Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/05/17
Update

ロマンチックなデートの本編映像を公開!映画『パリ、嘘つきな恋』は真実の愛を描くラブストーリー

  • Writer :
  • 石井夏子

トンデモナイ嘘から最高の恋が始まります!

本国フランスで動員250万人超(2019年5月10日時点)の大ヒットを記録した、とびきり楽しくて、心ときめくラブストーリー『パリ、嘘つきな恋』が5月24日(金)から新宿ピカデリーほか全国公開されます。

本作は “イケメンでお金持ちだが女性に求めるのは一時的な関係だけ”という軽薄な男・ジョスラン(フランク・デュボスク)が、自分がついてしまったトンデモナイ嘘をきっかけに、本物の恋に目覚めていく姿を描いた、大人のための極上のフレンチ・ラブストーリーです。

この度解禁されたのは、世界一ロマンチックで優しい愛に溢れた、水中デートシーンの映像

これを観たら、あなたも優しい嘘に包まれたくなるはず!?

スポンサーリンク

映画『パリ、嘘つきな恋』のデートシーン本編映像

本映像はフロランスと出会ったことで、人生で初めて女性と真剣に向き合う覚悟ができたジョスランが、彼女を初めて自宅のディナーに招待するシーン

2人で食事を楽しんでいた最中、ジョスランが唐突に「泳げる?」と、フロランスに質問、戸惑いながらも「まあね」と答えるフロランス。

その答えを聞いたジョスランが浮き具のポールをフロランスに渡した瞬間、テーブルがゆっくりと沈み初め、なんと2人は車椅子のままプールの水中に沈むことに。

水中に浮いた2人が重力から解放され、ふわふわと美しく広がるフロランスの真っ赤なドレスも印象的でロマンチックなシーン映像となっています。

魅力的なキャストたちが彩るラブストーリー


(C)2018 Gaumont / La Boetie Films / TF1 Films Production / Pour Toi Public

車椅子生活ながらも行動力とユーモア、優しさに溢れた魅力的な女性・フロランスを演じるのは、アカデミー賞俳優ジャン・デュジャルダンの元妻、アレクサンドラ・ラミー。

そして、監督・脚本・主演を務めるのは本作で監督デビューを果たしたフランスの国民的コメディアン、フランク・デュボスク。

彼はこの一風変わったデートシーンに関して「まず、2人はどんなふうに初めて愛を交わすだろうか、と考えたのです。プールでは、ディナーの終わりに地面が下がっていき、2人は浮き上がります。車いすが水底に沈んでしまえば、2人はあらゆる制約から自由になるのです。」と語りました。

重力から自由になったことで2人は不自由な足やあらゆる制約から解放、ジョスランの優しく真剣な思いがフロランスに伝わった瞬間を切りとった重要なシーンです。

映画『パリ、嘘つきな恋』の作品情報


(C)2018 Gaumont / La Boetie Films / TF1 Films Production / Pour Toi Public

【日本公開】
2019年(フランス映画)

【原題】
Tout le Monde Debout (英題:Rolling to You)

【脚本・監督】
フランク・デュボスク

【キャスト】
フランク・デュボスク、アレクサンドラ・ラミー、ジェラール・ダルモン、エルザ・ジルベルスタイン、ローラン・バトー、フランソワ=グザビエ・ドゥメゾン、クロード・ブラッスール

【作品概要】
監督・脚本・主演を務めるのは本作で監督デビューを果たしたフランスの国民的コメディアン、フランク・デュボスク。

車椅子生活ながらも行動力とユーモア、優しさに溢れた魅力的な女性・フロランスを演じるのは、アカデミー賞俳優ジャン・デュジャルダンの元妻、アレクサンドラ・ラミーです。本作の演技でフランスの優れた芸術作品に贈られるクリスタル・グローブ賞主演女優賞(コメディ部門)を受賞しました。

スポンサーリンク

映画『パリ、嘘つきな恋』のあらすじ


(C)2018 Gaumont / La Boetie Films / TF1 Films Production / Pour Toi Public

ジョスラン(フランク・デュボスク)は、パリの大手シューズ代理店で働くビジネスマンです。

金持ちでハンサムな彼は、常に女性にモテモテですが、女性に対して求めるのは、一時的な関係だけ。

ある日、亡くなった母親の家を訪ね、部屋に残されていた母の車椅子に座ってたたジョスラン。

偶然その場を訪ねてきた美女ジュリーの気を引くため、自分は車椅子生活を送っていると嘘をついてしまいます。

ジュリーは姉のフロランス(アレクサンドラ・ラミー)をジョスランに紹介。

フロランスは以前事故に遭い、車椅子生活を送っていますが、バイオリニストとして世界を飛び回る傍ら、車椅子テニスプレーヤーとしても活躍する美しく魅力的な女性でした。

会うたびに、どんどん彼女に魅了されてしまうジョスラン。

しかし、ジョスランはまだ最初の嘘を引きずったまま、本当のことをフロランスに伝えられていませんでした。

一方、実はフロランスも彼に隠し事があるようで…。

まとめ


(C)2018 Gaumont / La Boetie Films / TF1 Films Production / Pour Toi Public

フランス中を虜にした珠玉のラブストーリーが、遂に日本にやってきます!

“嘘”をついたことから始まった、ジョスランとフロランスの恋。お互いを愛し、思いやりながらもなかなか真実を告げことが出来ないふたり。

解禁された本編映像の、夢のように美しく、ロマンチックなデートシーンは、誰もが一度は体験してみたいと感じる事でしょう。

プールに沈んで行くふたりと、水の青さ、フロランスの真っ赤なドレスの色が幻想的でため息が出てしまうほど。

おかしみと愛に溢れた映画『パリ、嘘つきな恋』は2019年5月24日(金)より新宿ピカデリーほかで全国ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『ミは未来のミ』あらすじ/キャスト/公開日。磯部鉄平監督特集をアップリンク吉祥寺にて開催!

河瀬直美らを輩出したビジュアルアーツ専門学校大阪の出身、磯部鉄平監督特集。 大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭、Kisssh-Kissssssh映画祭など、さ …

新作映画ニュース

映画『佐々木、イン、マイマイン』あらすじ/キャスト/特報予告動画。村上虹郎も出演の内山拓也が描く青春ムービーとは?

旬な俳優・藤原季節主演×新鋭・内山拓也監督による“20年代の青春映画”。 King Gnu“The hole”や平井堅“#302”、Uru“あなたがいることで”のミュージックビデオなどで知られる業界大 …

新作映画ニュース

斎藤工映画『TOKYO TELEWORK FILM』が始動!監督最新作はテレワークを舞台にリモート撮影でクランクイン

齊藤工監督の最新オムニバス映画プロジェクトが始動。 映画業界の未来を鑑みて、いろいろな動きが広がる中、新たな企画がはじまりました。 (C)EAST FACTORY INC. 新型コロナウイルス対応の緊 …

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャストのホームレスのいちさん役は平田満【演技力の評価とプロフィール】

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開! オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら …

新作映画ニュース

映画『ともしび』シャーロット・ランプリングがヴェネチア主演女優賞受賞。ポスタービジュアル解禁

2017年ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門において主演女優賞を受賞した、シャーロット・ランプリング主演映画『ともしび』。 人生の終盤、積み上げてきたものを失った一人の女の“生き直し”の物語です …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学