Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

Entry 2017/09/28
Update

U-NEXT無料見放題おすすめ映画を毎月5本紹介【随時更新】

  • Writer :
  • 山田苺

U-NEXTで配信中の邦画と洋画から、あれこれと面白い映画を毎月5本紹介致します。

2017年12月は、どんな映画がありますか、さあさあ!オススメの映画をチェックしてみてくださいね。


©︎すしぱくモデル:河村友歌

また「U-NEXTってどんな映画が見れるの?」「ヒマだし、何か映画を見たい!」etc…

動画配信サイトU-NEXTが気になる、あなたの参考にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

1.U-NEXTで今見られる邦画おすすめ作品①『百万円と苦虫女

素朴な姿が好印象、主演・蒼井優の雰囲気が存分に味わえる

【監督】
タナダユキ

【キャスト】
蒼井優、森山未來、ピエール瀧、竹財輝之助、齋藤隆成、笹野高史、佐々木すみ江

【あらすじ】
『ロマンス』『ふがいない僕は空を見た』のタナダユキ監督が、蒼井優を主演に迎えた異色の青春ロードムービー。

何の変哲もない女性が、うっかり前科ものになるという、若干ショッキングな内容であるにも関わらず、独特のテイストで移り行くヒロインの心境や環境を温かみ溢れる演出で描いています。

あと、人生お金があればなんとかなるなと前向きな気持ちにもなれます(個人差あり)

【ライター山田苺:おすすめポイント】
とにかく10年近く前の作品であるにも関わらず、見た目が全然変わっていない蒼井優さんに驚きです。

タナダユキ監督が放つ独特な作風と、ハッピーエンドともバッドエンドとも取れる、不思議な感情を抱かせる終わり方も凄くいいです。

ちなみに主人公はバイトで100万貯めるのですが、これ実践しようと思ったら、相当切り詰めた生活&馬車馬のように働かないと、まず無理な気がしますが・・・あの華奢で素朴な蒼井優のどこにそんなタフネスがあるのか、今後の彼女にも引き続き注目です・・・

▼『百万円と苦虫女』の詳細な情報、あらすじネタバレ、また感想レビューは山田苺さんのこちらの記事を参照ください。

▼U-NEXTで 映画『百万円と苦虫女』はご覧いただけます。
映画『百万円と苦虫女』を今すぐ見る

2.U-NEXTで今見られる洋画おすすめ作品①『シェルブールの雨傘

『ラ・ラ・ランド』に大きな影響を与えた有名なミュージカル映画

【監督】
ジャック・ドゥミ

【キャスト】
カトリーヌ・ドヌーブ、ニーノ・カステルヌオーボ、アンヌ・ベルノン、マルク・ミシェル

【あらすじ】
『ロバの女王』や『ロシュフォールの恋人たち』のジャック・ドゥミ監督と、カトリーヌ・ドヌーブ主演作で、第17回カンヌ国際映画祭ではパルムドールを受賞。

自動車修理工の青年ギイと傘屋の娘ジュリビエーブは結婚を誓い合った恋人同士が、徴兵礼状によって引き裂かれてしまい、2人の未来が大きく変わっていくラブストーリーとなっています。

全編・前登場人物が歌でセリフを繋げるという、ミュージカルの中でも異色な作品です。

【ライター山田苺:おすすめポイント】
ミュージカル映画ですが、登場人物が殆ど踊らない代わりに、全てのセルフが劇伴のメロディーに沿った音階で語られる、つまりセリフ=歌でお話が進んでいくという異色作になってます。

若かりし頃のカトリーヌ・ドヌーヴは本当に美しいですが、個人的には彼女の恋人ギイの幼なじみ・マドレーヌのほうがよかったり・・・

また、今作はあの『ラ・ラ・ランド』に影響を与えた作品としても取り上げられることが増え、実は衣装や内装のカラーリング以外にも、大きく共通した点があるのです・・・

▼『シェルブールの雨傘』の詳細な情報、あらすじネタバレ、また感想レビューは山田苺さんのこちらの記事を参照くださいね。

▼映画『シェルブールの雨傘』は、U-NEXTにてご覧いただけます。
映画『シェルブールの雨傘』を今すぐ見る

スポンサーリンク

3.U-NEXTで今見られる洋画おすすめ作品②『ルビー・スパークス』

思い通りになる彼女ほど怖いものはない?~いろいろあって、恋愛なんだな~

【監督】
ジョナサン・デイトン、バレリー・ファリス


【キャスト】

ポール・ダノ、ゾーイ・カザン、アントニオ・バンデラス、アネット・ベニング、スティーブ・クーガン、エリオット・グールド、クリス・メッシーナ、アリア・ショウカット、アーシフ・マンドビ、トニ・トラックス、デボラ・アン・ウォール

【あらすじ】
『リトル・ミス・サンシャイン』のジョナサン・デイトン&バレリー・ファリスが6年ぶりに手がけた作品は、スランプに陥った青年小説家が、夢で見た理想の女性を主人公とした話を書くと、そのヒロインが目の前に現れるというファンタジーのようなラブストーリー作品。

脚本をヒロインであるルビー・スパークスを演じたゾーイ・カザンが執筆したこと、普段は脇役として存在感を放つポール・ダノが主演ということで各方面から話題を呼びました。

ちなみに主演のふたりは実生活でも長く交際しています。

【ライター山田苺:おすすめポイント】
人間誰しも、自分のニーズに答えた完璧な異性と付き合えたらと思いますが、そんな発想(妄想)に一石を投じる、非常にユニークなお話でもあります。

19歳で大ヒット小説が書ける主人公の理想の彼女なんて、さぞぶっ飛んでいるんだろうなと思ったのですが、案外誰もがうらやむような女の子を想像する当たり、ちょっと好感が持てます。

ただし、ルビーの着こなしセンスは良い意味でめちゃくちゃぶっ飛んでいる様子。真似できないっ!

▼『ルビー・スパークス』の詳細な情報やあらすじネタバレ、また感想レビューは以下の山田苺さんのこちら記事を参照くださいね。

▼映画『ルビー・スパークス』は、U-NEXTにてご覧いただけます。
映画『ルビー・スパークス』を今すぐ見る

4.U-NEXTで今見られるおすすめ洋画③『ロスト・イン・トランスレーション』

外国人から見た東京の姿を、ハイセンスに映し出す

【監督】
ソフィア・コッポラ

【キャスト】
ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソン、ジョバンニ・リビシ、アンナ・ファリス

【あらすじ】
サントリーのCM撮影で東京に来たハリウッドスターと、同じく東京に夫の仕事についてきた妻が、お互い同じ孤独を抱えていることから、共に東京の街を「冒険」します。

外国人から見た日本を、ソフィア・コッポラのセンスによって見ることで、日本人が気付くことのできない、新しい視点を知ることが出来る作品です。

それ以上に、ビル・マーレイの哀愁漂う姿が、ときに笑いも誘う心地よい映画です。

【ライター山田苺:おすすめポイント】
東京を舞台にしたシャレオツな映画かと思いきや、ビル・マーレイの哀愁と、まだどこかあどけないスカーレット・ヨハンソンの佇まいが心地よい作品でした。

日本と海外の文化の違いを、ちょっとコメディチックに描いているのも面白いですが、あのジョギング・マシーンの件だけ万国共通な気がします。

因みに日本からは、藤井隆が当時実際に放送されていた狂気の沙汰のテンションで、番組MCとして、主演のビル・マーレイと共演します。同じ日本人として恥ずかしくなるほどのテンションなので覚悟が必要です。

▼『ロスト・イン・トランスレーション』の詳細な情報、あらすじネタバレ、また感想レビューは山田苺さんのこちらの記事を参照くださいね。

▼映画『ロスト・イン・トランスレーション』はU-NEXTにてご覧いただけます。
映画『ロスト・イン・トランスレーション』今すぐ見る

スポンサーリンク

5.U-NEXTで今見られる洋画おすすめ④『ライフ・アフター・ベス』

デイン・デハーンを主演に迎えた青春ゾンビ映画。

【監督】
ジェフ・バエナ

【キャスト】
デイン・デハーン、オーブリー・プラザ、アナ・ケンドリック、ジョン・C・ライリー、マシュー・グレイ・ガブラー、モリー・シャノン、シェリル・ハインズ、ポール・ライザー

【あらすじ】
繊細な演技とルックスで話題を集める、デイン・デハーンを主演に迎えた青春ゾンビ映画。

不慮の事故でなくなった恋人・ベスの死から立ち直れないザックですが、ある日彼女の家に訪れると、死んだはずのベスの姿を見かけ、墓を訪れるとそこには何もなくなっていました。

生き返ったベスとやり直そうとするザックですが、次第にベスの様子は変わっていき…。

【ライター山田苺:おすすめポイント】

ジャケットからして結構キャッチーでチャーミングな作風かと思ったのですが、どっちかというと登場人物の少ない青春モノのように感じました。

ベスは生き返った段階では、まだ割りと普通の人間なのですが、生き返った理由も分からない上に、彼女の両親の目の前で堂々といちゃつく主人公・デイン・デハーンの神経はおそらく腐敗してるのでしょう。

劇中で使われている曲もまったくホラー要素がないので、ゾンビモノが苦手な人でも楽しめると思います。

▼『ライフ・アフター・ベス』の詳細な情報、あらすじネタバレ、また感想レビューは山田苺さんの記事を参照ください。

▼U-NEXTで 映画『ライフ・アフター・ベス』はご覧いただけます。
映画『ライフ・アフター・ベス』を今すぐ見る

6.バラエティ豊かな作品を見れる「U-NEXT」はズバリお得!

U-NEXTは映画(邦画・洋画)、海外ドラマ、アニメなど、たくさんご覧いただいても視聴制限はありません。

ご紹介した映画を安全かつ無料で見る方法はU-NEXTがオススメです。

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができますで、大変お得になっています。

このポイントを使えば紹介した作品を無料で視聴することや、そのほかの映画も無料で見れちゃうことが最大のポイント!

また、さらにお得なのは、31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2017年11月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

まとめ


©︎すしぱくモデル:河村友歌

2017年12月にU-NEXTで今すぐ視聴できる映画のなかに、あなたが観てみたいな〜と、興味惹かれる作品は見つけられましたか?

U-NEXTは確実に料金以上に楽しんでいただけ、メチャクチャ満足の出来る映画ライフのひとつです。

レンタル店をよく利用されているあなたには、間違いなくオススメのサービスです!

まずは、無料期間を試してみてはいかがでしょう。さあさあ!あなたは山田セレクション映画、何を観たいですか。

それでは次回は、2018年1月のCinemarche専属ライターの山田苺が、洋画と邦画を問わず、厳選5作品をこの記事から更新いたします!

では、また!

関連記事

まとめ記事

野外上映2017シネマキャンプフェス開催日時と参加者募集!

映画の配給、上映企画などを手がけるコンストラクトフィルムワークスは、今年も静岡県西伊豆にてDIY野外シネマフェス「MUJINTO cinema CAMP2017」を開催することになりました。 今回はみ …

まとめ記事

クリストファー・ノーラン監督映画おすすめ5選!最新作を見る前に!

(C)2012 Company Films LLC all rights reserved. イギリス出身の映画監督、クリストファー・ノーラン。これまで『バットマン』シリーズや『インセプション』など、 …

まとめ記事

今週おすすめ最新映画!上映する邦画洋画の人気ランキングは?【2018/06/22より公開】

今週6月22日(金)より、劇場公開されるオススメの新作映画を、恒例の映画ライターさんイチオシまとめ! 「映画鑑賞をゼッタイ失敗したくない!」 「動画配信サイトで何を見たらいいの?」などといった問題をズ …

まとめ記事

今週おすすめ最新映画!上映する邦画洋画の人気ランキングは?【2018/06/29より公開】

今週6月29日(金)より、劇場公開されるオススメの新作映画を、恒例の映画ライターさんイチオシまとめ! 「ゼッタイに映画鑑賞を失敗したくない!」 「動画配信サイトで何を見たらいいの?」などといった問題を …

まとめ記事

クリストファー・ノーラン監督おすすめ映画5選!『ダンケルク』考察も

初の実話に挑んだ『ダンケルク』が9月に日本公開されたばかりのクリストファー・ノーラン監督。 『インセプション』『インターステラー』など数億ドル規模のヒットを連発しています。2008年の『ダークナイト』 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP