Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

ジャック・オーディアール映画が第44回セザール賞にもノミネート!話題の西部劇『SISTERS BROTHERS』とは

  • Writer :
  • 石井夏子

『SISTERS BROTHERS(原題)』が第44回セザール賞にて4冠

2019年7月にTOHOシネマズシャンテ他全国ロードショーされる映画『SISTERS BROTHERS(原題)』

ジャック・オーディアール監督最新作、ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞(監督賞)を受賞の本作がこのたび、フランス時間2月22日(金)に開催された第44回セザール賞授賞式にて、見事監督賞、撮影賞、美術賞、音響賞の4部門受賞5ノミネートを果たしました!!

西部劇ジャンルに新しさを与えエンターテインメント作品に仕上げた映画『SISTERS BROTHERS(原題)』についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

セザール賞とは

セザール賞は別名“フランス版アカデミー賞”と呼ばれ、同賞を主催する仏映画芸術技術アカデミー会員の投票によって決まる賞です。

過去作品賞に選出された作品では『アメリ』(2001)、『戦場のピアニスト』(2003)、『アーティスト』(2012)など、日本でも大ヒットを記録した作品も多く、米国アカデミー賞前哨戦としても重要な賞となります。

ジャック・オーディアール監督作品は本賞の常連となっており『ディーパンの闘い』(2016)で9部門ノミネート『君と歩く世界』(2013)は4部門受賞、5部門ノミネート、『預言者』(2012)では作品賞、監督賞、脚本賞含む9部門受賞、3ノミネートを果たしていました。

映画『SISTERS BROTHERS(原題)』の作品情報


C 2018 Annapurna Productions, LLC. and Why Not Productions. All Rights Reserved.

【公開】
2019年(アメリカ・フランス・ルーマニア・スペイン合作映画)

【原作】
パトリック・デウィット「シスターズ・ブラザーズ」 (創元推理文庫刊)

【監督】
ジャック・オーディアール

【キャスト】
ジョン・C・ライリー、ホアキン・フェニックス、ジェイク・ギレンホール、リズ・アーメッド

【作品概要】
本作『SISTERS BROTHERS(原題)』はジャック・オーディアール監督初の英語作品で、キャストは『シカゴ』(2003)のジョン・C・ライリー、『ザ・マスター』(2013)のホアキン・フェニックス、『ブロークバック・マウンテン』(2006)のジェイク・ギレンホール、『ナイトクローラー』(2015)のリズ・アーメットと実力者ぞろい。

1851年のゴールドラッシュに沸くアメリカを舞台に、それぞれの思惑をもちながら黄金に魅せられた4人を描いたエンターテイメント作品です。

スポンサーリンク

映画『SISTERS BROTHERS(原題)』のあらすじ


C 2018 Annapurna Productions, LLC. and Why Not Productions. All Rights Reserved.

時はゴールドラッシュ。

普通を夢見る兄と、裏世界でのし上がりたい弟。

ふたりは最強と呼ばれる殺し屋として生きてました。

政府の内密な依頼で偵察係と追うことになったのは、黄金を見分ける化学式をみつけた科学者。

しかし黄金に魅せられた4人は手を組むことになり…。

トラウマ、憧憬、疑心、かすかな友情。

組むはずではなかった4人の思惑が交錯し、思いがけないラストへと加速する傑作サスペンスドラマです。

まとめ

それぞれの思惑をもちながら黄金に魅せられた4人は何を得て、何を失うのか…。

西部劇のルックながらサスペンスドラマの要素が入り読めない展開、誰が善で誰が悪なのかツイストしていく人間ドラマ愛おしさをにじませるキャラクターの掘り下げなどジャック・オーディアール監督は西部劇ジャンルに新しさを与えエンターテインメント作品に仕上げました。

第44回セザール賞授賞式にて、見事監督賞、撮影賞、美術賞、音響賞の4部門受賞5ノミネートを果たした映画『SISTERS BROTHERS(原題)』

2019年7月にTOHOシネマズシャンテ他で全国ロードショーです!

関連記事

新作映画ニュース

【新宿K’s cinema】ドキュメンタリー映画『99歳 母と暮らせば』公開日決定!谷光章監督が幸せな介護を描く

老老介護のリアルな姿を描いたほのぼのドキュメンタリー 認知症を患う99歳の母と自身も71歳の映像作家・谷光章監督が介護をする姿をほのぼのと描いたドキュメンタリー『99歳 母と暮らせば』が6月8日(土) …

新作映画ニュース

【映画試写会プレゼント】『ジュリアン』10組20名様ご招待(1/17なかのZERO小ホール)応募終了いたしました。

2017年ヴェネチア国際映画祭にて最優秀監督賞にあたる銀獅子賞を受賞し、本国フランスで40万人動員のロングランヒットを記録した映画『ジュリアン』。 フランス映画界の新星グザヴィエ・ルグラン監督の長編デ …

新作映画ニュース

『名も無き世界のエンドロール』映画ラストの続編が配信決定!その後をオリジナルドラマで描く【Re:名も無き世界のエンドロール ~Half a year later~】

映画『名も無き世界のエンドロール』衝撃のラストのその後を描いたオリジナルドラマ配信決定。 “闇の交渉屋”岩田剛典が銃撃戦を展開!? 「第25回小説すばる新人賞」を受賞した、行成薫による同名傑作小説を原 …

新作映画ニュース

映画『ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』日本公開決定!人生と音楽を捉えたドキュメンタリー

“ジャズピアノの詩人”ビル・エヴァンス生誕90周年記念 “ジャズピアノの詩人”ビル・エヴァンス生誕90周年を記念し、エヴァンスの「時間をかけた自殺」とも言われた51年の人生と音楽を捉えたドキュメンタリ …

新作映画ニュース

東京国際映画祭2018のおすすめ厳選5作品。あらすじと登壇ゲストの日程紹介も

いよいよ開幕が迫ってきた、第31回東京国際映画祭。チケット販売開始と同時に完売の作品も続出しました。 この記事では、コンペティション部門に選出された16本の作品から気になる海外映画5作を取り上げてご紹 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP