Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

プレゼント応募

Entry 2021/11/30
Update

スタジオジブリの2022年オリジナルカレンダーを5名様にプレゼント!ウィンターキャンペーン開催

  • Writer :
  • 石井夏子

『スタジオジブリ ウィンター・キャンペーン』開催!

ウォルト・ディズニー・ジャパン(株)が、スタジオジブリを築き上げた数々の名作から最新作『アーヤと魔女』までを一堂にそろえた豪華作品集『ジブリがいっぱい 監督もいっぱい コレクション』を、2021年12月1日(水)にブルーレイとDVDで発売します。

(C)1995 柊あおい/集英社・Studio Ghibli・NH

また、同日より スタジオジブリ関連のブルーレイやDVDを対象とした『スタジオジブリ ウィンター・キャンペーン』が実施されます。

店頭で、スタジオジブリ関連作品のブルーレイやDVDを購入すると、その場で“ジブリがいっぱい COLLECTION オリジナル 卓上カレンダー2022”がもらえるというキャンペーンです

キャンペーン実施を記念して、“ジブリがいっぱい COLLECTION オリジナル 卓上カレンダー2022”を、Cinemarcheの読者5名さまにプレゼントいたします。

キャンペーンの概要やプレゼントの応募方法をお読みになって、ぜひご応募ください。

スポンサーリンク

作品集『ジブリがいっぱい 監督もいっぱい コレクション』の紹介

(C) 2021 Studio Ghibli

ジブリがいっぱいCOLLECTIONから2021年12月1日(水)にブルーレイとDVDで発売される『ジブリがいっぱい監督もいっぱいコレクション』

『ルパン三世カリオストロの城』(1979)から『風立ちぬ』(2013)まで、宮崎駿が監督として手掛けた映画11作品すべてを網羅した『宮崎駿監督作品集』、宮崎監督と同じく日本の アニメーション界を築き上げた巨匠、高畑勲の主要な監督作品を一堂に揃えた豪華作品集『高畑勲監督作品集』に続く、スタジオジブリを築き上げた作品集の第3弾『ジブリがいっぱい監督もいっぱいコレクション』が登場します。

“スタジオジブリ若手制作集団”が手掛けた『海がきこえる』に始まり、近藤喜文監督作品、森田宏幸監督作品、米林宏昌監督作品など、スタジオジブリを支えたたくさんの名作に加え、2021年8月劇場公開、待望のスタジオジブリ初のフル3DCG長編アニメーション、宮崎吾朗監督作品『アーヤと魔女』までの全10作品を一堂に集めた、ジブリファン必携の豪華作品集です。

【商品内容】
本編ディスク9枚/解説ブックレット付、デジパック仕様パッケージは劇場キーアートを使用

【収録作品】
『海がきこえる』1993年製作(望月智充監督)
『耳をすませば』1995年製作(近藤喜文監督)
『猫の恩返し』2002年製作(森田宏幸監督)
『ギブリーズepisode2』2002年製作(百瀬義行監督)
『ゲド戦記』2006年製作(宮崎吾朗監督)
『借りぐらしのアリエッティ』2010年製作(米林宏昌監督)※≪北米版≫を追加収録(ブルーレイのみ)
『コクリコ坂から』2011年製作(宮崎吾朗監督)
『思い出のマーニー』2014年製作(米林宏昌監督)
『レッドタートルある島の物語』2016年製作(M・デュドク・ドゥ・ヴィット監督)
『アーヤと魔女』2020年製作(宮崎吾朗監督)

【映像特典】
「ギブリーズ」(約13分)2000年製作(百瀬義行監督)

【価格】
ブルーレイ55,000円(税込)
DVD 38,500円(税込)

『スタジオジブリ ウィンター・キャンペーン』について

参考動画:宮崎吾朗監督作『アーヤと魔女』(2021)

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社(東京都港区)は、2021年12月1日(水)より、スタジオジブリ関連のブルーレイやDVDを対象とした『スタジオジブリ ウィンター・キャンペーン』を実施いたします。

店頭にてスタジオジブリ関連のブルーレイ・DVDを購入すると、ジブリがいっぱい COLLECTION オリジナル オリジナル卓上カレンダーをその場でプレゼントというキャンペーンです。

『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』や、豪華作品集『ジブリがいっぱい 監督もいっぱい コレクション』など、すべてのスタジオジブリ関連ブルーレイ・DVDが対象作品となっています。

『スタジオジブリ ウィンター・キャンペーン』概要

【キャンペーン名称】
スタジオジブリ ウィンター・キャンペーン

【対象商品】
すべてのスタジオジブリ関連ブルーレイ・DVD

【プレゼントグッズ】
ジブリがいっぱい COLLECTION オリジナル 卓上カレンダー2022

【キャンペーン実施期間】
2021年12月1日(水)〜店頭の特典がなくなり次第終了

【キャンペーンについてのお問い合わせ先】
ウォルト・ディズニー・ジャパン 映画・映像作品 お客様相談室
フリーダイヤル:0120-866-890 (月-金:10:00-18:00) ※祝日を除く

スポンサーリンク

オリジナル卓上カレンダーのプレゼント

画像:プレゼントのオリジナル卓上カレンダー

(C) 1986 Studio Ghibli

このたび、『スタジオジブリ ウィンター・キャンペーン』のプレゼントグッズでもあります、“ジブリがいっぱい COLLECTION オリジナル 卓上カレンダー2022”を、当サイト読者様に向けて特別にご用意いたしました。

絵柄は『天空の城ラピュタ』をはじめ、ジブリの代表作品がずらり!ぜひ2022年の卓上のおともにゲットしてくださいね。

オリジナル卓上カレンダープレゼントの応募受付

【応募方法】
たくさんのご応募ありがとうございました。当選は発送をもって代えさせていただきます。

【応募締切】
2022年1月5日(水) PM23:59まで

【当選者数】
5名様

【抽選・当選発表】
厳正なる抽選のうえ、当選者を決定致します。また当選者の発表は個人情報の保護のため、当選者ご本人への発送をもって代えさせていただきます。

*応募はお1人様1回に限り有効です。複数回の応募は無効となる場合がございますのでご注意ください。

まとめ

参考動画:米林宏昌監督作『思い出のマーニー』(2014)

ワクワクドキドキさせてくれるスタジオジブリ作品。観れば心も温かくなること間違いなしです。

『スタジオジブリ ウィンター・キャンペーン』は2021年12月1日(水)より始まります。

キャンペーン実施を記念して、特別に“ジブリがいっぱい COLLECTION オリジナル 卓上カレンダー2022”を5名の読者さまにプレゼントいたします。締め切りは2022年1月5日(水)まで。

たくさんのご応募お待ちしております。

関連記事

プレゼント応募

《映画チケットプレゼント》神戸のミニシアター【元町映画館】から『凱里ブルース』『ロングデイズ・ジャーニー』無料招待券を抽選5名様に!

『凱里ブルース』元町映画館限定の劇場鑑賞券5名様にプレゼント! 最新作映画『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』のビー・ガン監督の原点とも言える初長編映画『凱里ブルース(かいりブルース)』。 全 …

プレゼント応募

【映画完成披露 試写会プレゼント】上田慎一郎監督の最新作『ポプラン』5組10名様ご招待。12月20日(月)東京都内にて開催

映画『ポプラン』の完成披露試写会が決定!監督・キャスト登壇予定 上田慎一郎監督が、構想10年で作り上げたカルト的な題材を普遍的なエンターテイメントに昇華させた異色作『ポプラン』。 監督が『カメラを止め …

プレゼント応募

【映画プレゼント応募】『ドキュメンタリー沖縄戦』劇場パンフレットを2名様に!上映公開は7月25日より新宿K’s cinemaにて

映画『ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶』は2020年7月25日(土)より公開。 2019年12月9日、10日に沖縄での完成披露上映会には1000人を超える県民が来場した映画『ドキュメンタ …

プレゼント応募

映画クリアファイルプレゼント『フィッシャーマンズ・ソング』オリジナルグッズを5名様に【コーンウォールから愛をこめて】

『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』は2020年1月10日(金)より 新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて劇場公開。 漁師バンドがイギリスを席巻する奇跡の実話 …

プレゼント応募

【映画プレゼント応募】『痛くない死に方』読本を抽選で3名様に進呈!ガイドブックとして『けったいな町医者』とあわせて読み解く

映画『けったいな町医者』は2021年2月13日(土)より公開。 映画『痛くない死に方』は2021年2月20日(土)より公開。 在宅医療のスペシャリスト・長尾和宏。 長尾を追ったドキュメンタリー映画『け …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学