Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

『ザ・タワー』あらすじ/キャスト/上映館。SFシチュエーション・スリラー映画をギョーム・ニクルー監督が“恐怖の闇”として描く

  • Writer :
  • 大塚まき

世界を消し去る、“闇”が来る
突然現れた“闇”の中に取り残された人々はそこから出られるのか?

この度、ジェラルメール国際ファンタスティック映画祭、シッチェス・カタロニア国際映画祭など世界の名だたるファンタ系映画祭へ出品され話題を呼んだ映画『LA TOUR(原題/英題:LOCKDOWN TOWER)』が邦題を『ザ・タワー』として、2024年4月12日(金)に日本公開が決定しました。

併せてポスタービジュアル、予告編も到着しました。

映画『ザ・タワー』について


(C)2022 – Unité – Les films du Worso

本作は、フランスのある団地を舞台に突然出現した“闇”に翻弄される人々を描き、全てを飲み込んでしまう“闇”が特に大きな意味を持ちます。

監督を務めたギョーム・ニクルーは、本作での“闇”のことを光学的に直接観察できない正体不明の暗黒物質「ダークマター」と表現しており、この「ダークマター」は「ベンタブラック」という99%以上の光を吸収できる物質から着想を得ています。いわば、光を食い尽くす“闇”そのものです。

『ストーン・カウンシル』(2006)や『この世の果て、数多の終焉』(2020)などのギョーム・ニクルー監督が、“闇”に覆われた世界で極限の状況に置かれた人間たちの狂気を大胆な発想で描くSFシチュエーション・スリラーです。

監督:ギョーム・ニクルーのコメント

これは恐ろしい出来事が起こるホラー映画だ。飢饉、殺人、性差別、カニバリズム、人種差別、同性愛嫌悪、拷問。現代のあらゆる暴力と恐怖の総合体かもしれない。今作で描かれているのは、相互扶助と分かち合いという楽観的なビジョンではない。むしろ、閉ざされた空間で互いを許容できない人間の冷酷な描写である。受け入れがたいものを探求する恐怖の映画である。臆病さと無力さの結果、個人が残忍になる映画だ。

“闇”の存在はいかなる救済も贖罪も描いていないし、道徳心はなく、許しを考慮することなくあらゆる物の消滅を遂行する。自らの存在目的、頑なに破壊以外の何ものにも敬意を払わない。すべてを虚空に返すために。

映画『ザ・タワー』の作品情報


(C)2022 – Unité – Les films du Worso

【日本公開】
2024年(フランス映画)

【英題】
LOCKDOWN TOWER

【監督・脚本】
ギョーム・ニクルー

【キャスト】
アンジェレ・マック、ハティック、アーメド・アブデル・ラウィ

映画『ザ・タワー』のあらすじ


(C)2022 – Unité – Les films du Worso

さまざまな人種が住むフランスの団地。アシタンはある朝目覚めると、窓の外が“闇”で覆われていることに気が付く。

その“闇”に物を投げ入れると物体は消滅し、体が触れるとその部分が鋭利な刃物で切られたように消えてなくなってしまう。

テレビやラジオの電波は途切れ、携帯電話も圏外となっているが、なぜか電気と水道は使用可能だ。

原因不明の“闇”のせいで、建物の中に足止めされる団地の住民たち。外の世界と遮断され閉じ込められたままの彼らは、知り合いや人種ごとの小さなグループを形成していく。

徐々に正気を失っていく彼らの間に争いごとが起こり始める中、彼らが選んだ“生きるため”の方法とは!?

まとめ


(C)2022 – Unité – Les films du Worso

ある日突然、建物の外に出ると物体が消えて無くなる現象が発生。“闇”に覆われた世界で極限の状況に置かれた人間たちの狂気を大胆な発想で描くSFシチュエーション・スリラーが誕生しました。

団地の中に取り残された人々はそこから出られるのか? また、彼らが生き残るためにとる行動とは!?

映画『ザ・タワー』は、2024年4月12日(金)よりシネマート新宿ほかにてロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『キリング・ガンサー』あらすじ。キャストの殺し屋のキャラクター紹介も。

映画『キリング・ガンサー』は7月14日(土)より新宿バルト9、梅田ブルク7にてロードショー。 主演のアーノルド・シュワルツェネッガー自ら製作総指揮に名乗り出た本作の彼の役柄は、伝説の世界最強の殺し屋ガ …

新作映画ニュース

映画『未来を乗り換えた男』あらすじとキャスト。ぺッツォルト最新作公開ポスター解禁

(C) 2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma 名匠クリスティアン・ぺッツォルト監督による映画『未来を乗り換えた男』が20 …

新作映画ニュース

映画『エクストリーム・ジョブ』予告編とメインビジュアル紹介。フライドチキンの秘密も明かされる!?

昼はフライドチキン店、夜は麻薬捜査班。 前代未聞の“揚げる大捜査線”が開店します。 日本のラーメン店総数より多いといわれる、韓国の国民食“フライドチキン”と“麻薬捜査”という相容れない組み合わせが、様 …

新作映画ニュース

大ヒット映画が韓国で再び感動の恋愛作品に生まれ変わる!『Be With You 〜いま、会いにゆきます』特別映像解禁

公開わずか15日で韓国動員200万人突破の大ヒット作! 2004年に竹内結子と中村獅童主演で映画化され、社会現象を巻き起こす大ヒットを記録した市川拓司のベストセラー小説「いま、会いにゆきます」。 日本 …

新作映画ニュース

『マンティコア 怪物』あらすじ/キャスト/上映館。カルロス・ベルムト監督が描くタブーを越えた衝撃の結末とは?“不穏”が伝わるビジュアル&30秒予告も解禁

スペインの鬼才!カルロス・ベルムト監督(『マジカル・ガール』)最新作 劇場デビュー作『マジカル・ガール』(2014)がサン・セバスチャン国際映画祭グランプリ&監督賞をダブル受賞したスペインの鬼才カルロ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学