Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ラブストーリー映画

Entry 2022/07/31
Update

【ネタバレ】今夜、世界からこの恋が消えても|結末あらすじ感想と解説評価。道枝駿佑×福本莉子主演で「前向性健忘症」を題材に覚えていなくても“確かにある想い”

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

福本莉子が前向性健忘症のヒロインを演じた切なくも美しい恋

交通事故により前向性健忘症となり、一度寝てしまうとその日のことを忘れてしまう日野真織(福本莉子)。

味気ない日々を送っていた神谷透(道枝駿佑)は、嫌がらせをうけていた友人を助けるために真織に嘘の告白をします。

断られると思っていた透でしたが、真織は承諾し、3つの条件を出します。

一つ目は、放課後まで話さないこと、二つ目は連絡は簡潔に。そして三つ目の条件は、本気にならないこと……嘘から始まった2人の切なくも美しい恋。

きみの瞳が問いかけている』(2020)、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(2016)など恋愛映画を数多く手がけてきた三木孝浩監督がメガホンをとり、脚本は『君の膵臓をたべたい』(2017)で監督を務めた月川翔と、『明け方の若者たち』(2020)で監督を務めた松本花奈が共同で手掛けました。

更に音楽は、『』(2020)を手掛けた亀田誠治、主題歌はヨルシカが担当しました。

スポンサーリンク

映画『今夜、世界からこの恋が消えても』の作品情報


(C)2022「今夜、世界からこの恋が消えても」製作委員会

【公開】
2022年(日本映画)

【原作】
一条岬:「今夜、世界からこの恋が消えても」(メディアワークス文庫)

【監督】
三木孝浩

【脚本】
月川翔、松本花奈

【音楽】
亀田誠治

【キャスト】
道枝駿佑、福本莉子、古川琴音、前田航基、西垣匠、松本穂香、野間口徹、野波麻帆、水野真紀、萩原聖人

【作品概要】
神谷透役を演じるのは、アイドルグループ「なにわ男子」のメンバーであり、『461個のおべんとう』(2020)、ドラマ『金田一少年の事件簿』(2022)など俳優としても活躍する道枝駿佑。

日野真織役には、『思い、思われ、ふり、ふられ』(2020)、『君が落とした青空』(2022)の福本莉子。三木孝浩監督作には『思い、思われ、ふり、ふられ』(2020)に引き続き二度目となります。

そのほかのキャストには、『偶然と想像』(2021)の古川琴音、『わたしは光をにぎっている』(2019)の松本穂香、『20歳のソウル』(2022)の前田航基など。

映画『今夜、世界からこの恋が消えても』のあらすじとネタバレ


(C)2022「今夜、世界からこの恋が消えても」製作委員会

ある日、日野真織(福本莉子)が目を覚ますと部屋にはたくさんの張り紙があり、私は事故により前向性健忘症となりました。ノートPCの日記を読んでくださいと書いてあります。

戸惑いながらノートPCを開け、読み始める真織でしたが、ふと足の痛みを感じて見てみると足の裏に絆創膏が貼ってはり、部屋には割れたパレットの欠片があります。

リビングに降りると両親が待ち構えていたように「おはよう」といい、真織の状況を説明し、あなたはいいことをしたのよ、誇らしいと思っていると言います。

真織は困惑しながら、昨日足を怪我したこと、はっきり覚えているの、と言います。その言葉に両親は驚き、病院に連れていくと、断定はできないが少しづつ前向性健忘症から回復し始めたと医者は言います。

真織と母は、真織の部屋にある張り紙を剥がし始めます。すると真織は一つのスケッチブックを見つけます。そこには同じ少年のスケッチが描かれていましたが、真織はその人物を思い出すことができません。

真織は親友の泉(古川琴音)に会いに行きます。記憶が戻るってどんな感じなのか、そして記憶がない高校時代のことは思い出せないのかと聞きます。

真織は、記録として高校時代のことはあるけれどそれは記憶ではないと言います。そしてスケッチブックの人物について真織が尋ねると、泉は真織が人物画にハマっていた時にモデルになってくれた人だと言います。

泉が覚えていてくれてよかったという真織に泉は複雑な表情を浮かべます。

3年前、高校生の神谷透(道枝駿佑)は、嫌がらせを受けている友人を助けるため話したこともない日野真織に嘘の告白をします。断られると思っていた透でしたが、真織は意外にも承諾し、明日の放課後クラスに行くから待っててと言うのでした。

次の日、真織は本当に透のクラスにやってきます。困惑した透は、実は友達を助けるために嘘の告白をしたと真織に真実を言って謝ります。

「なんで謝るの、友達を守ったんでしょ、凄いことじゃん」と真織は言います。そして今更嘘でしたとも言えないし、友達に告白した本当の理由を知られたくないでしょう、と言い擬似恋人関係になろうと持ちかけます。

そして、付き合うのには3つの条件があると言います。1つ目は、「放課後までお互い話しかけないこと」、2つ目は、「連絡は簡潔に」、そして最後の3つ目の条件は「本気にならないこと」でした。

真織は透に様々な質問をしてはノートに書き込んでいます。少しづつ距離が近づいていく2人は、今度の日曜に出かけることになりました。その前に…と真織は透に親友の泉を紹介します。

最初は怪しんでいた泉でしたが、透が泉と同じ作家が好きなことを知り打ち解けていきます。

そして透と真織は初めて出かけることになります。父子家庭で家事を担当している透は、真織のためにお弁当を作ってきます。お弁当を食べて打ち解けていると、うっかり真織は昼寝をしてしまいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『今夜、世界からこの恋が消えても』ネタバレ・結末の記載がございます。『今夜、世界からこの恋が消えても』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

昼寝から目覚めると真織は自分がどこにいるのか理解できません。隣で本を読んでいた透は「起きた?」と声をかけますが、真織は透が誰だか分かりません。

「誰ですか?」と真織は困惑し、飛び出して行ってしまいます。困惑し、怯えながら真織は携帯を取り出し、泉に連絡をします。

泉は真織を落ち着かせ、ノートのメモを読むように言います。メモを読んで少しづつ状況を理解し始めた真織は探しにきた透に事情を説明します。突然のことに透も驚きます。

更に真織はこういうことが今後も起きるかもしれない、だからこれ以上迷惑をかけるわけにはいかない、もう会うのはやめにしようと言いますが、透はノートに書かなければ良いのではないかと提案します。

誰だって失敗を書いて毎日落ち込みたくないと言い、透に前向性健忘症のことを話したことも書かないでおこう、明日の君を一緒に騙そうと言うのです。

透の提案を聞いて真織が悩んでいたところに泉が駆けつけてきました。透は咄嗟に驚いたよ、日野が寝ぼけて変なことを言うから…と、前向性健忘症のことを教わらなかったフリをします。ぎこちないなかその日は解散します。

次の日、透は真織が現れないのではないかと心配していると、真織はいつものようにやってきてお出かけ楽しかったと嬉しそうに言います。昨日の真織は本当のことを書かなかったのです。

真織の前向性健忘症のことを知った透は、真織の日々が少しでも楽しくなれるようにすると決意しました。「明日の日野も僕が楽しませる」そう言う透に真織は幸せな気持ちで満たされていくのを感じます。

日々のノートを読みながら自分が透に本気になり始めていることに真織は気づくのでした。

夏になり2人は、花火大会に行くことになりました。夜空に浮かぶ大きな花火を見ながら真織は思わず、「忘れたくない…忘れたくないよ」と呟き涙を流します。

忘れないよ、きっと日野の中にちゃんと残っていると透は言い、真織の涙を拭います。そして真織は「3つ目の条件、破ってもいいかな」と透に言うと透は「僕はとっくに破っている」と答えるのでした。

そして2人は初めてキスを交わします。

その後も順調に交際していた2人でしたが、ある日、真織と透、泉で出かけ、真織と別れた後透は泉に、自分は心臓が悪いかもしれないという話をします。昨日突然倒れ、明日検査に行くというのです。

透の母は心臓が悪く、心臓による突然死で母を亡くしていた透は、もしものことを考えて泉にお願いしたいことがあると言います。

それは、自分にもしものことがあったら真織の日記から自分の存在を消してほしいというお願いでした。

真織が前向性健忘症になる以前からの知り合いではない透は日記に存在しなければ出会っていない存在になる、毎日絶望しなんとか向き合っている真織をこれ以上悲しませたくないというのです。

次の日、泉は不安になって何度も透に電話をかけますが、透は電話に出ません。やっと繋がったと思ったら電話口に出たのは、透の姉でした。透は昨夜突然心臓発作を起こし、帰らぬ人となりました。

泉1人では透の死と向き合えず、何も知らない真織に透の死を告げ、通夜に2人で向かいました。遺影の透を見た真織は泣き出し、おかしいよね、透の記憶もなくて写真でしか見たことがないのに…と崩れ落ちます。

泉はそんな真織を泣きながら抱きしめ、おかしくないんかない、2人はお似合いの恋人だったと伝えます。

透の死を知ってしまった真織の精神は日に日に崩れていきます。その姿を見た泉は透の最後の頼みを実行すべきか悩み、透の姉に相談します。

すると透の姉は、もし罪悪感があるなら日記の改ざんは私がやる、私のせいにすればいい、私は弟の願いを実現したいという理由があると言います。

背中を押された泉は悩みながらも日記を改ざんすることをきめ、真織の両親に手伝ってもらい、真織が寝ている隙に日記のコピーをとり、透の姉が日記を改ざんしました。

そして真織が寝ている好きにノートPCの中に改ざんされた日記のデータを入れ、携帯などもかえ、透の存在を真織の中から消してしまったのです。

そして月日がたち、前向性健忘症が回復し始めていた真織は、誰だかわからないけれどこの人のことばかり描いてしまう、と透の姿を描き始めます。

泉は保管していた改ざんされる前の本当の日記を真織に渡し、「ごめんなさい私はあなたの記憶を奪ってしまった…」と泣き崩れます。真織はそんな泉に迷惑をかけてしまったと感謝します。

真織は透の墓参りに行き、透の姉と話します。透の姉は人は皆少しづつ忘れていく、それが生きること、私もいつか透が過去の一部になる。だからあなたの未来をおろそかにしないで、と伝えます。

真織は皆が忘れていってしまうとしても私は取り戻したい、私の中にちゃんと彼の存在が生きているはずだから、と言うのでした。

スポンサーリンク

映画『今夜、世界からこの恋が消えても』の感想と評価


(C)2022「今夜、世界からこの恋が消えても」製作委員会

確かにある“想い”

眠ってしまうと記憶がなくなる前向性健忘症の日野真織(福本莉子)と擬似恋人となることになった神谷透(道枝駿佑)。

付き合う条件として真織は、「放課後まで話しかけないこと」「連絡は簡潔にすること」「本気で恋をしないこと」を条件に出します。

その条件は、真織が日記を読んで気持ちの整理をするのに時間がかかるから、昨日のことなどの会話をされないようにするため、1日しか記憶を保てない自分に恋愛感情は禁物という彼女なりの配慮が背景にありました。

それでも透と付き合おうと真織が思ったのは、自分でも新しいことに挑戦できるかもしれないという思いでした。それだけでなく、高校生という年頃で恋愛に対する憧れもあったのかもしれません。

嘘から始まった関係ですが、透は次第に真織に惹かれていきます。真織もまた、透といると“幸せな気持ち”に満たされると感じ、日々日記を読むたびに自分が透に本気になっていくことに気づいています。

透に関して感じた気持ちに対し、日記の中で真織は“この気持ちも〈初めて〉なんだよね”と書いています。

人は、人と出会いその人を知り、思い出を積み重ねることで相手に対する“好き”の思いが溢れていく、交際の多くはそうでしょう。しかし、真織にとっては透は毎日初めて会い、好きになっていく相手と言えます。

しかし、記憶がなくなってもその好きという感情までも全て消えるのではなく、真織の中に残っているのではないでしょうか。会うたびに好きという思いが真織の中で強くなっているような印象を受けます。

記憶がなくなってしまう真織に対し、透は手続き記憶という記憶はなくても体が覚えている動作があることを教え、絵を描き続ければ上手くなるといいます。その言葉に勇気づけられた真織は何枚も透の絵を描きます。

透に関する記憶が失われても真織はスケッチブックに描かれた透の姿をみて、その姿を描きはじめます。

透のことを覚えていなくても真織が描き出す透の姿は彼の姿そのもので、真織はどこかで透のことを覚えている、彼女の中に透がいることを感じさせるのです。

更に、泉が透の死を伝え、通夜に向かった際も真織は出会ったことがないはずの透の遺影を見て涙を流します。覚えていなくても透に対する感情は真織の中で蓄積されているのかもしれないと思わせます。

少しずつ記憶を取り戻しつつある真織は泉に会った際、失われた記憶について、記録として残ってはいるけれど記憶とは違うと話しています。

しかし、記憶という形で残っていなくても過ごした日々が全く消えるわけでなく、きちんとどこかに残っている“確かな想い”はあるのだ、という透の真織の強い想いが伝わってきます。

真織は毎日自分の現状を知り、絶望しながらも逃げずに向き合っている、そのことを透は知っていたからこそ、少しでも日々が楽しくなるように楽しませようと心に決めます。

真織がどんな思いで毎日自分の現状と向き合っているかを知っているからこそ、自分が亡くなることで彼女に更なる絶望を味わわせてしまうことを心配し、親友の泉に自分の存在を日記から消し去ってほしいと頼みます。

辛いことがあっても時間が解決してくれることもあります。しかし、真織にとっては常に今日しかありません

たった一日で、透と過ごした幸せな日々があったことを知り、透がもういないことに絶望する、その絶望の大きさは計り知れません。

透は自分が彼女の記憶から存在しなくなっても、彼女と過ごした日々は決してなくならない、確かな想いは真織の中に残ると信じていたのかもしれません。そんな祈りのような想いが2人を通して伝わり、胸がいっぱいになります。

まとめ


(C)2022「今夜、世界からこの恋が消えても」製作委員会

病気や記憶障害などを取り扱った恋愛映画は、『君の膵臓をたべたい』(2017)や『余命10年』(2022)、Netflix『桜のような僕の恋人』(2022)など数多く作られてきました。

様々な困難を前にしても強くお互いのことを想う気持ち、そして相手のことを想うからこそ自分は引こうとするそのような人々の想いの美しさに人は涙するのでしょう。

映画『今夜、世界からこの恋が消えても』で、前向性健忘症である真織は、毎日自分の現状に絶望しながらも前を向いていきたいます。けれど時折泉の前で弱音を吐く場面もありました。

そんな真織は、透と出会ったことで自分の世界が広がり、新たな可能性も見出し始めていました。同時に透にとっても、母の死から立ち直れない父親との生活や馴染めていない学校での生活に光を与えてくれる存在が真織でした。

ひたむきな真織と透の姿を初主演を務める道枝駿佑と福本莉子が真っ直ぐに演じ、2人の純愛がさらに観客の涙を誘います。

記憶がなくても過ごした時間は真織の中に確かにあるという祈りのような本作のメッセージは、失った誰かと私たちを繋ぐ何かがあるのではないかと思わせてくれます。


関連記事

ラブストーリー映画

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』ネタバレ感想【白石和彌監督】

『ユリゴコロ』などで知られる沼田まほかるのベストセラー小説を、映画『凶悪』の白石和彌監督が映画化。主演は蒼井優と阿部サダヲ、共演に松坂桃李、竹野内豊。 第22回釜山国際映画祭に正式出品された本作は、か …

ラブストーリー映画

映画『テロルンとルンルン』感想レビューと内容考察。恋愛ラブストーリーで岡山天音×小野莉奈が演じた“窓越しの初めて恋”

映画『テロルンとルンルン』は、孤独な青年と女子高生の切ないラブストーリー 広島県竹原市忠海を舞台に制作された映画『テロルンとルンルン』。2020年8月14日(金)より広島・八丁座、8月21日(金)より …

ラブストーリー映画

映画『貌斬りKAOKIRI』感想と考察!ディザスタームービーの俳優たち

本作『貌斬り KAOKIRI 戯曲「スタニスラフスキー探偵団」より』は、細野辰興監督の10作品目で、ひとつの節目となる作品です。 この作品の題材に用いられたのは、「長谷川一夫の暴漢顔切り事件」。 昭和 …

ラブストーリー映画

ピーチガール試写会と舞台挨拶情報!キャストや主題歌紹介も

大ヒット少女漫画『ピーチガール』は累計発行部数1300万部を超え、2017年5月20日に全国公開される実写化の映画。 漫画家の上田美和の代表作で別冊フレンドに連載された漫画を女優の山本美月と「Hey! …

ラブストーリー映画

映画『his』ネタバレ感想と考察評価。今泉力哉監督がLGBTQを通して描く“偏見と社会と人間”

映画『his』は新宿武蔵野館ほか全国公開! 『愛がなんだ』、『アイネクライネナハトムジーク』など、精力的に作品を発表している今泉力哉監督が新境地に挑んだ意欲作『his』。 テレビドラマ『偽装不倫』でセ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学