Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『デニス・ホッパー/狂気の旅路』公開日は12月20日。ドキュメンタリーでハリウッドの異端児の半生をたどる

  • Writer :
  • 松平光冬

映画監督にしてアーティスト、デニス・ホッパーの実像に迫るドキュメンタリー

映画監督、写真家、そしてアートコレクターと、多彩な顔を持っていた俳優デニス・ホッパー(1936~2010)。

ALONG FOR THE RIDE LLC, (C) 2017

彼の激動の半生を追ったドキュメンタリー映画『デニス・ホッパー/狂気の旅路』が、2020年12月20日(金)より新宿シネマカリテにて公開されます。

映画公開に先駆け、ティザービジュアルおよび予告編が解禁となりました。

スポンサーリンク

映画『デニス・ホッパー/狂気の旅路』について

ALONG FOR THE RIDE LLC, (C) 2017

本作は、稀代の俳優デニス・ホッパーに憧れ取り憑かれた、1978年生まれのニック・エベリング監督によるドキュメンタリーです。

エベリングが、同じくホッパーに魅了され、約40年にわたり右腕的存在とだった人物サティヤ・デ・ラ・マニトウと共に、彼と縁の深い多くの友人知人たちを訪ねます。

実弟のデヴィッドから、ヴィム・ヴェンダース、デヴィッド・リンチといった監督たち、さらには建築家のフランク・ゲーリー、画家兼映画監督のジュリアン・シュナーベルといったアーティストたちの証言を交えつつ、エベリングが収集した貴重な未公開映像をもとに、ホッパーの激動の半生をひも解いていきます。

1960年代には写真家としても活躍し、当時の新進気鋭アーティストであったアンディ・ウォーホルらとの親密な交流や、美術コレクターとして多くの作品を所有していたなど、ホッパーが備えていた美のセンスが、本作で明らかとなります。

映画『デニス・ホッパー/狂気の旅路』の予告編

このたび解禁となった予告編は、監督のエベリング自ら編集

『ラストムービー』の舞台となったペルーのチンチェロを、サティヤが再び訪れるシーンから始まり、『ラストムービー』のシーンは勿論のこと、ホッパーが出演した『アメリカの友人』(1977)、『地獄の黙示録』(1979) の一部シーンや、『ブルーベルベット』(1986)でのデニス・ホッパーとデヴィッド・リンチ監督とのオフショットも公開。

さらには ホッパーの自宅のアートコレクションも垣間見れる内容となっています。

スポンサーリンク

映画『デニス・ホッパー/狂気の旅路』の作品情報

ALONG FOR THE RIDE LLC, (C) 2017

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Along for the Ride

【監督】
ニック・エベリング

【製作】
ニナ・ヤン・ボンジョヴィ、シェリー・アン・ティンモンズ

【キャスト】
デニス・ホッパー(アーカイブ出演)、サティヤ・デ・ラ・マニトウ、デヴィッド・ホッパー、ステラ・ガルシア、ジュリー・アダムス、フランク・ゲーリー、ヴィム・ヴェンダース、デヴィッド・リンチ、エド・ルシェ、ジュリアン・シュナーベル

映画『デニス・ホッパー/狂気の旅路』のあらすじ

ALONG FOR THE RIDE LLC, (C) 2017

俳優、映画監督、写真家、アートコレクターなどの多彩な顔を持っていたデニス・ホッパー。

狂気にも似た欲望に取り憑かれた彼の人生は、常に多くの挫折と苦難、依存症の苦しみが付きまといました。

本作は、そんなホッパーの生涯の長きにわたる右腕だった、サティヤ・デ・ラ・マニトウの視点から、この希有なアーティストの半生をたどります。

スポンサーリンク

同時公開はデニス・ホッパー監督第2作『ラストムービー』

本作と併せて、ホッパーが1971年に製作・監督した『ラストムービー』も同時公開されます。

この映画は、処女作『イージー★ライダー』(1969)の成功の勢いを借りたホッパーが、最終編集権を含む完全なクリエイティヴの自由を得て製作。

しかし、編集作業に1年も要するなどの混迷を極めた末に、その難解な内容と前衛的な構成に困惑した映画会社ユニヴァーサルとホッパーが衝突。

作品自体は最終的に完成はするも、短期間での公開の後にお蔵入り状態となり、ハリウッドから干されたホッパーは酒とドラッグに溺れ、長らくの低迷期を迎えることとなりました。

日本では1988年に劇場公開されるも、その後のVHS発売以降は一度もソフト化やテレビ放送もされていなかった、この幻ともいえる作品が大スクリーンで見られます。

まとめ

ALONG FOR THE RIDE LLC, (C) 2017

ハリウッドの異端者にして鬼才と評されたデニス・ホッパー。

そうした異名が独り歩きする中、はたして彼の実像とは一体どういう姿だったのか?

ドキュメンタリー映画『デニス・ホッパー/狂気の旅路』と、彼の才気が爆発した監督作『ラストムービー』は、そんな彼をひも解くことのできるまたとないチャンスとなっています。

映画『デニス・ホッパー/狂気の旅路』は、2020年12月20日(金)より新宿シネマカリテにて、デニス・ホッパー監督『ラストムービー』と同時公開


関連記事

新作映画ニュース

映画『Dinerダイナー』キャストのコフィ役は奥田瑛二。演技力の評価とプロフィール

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

新作映画ニュース

白石和彌監督がキノシネマにて『凪待ち』ティーチイン。来場者ファンからは“11凪目”が続出!

映画『凪待ち』は2019年6月28日より絶賛公開中! 2019年6月28日に全国ロードショー公開を迎え、その作品タイトルとは異なり公開から約1ヶ月が経った現在もその勢いが止むことがない映画『凪待ち』。 …

新作映画ニュース

第10回ちば映画祭の開催情報!2019年3月29日より清原惟(きよはらゆい)をはじめ新進監督のラインナップが光る

全国的にも貴重な上映機会の作品が多数 千葉県初上映のフレッシュな若手監督の上映作品がメインの『ちば映画祭』。 一度聞いたら脳内リピート確実なテーマソング、『ちば映画祭のテーマ~初期衝動~』もインパクト …

新作映画ニュース

【劇場招待券プレゼント】映画『オーファンズ・ブルース』抽選で10名様にプレゼント!

映画『オーファンズ・ブルース』は2019年5月31日(金)よりテアトル新宿を皮切りに全国順次公開 工藤梨穂監督が2018年に自身の卒業制作として撮り、数々の映画祭にて賞を獲得した映画『オーファンズ・ブ …

新作映画ニュース

映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』あらすじとキャスト。ワンダーコンのリポートも

特別映像初お披露目でファン大興奮! 2019年6月21日(金)よりロードショーの「X-MEN」シリーズ最新作『X-MEN:ダーク・フェニックス』。 カリフォルニア・アナハイムで行われたワンダーコンにソ …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP