Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/06/10
Update

金子大地&石川瑠華『猿楽町で会いましょう』あらすじとキャスト。未完成映画予告編大賞作品がクランクイン!

  • Writer :
  • 河合のび

金子大地×石川瑠華のビタースイートな恋愛ストーリー

第2回「未完成映画予告編大賞 MI-CAN」にてグランプリを受賞し、映画の製作も決定された児山隆監督の『猿楽町で会いましょう』。

この度、金子大地石川瑠華の二人の若手俳優を主演に迎え、2019年6月17日、ついにクランクインを果たしました。

本記事では、主演・金子大地と石川瑠華、児山隆監督のプロフィールと本作に寄せたコメントなどをご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『猿楽町で会いましょう』とは?

「未完成映画予告編大賞」受賞時の児山監督のツイート

未完成映画予告編大賞 MI-CAN」とは、堤幸彦監督や大根仁監督を擁し次々と話題作を産み出してきた映像制作会社オフィスクレッシェンドが主催している映像コンテストです。

ある地域を舞台にした「3分以内の予告編映像」というテーマで制作・審査を行い、次世代を担うクリエイターの発掘・育成を目指したプロジェクトとして、各方面から熱い注目を集めています。

その第2回にて見事グランプリを獲得し、その予告編映像を原案に映画の製作も決定されたのが、映画『猿楽町で会いましょう』です。

嘘つきの女の子・ユカと彼女の“本当の顔”を撮ろうとするフォトグラファー・小山田の恋の顛末を描くビタースイートな恋愛ストーリーである本作。

監督を務めるのは児山隆。助監督として多数の作品に参加し、その後広告を中心とした映像ディレクターとして活躍。本作は彼にとって初の監督作となります。

主人公の小山田を演じるのは、ドラマ「腐女子、うっかりゲイに告る。」(NHK総合)や「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)で注目を集める期待の若手俳優・金子大地

また、小山田の元に転がり込んでくるヒロイン・ユカを演じるのは、『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督による話題の新作映画『イソップの思うツボ』の主演に抜擢された石川瑠華です。

映画『猿楽町で会いましょう』のあらすじ

駆け出しのフォトグラファー・小山田(金子大地)は、とある撮影現場で読者モデルのユカ(石川瑠華)と出会いました。

コケティッシュでピュアなユカに惹かれ、彼女を被写体に次々と作品を撮り始める小山田。

やがて二人は付き合い始め、猿楽町で撮った作品もコンテストで賞を獲得。小山田は周囲に認められ始めます。

しかし、元カレの存在を知った小山田は次第にユカの言動を疑い始め…。

スポンサーリンク

小山田役・金子大地のプロフィール

1996年生まれ、北海道出身。

2014年、アミューズオーディションフェスで俳優・モデル部門を受賞、デビューを果たします。

主な出演作は、ドラマ「腐女子、うっかりゲイに告る。」(NHK総合)、「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)、映画『ナラタージュ』、『家族のはなし』など多数。

2019年には、映画『劇場版おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』(8月23日公開予定)、『殺さない彼と死なない彼女』(今秋公開予定)の公開が控えています。

金子大地が寄せたコメント

『猿楽町で会いましょう』の予告編を観たとき、石川さん演じるユカに惹きこまれて、物語がますます気になりました。また、脚本を読んだときは、恋愛をしたような気分と、怒りと、何かもどかしい感情が生まれました。この作品に参加できることが凄く嬉しいです。3分間の予告から生まれたこの作品がどう大きくなっていくのか、その過程を小山田という役を通して見れることが僕自身とても楽しみです。

ユカ役・石川瑠華のプロフィール

1997年生まれ。

2019年8月に劇場公開される映画『イソップの思うツボ』(上田慎一郎、浅沼直也、中泉裕矢監督)の主演としてオーディションで大抜擢。

その他にも、福島中央テレビ制作のドラマ「絶景探偵。SP」(2019)や、第41回モスクワ国際映画祭参加作品である平林勇監督の映画『Shell and joint』(2019)、「MOOSIC LAB2018」参加作品である石橋夕帆監督の映画『左様なら』(2019)、JR東日本のテレビCMなどに出演。そして現在も、6本の映画が公開を控えています。

石川瑠華が寄せたコメント

予告編『猿楽町で会いましょう』は、私の初めての映像の現場でした。当時たくさん支えてくださった監督、スタッフの方々と再会でき、こうして『猿楽町で会いましょう』を映画化できることが本当に嬉しいです。私の役は嘘ばかりつく女の子。そんな彼女と今作品を通して、真正面からぶつかりたいと思っています。力強いキャストの方々も加わり、撮影が楽しみです。最後まで児山監督を信じて頑張りたいと思います。

スポンサーリンク

監督・児山隆のプロフィール

1979年生まれ、大阪府出身。

映画助監督を経験したのち、CMのオフラインエディターを経てディレクターとして活動。TOYOTA、LINE、Google、マクドナルドなどの数々の有名企業の広告作品を監督しました。

『猿楽町で会いましょう』は、監督にとって初の監督作となります。

児山隆からのコメント

僕はわりと映画が好きでよく映画を観に行くんですが、そんな僕が「観たい!」という映画にどうやらなりそうです。素晴らしい(本当に)スタッフの皆さんに、最高な(とんでもなく)キャストが集まりました。この最高なメンバーと一緒に面白い映画をつくりに行ってきます。

まとめ

第2回「未完成映画予告編大賞 MI-CAN」にてグランプリを受賞し、映画の製作も決定された児山隆監督の『猿楽町で会いましょう』。

金子大地石川瑠華の二人の若手俳優を主演に迎え、クランクインに至った本作。

監督&主演キャスト二人のコメントからも読み取れるように、最高のスタッフと最高のキャスト陣が集結し、本作を「面白い映画」へとすべく製作に臨みます

果たして、映画『猿楽町で会いましょう』はどのような作品になるのでしょうか?

本作が無事クランクアップを迎え、完成し、劇場で公開されることでそれは明らかになります。

関連記事

新作映画ニュース

玉森裕太×吉岡里帆映画『パラレルワールドラブストーリー』あらすじとキャスト。特報・ビジュアル解禁!

3人の男女、2つの世界、1つの真実…。 累計発行部数が110万部を突破した作家・東野圭吾氏のベストセラー小説『パラレルワールド・ラブストーリー』。 2つの異なる世界を行き交う、壮大で複雑な三角関係が実 …

新作映画ニュース

TAKAHIROが映画でちょんまげ姿を初披露!『3人の信長』特報予告とポスタービジュアル紹介

ホンモノ、だ~れだっ! Ⓒ2019「3人の信長」製作委員会 数々の映画・ドラマの題材となった“織田信長”の新たな姿を描いた前代未聞の時代劇エンターテインメント『3人の信長』が9月20日(金)より全国公 …

新作映画ニュース

柳楽優弥映画『夜明け』あらすじとキャスト。東京フィルメックス2018開催情報の紹介も

第19回東京フィルメックスが、2018年11月17日(土)~11月25日(日)の9日間、有楽町朝日ホールほかで開催されます。 2018年のラインナップが発表され、東京フィルメックスならではの作品たちが …

新作映画ニュース

映画『ブラ!ブラ!ブラ!胸いっぱいの愛を』あらすじとキャスト。公開日は2020年1月18日と決定しポスタービジュアルも解禁!

世界各国の美女が総出演。 全編セリフなしの極上ファンタスティック・人生ロードムービー! 青いブラジャーをめぐる大人のファンタジーと冒険を、全編セリフを排しながらも雄弁な、極上ハートフルロードムービーが …

新作映画ニュース

映画『町田くんの世界』キャストのはじめ役は細田佳央太(かなた)。プロフィールと演技力の評価

第20回手塚治虫文化賞・新生賞を受賞した安藤ゆきの同名マンガ『町田くんの世界』。 実写化した青春映画が2019年6月7日に公開されます。 監督は『舟を編む』で史上最年少の30歳で日本アカデミー賞最優秀 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学