Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/05/29
Update

『凪待ち』特製令和カレンダーをプレゼント!映画公開&新元号を記念したグッズを抽選で5名様に

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

映画『凪待ち』は2019年6月28日(金)より、TOHOシネマズ日比谷を皮切りに全国ロードショー公開!

香取慎吾×白石和彌のタッグが放つ、ヒューマン・サスペンス映画『凪待ち』

震災後の宮城県石巻市を舞台に、香取演じる主人公がとある悲劇をきっかけにその生を堕落してゆく様とその先にある「再生」を重厚なタッチで描いています。

この度、6月28日(金)からの劇場公開を記念し、『凪待ち』特製令和カレンダーを抽選で5名様にプレゼント致します!

スポンサーリンク

映画『凪待ち』とは?


(C)2018「凪待ち」FILM PARTNERS

『クソ野郎と美しき世界』『人類資金』で知られる俳優にして、第一線のアーティストとしても活動する香取慎吾。そして、『孤狼の血』『麻雀放浪記2020』など、現在の日本映画界を牽引する映画監督の一人である白石和彌

その二人が主演・監督として初タッグを組んだのが、映画『凪待ち』です。

震災後の宮城県石巻市を舞台に、主人公・郁男の暴力と狂気、怒りと裏切り、不条理と悲劇、そして映画史上最も切ない暴力その先に迎える「再生」を描いた骨太のヒューマン・サスペンスです。

本作にて香取慎吾が演じるのは、恋人・亜弓とその娘・美波と共に、母娘の故郷である宮城県石巻市で再出発しようとする主人公・郁男。それまでの「香取慎吾」像とは全く異なる姿を見せます。

多感な少女・美波を演じるのは、『くちびるに歌を』『散歩する侵略者』で知られる恒松祐里

また郁男の恋人・亜弓を演じるのは、映画・テレビドラマと幅広い分野で活躍する女優の西田尚美

そして、『止められるか、俺たちを』『麻雀放浪記2020』と白石監督作品の常連俳優である吉澤健音尾琢真、『凶悪』『万引き家族』で知られるリリー・フランキーなど、実力派俳優陣が脇を固めました。

白石和彌監督のプロフィール


(C)2018「凪待ち」FILM PARTNERS

1974年、北海道出身。

1995年、中村幻児監督が主催する「映像塾」に入塾。以後、若松孝二監督に師事。

フリーの助監督として行定勲、犬童一心など様々な監督の現場を経験したのち、2010年に長編デビュー作『ロストパラダイス・イン・トーキョー』を発表します。

2013年、ノンフィクション小説を映画化した長編第2作『凶悪』で新藤兼人賞金賞など数々の賞を受賞、注目を集めます。

その後も、2017年に『彼女がその名を知らない鳥たち』、2018年に『孤狼の血』『止められるか、俺たちを』『サニー/32』と数々の作品を監督。

2019年も4月に公開された『麻雀放浪記2020』、6月28日に公開の『凪待ち』を含め3本もの映画の公開が決定されているなど、その多作ぶりで知られています。

スポンサーリンク

『凪待ち』特製令和カレンダープレゼントの詳細


(C)2018「凪待ち」FILM PARTNERS

この度、映画『凪待ち』の公開を記念し、『凪待ち』特製令和カレンダーを抽選で5名様にプレゼント致します。

プレゼント内容の情報

【プレゼントグッズ】


(C)2018「凪待ち」FILM PARTNERS

プレゼントの応募受付


(C)2018「凪待ち」FILM PARTNERS

【応募方法】
たくさんのご応募ありがとうございました。当選は発送をもって変えさせていただきます。

【応募締切】
2019年6月21日(金)の23時59分まで有効

【当選者数】
5名様

【抽選・当選発表】
厳正なる抽選のうえ、当選者を決定致します。また当選者の発表は個人情報の保護のため、当選者ご本人への発送をもって代えさせていただきます。

*応募はお1人様1回に限り有効です。複数回の応募は無効となる場合がございますのでご注意ください。

映画『凪待ち』の作品情報


(C)2018「凪待ち」FILM PARTNERS

【公開】
2019年(日本映画)

【監督】
白石和彌

【脚本】
加藤正人

【キャスト】
香取慎吾、恒松祐里、西田尚美、吉澤健、音尾琢真、リリー・フランキー

スポンサーリンク

映画『凪待ち』のあらすじ


(C)2018「凪待ち」FILM PARTNERS

ギャンブル依存症を抱えながら、その人生をフラフラと過ごしていた木野本郁男(香取慎吾)。

彼は恋人の亜弓(西田尚美)が故郷である石巻に戻ることをきっかけに、ギャンブルから足を洗い、石巻で働き暮らすことを決心します。

郁男は亜弓やその娘・美波(恒松祐里)と共に石巻にある家へと向かいますが、そこには末期ガンを宣告されてからも漁師の仕事を続ける亜弓の父・勝美(吉澤健)が暮らしていました。

亜弓仕事先の同僚に誘われたのがきっかけとなり、再びギャンブルに、それも違法なギャンブルに手を染めてしまいました。

やがて些細な揉め事から、美波は母である亜弓と衝突してしまい、家を出て行ってしまいます。

その後、夜になっても戻らない彼女を郁男と亜弓は探しに行くものの、二人はその車中で口論となってしまい、郁男は車から亜弓を降ろしてそのままどこかへと去ってしまいました。

そして、ある重大な事件が起こります。郁男と別れた後、亜弓が何者かによって殺害されたのです。


(C)2018「凪待ち」FILM PARTNERS

あまりにも唐突な死に、茫然とする郁男と美波。葬式を終えた後も、家に帰ろうとしなかった自身を責め続ける美波に、郁男は自分が置き去りにしたせいで彼女を死なせてしまったと語ります。

そして、亜弓という“繋がり”を失ったことで、戸籍上親子ではない郁男と美波の関係も次第に崩れてゆきました。美波の将来を案じた小野寺は、彼女に実父である村上(音尾琢真)とともに暮らすことを勧めます。

一方、郁男は自分のせいで亜弓を死なせてしまったと考え続けていました。そして追い打ちをかけるかのように、郁男は社員を違法なギャンブルに巻き込んだという濡れ衣をかけられ、会社を解雇されてしまいました。

行き場のない怒りを職場で爆発させた後、郁男はどんどん自暴自棄に陥ってゆきます…。

まとめ


(C)2018「凪待ち」FILM PARTNERS

2019年6月28日(金)より、TOHOシネマズ日比谷を皮切りに全国でロードショー公開される映画『凪待ち』。

その公開を記念し、『凪待ち』特製令和カレンダーを抽選で5名様にプレゼント致します。

新元号「令和」の始まりの年に本作を観たことを忘れないためにも、『凪待ち』公開の記念、そして「令和」開始の記念の品としていかがでしょうか?

『凪待ち』特製令和カレンダープレゼントに、ぜひふるってご応募ください!


関連記事

新作映画ニュース

映画『ラストレター』監督は岩井俊二【作品評価とプロフィール】

映画『ラストレター』は2020年1月17日より全国公開! 2020年1月17日(金)より全国公開されるラブストーリー『ラストレター』。 監督を務めるのは『Love Letter』『スワロウテイル』『花 …

新作映画ニュース

岩井俊二映画『チィファの手紙』あらすじとキャスト。日本公開決定の中国版ラストレター

岩井俊二監督が描く、もうひとつの『ラストレター』。 『Love Letter』(1995)、『スワロウテイル』(1996)、『リリイ・シュシュのすべて』(2001)、『花とアリス』(2004)など、数 …

新作映画ニュース

映画『天才たちの頭の中~世界を面白くする107のヒント』はキャストに疑問を投げたドキュメンタリー!

“Why are you creative?” 「あなたはなぜクリエイティブなのですか」というシンプルな質問を30年以上問い続けてきたドイツ人監督ハーマン・ヴァスケ。 (c) 2018 Emotion …

新作映画ニュース

東出昌大最新情報!映画『草の響き』あらすじ/キャスト。佐藤泰志の小説を原作に函館を走る男を演じる

函館出身の作家・佐藤泰志没後30年。 夭折の小説家、佐藤泰志。『オーバー・フェンス』『きみの鳥はうたえる』に続き、佐藤泰志が執筆した小説『草の響き』が映画化され、2021年秋に公開されます。 (C) …

新作映画ニュース

映画『家(うち)へ帰ろう』あらすじとキャスト。公開トークイベントと各種タイアップ情報

アルゼンチンのパブロ・ソラルス監督作品『家へ帰ろう』は2018年12月22日よりシネスイッチ銀座ほかで全国順次公開。 ブエノスアイレスに住む88歳の仕立て屋が、祖国ポーランドへ70年前に別れた親友を探 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学