Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/02/14
Update

映画『レプリカズ』キアヌ・リーブスの狂気を醸し出すビジュアル解禁!公開日は高血圧の日!?

  • Writer :
  • 中村綾子

映画『レプリカズ』は5月17日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかで全国公開

愛する家族のために暴走する天才科学者をキアヌリーブスが演じるノンストップSFアクション映画『レプリカズ』は2019年5月17日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかで全国公開します!

© 2017 RIVERSTONE PICTURES (REPLICAS) LIMITED. All Rights Reserved.

突如家族を失う絶望の中で、誰もが一瞬よぎる“甦らせる”という倫理的ジレンマを、主演・製作のキアヌ・リーブスとジャンル映画のプロフェッショナル製作陣とがタッグを組み描いたこの作品。

メインビジュアルと場面写真が解禁となりました。

スポンサーリンク

映画『レプリカズ』メインビジュアルと場面写真

© 2017 RIVERSTONE PICTURES (REPLICAS) LIMITED. All Rights Reserved.

解禁となったメインビジュアルでは、家族を守るために危険な実験も顧みない暴走科学者を演じるキアヌ・リーブスが、眉間にしわをよせている顔が前面に映し出されています。

今にも走りだしそうな狂気を醸し出した、険しい表情。

そしてうっすらとキアヌ・リーブスの顔に浮かび上がるアンドロイドのような輪郭。

それが意味するものとはいったい何なのでしょう?!

“その発明は、[大罪]か[奇跡]か”というキャッチコピーにあるように、科学者としての発明は表裏一体なのでしょう。

キアヌ・リーブス演じるウィリアムの発明は、果たしてどちらなのか、気になりますね!

同時に公開された場面写真でさらに謎は深まる

© 2017 RIVERSTONE PICTURES (REPLICAS) LIMITED. All Rights Reserved.
ウィリアムが暴走するきっかけとなる、家族を事故で失い、泣き叫ぶシーン。

雨の中、絶望に暮れるその姿からは常軌を逸した行動に走ってしまうことがうなずける場面となっています。

© 2017 RIVERSTONE PICTURES (REPLICAS) LIMITED. All Rights Reserved.

そして気泡が浮かぶ怪しげなポッドに閉じ込められた人影と息も絶え絶えに苦しむ女性の姿が。

この場面写真で、一層映画への関心とウィリアムの発明の謎は深まっていくことでしょう。

映画『レプリカズ』の作品情報

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
REPLICAS

【監督】
ジェフリー・ナックマノフ

【キャスト】
キアヌ・リーブス、アリス・イブ、トーマス・ミドルディッチ、ジョン・オーティス、エムジェイ・アンソニーほか

【作品概要】
突然の事故で家族を失った神経科学者が、政府の管理下にある研究所や警察、自然の倫理に逆らってまで家族のクローンをつくるという実現にむかい、倫理に反した暴走を加速させていくSFアクション映画です。

主演は「マトリックス」と「ジョン・ウィック」の両シリーズなどでヒットを飛ばしたキアヌ・リーブス。

自動車事故で死んでしまう妻のモナ役を演じているのは『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(2013)のアリス・イブ。

トーマス・ミドルディッチやジョン・オーティスなどが脇を固めます。

監督は『デイ・アフター・トゥモロー』(2004)で脚本を手がけたジェフリー・ナックマノフです。

スポンサーリンク

映画『レプリカズ』のあらすじ

神経科学者のウィリアム・フォスターは、人間の意識をコンピュータに移す実験を成功させようとしていました。

妻や子供たちとともに幸せな日々を送り、研究も順調に進んでいたウィリアムでしたが、突然絶望に襲われます。

自動車事故によって、妻と子供たちを失ってしまったのでした。

事故の日を境に、自分の知識を総動員して家族を生き返らせる研究に没頭するウィリアム。

彼は家族の身体をクローン化し、意識を移し替えて完璧なレプリカとして甦らせることに成功しました。

レプリカたちの記憶を少し改ざんし、家族との幸せな日々を送るウィリアムでしたが、そんな生活は長くは続きませんでした。

ウィリアムの研究を狙う政府組織が、サンプルとしてウィリアムの家族を奪おうと襲い掛かるのです。

愛する家族のために暴走した科学者の戦いが、今始まります…。

映画『レプリカズ』の見どころ

主演を務めるキアヌ・リーブスは、『イルマーレ』(2006)や『リトル・ブッダ』(1994)『から騒ぎ』(1993)『ザ・ウォッチャー』(2001)など多種多様な映画に出ています

しかし『スピード』(1994)「マトリックス」「ジョン・ウィック」シリーズなどのアクション映画が代名詞ともいえるキアヌ・リーブス

そんな彼が家族を守るため、政府を敵に回してまで戦う姿は、納得できる気がします。

新たな家族を救うことができるのか?それとも自滅の道へと導いてしまうのか…。

展開の読めない物語『レプリカズ』は、さらなるキアヌ・リーブスの代表作となるでしょう!

スポンサーリンク

まとめ

今やハリウッド映画には欠かすことのできない俳優キアヌ・リーブスが次に演じるのは、天才神経科学者ウィリアム・フォスター。

愛する家族(とはいえレプリカ)を守るために暴走して政府組織と戦います。

『ジョン・ウィック』のようなアクションで、『スピード』のようにスピード感のアクションで送るキアヌ・リーブスの主演映画『レプリカズ』は2019年5月17日(金)より全国公開します!

映画公開初日の5月17日(金)は高血圧への理解啓発を目的とした“高血圧の日”です。

キアヌ・リーブスが家族のために大暴走する姿に興奮しすぎて、血圧が上がってしまわないようにご注意を

関連記事

新作映画ニュース

オダギリジョー監督としてヴェネチア映画祭に選出!キノフィルムズ【ある船頭の話】が日本史上初の快挙へ

日本映画長編として初の選出にオダギリ監督「本当に光栄です」! オダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』が2019年9月13日(金)より新宿武蔵野館ほかにて全国公開となります。 このたび本作が、第7 …

新作映画ニュース

大阪アジアン映画祭2019のチケット発売開始!エントリー作品の選定と登壇ゲスト情報

第14回大阪アジアン映画祭のチケット購入方法やイベント情報 2019年3月8日(金)から3月17日(日)まで開催される、第14回大阪アジアン映画祭。 第14回大阪アジアン映画祭のチケットは、2月23日 …

新作映画ニュース

【ショートフィルムフェスティバル】開催日時と上映作品。アジア最大級の国際短編映画祭が山口県初上映!

アジア最大級の国際短編映画祭から選りすぐりの20本を山口初上映! 山口情報芸術センター(YCAM)では、劇場のスクリーンで見る機会の少ない世界の短編映画を上映する「ショートショート フィルムフェスティ …

新作映画ニュース

【シッチェス映画祭2019】上映作品とイベント情報。10月より全国順次公開の祭典予告編が解禁!

震えて、怯えて、泣き叫べ! 1968年に創設された「シッチェス映画祭」は、スペイン・バルセロナ近郊の海辺のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催されている映画祭。 SF、ホラー、サスペンスなどのジャン …

新作映画ニュース

杉野遥亮×福原遥映画『羊とオオカミの恋と殺人』あらすじとキャスト。漫画『穴殺人』を実写化!

杉野遥亮が自殺志願の引きこもりに。 恋人役の福原遥は美しき殺人鬼。 ©2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 ©裸村/講談社 この度、1,000万ダウンロードを突破している人気漫画アプリ『マンガ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学