Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/02/12
Update

映画『ANNA/アナ』あらすじ/キャスト/公開日。美人女優(モデル)のサッシャ・ルスがアクションスターへ!

  • Writer :
  • 石井夏子

5分で40人を倒す、新たな最強ヒロインが誕生。

『ニキータ』『レオン』『LUCY/ルーシー』など、強く美しいヒロインを撮り続けてきたリュック・ベッソン監督。


(C)2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

リュック・ベッソン監督が新たな<最強のヒロイン>を放つ、ノンストップ・アクション・エンターテインメント『ANNA/アナ』が2020年6月5日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかにて全国ロードショーされることが決定しました。

シャネル、ディオール、ヴァレンチノなどのハイブランドのモデルを務めたロシア出身のスーパーモデル、サッシャ・ルスが最強ヒロインに扮します。

映画『ANNA/アナ』の場面写真

本記事冒頭に掲載いたしました、今回解禁された場面写真は、ギャングの集会場所となっているレストランに乗り込み、一人で40人の猛者たちを相手に戦う主人公アナ(サッシャ・ルス)の姿を捕えたもの。

手に持つグロック拳銃の他、あらゆる武器を駆使して次々と大男たちをなぎ倒していく圧巻のシーンは本作の見どころのひとつ。

アナの活躍に期待が膨らむビジュアルとなっています。

映画『ANNA/アナ』について

参考動画:『LUCY/ルーシー』インターナショナルトレーラー

監督は『ニキータ』(1991)、『レオン』(1995)、『LUCY/ルーシー』(2014)で魅力的な<闘うヒロイン>を生み出し、「TAXi」「96時間」といったスーパーアクションシリーズの製作・脚本を手掛けたヒットメーカーのリュック・ベッソン

主人公のアナ役には、16歳でランウェイデビューを果たし、シャネル、ディオール、ヴァレンチノなどのハイブランドのモデルを務めたロシア出身のスーパーモデル、サッシャ・ルスを抜擢しました。

サッシャ・ルスは5分で40人を倒すリアル且つ壮絶なファイティングシーンを見事に完遂。

殺し屋としてアナを育てたKGBの上司オルガ役には『クィーン』でアカデミー賞を受賞したヘレン・ミレン

アナを支える同胞アレクセイ役には『ワイルド・スピード ICE BREAK』のルーク・エヴァンスCIA捜査官レナード役には『ダークナイト』のキリアン・マーフィと、独自の世界を切り開く演技派が顔を揃えました。

映画『ANNA/アナ』の作品情報

参考:サッシャ・ルスのインスタグラム

【日本公開】
2020年(フランス・アメリカ合作映画)

【原題】
ANNA

【監督・脚本・製作】
リュック・ベッソン

【製作】
マーク・シュミューガー

【日本語字幕】
佐藤恵子

【キャスト】
サッシャ・ルス、ルーク・エヴァンス、キリアン・マーフィ、ヘレン・ミレン

映画『ANNA/アナ』のあらすじ

1990年、ソ連の諜報機関KGBによって造り上げられた最強の殺し屋、アナ(サッシャ・ルス)。

美しきファッションモデルやコールガールなどの複数の顔を持つ彼女の使命は、国家にとって危険な人物を次々と消し去ること。

その明晰な頭脳とトップクラスの身体能力を駆使して、アナは国家間の争いを左右する一流の暗殺者への進化を遂げます。

そんな中、アメリカのCIAの巧妙な罠にはめられ、捜査官レナードから成功確率0%の究極の取引を迫られるアナ。

最大の危機を前にしたアナは、さらなる覚醒を果たし、世界の命運を握る二大組織KGBとCIAの脅威へと化していき…。

まとめ

参考:サッシャ・ルスのインスタグラム

この投稿をInstagramで見る

Looking into 2020 like…

Sasha Luss(@sashaluss)がシェアした投稿 –

成功率0%の究極のミッションに、アナが下した決断とは―!?

すべての予測を裏切るノンストップ・アクション・エンターテインメント『ANNA/アナ』

2020年6月5日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかにて全国ロードショーです。






関連記事

新作映画ニュース

最新作『スパイダーマン:スパイダーバース』あらすじと内容。アメリカでの評論家の感想は大絶賛で大ヒットの兆しへ

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の日本公開は2019年3月8日全国ロードショー! 『スパイダーマン』「アメイジング・スパイダーマン」シリーズ、そしてマーベル・シネマティック・ユニバース入りを果 …

新作映画ニュース

物体 妻が哲学ゾンビになった|キャスト/あらすじ/公開上映館。伊刀嘉紘が初長編監督作品で描く“不条理とロマンス”

10年にわたる構想を経て、伊刀嘉紘の長編映画第1作が公開! “哲学的ゾンビ”とは、心的内面は持たないものの、通常の人間とは外から区別がつかない状態・存在を指す脳科学用語。 そんな言葉から世界観の着想を …

新作映画ニュース

韓国映画『バーニング劇場版』日本公開を前にNHK地上波放送で「短縮版」が見られる!

世界中に“ハルキスト”と言われる熱狂的なファンを持つ、日本が誇る翻訳家でもある小説家・村上春樹。 彼の短編小説「納屋を焼く」を原作とした『バーニング劇場版』が、2019年2月1日にTOHOシネマズ シ …

新作映画ニュース

映画『ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像』あらすじとキャスト。公開日は2020年2⽉28⽇に決定

作者不明で謎の肖像画。 年老いた美術商がたどり着いた“本当に価値のあるもの”とは? 「幻の名画」に込められた真実が明かされるとき、すれ違っていた家族の秘めた想いが絆を紡ぎだします。 © Mamocit …

新作映画ニュース

齋藤飛鳥と山田裕貴キミオイキャストのメイキング映像解禁『あの頃、君を追いかけた』

2011年、台湾で200万人を動員し、ほぼ無名のキャストながら社会現象を巻き起こすほどの空前のヒットとなった伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』。 2018年、舞台を日本に移し、山田裕貴主演、ヒロ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学