Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

インタビュー特集

Entry 2022/09/17
Update

【出口夏希インタビュー】『沈黙のパレード』映画の緊張感ある撮影現場で先輩の“かっこいい姿”から学んだもの

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

『沈黙のパレード』は9月16日(金)より全国東宝系にて公開!

福山雅治演じる、天才的頭脳を持つが少々変わった人物の物理学者・湯川学が、不可解な未解決事件を科学的検証と推理で見事に解決していく痛快ミステリー「ガリレオ」シリーズ。

2008年『容疑者xの献身』、2013年『真夏の方程式』に続く劇場版作品の第3弾『沈黙のパレード』は、これまでになく多数の人物が登場し、人々の心情と思惑が複雑に、繊細に絡み合う群像劇となっています。


photo by 田中舘裕介

このたびの映画の劇場公開を記念し、並木夫妻の次女であり、夫妻が営む定食屋「なみきや」の看板娘・並木夏美役を演じられた、出口夏希さんにインタビュー。

本作で演じられた夏美の人物像、緊張感ある撮影現場で目にした「先輩」の姿から感じとったもの、本作へのご出演を経ての「変化」など、貴重なお話を伺いました。

スポンサーリンク

夏美が「元気」であり続ける理由


(C)2022 フジテレビジョン、アミューズ、文藝春秋、FNS27社

──演じられた出口さんご自身は、夏美をどのような人間だと捉えられたのでしょうか。

出口夏希(以下、出口):私が演じた夏美は、普段はとても天真爛漫で人懐っこく、元気で活発な女の子です。ただそれは、お姉ちゃんの佐織がいなくなってしまったからでもあります。

姉が突然消えてしまい、両親や周りの大人たちが悲しんでいる様子を見て「自分だけは、しっかりしなきゃいけない」という強い責任感で、より気丈に振る舞うようになったんです。

夏美を演じる際にも、彼女が常に意識している元気さや活発さを表現するために、普段よりも声のトーンを高くしたり、声を張ったり発声に気をつけました。

撮影現場での「先輩」の姿から学ぶ


photo by 田中舘裕介

──本作の撮影には、どのように向き合われたのでしょうか。

出口:私の撮影初日は、「なみきや」の中でみんなが集まっている場面でした。今までに経験したことがないほど多くの先輩方に囲まれての撮影で、皆さんの足を引っ張らないようとにかく集中し、「監督が求めている演技を正確に理解しなくては」と必死だったので、その日は本当に全身が緊張していたのを覚えています。

これまで経験した現場では同年代の役者さんとの共演が多く、共演者の方々と打ち解けていくうちに現場にもなじんでいって、慣れていくことが多かったんです。でも今回の現場では、それまで経験した現場とはまた違うお芝居の緊張感があり、私自身が先輩であるみなさんの演技に圧倒されていたので、クランクアップまで緊張がなくなることはありませんでした。

また撮影では、今まで他の方の芝居をじっくり見られる機会がなかった分、多くの先輩の芝居が間近で見られるこのタイミングでこそ、一つ一つのその演技をよく見て勉強しようと思いました。

先輩のみなさんはお芝居の緊張感を保ちつつも、現場では冷静に動かれていました。その姿はとてもかっこいいと思いましたし、衝撃を受けた瞬間が何度もありました。

特に親子として共演させていただいた戸田菜穂さんは、芝居はもちろん現場での佇まいを見て「こんな女性になりたい」と思いました。またお葬式の場面の撮影で、麻耶役の吉田羊さんが事前にカメラの後ろで気持ちを作られた後、カメラの前へと入ってこられた時の姿は記憶に焼き付いていてすごく「かっこいいなぁ」と思いました。

そういった姿を間近で見れて、自分も夏美を演じることに必死だったので、撮影では本当に濃密な時間を経験することができました。

スポンサーリンク

シリーズの世界の住人になれた


photo by 田中舘裕介

──完成した映画を通じて改めてご自身の芝居を見つめられた時、出口さんはどのような想いを抱かれたのでしょうか。

出口:クランクアップ当時は、自分の芝居がどういう風に映っているのか分からなくて、きちんと演じられていたのか不安も感じていました。

完成した映画もドキドキしながら観ていたのですが、気づいたら自分のお芝居への心配も、先輩方との比較なども意識しなくなるほど、一観客として作品の世界へと引き込まれてしまいました。

複雑なアリバイトリックなどミステリーとしての要素がありつつも、作品の世界観自体はとても入り込みやすく、魅力的に描かれているのを実感して、「ガリレオ」シリーズの世界に自分が違和感なく溶け込めていたのかなぁと安心しました。

映画の世界の一人になれていたことが、純粋にうれしかったです。

がんばったものを「楽しかった」と振り返れた


photo by 田中舘裕介

──本作へのご出演を通じて、出口さんの中では役者としてどのような変化が生まれたのでしょうか。

出口:今回の映画に出演させていただくまで、私は難しさやプレッシャーを感じるあまり役者という仕事に対して前向きになれていませんでした。右も左も分からないことだらけで、それでも機会をいただけた以上は精一杯やるしかないと考えていました。

でも『沈黙のパレード』という作品を通じて、多くの先輩の役者としての姿を見ることができて本当に貴重な経験で、分からない中でも自分の演技をがんばれたので、お芝居に対してポジティブに向き合えるようになりました。

今となっては、がんばったものを「楽しかった」と振り返ることができたので、お芝居に対しても出口夏希自身としても成長できたんじゃないかなと感じています。

──役者というお仕事への認識の変化を経た現在、出口さんはどのような役者になりたいと考えられていますか。

出口:正直今はまだ、「どんな役者になりたいか」という目標は自分の中でまだ決められずにいます。

ただその中でも、ようやくお芝居の面白さや奥深さに気づくことができたので、今はいただいた役を精一杯演じて、学んでそれから、今後の目標を考えていきたいと思います。

インタビュー/河合のび
構成/タキザワレオ
撮影/田中舘裕介

出口夏希プロフィール


photo by 田中舘裕介

2001年生まれ、中国出身。2018年に「ミスセブンティーン2018」に選出され、セブンティーン専属モデルとして約4年間活動した。

2019年、『ココア』でドラマ初出演&初主演デビュー。その後もドラマ・映画・CMなどで幅広く活躍し、2022年は本作のほかドラマ『インバージョン』『ばかやろうのキス』にヒロインとして出演。

さらに是枝裕和監督が総合演出・監督・脚本を務め、森七菜とW主演を務めるNetflixシリーズ「舞妓さんちのまかないさん」の配信も控えている。

スポンサーリンク

『沈黙のパレード』の作品情報

【公開】
2022年(日本映画)

【原作】
東野圭吾『沈黙のパレード』(文春文庫刊)

【監督】
西谷弘

【脚本】
福田靖

【キャスト】
福山雅治、柴咲コウ、北村一輝、飯尾和樹、戸田菜穂、田口浩正、酒向芳、岡山天音、川床明日香、出口夏希、村上淳、吉田羊、檀れい、椎名桔平

【作品概要】
原作は東野圭吾による「ガリレオ」シリーズ第9弾にあたる同名小説。『容疑者xの献身』『真夏の方程式』に続き福田靖が脚本を、西谷弘が監督を務める。

主人公の湯川学を演じるのは、主演の福山雅治。湯川のバディ的存在の刑事・内海薫を柴咲コウが、湯川の親友で内海の先輩刑事・草薙俊平を北村一輝が演じる。

共演キャスト陣は椎名桔平、檀れい、吉田羊、飯尾和樹、戸田菜穂、田口浩正、酒向芳、村上淳、岡山天音、川床明日香、出口夏希。

主題歌は福山雅治と柴咲コウによるユニット《KOH+》が担当。福山雅治が書き下ろした主題歌「ヒトツボシ」を柴咲コウが歌う。

『沈黙のパレード』のあらすじ


(C)2022 フジテレビジョン、アミューズ、文藝春秋、FNS27社

天才物理学者・湯川学の元に、警視庁捜査一課の刑事・内海薫が相談に訪れる。

行方不明になっていた女子学生が、数年後に遺体となって発見されたのだ。

内海によると容疑者は、湯川の親友でもある先輩刑事・草薙俊平がかつて担当した少女殺害事件で、完全黙秘をつらぬき、無罪となった男・蓮沼寛一。蓮沼は今回も同様に完全黙秘を遂行し、証拠不十分で釈放され、女子学生の住んでいた町に戻って来た。

町全体を覆う憎悪の空気……。

そして、夏祭りのパレード当日、事件が起こり、蓮沼が殺された。

女子学生を愛していた、家族、仲間、恋人……全員に動機があると同時に、全員にアリバイがあった。そして、全員が沈黙する。





関連記事

インタビュー特集

【大塚信一監督インタビュー】映画『横須賀綺譚』ラスト結末と“空っぽの本棚”を描いた演出の真相を語る

映画『横須賀綺譚』は2020年9月11日(金)よりフォーラム福島、9月19日(土)より下高井戸シネマ、9月25日(金)より京都みなみ会館、9月26日(土)よりシネマスコーレ他にて全国順次ロードショー! …

インタビュー特集

【西原孝至監督インタビュー】映画『シスターフッド』に込めた想いと作家としての原点を語る

2019年の第14回大阪アジアン映画祭「インディフォーラム」部門でも上映された映画『シスターフッド』 学生団体「SEALDs」の活動に迫ったドキュメンタリー映画『わたしの自由について』(2016)で高 …

インタビュー特集

【山本寛監督インタビュー】劇場アニメ『薄暮』に託した東北三部作への思いと「福島いわき」を聖地巡礼する意義

劇場アニメ『薄暮』は、2019年6月21日(金)より全国ロードショー アニメファンから今だに高い評価を得ている、2006年の『涼宮ハルヒの憂鬱』や、2007年の『らき☆すた』などで脚本・絵コンテ・演出 …

インタビュー特集

【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた

映画『凪待ち』は、2019年6月28日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー! 蒼井優主演の『彼女がその名を知らない鳥たち』や、役所広司主演の『孤狼の血』で知られる白石和彌監督が、俳優に …

インタビュー特集

【目黒啓太監督インタビュー】映画『セカイイチオイシイ水』フィリピンと日本のスタッフ協働で完成させた

映画『セカイイチオイシイ水~マロンパティの涙~』は、2019年9月21日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開! 日本とフィリピン両国のボランティア達の献身により、戦争の傷を乗り越え9年もの歳月を費 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学