Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/02/10
Update

金子大地×石川瑠華W主演ラブストーリー映画『猿楽町で会いましょう』劇場公開日は6月5日に決定!

  • Writer :
  • 石井夏子

第2回「未完成映画予告編大賞MI-CAN」グランプリ受賞作を映画化。

業界大注目の俳優・金子大地と、ネクストブレイク必至の石川瑠華がW主演した衝撃のラブストーリー『猿楽町で会いましょう』。

映画『猿楽町で会いましょう』は2020年6月5日、物語が展開する街の映画館、渋谷パルコ8F WHITE CINE QUINTOほか全国順次公開が決定しました。

この度、児山隆監督自ら編集した特報映像が解禁され、監督のコメントも到着。

スポンサーリンク

映画『猿楽町で会いましょう』の紹介


(C)2019オフィスクレッシェンド

第2回「未完成映画予告編大賞MI-CAN」グランプリ受賞作を映画化した本作『猿楽町で会いましょう』

鳴かず飛ばずのフォトグラファー・小山田が、読者モデルのユカと出会うことで始まるラブストーリーです。

フォトグラファー・小山田役には、「『おっさんずラブ』『腐女子、うっかりゲイに告る。』など出演作が相次ぎ、業界大注目の金子大地

どこか掴めないユカ役には、ネクストブレイク必至の石川瑠華

そのほか、ユカの元恋人・良平役に栁俊太郎、ユカがタレント養成学校で出会う友人・久子役に小西桜子、雑誌編集者役には、前野健太がそれぞれ脇を固めます。

監督は、本作が長編映画デビューとなる児山隆。変わりゆく渋谷の街を舞台に、若者たちの刹那の恋を流麗なカメラワークで切り取りました。

また、ポスタービジュアルと劇中でフォトグラファーの小山田が捉える写真は、新進気鋭の写真家、草野庸子撮影によるもの。

友人や身近な人たちの何気ない日常をありのままに写し出してきた草野庸子が、小山田とユカの、脆くもかけがえのない一瞬をつぶさに切り取っています。

写真家・草野庸子のプロフィール


(C)2019オフィスクレッシェンド

本作でビジュアルや主役の小山田が捉えた写真を撮影した写真家の草野庸子は、1993年生まれ、福島県出身

桑沢デザイン研究所でグラフィックデザインを専攻し、在学中にプライベートで撮りためて応募した写真で、2014年にキヤノン写真新世紀優秀賞に選出されました。

以後、写真家の道を歩み始め、現在ではファッションやカルチャー誌をはじめとする数々のメディアで活動しています。

2017年に、写真集『EVERYTHING IS TEMPORARY(すべてが一時的なものです)』を刊行。2018年写真集『Across the sea』(RoshinBooks)を刊行。

映画『猿楽町で会いましょう』の特報予告映像

児山隆監督自ら編集した特報予告映像は、小山田(金子大地)とユカ(石川瑠華)のぎこちなくも瑞々しいやり取りから始まります。

その後、「これはただのラブストーリーのひとつだ」という、ユカの呟きが聞こえてきます。

そして加速していく映像と、感情的に連呼されていく「これはただのラブストーリーのひとつだ」の台詞。

エモーショナルで胸をかき乱される映像となっています。

児山隆監督からのコメント

特報予告映像解禁に合わせて、児山隆監督のコメントも到着しました。

『猿楽町で会いましょう』は予告編から始まった映画です。
ただ僕はこの特報の発表をもって、賞を獲った予告編と良い意味で訣別できたらと思っています。挑発的な予告編に仕上げました。公開を楽しみにしていてください。

スポンサーリンク

映画『猿楽町で会いましょう』の作品情報


(C)2019オフィスクレッシェンド

【日本公開】
2020年(日本映画)

【脚本】
児山隆、渋谷悠

【監督】
児山隆

【キャスト】
金子大地、石川瑠華、栁俊太郎、小西桜子、長友郁真、大窪人衛、呉城久美、岩瀬亮、前野健太

映画『猿楽町で会いましょう』のあらすじ

(C)2019オフィスクレッシェンド

鳴かず飛ばずのフォトグラファー・小山田(金子大地)は、読者モデルのユカ(石川瑠華)と出会います。

コケティッシュでピュアなユカに惹かれ、彼女を被写体に次々と作品を撮り始める小山田。

しだいに距離を縮めていく2人でしたが、ユカが小山田に体を許すことは決してありませんでした。

猿楽町で撮った作品もコンテストで賞を獲得。小山田は周囲に認められ始めます2人の運命を大きく変えることになり…。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2019オフィスクレッシェンド

ヒロイン・ユカ役に抜擢された石川瑠華。石川瑠華の当時のインスタグラムを見た児山隆監督がスカウトしました。

ユカに必要な見た目の説得力や実在感を石川に感じたとのこと。

石川瑠華のナチュラルな佇まいを劇場で感じてください。

映画『猿楽町で会いましょう』は2020年6月5日、渋谷パルコ8Fの映画館WHITE CINE QUINTOほか全国順次ロードショーです。




関連記事

新作映画ニュース

西島秀俊×小林薫映画『休暇』などリビングルームシアターで配信!話題作『凱里ブルース』は8月2日まで

リビングルームシアターに新たに9タイトルが追加! Covid-19対策として、映画館との共生を理念に5月23日に開設されたオンラインシアター「リビングルームシアター」に、新たに映画配給会社シネマエンジ …

新作映画ニュース

インド映画最新作やおすすめを上映!「インディアンムービーウィーク2020」開催情報とラインナップ紹介

話題のインド映画を上映する、「インディアンムービーウィーク 2020」開催決定! 全ラインナップ発表&メインビジュアル公開! 2019年開催の第1回に続き、話題作を集めたインド映画祭「インデ …

新作映画ニュース

韓国映画『神と共に』あらすじとキャスト。日本劇場公開は2019年5月と6月で2部作上映決定!

韓国映画史上歴代2位の成績をたたき出し、韓国累計で2700万人を動員したメガヒット・ムービー『神と共に 第一章:罪と罰』は5月24日(金)より、『神と共に 第二章:因と縁』は6月28日(金)より新宿ピ …

新作映画ニュース

映画『タゴール・ソングス』劇場公開日/上映館/予告編。近代インドの詩人の歌と音楽をドキュメンタリーで紐解く!

激動の近代インドを生き抜いた詩人・タゴール。 彼の創った歌は時を超え、ベンガルの人々と共に生き続ける―。 タゴール・ソングは、遙か遠いベンガル地方で生まれた歌にも関わらず、いま現在の日本で生きるわたし …

新作映画ニュース

韓国映画『エクストリーム・ジョブ』あらすじとキャスト。日本公開は2020年1月3日に決定!

韓国動員1,500万人突破! 韓国歴代興収ランキング第1位!! 2PMのジュノが初主演を務め、韓国で300万人突破の大ヒットを記録した映画『二十歳』で、味わい深い“セリフの味つけ”が際立つ演出で、一躍 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学