Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/08/23
Update

映画『燃えよ剣』キャストの鈴木亮平は近藤勇役!演技力の評価とプロフィール

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『燃えよ剣』は2021年10月15日(金)に全国公開

国民的作家・司馬遼太郎による伝説の幕末小説『燃えよ剣』が実写映画化。

『関ヶ原』(2017)の原田眞人監督と岡田准一が再タッグを組み、柴咲コウ、鈴木亮平、山田涼介、伊藤英明といった実力派キャストが名を連ねています。

映画は土方歳三の没後150年となる2019年に製作。

この記事では近藤勇役の鈴木亮平について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『燃えよ剣』の作品情報


(C)2021「燃えよ剣」製作委員会

【日本公開】
2021年(日本映画)

【原作】
司馬遼太郎『燃えよ剣』(新潮文庫刊)

【監督・脚本】
原田眞人

【キャスト】
岡田准一、柴咲コウ、鈴木亮平、山田涼介、伊藤英明

【作品情報】

『関ヶ原』(2017)を第41回日本アカデミー賞10部門受賞に導いた、原田眞人監督と岡田准一が再び手を組んだ歴史大作『燃えよ剣』。

『関ヶ原』と同じく、司馬遼太郎による幕末小説『燃えよ剣』を原作として製作されました。

新撰組の3本柱、土方歳三を岡田准一、近藤勇を鈴木亮平、沖田総司を山田涼介が演じます。

また本作のヒロインであり、司馬遼太郎が小説のオリジナルキャラクターとして描いた、土方歳三の恋人お雪に柴咲コウが扮します。

映画『燃えよ剣』のあらすじ


(C)2021「燃えよ剣」製作委員会

江戸末期。武蔵国多摩郡石田村(現在の東京都日野市石田)に生まれた農民の子、土方歳三。

「バラガキ(イバラのような乱暴者)のトシ」と呼ばれた彼には、組織作りの才能がありました。

江戸幕府将軍の守護のために結成された新撰組は、当初、農民の子や浪人の寄せ集めに過ぎませんでした。

新撰組の初代局長・芹沢鴨を暗殺したのち、近藤勇を局長へと押し上げる土方。

土方は近藤勇を補佐し、自らは“鬼の副長”として憎まれ役に徹し、組織作りに力を注ぎます。

新撰組は彼の統率で、幕末最強の集団へと変貌していき……。

スポンサーリンク

映画『燃えよ剣』近藤勇役は鈴木亮平

参考映像:『俺物語!!』(2015)

映画『燃えよ剣』で近藤勇役を演じる鈴木亮平は1983年3月29日生まれの俳優。兵庫県出身。ホリプロ所属

小学6年生の時に阪神・淡路大震災に遭遇しており、その経験が演じる仕事に生きていると語っています。

大学時代演劇サークルでの最初の公演で感動したことから、役者を一生の仕事にしようと決意。

芸能事務所などに履歴書を持って回るものの50社以上に断られたといいます。その後、186cmの長身からモデル事務所を紹介され、友近亮平の名でモデル活動をしていました。

2006年演技学校アクターズクリニックに所属。

同年5月には、東レとデサント共同開発の男性用水着をPRする初代かつ業界史上初のキャンペーンボーイに選出されました。

同年7月、テレビドラマ『レガッタ〜君といた永遠〜』で俳優デビュー。翌年には『椿三十郎』で映画デビューを果たします。

2014年度のNHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』では、ヒロインの夫役を好演。

2018年には『西郷どん』でNHK大河ドラマ初出演にして主人公の西郷隆盛を演じました

そのほか映画『HK 変態仮面』『俺物語!!』、ドラマ『天皇の料理番』『テセウスの船』『レンアイ漫画家』など多数話題作で活躍中。

2021年には本作に加え『孤狼の血LEVEL2』が公開されるほか、TBS日曜劇場『TOKYO MER~走る救急救命室~』も好評を博しています。

英語に堪能で英検一級を取得しており、世界遺産検定一級にも合格しています。

映画『燃えよ剣』近藤勇はどんな役?


(C)2021「燃えよ剣」製作委員会

鈴木亮平演じる近藤勇は新選組局長。

岡田准一演じる主人公・土方歳三の盟友。

スポンサーリンク

鈴木亮平の演技力の評価は

参考映像:『孤狼の血LEVEL2』(2021)

NHK大河ドラマ『西郷どん』で主演を務めた実力派俳優の鈴木亮平

小学生時代に阪神・淡路大震災を経験したことが、役者としての原点だと語っています。

モデルを経験したことで、オーディションで落ちることに慣れたそうです。数秒で落されるモデルと違い、役者の場合は芝居がうまくなれば通るということで、努力する方向がみえたと語っています。

見事な肉体改造をして役作りする怪優としても知られており、2013年の映画『HK 変態仮面』では、筋肉質の主人公を演じるために一度15kg増量した後に脂肪をそぎ落としました。

2015年には『天皇の料理番』で結核患者を演じるために20kg減量。この減量は本当に苦しく、大変な苦痛を伴ったと告白しています。

2015年公開の『俺物語!!』では巨漢の主人公を演じるために30kg増量し、2018年のドラマ『西郷どん』では晩年の西郷を演じるために何と100kgまで体重を増量しました。

鈴木自身は、自らの肉体を変化させて演じるのは俳優として当たり前のことと語っています。

アニメ映画『ルドルフとイッパイアッテナ』で声優に挑戦するなど、活躍の幅を広げてきました。

2021年公開の『孤狼の血LEVEL2』では残忍で暴力的な暴力団組長役を熱演。プレッシャーを感じながらも、脚本を読み「受けないわけにはいかない」と強く感じ挑戦を決意したそうです。

本作では、主人公・土方歳三の盟友で新選組局長の近藤勇を熱く演じます

鈴木亮平の公式SNSの紹介

鈴木亮平の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)2021「燃えよ剣」製作委員会

激動の幕末を描いた司馬遼太郎の傑作歴史小説を原田眞人監督が実写映画化した『燃えよ剣』

主人公・土方歳三を演じるのは、原田監督と『関ケ原』でタッグを組んだ岡田准一

土方歳三の盟友である新選組局長・近藤勇を、強いオーラを放つ実力派・鈴木亮平が演じます

沖田総司役を山田涼介、近藤勇役を鈴木亮平、お雪役を柴咲コウ、芹澤鴨役を伊藤英明が演じます。

尾上右近、山田裕貴、坂東巳之助、坂井真紀、松下洸平、村上虹郎、柄本明、市村正親ら豪華キャストが共演。

注目の映画『燃えよ剣』は、2021年10月15日(金)より全国公開です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『虎の流儀』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。原田龍二演じるヤクザの主人公シリーズが2作連続公開決定!

映画『虎の流儀』は2022年9月30日(金)より、池袋HUMAXシネマズほかにて2作連続公開!! 「虎の流儀」シリーズは、自らを裸俳優と呼ぶ原田龍二が主演する、弱きを助け強きをくじく人助け任侠映画です …

新作映画ニュース

アブストラクトSFホラー『NEW RELIGION』あらすじ/キャスト。イギリス最大のジャンル映画祭でワールドプレミア決定!瀬戸かほ記念コメントも

アブストラクトSFホラー『NEW RELIGION』、ついに解禁! 2023年の劇場公開を目指す映画『NEW RELIGION』が、このたび2022年度のロンドン・フライトフェスト映画祭でのワールドプ …

新作映画ニュース

映画『薔薇とチューリップ』あらすじとキャスト。2PMジュノのプロフィールと上映劇場情報も

2PMのジュノが日本映画初主演! 人気漫画家・東村アキコが、2PMのジュノのために書き下ろした漫画が映画化されました。 しかも主演はジュノそのひと! 期待の映画『薔薇とチューリップ』は2019年5月3 …

新作映画ニュース

映画『AWAKE』公開日決定!吉沢亮主演最新作は2020年クリスマスでポスタービジュアルも解禁

最強将棋ソフト開発者VS若手強豪棋士。 実際の対局から生まれた、感動の青春物語。 吉沢亮が薄暗い部室で静かな情熱を燃やす!? (C)2019『AWAKE』フィルムパートナーズ プロ棋士とコンピュータ将 …

新作映画ニュース

映画『はぐれアイドル地獄変』あらすじ/キャスト/上映館。実写化で橋本梨菜が芸能界の闇と戦う!

なにわのブラックダイヤモンド橋本梨菜初主演映画! 「漫画ゴラクスペシャル」(日本文芸社)で連載中のセクシーコメディ『はぐれアイドル 地獄変』の映画化が決定しました。 (C)「はぐれアイドル地獄変」(C …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学