Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『デニス・ホッパー/狂気の旅路』公開日は12月20日。ドキュメンタリーでハリウッドの異端児の半生をたどる

  • Writer :
  • 松平光冬

映画監督にしてアーティスト、デニス・ホッパーの実像に迫るドキュメンタリー

映画監督、写真家、そしてアートコレクターと、多彩な顔を持っていた俳優デニス・ホッパー(1936~2010)。

ALONG FOR THE RIDE LLC, (C) 2017

彼の激動の半生を追ったドキュメンタリー映画『デニス・ホッパー/狂気の旅路』が、2020年12月20日(金)より新宿シネマカリテにて公開されます。

映画公開に先駆け、ティザービジュアルおよび予告編が解禁となりました。

スポンサーリンク

映画『デニス・ホッパー/狂気の旅路』について

ALONG FOR THE RIDE LLC, (C) 2017

本作は、稀代の俳優デニス・ホッパーに憧れ取り憑かれた、1978年生まれのニック・エベリング監督によるドキュメンタリーです。

エベリングが、同じくホッパーに魅了され、約40年にわたり右腕的存在とだった人物サティヤ・デ・ラ・マニトウと共に、彼と縁の深い多くの友人知人たちを訪ねます。

実弟のデヴィッドから、ヴィム・ヴェンダース、デヴィッド・リンチといった監督たち、さらには建築家のフランク・ゲーリー、画家兼映画監督のジュリアン・シュナーベルといったアーティストたちの証言を交えつつ、エベリングが収集した貴重な未公開映像をもとに、ホッパーの激動の半生をひも解いていきます。

1960年代には写真家としても活躍し、当時の新進気鋭アーティストであったアンディ・ウォーホルらとの親密な交流や、美術コレクターとして多くの作品を所有していたなど、ホッパーが備えていた美のセンスが、本作で明らかとなります。

映画『デニス・ホッパー/狂気の旅路』の予告編

このたび解禁となった予告編は、監督のエベリング自ら編集

『ラストムービー』の舞台となったペルーのチンチェロを、サティヤが再び訪れるシーンから始まり、『ラストムービー』のシーンは勿論のこと、ホッパーが出演した『アメリカの友人』(1977)、『地獄の黙示録』(1979) の一部シーンや、『ブルーベルベット』(1986)でのデニス・ホッパーとデヴィッド・リンチ監督とのオフショットも公開。

さらには ホッパーの自宅のアートコレクションも垣間見れる内容となっています。

スポンサーリンク

映画『デニス・ホッパー/狂気の旅路』の作品情報

ALONG FOR THE RIDE LLC, (C) 2017

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Along for the Ride

【監督】
ニック・エベリング

【製作】
ニナ・ヤン・ボンジョヴィ、シェリー・アン・ティンモンズ

【キャスト】
デニス・ホッパー(アーカイブ出演)、サティヤ・デ・ラ・マニトウ、デヴィッド・ホッパー、ステラ・ガルシア、ジュリー・アダムス、フランク・ゲーリー、ヴィム・ヴェンダース、デヴィッド・リンチ、エド・ルシェ、ジュリアン・シュナーベル

映画『デニス・ホッパー/狂気の旅路』のあらすじ

ALONG FOR THE RIDE LLC, (C) 2017

俳優、映画監督、写真家、アートコレクターなどの多彩な顔を持っていたデニス・ホッパー。

狂気にも似た欲望に取り憑かれた彼の人生は、常に多くの挫折と苦難、依存症の苦しみが付きまといました。

本作は、そんなホッパーの生涯の長きにわたる右腕だった、サティヤ・デ・ラ・マニトウの視点から、この希有なアーティストの半生をたどります。

スポンサーリンク

同時公開はデニス・ホッパー監督第2作『ラストムービー』

本作と併せて、ホッパーが1971年に製作・監督した『ラストムービー』も同時公開されます。

この映画は、処女作『イージー★ライダー』(1969)の成功の勢いを借りたホッパーが、最終編集権を含む完全なクリエイティヴの自由を得て製作。

しかし、編集作業に1年も要するなどの混迷を極めた末に、その難解な内容と前衛的な構成に困惑した映画会社ユニヴァーサルとホッパーが衝突。

作品自体は最終的に完成はするも、短期間での公開の後にお蔵入り状態となり、ハリウッドから干されたホッパーは酒とドラッグに溺れ、長らくの低迷期を迎えることとなりました。

日本では1988年に劇場公開されるも、その後のVHS発売以降は一度もソフト化やテレビ放送もされていなかった、この幻ともいえる作品が大スクリーンで見られます。

まとめ

ALONG FOR THE RIDE LLC, (C) 2017

ハリウッドの異端者にして鬼才と評されたデニス・ホッパー。

そうした異名が独り歩きする中、はたして彼の実像とは一体どういう姿だったのか?

ドキュメンタリー映画『デニス・ホッパー/狂気の旅路』と、彼の才気が爆発した監督作『ラストムービー』は、そんな彼をひも解くことのできるまたとないチャンスとなっています。

映画『デニス・ホッパー/狂気の旅路』は、2020年12月20日(金)より新宿シネマカリテにて、デニス・ホッパー監督『ラストムービー』と同時公開


関連記事

新作映画ニュース

おすすめのCGアニメ映画『小さなバイキング ビッケ』上映館/予告動画。人気シリーズ最新劇場版!

“夢を抱く”あなたにエールを贈る、 『SING/シング』『怪盗グルーのミニオン大脱走』スタッフ最新作! 日本で最高視聴率20.5%を記録し、尾田栄一郎『ONE PIECE』のモチーフにもなった名作アニ …

新作映画ニュース

【第14回大阪アジアン映画祭2019】ロイ・チウが『先に愛した人』の演技で受賞!トークイベント開催

ロイ・チウが【オーサカ Asia スター★アワード】受賞決定! 優れたアジア映画の鑑賞機会を市民へ提供すること、大阪での映像制作活動促進を支援すること、およびアジア映画人の来阪を促進すること等を通じて …

新作映画ニュース

映画『エンド・オブ・ステイツ』あらすじとキャスト。ジェラルド・バトラーに襲いかかる最大のピンチとは

“史上最強のシークレットサービス”マイク・バニングに訪れる最大のピンチ! 『ジオストーム』(2018)、『ハンターキラー 潜航せよ』(2019)などの主演作で、今やハリウッド屈指の人気スターを誇るジェ …

新作映画ニュース

スティーヴ・カレルが実在のカメラマンを演じた映画『マーウェン』。予告編とビジュアル紹介!

ロバート・ゼメキス監督が映画化を熱望した、知られざる感動の実話。 (C)2018 UNIVERSAL STUDIOS ヘイトクライム(憎悪犯罪)の被害者で、障害を抱えながらも独自の世界観でカメラマンと …

新作映画ニュース

東京国際映画祭2018上映作品のリポート第2弾。コンペティション部門などからピックアップ解説

© 2018 TIFF 10月25日から始まった第31回東京国際映画祭。 映画祭の顔といえばコンペティション部門を中心にしたオリジナルセレクション部門です。 まだ発掘されていない才能をいち早く発見する …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学