Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/09/20
Update

スティーヴン・キング生誕祭!映画『ドクター・スリープ』特別映像にはシャイニングの痕跡が

  • Writer :
  • 石井夏子

72歳の誕生日を迎える巨匠S.キング、圧巻の筆力に絶賛の声が続々と。

1974年の『キャリー』を皮切りに、『シャイニング』(1980年)、『デッドゾーン』(1983年)など、ベストセラー小説が続々と映画化され、全世界、老若男女にその名を知られるスティーヴン・キング。

その名の通りホラーの帝王として作家界のトップに立ち続けるキングが、9月21日に72歳の誕生日を迎えます。

これを祝い、「ドクター・スリープ」出版時のスティーヴン・キングの貴重な写真と、2019年11月29日(金)より公開される映画『ドクター・スリープ』の恐怖を凝縮した特別映像が解禁されましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

スティーヴン・キングの貴重な写真公開


picture alliance/ゲッティイメージズ

全世界で大ヒット&ベストセラーを連発!!映画化すれば大ヒット!!世界のキング!!その名の通り、キングを欲しいままにするスティーヴン・キングは、2019年9月21日、72歳の誕生日を迎えます。

40年以上作家としてトップを走り続け、数多くのベストセラー小説で世界から愛されるスティーヴン・キングの写真が公開されました。

2013年の「ドクター・スリープ」出版時に撮られた貴重な写真です。

圧巻の筆力で描かれる最新の映画化作品となる原作に、SNSには読者から絶賛のコメントが続々到着していいます。

「後半、息をもつかせぬ展開であっという間に読めてしまった!」「ドクター・スリープおもしろすぎてやばいー。明日朝早いのに寝たくないわ。」「クライマックスはやはり一気読み!」「ちょっとだけ、と思って読み始めたらアッという間に80ページ。スティーヴン・キング小説巧過ぎ。」といった、あまりの面白さに一気読みしてしまったという、キングの描写の巧みさに惹きこまれる読者たち。

また、「キングらしい仔細な描写で『シャイニング』の登場人物たちのその後を知る至福を味わえる」「あのダニーが…というのは最初ショックだったが、シャイニング同様に最後は愛で包まれた物語。キング、続編を出してくれてありがとう!」「『シャイニング』のファンへのボーナストラック的側面もありつつ、久々の純キング」という、「シャイニング」のファンからの声も。

さらに「キング先生の傑作がまたひとつ誕生した。そしてキング先生の傑作がひとつ、完璧に幕を閉じた。」「読んでいて本当に気持ちいい。物語の快感ってこれだ。意識が吹っ飛ぶくらいの楽しさ。」「面白い! 面白いよ、キングさん!」などの、まさにキングにふさわしい絶賛コメントが続々。

「『ドクター・スリープ』の監督はマイク・フラナガンなんだ!同監督作の『怨霊鏡』が大好きなので期待してしまう。」と、映画化に期待するレビューもあります。

スティーヴン・キング原作の映画たち

参考画像:『スタンド・バイ・ミー』より

© 1986 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

1974年の『キャリー』を皮切りに、『シャイニング』(1980)、『デッドゾーン』(1983)など、ベストセラー小説が続々と映画化され、全世界、老若男女にその名を知らしめたスティーヴン・キング。

1986年には、ベン・E・キングの曲に乗せて少年期の冒険を描いた『スタンド・バイ・ミー』、キャシー・ベイツにオスカーをもたらした『ミザリー』(1990)、刑務所を舞台にした短編をヒューマンドラマに昇華した傑作『ショーシャンクの空に』(1994)、トム・ハンクス主演の『グリーンマイル』(1999)など、ホラーの枠を超えて、全世界に感動と衝撃を与え続けてきました。

2000年代に入っても、『ドリームキャッチャー』(2003)、ジョニー・デップ主演の『シークレット ウィンドウ』(2004)、フランク・ダラボン監督による3作目の映画化作品『ミスト』(2007)、クロエ・モレッツ主演のリブート『キャリー』(2013)と映画化が続き、2017年公開の『IT/イット“それ”が見えたら、終わり。』は、ホラー映画史を塗り替える空前の大ヒットを記録しました。

72歳を迎えても尚、精力的に新作を発表し続けるキングですが、2019年も映画化作品が目白押し

9月6日に全米公開された『IT2 /イット THE END“それ”が見えたら、終わり。』(11/1日本公開)は、全世界興収1億8,500万ドルを突破する驚異的な大ヒット。

そして伝説の最高傑作『シャイニング』の新たな恐怖が解き放たれる『ドクター・スリープ』が、11月29日(金)に日本公開を迎えるんです。

スポンサーリンク

映画『ドクター・スリープ』の特別映像

同時解禁された映像は、『ドクター・スリープ』が描く新たな恐怖を凝縮した特別編

呪われたホテルの廊下に現れる双子の姉妹、ドアの亀裂から顔を出す成長したダニー、謎のメッセージREDRUM、特別な力で物語の鍵を握る少女アブラ、謎の集団が登場します。

突然宙に浮くアブラ、そして、壁に押しつけられたダニーにいくつもの手が迫り…。

すべてが謎に包まれながらも、世界を恐怖に陥れた『シャイニング』の痕跡が“新たな恐怖”の到来を予感させます。

映画『ドクター・スリープ』の作品情報

©2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
DOCTOR SLEEP

【原作】
スティーヴン・キング「ドクター・スリープ」(文春文庫刊)

【監督・脚本】
マイク・フラナガン

【キャスト】
ユアン・マクレガー、レベッカ・ファーガソン、カイリー・カラン

【作品概要】
主演は「スターウォーズ」シリーズのオビ・ワン役などで知られるユアン・マクレガー。『シャイニング』で少年だったダニーの40年後を演じます。

共演するのは「ミッション:インポッシブル」シリーズや『グレイテスト・ショーマン』(2017)のレベッカ・ファーガソン。

そして期待の新星、カイリー・カランが特別な力を持った少女役で出演します。

監督と脚本はマイク・フラナガン。Netflixで配信された『ジェラルドのゲーム』(2017)でもスティーヴン・キングの原作を映像化し、キングのお墨付きです。

スポンサーリンク

映画『ドクター・スリープ』のあらすじ

©2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved

ダニーは、40年前の雪山のホテルの惨劇で、狂った父親に殺されかけたトラウマを抱えていました。

大人になった今も人を避けるかのように孤独に暮らす彼の周りで、児童ばかりを狙った不可解な連続殺人事件が起きています。

ある日、彼の前に謎の少女が現れました。

その少女は特別な力でその事件を目撃してしまったんです。

ダニーと少女はこの事件の謎を追う中で、あの惨劇が起きた『シャイニング』のホテルに辿り着きます。

亡霊たちが巣食い、人を狂わせる呪われたホテルで起きる新たな恐怖。

そしてふたりに待ち受ける想像を絶する結末とは…。

まとめ

©2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved

スティーヴン・キングの最高傑作『シャイニング』から『ドクター・スリープ』へ。

40年以上作家としてトップを走り続け、数多くのベストセラー小説で世界から愛されるスティーヴン・キングの歴史に“新たな恐怖”を刻む『ドクター・スリープ』は、2019年11月29日(金)より全国ロードショーです。






関連記事

新作映画ニュース

鬼滅の刃の遊廓編はいつから放送か⁈アニメ続編の決定に柱・宇髄天元や堕姫などキャラたちの勇姿が再び

『鬼滅の刃』待望のアニメ2期の放送が決定! 2020年の映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』が空前絶後のメガヒットを記録したことによって、「以降のストーリーのテレビアニメ化/映画化はいつなのか?」と人 …

新作映画ニュース

映画『イップ・マン4 完結篇』あらすじとキャスト。ドニーイェンが華麗な中国武術で魅せる予告編解禁

ドニー・イェン主演「イップ・マン」シリーズ最新作 (c)Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved. 『イップ・マン 序章』(2008) …

新作映画ニュース

映画『タッチ・ミー・ノット ローラと秘密のカウンセリング』あらすじ/キャスト/公開日/予告動画。女性監督がマイノリティの性にカメラを向けた衝撃作

第68回ベルリン国際映画祭金熊賞(最高賞)受賞作品。 カンヌ、ベネチアと並ぶ世界三大映画祭のひとつ、ベルリン国際映画祭2018 無名の女性監督が脚光を浴びました。 ルーマニア出身のアディナ・ピンティリ …

新作映画ニュース

映画『白雪姫 あなたが知らないグリム童話』あらすじ/キャスト/公開日。ユペールが継母役の官能スリラー!

これが大人向け白雪姫。 白雪姫をモチーフに繰り広げられる極上エロティックスリラー『Pure as Snow(原題)』。 本作の邦題を『白雪姫~あなたが知らないグリム童話~』として2020年6月5日(金 …

新作映画ニュース

東京国際映画祭2018のおすすめ厳選5作品。あらすじと登壇ゲストの日程紹介も

いよいよ開幕が迫ってきた、第31回東京国際映画祭。チケット販売開始と同時に完売の作品も続出しました。 この記事では、コンペティション部門に選出された16本の作品から気になる海外映画5作を取り上げてご紹 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学