Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2022/09/15
Update

『桜色の風が咲く』あらすじ/キャスト/映画公開日/上映館。小雪の12年ぶりの主演作!母と息子の実話をもとに希望を描く

  • Writer :
  • 大塚まき

世界で初めて盲ろう者の大学教授となった福島智の生い立ちを描いた映画が完成

9歳で失明、18歳で聴力を失いながらも世界で初めて盲ろう者の大学教授となり、東京大学の教授として教鞭をとっている福島智(ふくしまさとし)。

映画『桜色の風が咲く』は、2003年TIME誌による「アジアの英雄」に選出され、現在は、東京大学先端科学技術研究センターバリアフリー分野教授を務める福島智さんの幼少期から大学受験までの姿を描きだしました。


(C)THRONE / KARAVAN Pictures

この度、映画『桜色の風が咲く』が、2022年11月4日(金)より、シネスイッチ銀座、ユーロスペース、新宿ピカデリー他にて全国順次公開されます。

主演、福島智の母・令子を演じるのは、自身も3人の子供を育てながら活躍する小雪(こゆき)、福島智の青年期を演じるのはめざましい活躍の田中偉登(たなかたけと)。

この度、本予告編と場面写真が一挙解禁となります。さらに福島智(東京大学先端科学技術研究センターバリアフリー分野教授)よりコメントが到着しました。

スポンサーリンク

映画『桜色の風が咲く』について


(C)THRONE / KARAVAN Pictures

視力と聴力を次々と失いながらも、世界ではじめて盲ろう者の大学教授となった、東京大学先端科学技術研究センターバリアフリー分野教授・福島智さんをご存じですか?

これは、そんな智と母・令子の実話にもとづく物語。ひとつひとつ困難を乗り越えながら人生の可能性を広げていく2人の勇気は、私たちの心を生きる歓びで満たすことでしょう。

また令子が、盲ろう者である智との日常の中から考案した、リアルタイムで言葉を伝える新たなコミュニケーションの手段“指点字”。

現在、多くの人々に希望を与え続けている“指点字”誕生に至る、知られざる物語でもあります。

智を支える、大らかで凛とした母・令子役に小雪。12年ぶりの主演作で新境地を拓きます。

智役に、『朝が来る』(2020)の田中偉登。夫・正美役に吉沢悠。ほかに、リリー・フランキー、朝倉あき等が顔を揃えます。

映画『桜色の風が咲く』の予告編

この度解禁された予告編では、「智、宿題終わったの?」「半分やったで」「ダメでしょ半分じゃ」「僕は片目だから半分でええねん」と元気よく遊びに出かける智の姿や、草花と触れ合い、海辺で家族と過ごし、9歳で失明してしまう智を皆で支えていく様子が映し出されます。

そして、高校生となり家族の元を離れ、寮生活をスタートさせる智は、「僕には耳がある、だから大丈夫や」と語り、心配でいっぱいの母・令子を安心させます。

しかし、ある日実家に帰省した時、令子は、智の耳の状態が良くないことに気づきます。

聴力をも失うことで智はまるで宇宙に放り出されたような孤独を感じ、そこから、母・令子と智の努力の日々がはじまります。

一緒に走って運動療法に励み、令子は食事療法にも取り組み、さらにある日、智の指に、点字を打つように言葉を伝えると「指点字なら読める。これならわかるわ」と感謝を伝える智。

そして「僕は考えることができる。言葉がある。僕がこういう状態なったのは、こういう僕でないとできないことがあるからだ。」と未来を向いていく…。

「私たち家族は、智にたくさん教えられてきたんだ」という母・令子の言葉が、これが実話であるという重みとともに観る者の心に深く響くことでしょう。

スポンサーリンク

東京大学先端科学技術研究センターバリアフリー分野教授:福島智のプロフィール

1962年兵庫県生まれ。3歳で右目を、9歳で左目を失明。18歳で失聴し、全盲ろうとなる。83年東京都立大学(現・首都大学東京)に合格し、盲ろう者として日本初の大学進学。金沢大学助教授などを経て、2008年より東京大学教授。盲ろう者として常勤の大学教授になったのは世界初。

社会福祉法人全国盲ろう者協会理事、世界盲ろう者連盟アジア地域代表(2022年10月退任予定)なども務める。

1996年に、母・令子とともに吉川英治文化賞受賞。2003年には米国TIMES誌にて「アジアの英雄」に選出。2008年、NHK「課外授業 ようこそ先輩」での出演回が日本賞グランプリ、及び「コンテンツ部門青少年向けカテゴリー 外務大臣賞」。

2015年に本間一夫文化賞。著書および関連書多数。‘日本のヘレン・ケラー’とも称され、世界的な活躍を続ける。

福島智のコメント


(C)THRONE / KARAVAN Pictures

私・福島智は今、59歳。母・令子は今、89歳。私は東京で妻と、母は神戸で一人で、おかげさまでまずまず元気にすごしています。この映画は、私のごく幼いころから、20歳ころまでの母と私の歩みを描いた作品です。シナリオを20バージョン以上も拝見し、いろいろと感想や意見をお伝えしました。また、母・令子役の小雪さんや智役の田中さんたちとも直接お会いして、雑談もまじえながら、点字や指点字の練習を一緒にしました。なので、私の心の中にはこの映画が鮮やかに息づいています。
 実話に基づいているとはいえ映画ですので、さまざまな脚色やフィクションは当然含まれています。それでも、幼いころの義眼のエピソードや運動療法に取り組んでいた時のエピソードなど、事実に基づいていることも少なくありません。中でも、1981年の3月のある朝、「病院に遅れるで」と、文句を言いに台所に行った私に、母が突然、両手の指で私の指に妙なことをし始めたこと、つまり、「指点字」の始まりの場面は、現実と映画がそのまま連続しているように感じました。
 ただし、小雪さんは母よりも指が細く、背がずっと高い。セリフもすっきりした東京言葉で、関西のおばちゃん言葉ではない。だけど、共通点もあります。それは、「生きるパワーがある」ということです。

スポンサーリンク

映画『桜色の風が咲く』の作品情報


(C)THRONE / KARAVAN Pictures

【日本公開】
2022年(日本映画)

【英題】
A Mother’s Touch

【監督】
松本准平

【脚本】
横幕智裕

【キャスト】
小雪、田中偉登、吉沢悠、吉田美佳子、山崎竜太郎、札内幸太、井上肇、朝倉あき、リリー・フランキー 

映画『桜色の風が咲く』のあらすじ


(C)THRONE / KARAVAN Pictures

教師の夫、3人の息子とともに関西の町で暮らす令子。

末っ子の智は幼少時に視力を失いながらも、家族の愛に包まれて天真爛漫に育つ。

やがて令子の心配をよそに東京の盲学校で高校生活を謳歌。しかし、18歳のときに聴力も失います。

暗闇と無音の宇宙空間に放り出されたような孤独にある息子に立ち上がるきっかけを与えたのは、令子が彼との日常から見出した、“指点字”という新たなコミュニケーションの“手段”でした。

勇気をもって困難を乗り越えていく母子の行く手には、希望に満ちた未来が広がっていく…。

まとめ


(C)THRONE / KARAVAN Pictures

9歳で失明、18歳で聴力を失いながらも世界で初めて盲ろう者の大学教授となった東京大学先端科学技術研究センター教授福島智の生い立ちを描きます。

見えない。聞こえない。でも僕は“考える”ことができる…。
母と息子が見出していく希望に満ちた未来。

この度、予告映像とあわせて解禁された場面写真では、智(田中偉登)を優しく見つめる母・令子(小雪)のカットや、苦悩する智の父・福島正美(吉沢悠)と令子(小雪)、微笑ましい家族写真、高校での友人との出会いなど、さまざまな困難に直面しながらも歩み続けてきた母と息子の人生が垣間見られるカットとなっています。

母と息子の実話をもとに希望を描く、真摯で温かな人間賛歌『桜色の風が咲く』は、2022年11月4日(金)より、シネスイッチ銀座、ユーロスペース、新宿ピカデリー他にて全国順次ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

ティモシーシャラメ映画『キング』あらすじとキャスト。公開日は10月25日でNetflixに先駆けアップリンクにて上映

ティモシー・シャラメが英ヘンリー5世に! 第76回ベネチア国際映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門でワールド・プレミア上映された、ティモテ・シャラメ主演、ジョエル・エドガートン、ジョーン・ハリス …

新作映画ニュース

映画『愛のように感じた』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。17歳の瞳に映る世界のエリザ・ヒットマン監督長編デビュー作が劇場公開!

ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞『17歳の瞳に映る世界』 エリザ・ヒットマン監督による長編デビュー作。 『17歳の瞳に映る世界』でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞したエリザ・ヒットマン監督。 エリザ・ヒット …

新作映画ニュース

【東京国際映画祭2019情報】オープニング上映には『男はつらいよ お帰り 寅さん』が決定!

『男はつらいよ お帰り 寅さん』は2019年12月27日(金)全国ロードショー。 奇跡の最新作を世界初上映で映画祭開幕! 2019年10月28日(月)~11月5日(火)の9日間にて開催される第32回東 …

新作映画ニュース

映画『仮面病棟』キャストの田所院長役は高嶋政伸【演技評価とプロフィール】

映画『仮面病棟』は2020年3月6日より全国公開! 『屍人荘の殺人』の木村ひさしが監督をつとめ、現役医師でもある作家・知念実希人のミステリー小説を実写映画化した『仮面病棟』が2020年3月6日より全国 …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『血筋』劇場公開日は2020年3月14日【カナザワ映画祭2019「期待の新人監督」グランプリ受賞作品】

カナザワ映画祭2019「期待の新人監督」グランプリ受賞作。 とある一家族から映し出される、中国朝鮮民族の「今」。 「中国朝鮮民族」の一家族を追ったドキュメンタリー映画『血筋』が、2020年3月14日( …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学