Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2020/03/20
Update

映画『弥生、三月-君を愛した30年』ネタバレあらすじと感想。波瑠×成田凌×杉咲花のラブストーリー!

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『弥生、三月 -君を愛した30年』は、2020年3月20日(金・祝)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

『同期のサクラ』『家政婦のミタ』数々の大ヒットドラマを生み出してきた稀代の脚本家・遊川和彦が監督第二作目として手掛けるのはオリジナル脚本による、運命で結ばれた<二人の30年>を<3月だけ>で紡ぐラブストーリー。

10代から30年間の弥生を波瑠、太郎を成田凌が演じます。親友のサクラ役に杉咲花。高校生から大人への階段を登る主人公たちを待ち構えている数々の試練。

「別れ」と「再会」のたびに弥生と太郎はお互いの存在を無くてはならないものと思うのでした。

スポンサーリンク

映画『弥生、三月-君を愛した30年-』の作品情報

(C)2020「弥生、三月」製作委員会

【公開】
2020年(日本映画)

【脚本・監督】
遊川和彦

【キャスト】
波瑠、成田凌、杉咲花、岡田健史、小澤征悦、黒木瞳ほか

【作品概要】
ドラマ『同期のサクラ』『家政婦のミタ』など数多くのヒットドラマを手がけた脚本家・遊川和彦のオリジナル脚本による第2回監督作品。波瑠と成田凌演じる2人の男女の出会いからの30年間を3月の出来事だけで紡いでいく恋愛ドラマです。

主人公の女性・結城弥生を演じるのは波瑠。正しいことに真っ直ぐ突き進み、強い信念を持つ女性を演じます。人生をかけて弥生を支えていく男性・太郎を演じるのは、2019年の映画賞を席巻し、2020年も出演作品が多数控える人気俳優成田凌。

そして、若くして命を落とす二人の親友・サクラ役に杉咲花と、豪華な顔ぶれです。更には『中学聖日記』で鮮烈なデビューを果たした岡田健史が映画初出演。小澤征悦、黒木瞳といった実力派俳優陣も脇を固めます。

映画『弥生、三月-君を愛した30年-』のあらすじとネタバレ

(C)2020「弥生、三月」製作委員会

1986年3月。走り出すバスを追いかける女子高生がいます。

何とか追いついてバスに乗り込んだ女子高生こそ、弥生でした。

弥生をあきれ顔で迎えるのは親友のサクラ。

サクラは薬害HIV患者で、学校でいじめにあっていました。

サクラをいじめる生徒たちの前で、HIV感染についての正しい知識を滔々と語った弥生。

その後、周りに見せつけるようにサクラに口づけをします。

弥生のまっすぐな正義感を見た山田太郎は、サクラと弥生に好意を持ち親しくなっていきます。

1987年3月。病院にサクラが入院しています。

弥生はサクラに太郎への好意を伝えるように促しますが、今の三人の関係を幸せと思うサクラ。

最後までその思いを告げずにその短い生涯を終えました。

数年後、Jリーグの片隅に身を置いた太郎は「できちゃった婚」で結婚します。

けれども、太郎は父親になる覚悟も家長になる覚悟もできていませんでした。

やがて太郎は、戦力外通告を受けます。

落ち込んでいる時に、一人息子のあゆむが事故にあいかけます。

あゆむを庇った太郎は、自分がトラックにはねられてしまいますした。

以来、引きこもり同然の生活に陥ってしまいます。

一方の弥生は地元を離れ、苦労しながら教員試験に受かました。

夢だった教師となり、歯科医の白井と知り合い結婚。

そんな弥生のもとに、仲たがいしていた父親が倒れたという連絡が入ります。

父親には介護が必要だと言われた弥生は施設を探そうとします。

けれども、優しい白井は介護のために東北に引っ越そうと言いだします。

地元に帰ってきた弥生は、太郎の実家を訪ね、太郎の境遇を知らされました。

引きこもり生活を送っていた太郎を訪ねた弥生。

その足で離れて生活している太郎の息子あゆむのもとへ、太郎を引っ張っていきます。

ぎこちなくも父子の交流を持てた太郎の表情は少しだけ軽やかなものとなりました。

その帰り際、思わず弥生を抱きしめる太郎。

昔からこうしたかったという太郎の言葉に弥生は拒むことができず、強く抱きしめ返します。

お互いの立場もすべて忘れ、激しく求めあう二人。

2011年3月10日から11日へと、日付は静かに変わっていきました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『弥生、三月-君を愛した30年-』ネタバレ・結末の記載がございます。『弥生、三月-君を愛した30年-』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2020「弥生、三月」製作委員会

太郎の部屋で一夜を明かした弥生は、太郎にもう二度と会うことはないと言います。

引き留める太郎を振り切って部屋を出ました。

弥生はうしろめたさを隠して白井に電話をし、嘘の事情を話してそのまま出勤しました。

2011年3月11日14時46分。東日本大震災が起こりました。

大きな揺れと津波が街や人を飲み込みます。

太郎は、弥生と母のもとに走りました。

実家の食堂は瓦礫の山となりましたが、母親は無事でした。

弥生を探す太郎の頭に浮かんだのは、結婚式場から逃げ出す弥生の姿でした。

ある年、弥生の実家は、事業の失敗から多額の借金を抱えることになりました。

弥生の父は借金の肩代わりに、弥生を知り合いの銀行の幹部の家に嫁がせようとします。

「これが大人の判断」と自分に言い聞かせ、ウェディングドレスに身を包む弥生。

そこに太郎がやって来ます。

そして「事情を知って、そんな判断をするなら子供のままでいい」と言い放ちました。

太郎の言葉に触発された弥生。

そのまま結婚式場から飛び出し、銀行幹部職員との結婚はなくなったのです。

2011年3月震災から数日後。

弥生は白井の亡骸のそばで打ちひしがれていました。

白井の親族からの厳しい言葉も冷たい視線も甘んじて受け続ける弥生。

弥生は太郎に向かって「罰が当たった、教師を辞める」と言いだします。

「自分を責めるな」という太郎の言葉も弥生には届きませんでした。

数年後、太郎はジュニアサッカークラブのコーチとして社会復帰していました。

今の夢は子供たちをワールドカップに送り込むこと。

太郎は、一生懸命に子供たちにサッカーを教えています。

一方の弥生は、自分を責め続け、自分の殻に閉じこもる生活を送っていました。

ある日、太郎のもとにサクラの父親がやって来て、太郎にカセットテープを渡しました。

それはいつか弥生と太郎が結婚した時のために、サクラが残したメッセージでした。

「弥生と太郎のおかげで病に落ち込むこともなく素晴らしい人生を送れた」

と、テープの声は語りかけてきました。

2020年3月、あゆむは、弥生の姿を見て教員になりました。

クラスのいじめ問題の対応で窮地に立たされます。

太郎は、あゆむの学校に向かうためにバスに乗りました。

そのバスを追いかける声が聞こえます。

バスに飛び込んできたのは弥生です。

太郎から託されたさくらのメッセージを聞いた弥生が太郎に会いに来たのです。

そのまま二人はあゆむの学校(かつての母校)へ。

魔女裁判ともいえるような糾弾を受けるあゆむ。

その様子を見ていた弥生はかつてのまっすぐで正義感に溢れていた頃を思い出しました。

人を思いやることの大切さを訴えます。

翌日、太郎は警察の厄介になっていた弥生を迎えに行きました。

二人はそのままその足でサクラの墓に向かいました。

二人でのサクラの墓参りはこれが初めてです。

やっとあの頃の弥生が戻ってきたと喜ぶ太郎。

満開の桜の木の下で、二人は静かに手を繋ぎ合いました。

スポンサーリンク

映画『弥生、三月-君を愛した30年-』の感想と評価

(C)2020「弥生、三月」製作委員会

ある人生を一つの時期だけで語る作品に遊川和彦脚本作品のドラマ『同期のサクラ』があります。

この映画は、それと似たような構造です。

その時々を象徴するモノや出来事で時代を表現する方法も同じです。

でも、この映画には、時間軸を過去から順番通りに追った『同期のサクラ』と違う点があります。

その時々の弥生と太郎の心象と重なる出来事を接点にして時間軸を行ったり来たりすること。

高校時代は基本的に一年ずつ進みますが、それ以降は時間を行ったり来たりします。

太郎が弥生を探す場面になると過去の似たような出来事がフラッシュバックのように描かれます。

この展開にちょっと戸惑い、急に何の話が始まったのかという印象を抱くのも事実です。

それでもよく考えればちゃんと伏線が用意されているのです。

物語の序盤で、太郎の結婚式に来た弥生。

「いろいろあっただろうけど、結婚をあきらめるな」と太郎が言います。

弥生が一種の政略結婚を強いられそうになったということが後半に明らかにされます。

ここではじめてそのセリフが活きてきます。

このようにエピソードごとの繋がりが薄いので唐突感を感じるところもあります

しかし、作品を振り返ると、意外とシンプルな作りになっているのに気が付きます。

離婚や災害、配偶者の死など、人生のどん底を味わう主人公たち。

それを救うのが、サクラからのメッセージでした。

このあたりに、監督のこの作品への思いが込められているようです。

まとめ

(C)2020「弥生、三月」製作委員会

人の10代からの30年間を描くというかなり無謀なことをやり遂げた映画です。

これができたのも、弥生と太郎に波瑠と成田凌という二人を抜擢したことが大きいでしょう。

どちらもアラサーの俳優なので、年代的にどうしても無理を感じるところがあるのは事実です。

それでもだんだんとその年代の人に見えてきます。

メイキング情報を見ると、年代順に撮影したわけではないようです。

監督の頭の中に、明確なストーリーの設計図が作られていたと思われます。

携帯電話の変化など小道具の歴史という遊び心もありました。

意外とそういう部分にばかり頼らないストーリー展開になっているのも注意すべき点でしょう。

3月は1年毎に花が咲き散って行くという、まるで人生のようなドラマチックな季節です

そんな季節に焦点をあて、30年の恋愛を紡いだ映画『弥生、三月 -君を愛した30年』。

各年3月ごとの場面で、揺れ動く男女の人生ドラマをじっくりご覧ください。

映画『弥生、三月 -君を愛した30年』は、2020年3月20日(金・祝)よりTOHOシネマズ日比谷他全国ロードショー

関連記事

ラブストーリー映画

映画『真っ赤な星』あらすじネタバレと感想。キャストの小松未来(陽役)が見せた強いまなざし

誰がこの心の空白を埋めてくれるの。 映画『溶ける』で高い評価を受け、史上最年少でカンヌ国際映画祭シネフォンダシオン部門に正式出品されるなど、国内外で注目を集める井樫彩監督の初長編作品です。 悲しみを抱 …

ラブストーリー映画

安藤政信映画『スティルライフオブメモリーズ』のあらすじとキャスト。監督紹介も

映画『STILL LIFE OF MEMORIES(スティルライフオブメモリーズ)』は、7月21日(土)より、新宿K’s cinemaほか全国順次ロードショー! フランスの芸術家アンリ・マ …

ラブストーリー映画

映画オンザミルキーロード|あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

世界3大映画祭を制覇したにも関わらず、その破天荒かつ狂喜乱舞な演出で話題を呼んでいる『黒猫・白猫』『アンダーグラウンド』の監督エミール・クストリッツァの映画『オン・ザ・ミルキー・ロード』は日本でも上映 …

ラブストーリー映画

海辺の生と死キャストとあらすじ&試写会情報【満島ひかり主演映画】

そこは“神の島”―。はかない恋の一瞬のきらめきを描いた恋愛映画がここに誕生。 『夏の終り』以来4年ぶりの単独主演を務めた満島ひかりさんの野生の魅力が溢れた『海辺の生と死』をご紹介します。 スポンサーリ …

ラブストーリー映画

映画『打ち上げ花火〜(1993)』動画無料配信はHulu。ネタバレ感想

2017年夏にアニメーション映画としてリメイクされ話題を集めた岩井俊二監督の映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』。 悩みを抱える女の子と、そんな彼女に密かに想いを寄せる男の子の小さな逃避 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP