Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/06/08
Update

映画『ミッドナイトスワン』キャストの服部樹咲(みさき)は草彅剛と同居する少女・一果役を熱演【演技評価とプロフィール】

  • Writer :
  • YUMIKO

2020年9月25日より公開予定の映画『ミッドナイトスワン』キャスト紹介。

主演・草彅剛(くさなぎつよし)、内田英治(うちだえいじ)監督によるオリジナル脚本作品『ミッドナイト スワン』。


(C)2020「MIDNIGHT SWAN」FILM PARTNERS

トランスジェンダーとして日々身体と心の葛藤を抱えながら新宿に生きる凪沙と、親から愛を注がれず生きるもバレエダンサーを夢見る少女・一果の姿を通して、“切なくも美しい現代の愛の形”を描く「ラブストーリー」です。

水川あさみ、田口トモロヲ、真飛聖ら実力派俳優陣が脇を固めます。

この記事では草彅剛が演じる凪沙を、大きく動かしていく桜田一果(いちか)役に大抜擢された新人・服部樹咲(はっとりみさき)について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『ミッドナイトスワン』の作品情報


(C)2020「MIDNIGHT SWAN」FILM PARTNERS

【公開】
2020年(日本映画)

【監督】
内田英治

【キャスト】
草彅剛、服部樹咲、田中俊介、吉村界人、真田怜臣、上野鈴華、佐藤江梨子、平山祐介、根岸季衣、水川あさみ、田口トモロヲ、真飛聖

【作品情報】
『獣道』『家族マニュアル』の内田英治監督によるオリジナル脚本作品。

新宿を舞台に生きる主人公のトランスジェンダー凪沙を、『黄泉がえり』『日本沈没』の草彅剛が演じます。

親から愛されずに生きていながらバレリーナを夢見る少女の一果役には、新人女優の服部樹咲。

2人の切ない疑似母子の姿を通して、美しい愛が描かれます。

共演は水川あさみ、田口トモロヲ、真飛聖、佐藤江梨子、田中俊介ほか。

映画『ミッドナイトスワン』のあらすじ

“凪沙”(なぎさ)は故郷の広島を離れ東京、新宿を舞台に生きていますが、あるきっかけで親戚から預かった一人の少女と暮らす事になってしまいました。

母から愛を注がれずに生きてきた少女、一果(いちか)と出会ったことにより、孤独の中で生きてきた凪沙の心に今までにない感情が芽生えます。

一人で生きてきた少女との出会い、自らの“性”の葛藤、実感した事の無かった“母性”の自覚を描く軌跡の物語です。

スポンサーリンク

映画『ミッドナイトスワン』桜田一果役は服部樹咲


(C)2020「MIDNIGHT SWAN」FILM PARTNERS

映画『ミッドナイトスワン』で桜田一果役を演じる服部樹咲(はっとりみさき)は13歳の中学1年生。本作『ミッドナイトスワン』が女優デビューとなる期待の新人です。

全国レベルのバレエの才能を持ち、2018年『NBAジュニアバレエコンクール東京2018』小学6年生の部1位、2019年『NBA全国バレエコンクール』小学5、6年生の部4位をはじめ、いくつものコンクールで受賞しています。

そのバレエの実力とオーラが本作のオーディションで見いだされ、バレリーナを志すヒロイン・桜田一果役に大抜擢されました。

映画『ミッドナイトスワン』桜田一果はどんな役?

服部樹咲(みさき)演じる桜田一果は、母親のネグレクトに耐えながら暮らす中学生の少女。

遠い親戚であるトランスジェンダーの凪沙の元に預けられます。

片隅に追いやられ生きていた凪沙と、いつしか疑似親子の愛が芽生え…。

本作が初演技となる服部は、撮影日前日は緊張して眠れなかったといいます。

しかし、バレエ舞台で人前に立つことに慣れていたため、本番では緊張せずにすっと役に入ることができたそうです。

凪沙役の草彅剛の演技からは大きな刺激を受け、彼の「強くならんといけん」というセリフの場面は、とても大切なシーンとなったと語っています。

スポンサーリンク

服部樹咲の演技力の評価は

本作『ミッドナイトスワン』が女優デビューとなる弱冠13歳の服部樹咲(みさき)。

全国コンクールで入賞を重ねるほどのバレエの才能を高く評価され、バレエダンサーをめざすヒロイン・桜田一果役オーディションで見いだされた期待の新人です。

また、内田監督は自身のTwitterでこう語っています。

映画『ミッドナイトスワン』のヒロイン、服部樹咲(はっとりみさき)。芸能活動ゼロ、演技経験いっさいなしの純度100%の女優。こんなキャスティングが許されただけでも奇跡たが、草彅さんとのかけ合いもまた奇跡だった。

服部の観る者をひきつけてやまない魅力とバレエの才能が溶け合って、どんな「一果」という少女が生み出されるのか、期待が高まります。

服部樹咲の公式SNSの紹介

服部樹咲の公式SNSは残念ながらみつけられませんでした。

まとめ


(C)2020「MIDNIGHT SWAN」FILM PARTNERS

内田英治監督が描く、世の中の片隅に追いやられてきたトランスジェンダーと、バレリーナ志望の孤独な少女の愛の物語『ミッドナイトスワン』。

演技派・草彅剛と新人女優の服部樹咲が、疑似母子として絆を深めていく切ない2人を演じます。

本作が女優デビューで、類まれなバレエの才能を持つ服部樹咲が、過酷な家庭環境にありながらバレリーナを夢見るヒロイン・桜田一果を熱演しています。

水川あさみ、田口トモロヲ、真飛聖ら演技派が共演。

実力派キャストが揃う心切なくなる現代のラブストーリー『ミッドナイトスワン』は、2020年9月25日より公開予定です。




関連記事

新作映画ニュース

【城定秀夫監督特集】上映作品一覧とイベント情報。ポレポレ東中野にて10月19日より開催

全作品劇場 “初” 公開! 天才・城定秀夫が紡ぐ、(約)2日撮りの世界をご堪能あれ。 2003年にピンク映画『味見したい人妻たち(別題:押入れ)』で監督デビュー以降、ピンクはもちろん、一般劇場公開作、 …

新作映画ニュース

映画『無頼』劇場公開日/上映館/予告編。井筒和幸監督が最新作についてコメントした特別映像!

『パッチギ!』『黄金を抱いて翔べ』の井筒和幸監督、8年ぶり待望の新作 『パッチギ!』(2004)、『黄金を抱いて翔べ』(2012)など、デビュー作以来、社会のあぶれ者、はみ出し者を冷徹かつ共感に満ちた …

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャストの添い寝ハウスの客・加奈子役は芦那すみれ【演技力の評価とプロフィール】

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開! オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら …

新作映画ニュース

映画『マシュー・ボーンIN CINEMA/ロミオとジュリエット』あらすじ/キャスト/公開日。バレエでシェイクスピアの古典を新たに描く!

英国バレエ界の鬼才マシュー・ボーン×シェイクスピア ミレニアル世代の『ロミオとジュリエット』誕生。 スワン役を全て男性が躍る新解釈版『白鳥の湖』でバレエ興行記録を塗り替え、ローレンス・オリヴィエ賞、ト …

新作映画ニュース

映画『プライベート・ウォー』のあらすじとキャスト。実在の女性記者にロザムンド・パイクが体当たりで挑んだ力作

映画『プライベート・ウォー』は2019年9月13日(金)TOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショー! 2018年ゴールデングローブ賞の主演女優賞&主題歌賞の2部門ノミネートされた映画 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学