Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/05/13
Update

映画『おろかもの』キャスト主演女優の笠松七海は高校生の洋子役を熱演【演技評価とプロフィール】

  • Writer :
  • YUMIKO

映画『おろかもの』は2020年劇場公開予定

若手監督の登竜門として知られる田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した長編『おろかもの』が、2020年「田辺・弁慶映画祭セレクション2020」で上映予定です。

盟友である芳賀俊監督と『ボーダー』の鈴木祥監督が共同で手がけて製作されました。

この記事では、主人公の高城(たかぎ)洋子役を演じる笠松七海について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『おろかもの』の作品情報


(C)2019「おろかもの」制作チーム/(C)2019 SKIP CITY NTERNATIONAL D-Cinema FESTIVAL Committee.All right reserved.

【上映】
2020年(日本映画)

【監督】
芳賀俊、鈴木祥

【脚本】
沼田真隆

【キャスト】
笠松七海、村田唯、イワゴウサトシ、猫目はち、葉媚、広木健太、南久松真奈

【作品概要】

形は違えど、これまでいくつもの作品をともに制作してきた芳賀俊監督と鈴木祥監督が満を持して挑んだ、二人にとって初の長編監督作。

結婚を控えている兄の浮気相手と対峙した妹が、やがてその浮気相手、そして兄の婚約者と接してゆくうちに他者や自身にとっての“つながり”について見つめ直してゆく物語です。

主人公・洋子を演じたのは、『空の味』(2016)『サイモン&タダタカシ』(2017)の笠松七海。女子高生特有のアンビバレントな感情を完璧に捉えた快演を劇中で見せます。

兄の浮気相手・美沙を魅惑的に演じたのは、『密かな吐息』(2014)『デゾレ』(2017)など自身も監督として活動している村田唯。また兄の婚約者・果歩を演じた猫目はちも、『つま先だけが恋をした』(2018)で監督デビューを果たしています。

本作は、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019での上映がワールド・プレミアとなりました。そして国内コンペティション長編部門にて見事観客賞を獲得しました。

田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でもグランプリを受賞したほか、主演の笠松七海と村田唯も俳優賞を受賞し、観客賞など5冠に輝きました。

「横濱インディペンデント・フィルム・フェスティバル2019」でも長編部門最優秀作品賞受賞し、笠松七海が俳優賞を受賞しています。

映画『おろかもの』のあらすじ


(C)2019「おろかもの」制作チーム/(C)2019 SKIP CITY NTERNATIONAL D-Cinema FESTIVAL Committee.All right reserved.

高校生の洋子は結婚を目前に控えた兄・健治が、美沙という女性と浮気をしている現場を目撃してしまいます。

ある日、衝動と好奇心に突き動かされて美沙と対峙した洋子は、美沙の独特の柔らかさと強さ、そして脆さに惹かれていきます。

そして、洋子が何気なく言葉にした“ある提案”に乗ってしまったことで、美沙は彼女と行動をともにするようになり、次第に奇妙な関係を結んでゆきます…。

スポンサーリンク

映画『おろかもの』高城洋子役は笠松七海

参考映像:『空(カラ)の味』(2017)

映画『おろかもの』で主人公の高城洋子役を演じるのは若手女優の笠松七海。

『空(カラ)の味』、『サイモン&タダタカシ』など若手インディペンデント監督作品に数多く出演しています。

小学生の頃から、みんなと同じことをするのが苦手だったそうです。

高校時代に映画のワークショップを受けて、短編映画に出演。個々に責任ある状態でひとつのものを作るということがしっくりきて、現場が好きになったといいます。

本作『おろかもの』では、感受性豊かな高校生の主人公・洋子を演じています。

17歳の頃の気持ちや考え方を思い出して演じることは、恥ずかしくて苦しいことでもあったと語っています。

映画『おろかもの』高城洋子はどんな役?


(C)2019「おろかもの」制作チーム/(C)2019 SKIP CITY NTERNATIONAL D-Cinema FESTIVAL Committee.All right reserved.

笠松七海演じる高城洋子は本作の主人公。17歳の女子高生。

9年前に両親を亡くし、兄の健治と二人暮らし。

一か月後に結婚を控える兄が、美沙という女性と浮気していることを知ります。

洋子は好奇心から美沙と会い、奇妙な交流をするようになりますが…。

スポンサーリンク

笠松七海の演技力の評価は

参考映像:『アルム』(2020)

若手インディペンデント映画に次々に出演している若手実力派・笠松七海。

『空(カラ)の味』、『サイモン&タダタカシ』『はじめてのうみ』『次は何にうまれましょうか』など数多くの作品に出演。

『かべづたいのこ』『ご愁傷様』『アルム』では主演を務める実力派です。

本作『おろかもの』では、結婚を控えた兄の浮気相手・美沙に、好奇心、正義心を抑えきれずに会いに行く純粋な主人公・洋子を演じます。

美沙への嫌悪感と共感との間で揺れる思いを繊細に表現し、高い評価を得ました。

「田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)」のコンペティション部門で村田唯と共に俳優賞を受賞。

「横濱インディペンデント・フィルム・フェスティバル2019」でも俳優賞を受賞しています。

笠松七海の公式SNSの紹介

笠松七海の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)2019「おろかもの」制作チーム/(C)2019 SKIP CITY NTERNATIONAL D-Cinema FESTIVAL Committee.All right reserved.

若手監督の登竜門「田辺・弁慶映画祭」の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した『おろかもの』。

盟友である芳賀俊監督と鈴木祥監督が初の長編監督作として共同で手掛け、多数の映画祭で高い評価を受けた一作です。

愛を信じ続ける限り、“おろかもの”であり続ける人々を、温かな目で描いています。

主演の笠松七海は、「田辺・弁慶映画祭」「横濱インディペンデント・フィルム・フェスティバル2019」で俳優賞を受賞した実力派。主人公の揺れ動く心の機微を、感受性豊かに表現しています。

映画『おろかもの』は、「田辺・弁慶映画祭セレクション2020」にて、東京・テアトル新宿、大阪・シネ・リーブル梅田にて公開予定です。

新型コロナウイルスの拡大の影響で、現在、6月公開は順延となっております

関連記事

新作映画ニュース

映画『ノッティングヒルの洋菓子店』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。幸せな気分になる感動作が日本上陸!

悲しみはスパイス、喜びは隠し味。あなたの思い出、お菓子にします。 劇中のスイーツを大人気デリ「オットレンギ」が全面協力し、三世代の女たちとイケメンシェフの待つ、目にも美味しいベイクショップ。 世界中の …

新作映画ニュース

映画『グッドバイ』キャストの水原ケイ子役は橋本愛【演技評価とプロフィール】

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』は2020年2月14日より全国公開! 『走れメロス』、『人間失格』などの代表作を発表し、2019年に生誕110年を迎えた昭和の文豪・太宰治。 太宰治の未完の遺 …

新作映画ニュース

映画監督アディナ・ピンティリエが話題作『タッチ・ミー・ノット』へコメント!劇場公開は7月4日より

映画『タッチミーノット~ローラと秘密のカウンセリング~』は2020年7月4日(土)より公開。 第68回ベルリン国際映画祭にて金熊賞〈最高賞〉と、最優秀新人作品賞を受賞したアディナ・ピンティリエ監督作『 …

新作映画ニュース

映画『FUNAN フナン』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実体験を基に描く感動のアニメーション!

第42回アヌシー国際アニメーション映画祭で見事グランプリを獲得! 今はただ進むしかない、わずかな希望を頼りに―。 ドゥニ・ドー監督自身の母親の体験を基に、クメール・ルージュの支配とカンボジアの人々の抵 …

新作映画ニュース

韓国映画『リトル・フォレスト 春夏秋冬』劇場情報。特報とティザービジュアル解禁

『お嬢さん』のキム・テリと『タクシー運転手 約束は海を越えて』のリュ・ジュンヨルの共演で贈るヒューマンドラマ。 映画『リトル・フォレスト 春夏秋冬』の2019年初夏日本公開が決定しました。 五十嵐大介 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP