Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/08/24
Update

映画『ボストン市庁舎』あらすじ/公開日/上映館。フレデリック・ワイズマン監督最新作のドキュメンタリーは故郷の“市役所”を描く

  • Writer :
  • 大塚まき

『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』フレデリック・ワイズマン監督作!

ドキュメンタリー映画の名匠フレデリック・ワイズマン監督が⽣まれ故郷ボストンの“市役所”を描く最新作『City Hall』(原題)。


(C)2020 Puritan Films, LLC – All Rights Reserved

このたびマサチューセッツ州ボストンの市役所と街の姿を映した映画『City Hall』(原題)が、『ボストン市庁舎』の邦題で2021年11⽉12⽇(⾦)よりBunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほかにて全国順次公開されることが決定しました。

スポンサーリンク

映画『ボストン市庁舎』について

ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』などで知られる、ドキュメンタリー界の「⽣ける伝説」ことフレデリック・ワイズマン監督

今回手がけた映画『ボストン市庁舎』で描くのは邦題の通り、⽶マサチューセッツ州の“ボストン市庁舎”

多様な⼈種・⽂化が共存する⼤都市ボストンは、ワイズマン監督が⽣まれ、現在も暮らす街でもあります。

カメラは飄々と市庁舎の中へ⼊り込み、市役所の⼈々とともに街のあちこちへと興味のままに動き出す。

そこに映し出されるのは、警察、消防、保険衛⽣、⾼齢者⽀援、出⽣、結婚、死亡記録、ホームレスの⼈々の⽀援から同性婚の承認まで数百種類ものサービスを提供する、知られざる市役所の仕事の舞台裏でした。

ワイズマン監督にとってドキュメンタリー44作⽬となる本作は、2020年カイエ・デュ・シネマTOP10で⾒事1位に輝きました。

2021年10⽉にはオンライン開催される「⼭形国際ドキュメンタリー映画祭 2021」インターナショナル・コンペティションでの上映も決定しています。

私たちが知る<お役所仕事>という⾔葉からは想像もできないボストン市庁舎の仕事が⾒えてくる、驚きに満ちたドキュメンタリーに期待が⾼まります。

映画『ボストン市庁舎』の作品情報

【日本公開】
2021年(アメリカ映画)

【原題】
City Hall

【監督・製作・編集・録音】
フレデリック・ワイズマン

【字幕】
齋藤敦子

スポンサーリンク

映画『ボストン市庁舎』のあらすじ

⽶マサチューセッツ州の“ボストン市庁舎”。

カメラは、市役所の⼈々とともに街のあちこちへと興味のままに映し出されます。

そこに映し出されるのは、警察、消防、保険衛⽣、⾼齢者⽀援、出⽣、結婚、死亡記録、ホームレスの⼈々の⽀援から同性婚の承認まで数百種類ものサービスを提供する、知られざる市役所の仕事の舞台裏。

市⺠の幸せのため奮闘するウォルシュ市⻑と市役所職員たちの姿から浮かび上がってくるものとは……。

まとめ

参考動画:米国版『CITY HALL』の予告編

ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』の名匠フレデリック・ワイズマンの監督作『City Hall』(原題)が、『ボストン市庁舎』の邦題でついに⽇本上陸です。

映画の舞台は、ワイズマンの⽣まれ故郷であるボストンの“市⺠のために働く市役所”

フレデリック・ワイズマン監督が、⽶マサチューセッツ州ボストンの市役所を撮影した最新作『ボストン市庁舎』は、2021年11⽉12⽇(⾦)よりBunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほかにて全国順次公開です。

関連記事

新作映画ニュース

シャーリズ・セロン映画『タリーと私の秘密の時間』。作品秘話と運命の出会い画像解禁

かつて夢見た〈未来〉とは違う〈今〉にため息をつく大人たちに、目の覚めるサプライズを贈る、ミステリアスな人生のリフレッシュ・ムービー。 映画『タリーと私の秘密の時間』は、8月17日(金)TOHOシネマズ …

新作映画ニュース

【角川シネマ有楽町&梅田ブルク7】中国映画祭「電影2019」を3月6日より開催上映!注目の厳選作品6本を公開

中国映画厳選6本を一挙上映 百花繚乱の魅力を放つ最新中国映画、厳選6本を一挙上映!! 中国映画祭「電影2019」は2019年3月6日(水)より、東京&大阪で開催です。 さらに開催前日の3月5日(火)に …

新作映画ニュース

ボリショイ・バレエ 2人のスワン|本編からニコラ・ル・リッシュの映像解禁!

映画『ボリショイ・バレエ 2人のスワン』は、7月7日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開! ロシア国立ボリショイ・バレエ・アカデミーの頂点を目指した少女たちの挫折と栄光。その夢見る …

新作映画ニュース

映画『ホテルニュームーン』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。永瀬正敏がイランの人気女優と共演!

愛と秘密が、重なるとき。 『孤独な惑星』の筒井武文監督が、愛する者の抱えた秘密を題材に、現代のテヘランを舞台に作り上げた日本・イラン合作映画『ホテルニュームーン』。 (C)Small Talk Inc …

新作映画ニュース

『GINAGINA ぎなぎな』渋谷ユーロスペース公開スタート!映画初日の舞台挨拶に高川裕也監督はじめ出演者らが登壇

映画『GINAGINA ぎなぎな』は公開初日に主な登場人物たちの舞台挨拶を実施! 2023年1月26日(木)~28日(土)渋谷ユーロスペースにて一般公開された映画『GINAGINA ぎなぎな』。 コロ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学