Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

韓国ドラマ『コネクト』キャスト/あらすじ/配信日。三池崇史監督によるディズニープラス配信のクライムSFスリラー!

  • Writer :
  • 谷川裕美子

韓国ドラマ『コネクト』は「Disney+(ディズニープラス)」のコンテンツブランド「スター」にて、2022年12月7日(水)より全6話一挙配信!

ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」のコンテンツブランド「スター」にて独占配信が発表されていた、三池崇史監督と韓国オールスターキャスト&スタッフによる韓国ドラマ『コネクト』が、2022年12月7日(水)からの全6話一挙配信が決定。

眼を奪われた不死身の男と、その眼を移植された連続殺人犯の息づまる攻防がスリリングに描かれるクライムSFスリラーです。


(C)2022 Disney and its related entities

国内外で高い評価を受ける三池崇史監督と、NAKA 雅 MURA、『ムルゲ 王朝の怪物』のホ・ダムの脚本で、日本と韓国のトップクリエイターらが勢揃いする異色のコラボレーションが実現しました。

愛の不時着』(2019)などで知られるスタジオドラゴンが制作を担当。日本でも人気のチョン・へインが主演を務め、コ・ギョンピョ、キム・ヘジュンら韓国の実力派俳優が集結しました。

このたび、日本語版ポスタービジュアルと予告編が解禁となりましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ『コネクト』について

突然、臓器売買組織に誘拐され、眼を奪われてしまった主人公のハ・ドンスは、実は不死身の新しい人種“コネクト”で、移植された人物の視覚をもつようになりますが、その眼の持ち主は、ソウルの住民を脅かす連続殺人犯でした。

ドラマ『コネクト』は、ドンスが奪われた眼を取り戻すために殺人鬼を追い続ける姿をスリリングに映し出し、自分の人生を取り戻すことを決意した男の戦いを描いたクライムSFスリラーです。

『十三人の刺客』(2010)、『悪の経典』(2012)などのクライムアクション、ホラーをはじめ、多岐にわたるジャンルで多くの作品を世に送り出し、ヴェネツィア国際映画祭・カンヌ国際映画祭など国内外で高い評価を受ける三池崇史監督と、NAKA 雅 MURA、『ムルゲ 王朝の怪物』(2020)のホ・ダムの脚本で、日韓のトップクリエイターらによる異色のコラボレーションが実現しました。

さらに、愛の不時着』(2019)などで知られるスタジオドラゴンが制作を担当しています。

自己治癒能力を持ちながら、連続殺人犯の視力をもつことになったハ・ドンス役に日本でも人気の高い『スノードロップ』(2021)のチョン・へイン、連続殺人犯オ・ジンソプ役で『恋のスケッチ~応答せよ 1988~』(2015)のコ・ギョンピョ、謎多きイラン役で『調査官ク・ギョンイ』(2021)のキム・ヘジュンらが出演。韓国の実力派俳優が肩を並べます。

解禁となった日本語版ポスタービジュアルには、主人公ハ・ドンスの顔に、触手を思わせる赤い管が垂れさがり、殺人鬼オ・ジンソプとイ・イランのこちらを睨みつけている不穏な様子が描かれています。

ドラマ『コネクト』の予告動画

予告編では、眼を失って眼帯を付けたドンスが痛み苦しんでいる様子や、建物から飛び降りて地面にたたきつけられても死なない不死身の新人種“コネクト”など、不気味でスリル満載なシーンの数々が映し出されます。

常人ではあり得ない、不死身だからこその行動で事件を追い求める“コネクト”。果たして主人公は、自らの眼を取り戻すことができるのでしょうか。

スポンサーリンク

ドラマ『コネクト』の作品情報

【配信】
2022年(韓国ドラマ)

【監督】
三池崇史

【脚本】
NAKA 雅 MURA、ホ・ダム

【キャスト】
チョン・ヘイン、コ・ギョンピョ、キム・へジュン

ドラマ『コネクト』のあらすじ

ハ・ドンスにはどんな大怪我でもすぐに治してしまうという特殊能力がありました。

そんな特殊能力をもつドンスを幼少の頃から人々は “モンスター”扱いし、彼は常に孤独を感じ生きていました。

ある日、ドンスは突然、臓器売買組織に誘拐され、その眼を奪われてしまいます。

手術台で目を覚ましたドンスはすぐに逃げ出しますが、やがて失われた眼はソウルの住民を恐怖に陥れていた連続殺人犯に使われており、ドンスはなんとその眼を通して見ることができました。

奪われた眼を取り戻すため、ドンスはあらゆる手を使って殺人鬼を追い続けますが……。

スポンサーリンク

まとめ

バイオレンスの巨匠として名高い三池監督が繰り出す、不気味でスリル満載なシーンがちりばめられた衝撃作『コネクト』。

脚本をNAKA 雅 MURAと『ムルゲ 王朝の怪物』のホ・ダム、制作をスタジオドラゴンが担当した、日韓最強タッグが贈るクライムSFスリラーです。

注目の韓国ドラマ『コネクト』は、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」のコンテンツブランド「スター」にて、2022年12月7日(水)より全6話一挙配信です!




関連記事

新作映画ニュース

映画『息子のままで、女子になる』キャスト/公開日/上映館/内容解説。トランスジェンダーアイコンのサリー楓をドキュメンタリーで映し出す

新しい世代を代表するトランスジェンダーアイコン “サリー楓”が誕生する瞬間を捉えた現在進行形のドキュメンタリー 新世代のトランスジェンダーのアイコンとして注目されるサリー楓が、“女性”として踏み出した …

新作映画ニュース

佐藤快磨映画『歩けない僕らは』あらすじとキャスト。リハビリテーション病院を舞台にした人間ドラマ

映画『歩けない僕らは』は2019年公開予定! 2019年6月に香港にて開催された第13回Fresh Wave International Short Film Festivalでワールドプレミアを行っ …

新作映画ニュース

『ワンダーウォール』広島映画館舞台挨拶に渡辺あや登壇。成海璃子・須藤蓮らの魅力と今後の“希望”を語る!

映画『ワンダーウォール 劇場版』は2020年4月10日(金)より全国順次ロードショー中 京都の学生寮を舞台に、自分たちの居場所を奪われようとしている若者たちの揺れ動きながらも熱い胸の内を描いたドラマ『 …

新作映画ニュース

映画『素晴らしき、きのこの世界』内容/公開日/上映館。ドキュメンタリーで菌類に迫ったおすすめ作が日本上陸!

奥深く、あまりにも美しい。 怪しげな小宇宙、きのこワールドへようこそ。 ナショナルジオグラフィックやディズニーネイチャーのドキュメンタリー作品を手掛け、タイムラプス映像のパイオニアと言われる映像作家ル …

新作映画ニュース

大人のラブストーリー映画『エマの瞳』あらすじ。名女優ヴァレリア・ゴリノが熱演して“見えた”ものとは⁈

イタリア映画祭2018で好評を博した『Emma 彼女の見た風景』は、邦題を『エマの瞳』にあらため、2019年3月23日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。 イタリアが誇る名匠シルヴィオ・ソ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学