Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/05/18
Update

映画『大地と白い雲』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。チャクトゥとサルラの邦題を新たに劇場ロードショーされる夫婦の物語

  • Writer :
  • 石井夏子

第32回東京国際映画祭「最優秀芸術貢献賞」受賞作。

内モンゴルのフルンボイル草原に暮らす一組の夫婦が、ともに生きていきたいと願いながらも時代の変化や価値観の多様化の中ですれ違っていく様を描いた映画『Chaogtu with Sarula』(中国語原題、白雲之下)。

第32回東京国際映画祭コンペティション部門で『チャクトゥとサルラ』の題名で上映され「最優秀芸術貢献賞」を、第33回中国金鶏奨で「最優秀監督賞」を受賞した中国映画です。

この度、邦題を『大地と白い雲』改め、2021年8月21日(土)より岩波ホール他全国順次ロードショーされます。

公開に先駆け、ワン・ルイ監督のコメントの発表と予告編が解禁されました。

スポンサーリンク

映画『大地と白い雲』について

(C)2019 Authrule (Shanghai) Digital Media Co.,Ltd, Youth Film Studio All Rights Reserved.

ワン・ルイ監督が、自身の過去の痛みに向き合い、亡き妻に捧げた夫婦の愛の物語『大地と白い雲』

内モンゴル出身の作家・漠月(モー・ユエ)の小説 『放羊的女人』を原作に、10年の歳月をかけて映画化しました。

愛する人と生きていきたい、ただそれだけのことがうまくいかない不器用でまっすぐな夫婦を演じるのは、ともに遊牧民の家庭で生まれ育った俳優のジリムトゥと歌手のタナ

草原と都会、二つの異なる世界を知る二人が、遊牧民としてのアイデンティティと現代的な価値観の間で揺らぐ若い夫婦の心の機微を繊細に捉え、圧倒的な自然の中で生きてきた人間のたくましさと、強い存在感を放っています。

監督は北京電影学院の教授も務める俊英ワン・ルイ。

草原の生活の質感と四季の美しさにこだわり、内モンゴル出身の俳優やスタッフたちとともに、モンゴル語で挑んだ本作は中国映画に新たな可能性と多様性を提示し、中国最大の映画祭である金鶏奨で最優秀監督賞を、東京国際映画祭では最優秀芸術貢献賞を受賞するなど、高い評価を得ています。

ワン・ルイ監督からのコメント

(C)2019 Authrule (Shanghai) Digital Media Co.,Ltd, Youth Film Studio All Rights Reserved.
ワン・ルイ監督からのコメントは以下の通り。

『大地と白い雲』はお互いに異なる希望を持ちながら内モンゴルに暮らす、チョクトとサロークという平凡な夫婦の生活に起こるジレンマを描いた物語です。妻のサロールは夫でなるチョクトと共にずっと草原で暮らしていくことを望んでいます。一方で、チョクトは遊牧民であることを誇りに思っていますが、その伝統が崩れてきている中で、羊飼いとして、また夫としてこれまでのような役割を果たすことが難しいと思い始めているのです。このように、個人的な幸せの追求と、社会的な属性が調和せず、対立する背景には、社会が引き起こした生活様式と文化的な価値観の急速な変化に遊牧民が適応できていないことを示しています。
この映画では、自然でリアリティーのあるスタイルを貫きたいと思っていました。目新しさや上辺だけでなく、草原と遊牧民たちの日々の暮らし、その美しさこそがこの映画の基調となるようにしたかったのです。ある平凡な遊牧民の夫婦の別れと再会の物語を通じて、彼らの追究心や潜在的な考え、また変化する環境の中で生きている現代の遊牧民が経験するジレンマを映し出しているのです。

スポンサーリンク

映画『大地と白い雲』の作品情報

(C)2019 Authrule (Shanghai) Digital Media Co.,Ltd, Youth Film Studio All Rights Reserved.
【日本公開】
2021年(中国映画)

【原題】
白云之下

【原作】
『羊飼いの女』漠月著

【監督】
ワン・ルイ

【脚本】
チェン・ピン

【キャスト】
ジリムトゥ、タナ、ゲリルナスン、イリチ、チナリトゥ、ハスチチゲ

【日本語字幕翻訳】
樋口裕子

【日本語字幕監修】
山越康裕

映画『大地と白い雲』のあらすじ

(C)2019 Authrule (Shanghai) Digital Media Co.,Ltd, Youth Film Studio All Rights Reserved.

内モンゴルに広がるフルンボイル草原に暮らす一組の夫婦。

夫のチョクトは都会での生活を望んでいますが、妻のサロールは今の暮らしに満足していました。

ここではないどこかへ思いを巡らせ、ふらりといなくなるチョクトに腹を立てながらも、彼を愛するサロール。

どこまでも続く大地、空を流れる白い雲。羊は群れをなし、馬が草原を駆けぬけていきます。

ですが、自由なはずの草原の暮らしにも少しずつ変化が訪れ、徐々に二人の気持ちがすれ違いはじめます。

そして、ある冬の夜、大きな喪失を経験する二人。

その日を境に、サロールと草原で生きる覚悟を決めたチョクトでしたが…。

スポンサーリンク

まとめ

(C)2019 Authrule (Shanghai) Digital Media Co.,Ltd, Youth Film Studio All Rights Reserved.

遊牧民としての誇りと新しい世界への憧れ。

内モンゴルの圧倒的な自然の中で揺れうごく若き夫婦の愛の物語が劇場公開となります。

映画『大地と白い雲』は、2021年8月21日(土)より岩波ホールほか全国順次ロードショー

関連記事

新作映画ニュース

映画『バーバラと心の巨人』あらすじ。アンダース・ウォルター監督作品のポスタービジュアル解禁

「ハリー・ポッター」シリーズのクリス・コロンバスが見出した感動のグラフィックノベルを、アカデミー賞監督のアンダース・ウォルターが映像化した映画『I KILL GIANTS』の日本公開が決定。 タイトル …

新作映画ニュース

映画試写会プレゼント限定20名『世界が愛した料理人』三ツ星シェフのバスク料理を満喫【エネコ東京9/19】

スペイン史上最年少でミシュラン三ツ星を獲得した天才料理人エネコ・アチャが料理の真髄、魂とは何かを求めるため、「すきやばし次郎」をはじめとする日本の名店を巡る美食探求ドキュメンタリー。 映画『世界が愛し …

新作映画ニュース

『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!』あらすじ。本編特別映像解禁!

アニメ映画『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』は、2018年7月6日(金)より、TOHOシネマズ上野ほか全国ロードショー! 『ウォレスとグルミット』『ひつじのショーン』シリーズのアードマン・ …

新作映画ニュース

映画『護られなかった者たちへ』キャストの阿部寛は笘篠誠一郎役!演技力の評価とプロフィール解説

映画『護られなかった者たちへ』は2021年10月1日に全国公開 中山七里のミステリー小説『護られなかった者たちへ』を瀬々敬久監督が実写映画化。 佐藤健が主演を務めるほか、阿部寛、清原果耶、倍賞美津子、 …

新作映画ニュース

映画『カウンセラー』ユーロスペース渋谷での上映決定!清水崇も絶賛のカルト的短編が全国映画館にて劇場公開拡大

42分間、究極の短編怪奇心理サスペンス! SKIPシティ国際Dシネマ映画祭にて短編映画として初のSKIPシティアワードを受賞した、酒井善三監督の映画『カウンセラー』。 突如現れた相談者の話を聞くことに …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学