Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/12/04
Update

映画『すばらしき世界』原作ネタバレあらすじと感想。実在の人物をモデルに小説『身分帳』は人生の再出発を描く

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『すばらしき世界』は、2021年2月11日より公開。

『復讐するは我にあり』で直木賞を受賞した作家・佐木隆三が、実在の人物をモデルに、刑務所から満期で出所した身寄りのない男の再出発を書いた小説『身分帳』。

本著を原案にした映画『すばらしき世界』が、2021年2月11日より公開されます。

『ゆれる』『永い言い訳』の西川美和監督が、役所広司と初タッグを組み、原作から約35年後の現代に置き換え、人生の大半を裏社会と刑務所で過ごした男の再出発の日々を描きます。

映画公開前に、佐木隆三が4年以上にわたる取材と交流を重ねて書き上げた『身分帳』を、あらすじネタバレ有りでご紹介します。

スポンサーリンク

小説『身分帳』のあらすじとネタバレ

小説『身分帳』書影

山川一、44歳。

当時キャバレーの店長をしていた彼は、ホステスの引き抜きトラブルで20代の男性を殺害。13年の刑期を終え、旭川刑務所から出所します。

少年時代から犯罪を重ね、人生の大半を刑務所で過ごしてきた山川。真っ直ぐで何にでもこだわる性格のため、獄中でもトラブルが多く、懲罰を受けるのも日常でした。

彼は幼い頃に孤児院に預けられました。戦後の混乱もあって出生届もありません。山川には、久美子という年上の妻がいましたが、山川の逮捕後に別の男性と付き合い始め、獄中離婚をしています。

身寄りのない彼の身元引き受け人になったのは、東京の庄司弁護士。庄司弁護士の助けを借りながら、山川は役所で住民登録と生活保護の手続きをします。

山川は一刻も早く仕事をして生活保護を受けなくても暮らせるようにしたいと望みますが、長年の劣悪な刑務所の環境から、体調と精神のバランスを崩しており、まだ働きに出られるような状態ではありません。

手先が器用で縫い物が得意だったため、それを生かした職業を、と考えますが、なかなか仕事は見つかりませんでした。

庄司弁護士の家を出て、新たな家としたのは、築30年の木造のアパート。そこには新聞の販売拡張団が住んでおり、些細な生活音にも敏感な山川は、夜中まで酒盛りをしていた彼らとトラブルを起こします。

リーダー格の男性を脅しつけ、謝らせた山川。他の若い拡張員からは、やっとリーダーから解放されたと感謝され、新聞を毎日無料で届けてもらえることになりました。

そんな彼に興味を抱いたのは、アパートの階下に住むコピーライター・角田。作家志望という角田は、折に触れて山川の部屋を訪れ、過去の話を聞き、彼の調書を読んでいきました。

またある時、山川は近所のスーパーの店主と口論になりますが、お互いの誤解がとけた後、店主は良き相談役になりました。

なかなか仕事が見つからず焦る山川は、運転免許を取って運転手になろうと思い立ちます。

免許は持っていたものの、逮捕のどさくさで手元にはありません。免許センターに出向くと、職権抹消されていると言われてしまいます。

そこへ現れた警部は、過去に山川が起こした事件に関わっており、更新手続きの履歴から、原簿を確認してみると約束してくれました。

しばらく経ってから警部から、免許の原簿が見つかったと連絡が入り、仮免許扱いで運転免許試験を受けられることに。ですが久しぶりの運転では歯が立たず、何度受けても合格することができませんでした。

警部の勧めもあり、山川は自動車学校に入ることも考えますが、費用のこともあり、踏み出せずにいました。

福祉事務所のケースワーカーより、結婚相談所のパーティー「つどい」のお知らせをもらい、参加を悩んでいた山川。角田から「奢るから銭湯と焼肉に行かないか」と誘いを受けます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『身分帳』ネタバレ・結末の記載がございます。『身分帳』をまだお読みになっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

若い頃に彫った未完成の刺青が背中にあるため、普段は銭湯を避けていた山川にとって、久々の湯船でした。その後の焼肉屋で、自動車学校の話をする山川。

角田は、山川の人生に興味を抱いたジャーナリストがいて、紹介を頼まれているから会ってみないかと言います。テレビ局とも付き合いがあるというそのジャーナリストとの企画がうまく進めば、自動車学校の費用くらいは払えそうです。

山川はジャーナリストと会ってみようと答え、二人はもう一件ハシゴすることに。道すがら、中年に絡んでいる若者たちに遭遇。

山川は若者たちを叩きのめし、アパートに帰ります。以来、角田は姿を見せなくなりました。

のちにスーパーの店主に聞いたところ、山川のことが怖くなってアパートを引き払ったそう。ジャーナリストを紹介するという話も消えてしまいました。

結婚相談所のパーティー「つどい」に参加することにした山川。ダンスやカラオケなどの時間がありましたが、山川は積極的に参加しないまま時が流れていきます。

帰り際に、交際したい相手の番号を記入する決まりになっていたため、山川は物静かな印象の「3」の女性の番号を丸で囲みました。

相変わらず免許センターの技能試験で落ち続けている山川。誰かと話したくても、庄司弁護士も、ケースワーカーも、スーパーの店主もみな忙しく、相手にしてくれません。

山川は元妻の久美子の家に電話をかけます。久美子は家におらず、電話に出たのは久美子と今の夫の間に生まれた息子でした。息子に自分の住所と電話番号を伝え、山川は電話を切りました。

隣のアパートの大家の飼い犬の吠え声のうるささに腹を立てた山川は、匿名で大家にクレームの電話を入れます。

相手が山川だと気づいた大家が、町内会長も務めているスーパーの店主に相談を持ちかけたらしく、山川は店主から注意を受けました。

店主の言葉に山川は憤慨。「堅気ほど薄情なものはない」と、昔の兄弟分である下稲葉に電話をかけます。

下稲葉は連絡を喜び、九州の自宅へ招きました。下稲葉は表向きは土木建築会社の社長ですが、裏ではヤクザな仕事もしているようです。

下稲葉の自宅へ向かう前に、ソープランドへ連れていかれる山川。何年も使っていない山川の体は全く反応せず、ソープ嬢と雑談をして過ごします。

下稲葉は山川との再会に歓喜しもてなしますが、トラブルが発生したらしく、すぐに留守にしてしまいました。

山川は生まれ故郷の博多に行き、ルーツを探すことにします。孤児院は経営が変わり、山川が預けられていた当時の書類は残っていませんでした。

九州から帰った山川の元に、免許取得のための追加の生活保護費3万円が支給されると連絡がきます。スーパーの店主にそれを伝えると、へそくりの10万円を貸すから足しにしてくれと励ましてくれました。

例の大家の件での忠告も、今の山川は素直に聞き入れられます。

庄司弁護士にも報告すると、入学金を全額払い込むのを条件に、10万円貸すと言ってくれました。これで山川は自動車学校に通えることになりました。

気力が充実した山川は、数年ぶりに勃起、射精し、生きている実感を味わいます。

ケースワーカーが山川のアパートを訪れ、結婚相談所のパーティー「つどい」で山川が番号に丸をつけた女性が、山川の番号に丸をつけていたと明かします。

相手は看護師を務める39歳。山川の過去を知りながらも選んでくれたそうです。

山川は彼女とお見合いすることになりますが、宗教の勧誘だったため、話はまとまりませんでした。

技能講習をクリアして、免許を取得した山川は、運送店で日雇いのドライバーとして働き始めます。ですが、車と接触事故を起こし、その後の運送店とのやりとりでさらにトラブルを起こし、仕事を辞めることに。

山川は久美子と再会し、自分が罪を犯した殺人現場に訪れます。山川は事件当時を思い出し、自分の浅はかな言動を後悔しました。

冬になり、山川の体調は悪化。そこへ、隣のアパートの大家が訪れます。アパートをマンションに建て替えるため、山川の部屋には日が入らなくなると言い、60万円払うから承諾してもらえないかと交渉してきました。

暖かな九州に移り住みたいと考えていた山川は、承諾し、久美子のつてで福岡の運送店を働き口として紹介してもらいます。

山川は早速面接を受けに福岡へ向かいました……。

小説『身分帳』の感想と評価

タイトルである「身分帳」こと身分帳簿とは、受刑者の氏名、本籍、刑期、写真、指紋、身体的特徴等が記された個人台帳のこと。

本著は、出所後の山川が、身分帳簿を見返し、過去を思い出しながら、現実社会と向き合っていく様を淡々と描きます。

天涯孤独な身の上と、育ってきた時代背景や環境もあって、愛情に飢えている山川。まっすぐでこだわりが強すぎる性格が災いし、多くのトラブルに巻き込まれます。

光が見えたかと思うと、彼自身の短気のせいで再び闇へ向かってしまう描写に胸が詰まりますが、彼を支え見守る人々の温かさに救われます。

本著は、山川のモデルとなった人物、田村明義が「自分のことを本にして欲しい」と佐木隆三に持ちかけたことがきっかけになったといいます。

『身分帳』と同時収録されているエッセイ『行路病死人』には、田村と佐木の交流と、田村の死が描かれています。田村は『身分帳』発刊から半年たらずで、福岡のアパートで亡くなりました

未来への希望に胸を膨らませて『身分帳』で走り去った山川と、『行路病死人』で亡くなってしまった田村。

佐木隆三の正確な筆致で、すぐそこにいたはずの人物がいなくなったかのような喪失感に襲われました。

ぜひ『行路病死人』とあわせて読んでいただきたい小説です。

スポンサーリンク

映画『すばらしき世界』の作品情報

(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会

【日本公開】
2021年(日本映画)

【原案】
佐木隆三著『身分帳』(講談社文庫刊)

【監督・脚本】
西川美和

【キャスト】
役所広司、仲野太賀、橋爪功、梶芽衣子、六角精児、北村有起哉、長澤まさみ、安田成美

【作品概要】
主人公の三上を演じるのは、日本を代表する俳優・役所広司。

三上が自らテレビ局へ送った、刑務所内の個人台帳である「身分帳」を手にするテレビディレクター役には、『タロウのバカ』『泣く子はいねぇが』出演の仲野太賀。

また、三上が更生してゆく様子をテレビ番組にしようと企むテレビプロデューサー役は、『コンフィデンスマンJP プリンセス編』『MOTHER マザー』など、立て続けに出演作の公開を控える女優・長澤まさみが務めます。

その他、橋爪功や梶芽衣子、六角精児、北村有起哉、安田成美らが名を連ねました。

これまですべてオリジナル脚本の映画を手がけたきた西川監督にとって初めて小説原案の作品です。

映画『すばらしき世界』のあらすじ

(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会
殺人を犯し13年の刑期を終えた三上は、目まぐるしく変化する社会からすっかり取り残され、保護司・庄司夫妻の助けを借りながら自立を目指していました。

そんなある日、生き別れた母を探す三上に、テレビディレクターの男とプロデューサーの女が近づいてきます。

彼らの真の目的は、社会に適応しようとあがく三上の姿を番組で面白おかしく紹介すること。

まっすぐ過ぎる性格であるが故にトラブルの絶えない三上でしたが、彼の周囲にはその無垢な心に感化された人々が集まってきて…。

スポンサーリンク

まとめ

(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会

映画では、小説での主人公・山川にあたる人物「三上」を、役所広司が演じます。

役所広司は本作の演技で第56回シカゴ国際映画祭のインターナショナル コンペティション部門にて、ベストパフォーマンス賞を受賞。2001年の『赤い橋の下のぬるい水』以来19年ぶり、自身2度目の受賞になりました。

「三上」という名は、映画化にあたって西川監督が実際の事件を調べ、山川にあたる人物を探していた時に出会った名前だといいます。

小説の設定通りの日付の新聞に「バーの店長が同僚と喧嘩し刺殺した」と書かれており、その名前が「三上正夫」だったため、西川監督はこの「三上正夫」こそが山川だと確信したそう。

映画では、舞台を約35年後に移し、現代の物語として出所した「三上」の人生が描かれます。

予告を見ると、原作の角田にあたるポジションを膨らませ、仲野太賀と長澤まさみが演じるテレビ関係者が登場するようです。

原作『身分帳』が書かれた1991年当時より、さらに人間関係が希薄になってしまった日本で、三上がどう生き抜くのか、期待が高まります。

映画『すばらしき世界』は、2021年2月11日より公開です。









関連記事

新作映画ニュース

【2019年12月20日〜21日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマ …

新作映画ニュース

大阪アジアン映画祭2020受賞結果発表!間瀬英正が最優秀男優賞・グランプリは『ハッピー・オールド・イヤー』

第15回大阪アジアン映画祭閉幕。 第15回大阪アジアン映画祭は、3月6日から15日までの10日間、全58作品の上映を終え、閉幕となりました。 本年は映画祭をできるかぎり縮小しようと試み、あわせて、人々 …

新作映画ニュース

『ある船頭の話』ヴェネチア国際映画祭公式上映レポート!オダギリジョー監督作に確かな手ごたえ

満席&鳴り止まぬ拍手。 『ある船頭の話』ヴェネチアでついにお披露目! 2019年9月13日(金)より公開されるオダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』が、第76回ヴェネチア国際映画祭の“ …

新作映画ニュース

映画祭「のむコレ2020」開催日/上映館/公開作品。韓国BL『後悔なんてしない』やソン・イェジン主演作も劇場公開!

今年も「のむコレ 2020」として開催決定。 上映する全21本を一挙解禁! ヒューマントラストシネマ渋谷とシネ・リーブル梅田の「未体験ゾーンの映画たち」や、新宿シネマカリテの「カリテ・ファンタスティッ …

新作映画ニュース

【ジェラール・フィリップ生誕100年映画祭】公開日と上映館が決定!新作ドキュメンタリーも含め、‟映画史上最高のアイドル”がスクリーンに蘇る

ジェラール・フィリップの生誕100周年を記念した「ジェラール・フィリップ生誕100年映画祭」が開催! フランス映画史上に燦然と輝くスター、ジェラール・フィリップの生誕100周年を記念した「ジェラール・ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学