Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/09/03
Update

セルゲイ・ロズニツァのドキュメンタリー映画3選が日本初公開。開催日/上映館/予告動画情報も。

  • Writer :
  • 大塚まき

カンヌ国際映画祭で⼆冠、近作10作品すべてが世界三⼤映画祭に選出。
⽇本未公開の⻤才セルゲイ・ロズニツァ待望の⽇本初公開!

「ヨーロッパ映画賞」(欧州におけるアカデミー賞)にセレクトされた、セルゲイ・ロズニツァ監督の最新作『国葬』(2019)。


(c)『セルゲイ・ロズニツァ「群衆」』

『国葬』を含む、⽇本未公開の⻤才セルゲイ・ロズニツァ監督によるドキュメンタリー3作品が、2020年11月14日(土)から12月11日(金)まで、シアター・イメージフォーラムにて一挙公開されます。

この度、特集企画『セルゲイ・ロズニツァ「群衆」ドキュメンタリー3選』のポスタービジュアルと予告編が完成しました。

スポンサーリンク

『セルゲイ・ロズニツァ「群衆」ドキュメンタリー3選』について

画像:『国葬』


(c)ATOMS & VOID

セルゲイ・ロズニツァ監督は、1964年⽣まれのウクライナ出⾝です。現在はベルリン在住

1991年・ソ連崩壊の年、モスクワの全ロシア映画⼤学に⼊学し、1996年からソクーロフの製作で知られる名⾨サンクトペテルブルク・ドキュメンタリー映画スタジオで映画監督としてキャリアをスタートさせます。

これまで21作のドキュメンタリーと4作の⻑編劇映画を発表し、カンヌ国際映画祭では2012年に『In the Fog』で国際映画批評家連盟賞、18年に『Donbass』で「ある視点部⾨」最優秀監督賞を受賞しています。

さらに近作では、10作品全てが世界三⼤映画祭に選出される偉業を成し遂げていますが、これまで⽇本で公開されたことはありません。

『セルゲイ・ロズニツァ「群衆」ドキュメンタリー3選』は、ロズニツァの最新作を含む近年の作品群に焦点を当てたドキュメンタリー・セレクションです。

セレクションには、ソ連の独裁者スターリンの56年前の国葬の幻の記録を使⽤したアーカイヴ映画『国葬』同じくスターリンによって⾏われた1990年前の裁判の記録を使⽤した『粛清裁判』、そして、ホロコーストの現場となった元強制収容所を観光する、ダークツーリズムのドキュメンタリー『アウステルリッツ』を公開します。

『セルゲイ・ロズニツァ「群衆」ドキュメンタリー3選』の予告編

この度解禁された予告編では、1953年独裁者スターリンが亡くなり、ソビエト全土を巻き込んだ人類史上最大規模の国葬の記録『国葬』

「銃殺を要求する」と民衆のデモからはじまり、「我々のソ連国内で敵の世界を援助した者は、一掃し破壊しなければならない」と1930年モスクワの法廷での様子を記録した『粛清裁判』

戦後75年ベルリンの郊外で元強制収容所を観光するダーク・ツーリズムを映し出す『アウステルリッツ』

セレクション3選が映し出されます。

近作10作品すべてが世界三大映画祭に公式選出を果たしたセルゲイ・ロズニツァ、待望の日本初公開に期待が高まる予告映像となっています。

スポンサーリンク

上映作品1:『国葬』


(c)ATOMS & VOID

1967年の時を経て蘇る⼈類史上最⼤級の国葬の記録は、独裁者スターリンが⽣涯をかけて実現した社会主義国家の真の姿を明らかにします。

映画『国葬』の作品情報

【製作】
2019年(オランダ映画/リトアニア映画)

【監督】
セルゲイ・ロズニツァ

【あらすじ】
1953年3⽉5⽇。スターリンの死がソビエト全⼟に報じられました。発⾒されたフィルムにはソ連全⼟で⾏われたスターリンの国葬が記録されていました。

上映作品2:『粛清裁判』


(c)ATOMS & VOID

捏造された罪と真実の罰。独裁者スターリンによる⼤粛清の始まり。

映画『粛清裁判』の作品情報

【製作】
2019年(オランダ映画)

【監督】
セルゲイ・ロズニツァ

【あらすじ】
1930年、モスクワ。8名の有識者が⻄側諸国と結託しクーデターを企てた疑いで裁判にかけられます。

発掘された90年前のフィルムには無実の罪を着せられた被告⼈たちと、それを裁く権⼒側が記録していました。

スポンサーリンク

上映作品3:『アウステルリッツ』


(c)Imperativ Film

̶ドイツ⼈⼩説家・W.G.ゼーバルトの著書と同じ名を冠する、ダーク・ツーリズムのオブザベーショナル映画。

映画『アウステルリッツ』の作品情報

【製作】
2016年(ドイツ映画)

【監督】
セルゲイ・ロズニツァ

【あらすじ】
ある夏のベルリン郊外。群衆が⾨に吸い寄せられていきます。

辺り構わずスマートフォンで記念撮影をする⼈々。ここは第⼆次世界⼤戦中にホロコーストで多くのユダヤ⼈が虐殺された元強制収容所でした。

まとめ

画像:『アウステルリッツ』


(c)Imperativ Film

異なる時代の群衆に眼差しを向け、⼈々がどのように群衆化するか考察する『セルゲイ・ロズニツァ「群衆」ドキュメンタリー3選』。

現代ドキュメンタリー映画の最重要作家としてセルゲイ・ロズニツァ待望の日本初公開です。

ぜひこの機会をお見逃しなくスクリーンでご覧ください。

『セルゲイ・ロズニツァ「群衆」ドキュメンタリー3選』は、2020年11月14日(土)から12月11日(金)までシアター・イメージフォーラムにて開催、全国順次ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画祭『夏のホラー秘宝まつり2021』開催日/上映作品情報。『ファニーゲーム』や名作などラインナップ発表

観客参加型 ホラー映画祭、今年は4都市同時開催!! 今年で8年目の夏を迎えるホラー映画祭のシーズンがやってきました。 2021年夏、8回目を迎える『夏のホラー秘宝まつり 2021』が開催します。 20 …

新作映画ニュース

香取慎吾『凪待ち』感謝の特別試写会。映画ロケ地の塩釜水産物仲卸市場にサプライズ登場!

映画『凪待ち』は2019年6月28日(金)よりTOHOシネマズ日比谷を皮切りに全国ロードショー公開! 監督・白石和彌と俳優・香取慎吾が初のタッグを組んで世に放つ、震災後の宮城県石巻市が舞台とする骨太の …

新作映画ニュース

ケネスブラナー映画『シェイクスピアの庭』あらすじとキャスト。公開日は2020年3月6日で劇作家の晩年を描く

“シェイクスピア俳優”ケネス・ブラナーが満を持して映画化。 没後400年以上を経て、今もなお愛され続ける幾多の名作を世に送り出した英国の偉大な文豪、ウィリアム・シェイクスピア(1564年-1616年) …

新作映画ニュース

【映画祭のむコレ情報】ドニー・イェン新作からLGBTQ作品まで11月15日よりシネマート新宿・心斎橋にて

劇場発信型映画祭「のむらコレクション」(通称:のむコレ)。 2019年もスケールアップして開催! 2018年、超速で日本公開を実現し大ヒットした『魔女/The Witch』や、個人の自主配給ながら全回 …

新作映画ニュース

少年時代の終わりを描いた映画『メモリーズ・オブ・サマー』予告編解禁。子役のマックスは天才的演技で受賞した逸材!

少年の子ども時代が夏とともに終わりを告げる。 2019年6月1日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMA、アップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショーされる映画『メモリーズ・オブ・サマー』。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学