Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/09/30
Update

【上野鈴華の演技評価とプロフィール】『ミッドナイトスワン』ヒロインのライバル桑田りん役で衝撃的なキャラクターを演じる

  • Writer :
  • YUMIKO

2020年9月25日より公開の映画『ミッドナイトスワン』キャスト紹介

主演・草彅剛(くさなぎつよし)、内田英治(うちだえいじ)監督によるオリジナル脚本作品『ミッドナイト スワン』

トランスジェンダーとして日々身体と心の葛藤を抱えながら新宿に生きる凪沙と、親から愛を注がれず生きるもバレエダンサーを夢見る少女・一果の姿を通して、“切なくも美しい現代の愛の形”を描く「ラブストーリー」です。


(C)2020「MIDNIGHT SWAN」FILM PARTNERS

草彅剛が演じる凪沙を、大きく動かしていく一果役には、女優デビューとなる新人・服部樹咲(はっとりみさき)が抜擢され、水川あさみ、田口トモロヲ、真飛聖ら実力派俳優陣も脇を固めます。

この記事ではヒロイン・一果のライバルとなる女子高生・桑田りん役の上野鈴華(りんか)について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『ミッドナイトスワン』の作品情報


(C)2020「MIDNIGHT SWAN」FILM PARTNERS

【上映】
2020年(日本映画)

【監督】
内田英治

【キャスト】
草彅剛、服部樹咲、田中俊介、吉村界人、真田怜臣、上野鈴華、佐藤江梨子、平山祐介、根岸季衣、水川あさみ、田口トモロヲ、真飛聖

【作品情報】
『獣道』『家族マニュアル』の内田英治監督によるオリジナル脚本作品

新宿を舞台に生きる主人公のトランスジェンダー凪沙を、『黄泉がえり』『日本沈没』の草彅剛が演じます。親から愛されずに生きていながらバレエダンサーを夢見る少女の一果役には、新人女優の服部樹咲。

2人の切ない疑似母子の姿を通して、美しい愛が描かれます。共演は水川あさみ、田口トモロヲ、真飛聖、佐藤江梨子、田中俊介ほか、新人の上野鈴華。

映画『ミッドナイトスワン』のあらすじ


(C)2020「MIDNIGHT SWAN」FILM PARTNERS

トランスジェンダー“凪沙”(なぎさ)は故郷の広島を離れ、東京の新宿を舞台に生きていますが、あるきっかけで親戚から預かった一人の少女と暮らす事になりました。

母から愛を注がれずに生きてきた少女、一果(いちか)と出会ったことにより、孤独の中で生きてきた凪沙の心に今までにない感情が芽生えます。

また一果も、ふとしたことで始めたバレエで知り合った桑田りんという少女と仲良くなり、バレエを通して相手への思いやりの気持ちを育んでいくことに……。

凪沙と一果という孤独に生きてきた者同士の出会い、凪沙自らの“性”の葛藤、実感した事の無かった“母性”の自覚を描く軌跡の物語です。

スポンサーリンク

映画『ミッドナイトスワン』桑田りん役は上野鈴華(りんか)


(C)2020「MIDNIGHT SWAN」FILM PARTNERS

映画『ミッドナイトスワン』で桑田りん役を演じる上野鈴華(りんか)は2000年10月5日生まれ19歳の女優。東京都出身。N・F・B所属。

母は元アイドルグループ・ベリーズのメンバー・大西浩美。

2019年には、国内外で高く評価される劇作家・平田オリザが脚本を担当し、『踊る大捜査線』シリーズの本広克行が演出を務める舞台『転校生』に出演

1994年の初演以来高校演劇のバイブルとも言われる舞台ですが、オーディションで見事に役を勝ち取りました。

「オロナミンC」「Ario バザール」のCMや、大橋トリオ「S・M・I・L・E・S」のMVにも出演しています。

本作では、特技のクラシックバレエを買われて、見事本作『ミッドナイトスワン』でヒロインのライバル・桑田りん役に抜擢されました。

爽やかで屈託のない魅力的な笑顔で、美しいバレエシーンを盛り上げています。

映画『ミッドナイトスワン』桑田りんはどんな役?

上野鈴華(りんか)演じる桑田りんは、ヒロイン・一果の良きライバルとなる女子高生

裕福な家に生まれ、両親からの期待のもとで育てられましたが、実際は鬱屈した感情を抱えた孤独な少女。

通っていたバレエ教室を覗いていた一果がバレエを続けられるように、怪しげなアルバイトを紹介します。

一果の心に自分と同じような孤独の影を見出したりん。家庭環境もそれまでの生活も正反対の2人なのに、ひかれあいます。

そしてりんは、一果と固いきずなで結ばれていく一方、彼女の抜きんでた才能を前に次第に複雑な思いを抱くようになり…。

スポンサーリンク

上野鈴華(りんか)の演技力の評価は

ヒロイン・一果を演じる服部樹咲と同様、新人として銀幕デビューを飾る弱冠19歳の上野鈴華(りんか)

2019年に平田オリザ脚本、本広克行演出による若手俳優発掘プロジェクトの舞台『転校生』に出演。2000人の応募者からの42名の一人に選ばれた経歴の持ち主です。

今作では、一果のライバルという重要な役どころの桑田りんを演じています。

ほぼ即決したヒロイン役とは対照的に、なかなか“りん”というライバル役は決まらなかったそうです。

内田監督は、りんをどうやって演じていくかを、上野本人と話しながら作っていったと言います。

バレエにおいて、希望の存在・一果に対して、哀しい部分を背負う役であるりん。

ヒロインに一発で選ばれ、バレエ経験も豊富だった服部樹咲に対して、なかなか役が決まらなかった上野の想いが、キャストにそのままシンクロしたとも。

闇を抱えた哀しいライバル・りんを、印象深い演技で魅せた上野鈴華。今後の活躍への期待が高まります

上野鈴華(りんか)の公式SNSの紹介

上野鈴華(りんか)の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)2020「MIDNIGHT SWAN」FILM PARTNERS

内田英治監督が描く、世の中の片隅に追いやられてきたトランスジェンダーと、ダンサー志望の孤独な少女の愛の物語『ミッドナイトスワン』

演技派・草彅剛と新人女優の服部樹咲が、疑似母子として絆を深めていく切ない2人を演じます。共演者として、水川あさみ、田口トモロヲ、真飛聖ら演技派も。

本作でスクリーンデビューを果たす上野鈴華が、ヒロイン・一果の哀しきライバル・桑田りん役を好演しているのも注目です。

実力派キャストが揃う心切なくなる現代のラブストーリー『ミッドナイトスワン』は、2020年9月25日よりロードショーです。






関連記事

新作映画ニュース

『飛べない鳥と優しいキツネ』キム・ファンヒ&EXOからのメッセージと入場者プレゼント情報

映画『飛べない鳥と優しいキツネ』は、2019年1月19日シネマート新宿、シネマート心斎橋で公開決定。 2016年韓国の漫画大賞「今日の私たちの漫画賞」を受賞したウェブ漫画が原作の『飛べない鳥と優しいキ …

新作映画ニュース

映画『朝が来る』公開日/特報予告編/追加キャスト。“ひかり”と家族の葛藤を描くヒューマンドラマ!

辻村深月×河瀨直美が家族の絆を描く!血のつながりか、魂のつながりか… 直木賞・本屋大賞受賞作家:辻村深月のヒューマンミステリーを、『あん』『光』の河瀨直美監督が実力派キャストを揃えて映画化した『朝が来 …

新作映画ニュース

映画『恐怖の報酬』オリジナル完全版の上映館情報。フリードキン監督幻の傑作とは

押井守、町山智浩も賛辞を贈る、40年間見ることが出来なかったウィリアム・フリードキン監督伝説の超大作が日本初公開! 映画『恐怖の報酬【オリジナル完全版】』は今秋11月24日(土) シネマート新宿、ヒュ …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『太陽がほしい 劇場版』あらすじ。戦時中に性被害を受けた中国人女性の証言とは

「私は慰安婦ではない」 中国人女性のことばに耳を傾け、寄り添い、支え、記録を続けた20年。 「慰安婦」という言葉からは想像できない過酷な人生がそこにありました。 ©2018 Ban Zhongyi 班 …

新作映画ニュース

『アイネクライネナハトムジーク』キャストの織田美緒役は恒松祐里【演技力の評価とプロフィール】

映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日より全国ロードショー! 『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎。 伊 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP