Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/11/03
Update

【映画試写会プレゼント】イ・ビョンホン主演『それだけが、僕の世界』5組10名様ご招待(12/5なかのZERO小ホール)

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

韓国を代表する俳優イ・ビョンホンと、注目度No.1の新鋭パク・ジョンミンが、兄弟のつながりと、母親と絆を描いたヒューマンドラマの秀作『それだけが、僕の世界』

本作の試写会へ5組10名様をご招待いたします!

近年『MASTER/マスター』などハードな役柄が多かったイ・ビョンホンが久しぶりに不器用で情の深い男を熱演しています!

寒い季節にぴったりのハートフルな感動作です。

皆様のご応募をお待ちしております!

スポンサーリンク

映画『それだけが、僕の世界』の試写会プレゼント

試写会情報

【日時】
12月5日(水)開場18:30 開映19:00[本編120分]

【会場】
なかのZERO小ホール(中野区中野2丁目9番7号)

【アクセス】
JR・東京メトロ東西線 中野駅 南口から徒歩8分

試写会の応募受付

【応募方法】
下記のコンタクトフォームのメッセージ本文に、必要事項をご入力の上、お送りください。
たくさんのご応募ありがとうございました。受付は終了しました。

・お名前
・メールアドレス
・性別
・年齢
・職業
・郵便番号
・住所

【応募締切】
2018年11月25日(日)の23時59分まで有効。

【抽選・当選発表】
厳正な抽選の上、当選者を決定し、招待券の発送をもって発表にかえさせていただきます。

*応募はお1人様1回に限り有効です。複数回の応募は無効とさせていただく場合がありますのでご注意ください。

映画『それだけが、僕の世界』の作品情報


(c) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

【公開】
2018年(韓国映画)

【原題】
Keys to the Heart

【監督】
チェ・ソンヒョン

【キャスト】
イ・ビョンホン、パク・ジョンミン、ユン・ヨジョン

【作品概要】

(c) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

暴力的な父親の家庭環境のなか母にも捨てられ、自分自身の拳だけを頼りに生きてきた中年ボクサーの兄と、母親だけを信じて生きるサヴァン症候群の弟。

お互いの存在を知らずに生きてきた兄弟の再会と母親が隠している行動に涙なしには見ることができない感動作。

主人公ジョハを演じるのは、作品ごとに毎回違うジャンルとキャラクターで魅了し、NETFLIXオリジナル作品「ミスター・サンシャイン」での熱演も話題のイ・ビョンホン。

本作では韓国版『ひとつ屋根の下』とも言われる大ヒットドラマ『Happy Together』以来の不器用な男を演じ、寡黙で粗暴そして単純な性格ですが、実は情の深い人間味溢れる元プロボクサーを時にユーモアたっぷりに熱演しました。 

一方、サヴァン症候群を患いながらも、天才的なピアノの才能を持つ弟という難役に挑んだのは、韓国映画界が最も熱い視線を注ぐパク・ジョンミン。

『空と風と星の詩人~尹東柱(ユン・ドンジュ)の生涯~』などで、徹底した役作りには定評があり、”次世代の演技の神“とも称されています。

彼の演奏シーンは圧巻の見どころを見せてくれます。

二人の母親役には、韓国のバラエティ番組『ユン食堂』出演で話題となった実力派女優ユン・ヨジョン。

17年振りに再会したもう1人の息子に長いこと抱えていた思いを吐露し、また弟同様に惜しみない愛を注ぎ込みもします。

優しさを持った母親のその裏に抱えた弱さに母性のとは何かを見る者に感じさせます。

スポンサーリンク

映画『それだけが、僕の世界』のあらすじ


(c) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

かつて東洋チャンピオンにまでのぼり詰めましたが、40才を過ぎた今は見る影もなく落ちぶれ、その日暮らしをしているボクサーのジョハ(イ・ビョンホン)。

少年の頃、母は家を出ていき父は刑務所に入り、孤独の中で自分の拳だけを頼りに生きてきました。

ある日、幼なじみと飲みに出かけたジョハは、食堂に入ると数十年ぶりに母(ユン・ヨジョン)と再会を果たします。


(c) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

そして、母親に促されるまま自宅に招かれますが、そこにはサヴァン症候群を患う弟ジンテ(パク・ジョンミン)がいました。

母親の家に転がり込んだジョハは、ある事情で母の不在のあいだ、天才的なピアノの腕を持つジンテが著名なコンテストに出られるように世話をして欲しいと頼み込まれ、母親の願いを聞き入れ弟の面倒を見始めますが…。


(c) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

まとめ


(c) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

イ・ビョンホン主演映画『それだけが、僕の世界』の試写会へ抽選で5組10名様をご招待いたします。

応募方法をご確認のうえ、奮ってご応募ください!

韓国映画『それだけが、僕の世界』は、TOHOシネマズシャンテほかにて12月28日(金)より公開ですが、一足先にご鑑賞いただける試写会へご応募受付中です!


(c) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

関連記事

新作映画ニュース

映画『ムカデ人間』同時再生祭が4月28日に開催!話題のシリーズのブルーレイセット発売を記念して

『ムカデ人間 完全連結ブルーレイお買い得セット』発売決定記念 こんな時こそ、つ・な・が・ろ・う。『ムカデ人間』同時再生祭、開催決定。 2011年公開の第1作を皮切りに、2015年の第3作まで驚異の大ヒ …

新作映画ニュース

ロボコン新作映画の追加キャストは清水ミチコ・高橋ユウと芋洗坂係長【がんばれいわ!!恋する汁なしタンタンメン!!の巻】

『がんばれいわ!!ロボコン』第2弾出演情報解禁! ユニークすぎる超パワフルキャスト集結だロボコン! タマゴ型で赤くコーティングされたボディに愛らしい眼が特徴的なドジなロボット、「ロボコン」。 1974 …

新作映画ニュース

中江裕司『盆唄』から『ボヘミアン・ラプソディ』まで傑作音楽映画を紹介!

『ナビィの恋』中江裕司監督6年ぶりの最新作『盆唄』が2月15日(金)にテアトル新宿ほかで全国順次公開します。 (C)2018テレコムスタッフ 2018年11月に封切られ、興収100億円突破と大ヒットを …

新作映画ニュース

映画『アボカドの固さ』あらすじ/キャスト/公開日。実話を基にフィクションの失恋物語へ昇華!

第41回 ぴあフィルムフェスティバル アワード入選(ひかりTV賞)。 第20回 TAMA NEW WAVE ある視点部門入選。 第41回ぴあフィルムフェスティバル コンペティション部門PFFアワード2 …

新作映画ニュース

映画『多日想果(タピオカ)』あらすじ。台湾オーガニックカフェ【atea茶舗】お店情報も

台湾と日本のかけ橋を目指す。 俳優の大門嵩が監督・プロ―デュース・出演を務めた短編映画『多日想果(タピオカ)』が、現在上映会に向けたクラウドファンディングを行っています。 台湾の魅力が詰まった本作につ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学