Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2022/02/14
Update

『The Worst Person In The World』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。第94回アカデミー賞 脚本賞、国際長編映画賞ノミネートされた異彩を放つラブストーリー

  • Writer :
  • 谷川裕美子

カンヌ国際映画祭<女優賞>受賞をはじめ各国賞レースでも注目

世界3大映画祭のひとつであるカンヌ国際映画祭で、主演のレナーテ・レインスヴェが女優賞を受賞したのを皮切りに、異彩を放つラブストーリーとして世界中の映画賞で受賞やノミネートされた秀作『The Worst Person In The World』(原題)。

2月8日(火)には第94回アカデミー賞で主要部門の脚本賞、さらに国際長編映画賞にノミネートされるという快挙を成し遂げた話題作『 The Worst Person In The World 』(原題) が7月1日(金)よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショーとなります。

その場面写真が解禁となりました。

スポンサーリンク

映画『The Worst Person In The World』について

アメリカ公開時には、4スクリーンという限定公開ながら絶好調のスタートを切った『The Worst Person In The World』。

2020-2022年公開の外国語映画では、『パラサイト 半地下の家族』(2019)、『燃ゆる⼥の肖像』(2020)に続いてスクリーンアベレージ第3位を達成しました。

加えて「これは新しい!恋愛ドラマに⻘春モノを掛け合わせて、こんなにも⽢美で魅惑的なものができるとは。何よりレナーテ・レインスヴェが素晴らしい。新たなスターの誕⽣だ。」(THE GUARDIAN)、「鋭く痛烈!まさに傑作」( DEADLINE)などの絶賛評も続々と到着しています。

『⺟の残像』(2015)『テルマ』(17)で知られる、いま⼀番話題沸騰中のヨアキム・トリアー監督の最新作です。

カンヌ国際映画祭で、主演のレナーテ・レインスヴェが女優賞を受賞したのをはじめ、第94回アカデミー賞で主要部門の脚本賞、国際長編映画賞にノミネート、ニューヨーク映画批評家協会賞、ポートランド映画批評家協会賞 の外国語映画賞を受賞するなど、快進撃を続けています。

映画『The Worst Person In The World』の場面写真


(C)2021 OSLO PICTURES – MK PRODUCTIONS – FILM I VÄST – SNOWGLOBE – B-Reel – ARTE FRANCE CINEMA

満面の笑みを浮かべたひとりの女性が車道を走り抜ける姿を映し出した場面写真が解禁されました。

地味な色合いの飾り気のないシャツ、ナチュラルになびく髪。

その表情は何かから解き放たれたかのように明るさに満ちています。

素晴らしい恋がヒロイン・ユリヤを美しい笑顔にしているのでしょうか。それとも、恋を通してみつけだした何かがこの表情を生み出したのでしょうか。

空想がふくらみ、作品への期待が高まるワンショットとなっています。

スポンサーリンク

映画『The Worst Person In The World』の作品情報

【日本公開】
2022年(ノルウェー・フランス・スウェーデン・デンマーク合作映画)

【監督】
ヨアキム・トリアー

【キャスト】
レナーテ・レインスヴェ、アンデルシュ・ダニエルセン・リー

映画『The Worst Person In The World』のあらすじ

ユリヤは30歳という節目を迎えましたが、人生はどうにも方向性が定まりません。

いくつもの才能を無駄にしてきました。

年上の恋人アクセルはグラフィックノベル作家として成功し、しきりに身を固めたがっています。

ある夜、招待されていないパーティに紛れ込んだ彼女は、若くて魅力的なアイヴィンに出会います。

ほどなくしてアクセルと別れて新しい恋愛に身を投じ、ユリヤは人生の新たな展望を見出そうとしますが…。

スポンサーリンク

まとめ

『⺟の残像』(2015)『テルマ』(2017)で知られる、いま⼀番話題沸騰中のヨアキム・トリアー監督の最新作『The Worst Person In The World』。

30歳のヒロインが新たな恋をきっかけに自身の人生の新たな一歩を踏み出そうとする姿を描く、トリアー監督ならではの異彩を放つラブストーリーです。主演のレナーテ・レインスヴェは本作でカンヌ国際映画祭女優賞を受賞しました。

第94回アカデミー賞で主要部門の脚本賞、国際長編映画賞にノミネートされるという快挙も成し遂げたいま一番の注目作です。

映画『The Worst Person In The World』は、2022年7月1日(金)よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

『奇想天外映画祭2020』開催日/上映作品情報。新宿K’s cinemaにてウィッカーマンやトッド・ブラウニング傑作選を公開!

映画史にその名を刻んだ怪作、珍作、迷作、凡作、奇作が今年も目白押し。 映画評論家、滝本誠も太鼓判を押すカルト映画が大集合! 映画史にその名を刻む選りすぐりの怪作、珍作、迷作、凡作、奇作を集めた「奇想天 …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー『ようこそ映画音響の世界へ』日本公開日/上映館。ハリウッドの作り方や仕組みが明らかに!

あの音はどうやって作られたのか? ハリウッド100年の音の歴史がすべてある! 音楽、声、効果音など、映画を彩る様々な“音”はどのように作られ、どういった効果を生んでいるのか、映画音響の歴史を網羅した世 …

新作映画ニュース

髙石あかり映画『ベイビーわるきゅーれ』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。特報動画でおすすめアクションを見る!

異色の青春映画が誕生。 大学在学中に圧倒的な暴力描写で自主映画界を席巻した阪元裕吾監督。 阪元裕吾監督の最新作『ベイビーわるきゅーれ』が、テアトル新宿(東京)ほかにて2021年7月30日(金)より公開 …

新作映画ニュース

映画『鈴木家の嘘』キャストの木竜麻生(きりゅうまい)が特技を披露。新体操で魅了する特別映像解禁

突然訪れた長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアをまじえつつあたたかく描いた感動作。 映画『鈴木家の嘘』は、11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国公開です。 第 …

新作映画ニュース

映画『明日の食卓』キャスト石橋加奈役は高畑充希【演技評価とプロフィール】

映画『明日の食卓』は2021年5月28日よりロードショー 2002年、第42回講談社児童文学新人賞を受賞した『十二歳』で作家デビュー後、『しずかな日々』で第45回野間児童文芸賞、第23回坪田譲治文学賞 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学