・イメージフォーラム外観

本作『凱里ブルース』は、新型コロナウイルス感染症の情勢を受けた政府からの発表、方針に鑑み、幾度も公開延期の憂き目に合いながらも、2020年6月6日(土)より渋谷シアター・イメージフォーラムにて上映が開始されました。

本作のメイン館であり、コロナ禍での劇場再開に踏み切ったシアター・イメージフォーラムのプログラマー(上映編成)山下宏洋氏は、『凱里ブルース』公開の思いを以下のように語っています。

この映画館休館中に一観客としても思ったこと。やはり映画を家のモニターで観るのと映画館の暗闇で観るのとでは、画面への没入感・対峙度が全然違う。
『凱里ブルース』は、その没入感・対峙度が最大限に体験できる映画館で是非ご覧ください!

スクリーンで鑑賞するからこそ、体感できるビー・ガン監督の世界観。

シアター・イメージフォーラムは新型コロナウイルス感染症対策を徹底し営業していますので、ぜひこの機会に足をお運びください。

絶賛上映中の『凱里ブルース』がシアター・イメージフォーラムでご鑑賞いただける招待券を、抽選で20名様にプレゼントいたします。

皆さまのご応募お待ちしております!



関連記事

プレゼント応募

【一般試写会プレゼント】高杉真宙映画『前田建設ファンタジー営業部』10組20名様ご招待!1月8日(水)ニッショーホールにて

映画『前田建設ファンタジー営業部』は2020年1月31日(金)より全国公開! サラリーマンたちの熱き戦いを描く「実話」から生まれた積算エンターテイメント『前田建設ファンタジー営業部』。 主演に高杉真宙 …

プレゼント応募

【映画プレゼント応募】『ドキュメンタリー沖縄戦』劇場パンフレットを2名様に!上映公開は7月25日より新宿K’s cinemaにて

映画『ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶』は2020年7月25日(土)より公開。 2019年12月9日、10日に沖縄での完成披露上映会には1000人を超える県民が来場した映画『ドキュメンタ …

プレゼント応募

【映画プレゼント応募】『蒲田前奏曲』劇場パンフレットを3名様に!上映公開は9月25日より全国にて

映画『蒲田前奏曲』パンフレットを3名様にプレゼント。 松林うららが出演・プロデュースを務め、中川龍太郎、穐山茉由、安川有果、渡辺紘文という4人の監督による連作スタイルの長編映画『蒲田前奏曲』。 映画『 …

プレゼント応募

【一般試写会プレゼント】映画『ソン・ランの響き』5組10名様ご招待。2月6日市ヶ谷の日本シネアーツ試写室にて

世界が絶賛したボーイ・ミーツ・ボーイの物語。 孤独なふたりの男の刹那的な出会いを繊細なタッチで綴る『ソン・ランの響き』が2020年2月22日(土)より新宿K’s cinemaほか全国にて順次公開されま …

プレゼント応募

郁美カデール映画『クシナ』劇場パンフレットプレゼント!上映公開を記念して抽選で3名様に

映画『クシナ』は2020年7月24日(金)よりアップリンク渋谷ほか全国順次公開。 2020年7月24日(金)よりアップリンク渋谷ほか全国順次公開される映画『クシナ』。 速水萌巴監督自身の体験に根ざした …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP